JR

門司港レトロにあの駅舎が帰ってきます。【JR九州門司港駅】

▼長らく耐震補強工事など保存修理工事を行ってきたJR九州の門司港駅舎が2019年3月にグランドオープンすることが、JR九州のホームページで7月25日発表されました。

2019年3月門司港駅グランドオープン

Cimg3823
2012年1月1日@門司港駅

▼駅舎は1914年に建設され、1988年に鉄道駅として初めて重要文化財に指定されました。ネオルネッサンス様式と呼ばれる左右対称の外観を持つ駅舎は、今回の復元で、外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根には天然の石盤を葺き、途中の時代で失われてしまった屋根周りの飾りを復原します。また、1929年に設置された正面の車寄せの庇は取り除くこととなりました。

▼駅舎のシンボルである大時計は、九州初の電気時計という歴史的価値を尊重して今回新調されることとなりました。

Cimg3821
レトロな雰囲気のあるホーム

▼今回の復原では、1階旧三等待合室の内観を建設当初のイメージに復原。淡い黄色に塗装した腰璧と天井、壁は白い漆喰壁としました。2階食堂も内観を建設当初のイメージを復原し、こげ茶色のワニス塗装を施した腰璧と天井、シャンデリアを復原しました。グランドオープン後はレストランとして活用予定とのことです。

▼2階のレストランは「みかど食堂 by NARISAWA」という名称となり、大正時代に営業していた洋食食堂「みかど食堂」を再興するという想いを込めたそうです。「みかど食堂」当時山陽鉄道の急行列車内で食堂車を運営していたみかど株式会社が全国の主要駅に設けた駅構内の高級洋食店だったそうです。関門トンネルの開通で客足が遠のき、1981年に閉店となりました。

▼今回、JR九州のスイート・トレイン「或る列車」でスイーツコスを演出している成澤由浩氏がレストランを監修することになりました。成澤氏は東京南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフで、革新的里山料理というジャンルを確立したシェフです。

▼そのほか、スターバックス・コーヒーも1階に出店予定です。

▼駅周辺は、門司港レトロとして、観光スポットとして賑わっており、駅舎のリニューアルでますます注目されるスポットになりそうです。

Cimg3832

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつの間にか、新大阪直通快速が消えていたのですね。【ダイヤ改正後の阪和線】

▼2018年3月17日のダイヤ改正後の阪和線はどうなっているのか。それを見るため、羽衣線に乗車後、東羽衣駅からは徒歩で鳳駅に戻りました。1キロ程度ですが、羽衣線の高架下をトコトコと。

Img_6672
普通・天王寺行き225系と区間快速・日根野行き223系@鳳駅

▼今回のダイヤ改正で、阪和線及び羽衣線からは103系が姿を消しました。羽衣線は前回ご紹介したとおり225系4両編成が運用されていました。阪和線からも103系及び205系が姿を消し、すべて223系及び225系の新型車両に置き換えられました。

Img_6647
鳳電車区も223系と225系ばかり

▼鳳駅・天王寺駅間の普通の運用は225系の6両編成が主に運用されており、これまでの103系や205系の運用と比べると、乗り心地も良くなりました。

Img_6656
鳳で折り返す「普通」225系

▼日中のダイヤは、「関空・紀州路快速」が4本、「区間快速」は4本、「特急くろしお」1本、「特急はるか」が2本と優等列車のダイヤが高密度で、その中を縫うように「普通」が4本運転されています。「普通」は天王寺駅・鳳駅間での運転で、鳳駅以遠日根野駅までについては「区間快速」が各駅停車として補完し、日根野駅以遠については「快速紀州路快速」が各駅停車とし補完する形になっています。

Img_6676
鳳駅に到着する「快速」

▼鳳駅・天王寺駅間の「普通」は225系になり乗り心地はよくなったものの、上野芝駅と杉本町駅で優等列車に抜かれて、所要時間はかなりロスが生じます。「区間快速」も4両編成が基本なので、結構混雑します。

Img_6673
「区間快速」の223系@鳳駅

▼さらに今回のダイヤ改正で気が付いたのですが、新大阪駅発着の阪和線からの直通快速が廃止になっていました。1989年7月に天王寺駅構内の渡線が設置されて以来29年弱運転されてきた阪和線快速の新大阪駅乗り入れが姿を消しました。代わりに、「特急くろしお」が増発されました。新大阪駅からは「くろしお」に乗れという誘導策でしょうか。

▼鳳駅で佇んでも、来るのは223系、225系ばかり。優等列車はお馴染みの287系と281系で、旧型車両は見られなくなりました。最後に、動画をご紹介して終わります。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国鉄型車両から新型車両へ。3両編成から4両編成へ。【JR羽衣線】

▼2018年3月のダイヤ改正で、すっかり様子が変わってしまった路線を再訪してみました。それは、JR阪和線の支線である羽衣線です。

Img_6664

▼3月のダイヤ改正までは、旧国鉄型の103系が3両編成で運用されていましたが、今回のダイヤ改正で、225系の4両編成へと変更されました。

Img_1026

↓↓↓↓↓↓

Img_6621

▼鳳駅と東羽衣駅間の1区間のみの往復はダイヤ改正でも変わらず、概ね日中は15分ヘッドでの運転本数も変更はありません。ワンマンでの運転もそのままです。

Img_6619

▼変更となったのは、東羽衣駅での2面のホームを使用した停車を1面のみへと変更となったことです。ダイヤ改正までは、南側のホームは降車専用として使われ、北側のホームは乗車専用でしたが、4両編成に増結となったことで、ホーム端を延長するため、また、エレベータを設置したので、両方のホームへの設置は非効率なこともあり、降車ホームは使用することをやめました。

Img_6627
延長されたホーム

Img_6640
廃止された南側ホーム

▼駅の西端はどん詰まりで、その先は南海本線の高架が見えます。

Img_6635

▼一方、鳳駅の方はあまり変化はありません。羽衣線は以前は2番線がありましたが、現在は1番線のみの使用で、もう1番線はレールも取り外されています。

Img_6662

▼これまではローカル線色は強かった支線ですが、225系の導入ですっかり近代的な支線に生まれ変わったような印象となりました。最後に、動画をご紹介して終わります。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のダイヤ改正で、あの形式が奈良線に。

▼3月17日は、全国的にダイヤ改正の日でした。JR西日本でもダイヤ改正が行われましたが、その中で、奈良線に注目です。ここでは、これまで京都から奈良まで快速が221系、普通が103系という運用が行われていました。

◎JR西日本HP:2018年春ダイヤ改正

▼今回のダイヤ改正で、阪和線での103系、205系の運用が223系、225系の運用に変わり、103系は廃車?205系は奈良線へ転籍となりました。

Img_2507
阪和線での205系@天王寺駅

▼阪和線での103系の引退は、昨年10月の大阪環状線に次いでのことであり、大阪環状線への323系の投入や、阪和線への225系の投入により、他線への転籍というよりは、廃車の運命がより強くなりました。

▼JR西日本には、数多くの旧国鉄時代の車両が在籍していますが、その中でも103系はかなりの数がありましたが、今回のダイヤ改正で、ますます数が減りそうです。

Img_2623
奈良線での103系@京都駅

▼今日の動画は、阪和線での205系の出発風景です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうとう、あの路線にも新型車両が導入。【JR WLine SLine】

▼昨日3月7日のJR西日本のホームページで、和歌山線・桜井線への新型車両導入と車載型IC改札機を使用したICOCAエリアの拡大について発表がありました。

JR西日本HP:和歌山線・桜井線への新型車両導入など

▼導入される新型車両は、227系です。

Img_6430
画像は広島地域の227系レッドウイング。

▼利用区間は、和歌山線・桜井線。一部紀勢線も含む。車両数は、56両(2両編成×28本)。導入時期は、2019年春から順次導入し、2020年春に全車両が置き換え完了予定です。

▼先頭車間転落防止幌の設置、戸挟み検知装置などの安全性、多機能トイレ・車椅子スパースの設置などの快適性、車載型IC改札機による円滑な乗降、車内ドア上部の情報表示装置による行先案内などの利便性、近畿エリアの車両のデザインを継承しつつ、走行する奈良と和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した「緑色」を基調としたカラーリングなどが特徴となっています。

▼この新型車両の導入により、これまで和歌山・桜井線で運転されていた105系は順次姿を消すことになりそうです。

Cimg2214
ラッピングを施された105系@大和高田駅

▼マイナーな路線だし、105系もあまり注目されていないので、静かに消えていくのでしょうか。今日はこの辺で。

Cimg2210
103系の改造車両である105系0番台@大和高田駅

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR西日本元日乗り放題きっぷの旅2018総集編

▼2018年もすでに早いもので1月下旬となりました。今回は元日に出かけたJR西日本元日乗り放題きっぷの旅の総集編ということで、動画でご紹介しましょう。まずは、早朝の大阪駅からの出発から金沢駅までの道中です。現在、北陸地方は大寒波襲来で大雪となっていますが、元日はまだ雪も少なく無事金沢まで行くことができました。

Img_6317


▼続いては、金沢駅周辺の動画です。北陸新幹線や在来線の撮影をして、新大阪へ戻ってきました。

▼最後は、新大阪から新幹線で広島を経由して、博多へ。広島での在来線の列車を撮影しました。広島周辺ではまだまだ残る国鉄型115系と新型の227系を中心に撮りました。


▼今年の正月もあっという間に過ぎ、大寒波の到来や草津国際スキー場での火山の噴火など、新年早々前途多難な年になりそうな予感です。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

博多でブラブラ。【元日乗り放題きっぷ2018・その5】

▼広島から博多まで、のぞみで出発。16時33分に着きました。帰りの「のぞみ」は18時10分発なので、1時間30分ほどの空き時間となります。今回は久しぶりに福岡空港へ行くことにしました。福岡空港は都会から一番近い空港で、地下鉄で5分です。

▼福岡市営地下鉄空港線で2駅です。乗車したのは、JRの乗り入れ車両の305系です。103系の後継車で、水戸岡鋭治氏のデザインによる車両です。JR九州御贔屓のデザイナーらしい車両となっています。

Img_6455

▼デビューは2015年2月なので、登場してすでに約3年近くになります。JR筑肥線・唐津線と福岡市営地下鉄空港線との相互乗り入れで運用されています。前面は103系の面影を残しているようですが、車内や側面はだいぶ異なります。

Img_6458
コミュータートレイン305とのロゴ

Img_6459
大きく6号車と表示

Img_6460
同じ表示が大小で標記、なぜ?

▼久しぶりの福岡空港ですが、現在国内線ターミナル地区の再編が行われており、2019年の完成を目標に、第1・第2ターミナルを下げて、国内線側平行誘導路を複線化するほか、国内線ターミナルを1つに集約化する工事が行われており、地下鉄を降りて空港ターミナルに入ると、いたるところで工事中で、自分がどこにいるかさっぱりわからなくなります。

Img_6463
久しぶりにみたB777

Img_6462
スターアライアンス標記のANAのB777

▼国内線総げデッキへのルートもわかりにくくなっています。4階の送迎デッキまでは階段でしか行けなくなっています。不便です。

Img_6464

▼ごちゃごちゃしている福岡空港を後にして、再び博多駅に戻ります。駅に戻って駅弁を買って、赤ワインを買って帰りの新幹線を待ちます。意外に時間がなくてすぐに出発時間となりました。

Img_6468

▼帰り新幹線は「のぞみ60号」。グリーン車に乗り込みます。早速お弁当を空けて食べます。赤ワインも買ってあるので、一緒に飲みます。今回購入したお弁当は「博多彩時記弁当」です。

Img_6474

Img_6475

▼博多の駅弁はなかなか中身も充実していて、味もおいしいものが多いです。赤いワインを飲みながら帰阪の途に。幸せのひとときです。

▼「のぞみ60号」は新大阪に20時38分に到着。この乗り放題ツアーの最後の列車は「くろしお」です。新大阪から天王寺まで乗車します。21時15発で天王寺には21時33分に着きます。新幹線を降りてからだいぶ時間があるので、新大阪駅ナカにある「エキマルシェ」を覗いたり、ホームで「はるか」を見送ったりしました。

Img_6478
21時発の関西空港行きの最終「はるか59号」

Img_6483
新大阪止めの「こうのとり26号」

▼ツアー最後に乗車したのは「くろしお29号」紀伊田辺行きです。先頭車両の1号車にグリーン車はあります。天王寺駅ではずいぶん前になるので、地下鉄谷町線まではえらく遠くなりました。

Img_6486

▼287系のグリーン車には、座席後ろに付いたテーブルはなく、座席の肘掛に収納されたテーブルを出す方式になっています。ペットボトル置きはホルダーが付いていて便利です。

Img_6488

Img_6491

Img_6490

▼2018年元日の乗り放題きっぷの旅はこれで終わりです。朝の6時30分から夜の21時33分まで、総乗車距離は1790.5キロ。1万8千円で1日グリーン車で楽しめるのはなかなかいいですね。これからも、この乗り放題きっぷの発売が続きますようお祈りして、今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここからはグリーン車で広島へ。【元日乗り放題きっぷ2018・その4】

▼金沢からのサンダーバード16号は定刻で新大阪に到着しました。ここからは、新幹線で西へ移動します。まず広島まで乗車するのが「さくら557号」です。JR西日本とJR九州の共同運行しているN700系で、サンダーバードでは座席を取ることができなかった本来のグリーン車に乗車です。

Img_6393

Img_6395

▼「さくら」や「みずほ」など九州新幹線のグリーン席は普通席と半々の設定になっています。朝の列車はグリーン車の座席は取りにくいですが、今回は午後の13時9分発ということもあって、容易に取ることができました。

Img_6396

▼13時9分新大阪発で、14時37分広島着で、わずか1時間28分の所要時間です。グリーン車はレッグレストがあるのがJR東海の新幹線とは異なるところです。車内も木目調でシックな雰囲気です。

Img_6398

▼新大阪駅構内で買った柿の葉寿司とカツサンドを食べていると新神戸、岡山、福山と停車し、次はもう広島です。広島では次の新幹線の乗車まで小一時間の間、在来線や広電を撮影しました。まずは、柑橘色の115系です。227系の投入が進んではいますが、まだまだ国鉄型車両も健在です。

Img_6401

▼可部線は、沿線が広島のベッドタウンということもあって、人口増加が著しく、一度廃止になった線区をふたたび、延長し、あき亀山まで延伸となりました。可部線は2003年12月に可部・三段峡間が廃止となり、2017年3月に可部・あき亀山間が延伸となり、これまでの可部行きがあき亀山行きとなりました。

Img_6409
あき亀山行きの113系

▼山陽本線では227系がかなり増えてきました。しかし、すべてが代替わりしたわけではなく、まだ115系も見ることができます。湘南色ではなく柑橘色の115系ではありますが、いつまで拝めることでしょうか。

Img_6404
大野浦行きの227系

▼広島・岩国間では、土日の日中は1時間に2本の快速シティーライナーが227系で運転されています。平日は日中は岩国行き3本と大野浦行き1本の運転なので、土日とはがらりとダイヤが変わります。

Img_6430
快速シティーライナー岩国行き

▼広島駅構内から駅前へ出ると、そこは広島電鉄の電停があります。各路線の単車、低床車、連接車がひっきりなしに到着してはふたたび出発していきます。

Img_6412
グリーンムーバーLEX


Img_6418
単車の800形

Img_6416
5000形グリーンムーバー

▼再び広島駅に戻りました。在来線の改札口は昨年とは違い、橋上駅舎に集約され、2階からの出入りとなりました。これまでは下り1番線へは階段を登らずそのまま改札から入りことができましたが、今は、いったん2階に上がり改札を通って、階段を降りてホームに行かなければならなくなりました。

Img_6425
広島駅中央口

▼さて、ふたたび新幹線で博多へ向かいます。広島駅の新幹線コンコースも工事中で、落ち着きがありません。しかし、最近は広島駅での外国人の姿がめっきり多くなりました。やはり、原爆ドームがあるため、一度は訪れる外国人が増えているようです。

Img_6438

▼こんどは、「のぞみ29号」で博多へ直行です。15時27分発で博多へは16時33分に到着です。わずか1時間あまりの乗車時間となります。

180101_298

▼博多では少し時間があるので、いつもように新幹線車両を撮影し、ちょっと地下鉄で近くまで行ってみることにします。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金沢から新大阪へトンボ返り。【元日乗り放題きっぷ2018・その3】

▼始発のサンダーバードで金沢に到着。トンボ返りで新大阪へ戻りますが、それまでの間、少し金沢駅を探検です。北陸新幹線の開通で東京とも新幹線でつながり、金沢は北陸地方のなかでも企業の進出や観光客の増加で一気に景気が良くなっているようです。

Img_6353_2

▼まずは、金沢駅の外に出てみました。有名な鼓門のモニュメントを撮影しました。伝統芸能の能楽・加賀宝生の鼓をイメージしている門だそうです。

Img_6344

▼駅のコンコースを横断して海側に出ると、ここにも大きなモニュメントがあります。金沢市制百周年記念事業モニュメントで、「悠よう」という題です。活力、魅力、潤いのある金沢をイメージしているそうです。

Img_6348

▼それにしても、筆者が訪れた学生時代の金沢駅とは比べ物にならないほど、賑やかなスポットに変わっています。まさに新幹線の開通による効果でしょうか。

▼駅に戻って、新幹線ホームに戻って、いよいよ北陸新幹線の車両とご対面です。ホームには金沢・富山を往復する「つるぎ」が停車中です。

Img_6355

Img_6359

▼隣のホームには東京行きの「かがやき」が到着しました。北陸新幹線はJR西日本とJR東日本の両方の車両が共通で運用されており、車両を見てもどちらがJRWかJREの車両かは見分けがつきにくいです。

Img_6361

Img_6365

▼在来線ホームへ移動します。ホームには、あいの風とやま鉄道の521系が停車中です。あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道とは相互乗り入れ運転を行っています。

Img_6341

▼別のホームには名古屋行きの「しらさぎ」が停車中です。681系の編成です。

Img_6368

▼その隣のホームには、新大阪まで乗車する「サンダーバード16号」が停車中です。これでトンボ返りします。こちらは683系リニューアル車の編成です。

Img_6372

Img_6374

▼復路の「サンダーバード16号」は小松、加賀温泉、芦原温泉、福井、鯖江、武生、敦賀、京都、新大阪と沢山の駅に停車していきますが、往路のサンダーバードと比べるとそれほど遅くはありません。

Img_6376

▼武生駅で下りの「サンダーバード11号」と交換しました。

Img_6378

▼北陸トンネルに入る前の南条駅あたりは雪が深く積もっています。難所のようです。

Img_6381

▼敦賀を出て、滋賀県との県境も難所で、有名なループ線があり、乗車した列車も新疋田駅に向かって、ループ線をぐるぐる回って登って行きました。そして、トンネルを通過すると吹雪の中です。

Img_6383  

▼湖西線を走って、京都へ到着。この辺りからは、お天気も回復し、太陽が顔を出してきました。京都鉄道博物館を見ながら、数十分で新大阪に到着しました。ここで、新幹線に乗り換えて西に向かいます。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

琵琶湖走行中におめでた。【元日乗り放題きっぷ2018・その2】

▼JR西日本の正月乗り放題きっぷのまず最初の乗車は特急「サンダーバード1号」です。大阪6時30分発の始発で、金沢まで2時間43分、267.6キロの旅です。

Img_6320

▼このサンダーバードは9両編成の693系で、乗車したのは9号車。一番後ろの車両です。乗車率は高く、ほぼ満席です。停車駅は少なく、新大阪、高槻、京都、敦賀、福井、金沢。その割に金沢までの所要時間は2時間43分で、ゆっくり走ります。

Img_6314

▼683系は更新が進み、今回のサンダーバード1号もリニューアル車でした。内装も重厚な感じで心地よかったです。

Img_6322    

Img_6323

▼始発の特急ということで高槻に停車。通常時はベッドタウンの街からビジネス客や観光客を取り込もうとする努力の現れでしょうか。

▼京都に停車し、東海道線と別れ、湖西線に入ります。ちょうど堅田あたりで日の出に遭遇。2018年の初日の出を仰ぐことができました。列車の車内から初日の出を拝んだのは人生初のことでした。車掌さんも車内放送で案内していました。

Img_6328

▼マキノ、永原を過ぎると雪景色です。滋賀から福井越えは難所であり、トンネルの連続で、新疋田を通過すると、上りはループ線でぐるぐる回って行きますが、下りは一気に敦賀まで下っていきます。新疋田駅には撮影で何回か行っていますが、列車で通過するとあっという間です。

▼福井駅は、今後の新幹線の開通を見据えて高架のモダンな駅となっています。

Img_6335

▼福井を出ると、もう終点金沢まで止まりません。湖西線内では速度調整を行ったのか、かなり低速で走行していましたが、北陸線に入ると爆走です。心地よい揺れとレールの音がリズミカルでたまりません。北陸は関西とは違って時雨ています。小松付近ではかなりきつい雨が降っていました。

▼終点金沢は晴れ間が見えました。北陸新幹線の車両基地を右に見ながら、まもなく金沢に到着しました。次回は金沢駅でちょこっと撮影し、慌ただしく折り返したあたりをご紹介しましょう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR | 旅行 | 模型 | 航空 | 趣味 | 鉄道全般 | 関東私鉄 | 関西私鉄