JR

種車とは似ても似つかずの仕上がりです。【WEST EXPRESS 銀河】

▼いよいよ、5月8日以降、関西と山陰方面を結ぶ、新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」が運転されます。これに先立ち、1月25日にJR西日本吹田総合車両所でプレス向けに公開されました。

https://www.jr-odekake.net/railroad/westexginga/

▼元々の種車はJR西日本で新快速として運転されていた117系です。1979年から1986年にわたり、153系の後継車両として製造され、国鉄の民営化時にJR西日本とJR東海に承継されました。JR西日本では、現在でも、湖西線やなどで抹茶色に塗られて運用されています。

Cimg2909
117系@リニア鉄道館

▼今回リニューアルされた車体は瑠璃紺(るりこん)色で、列車が走る西日本の美しい海や空を表現しているそうです。ロゴマークは、西日本エリアの魅力的な地域を星に見立てて、その星々の間を列車が移動する様子を曲線でデザインしています。

Img_2485_20200201173701 
117系@王寺駅(和歌山色)

▼車両の編成は次のとおりです。

(1号車)グリーン車指定席
(2号車)普通車指摘席 ノビノビ座席[女性席]・リクライニングシート[女性席]
(3号車)普通車指定席 コンパートメント・リクライニングシート・フリースペース
(4号車)フリースペース
(5号車)普通車指定席 ノビノビ座席
(6号車)グリーン個室・フリースペース

▼その他の設備としては、次のとおりが設置されています。

・フリーWi-Fi(全号車)
・電源コンセント(全座席)
・USBポート(グリーン車の全座席・個室)
・女性用更衣室(2号車)
・大型荷物置場(2・3・5号車)
・AED(4号車)
・車椅子対応座席(5号車)
・多機能トイレ(5号車)

▼今回デザインを担当したのは、川西康之氏(株式会社イチバンセン代表取締役)。これまでの代表作は、土佐くろしお鉄道中村駅のリノベーション、肥薩オレンジ鉄道ロゴタイプデザイン、枕崎駅駅舎、えちごトキめき鉄道「えちごトキめきリゾート雪月花」などです。

Img_3558
117系@京都駅(抹茶色)

▼現在発表されている運行計画では、京都21時15分発、大阪22時28分発、三ノ宮22時51分発、姫路0時42分発、出雲市9時31分着と、逆のパターンとして、出雲市16時発、三ノ宮5次50分着、大阪6時12分着のダイヤです。米子、安来、松江、玉造温泉、宍道などの停車して、沿線の特産品の販売や伝統芸能の披露などのおもてなしを行う予定だそうです・

▼現在運転されているトワイライトエクスプレス瑞風と比べると、寝台料金もいらず、運賃と規定の指定席特急料金が必要なだけで、破格の価格で乗車できるため、気取らない列車の旅をしたい人にはぴったりです。

▼それにしても、通勤型電車の117系とはとても似ても似つかずの姿と内装となりました。近鉄の青の交響曲(シンフォニー)と同様、通勤型電車の改造で、新たなニーズの掘り起こしとなりましたが、さて、人気は出るでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

22年ぶりに新造車両登場!【JR東海315系】

▼「在来線通勤型電車の新造について」1月22日にJ R東海から発表がありました。

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040199.pdf

▼1999年に通勤型として導入された313系以来、22年ぶりにJR東海で新型通勤型電車の登場です。211系、213系、311系の置き換えとして導入されることとなります。

Img_1480
313系@名古屋駅

▼新型の315系の特徴は次のとおりです。

安全性・安定性の向上
・非常走行用蓄電装置の搭載
・車内防犯カメラの設置(5か所/両)
・主要機器(ATS-PT、モーター駆動電力変換装置)の2重系化
・車両と地上との間のデータ通信装置の導入によるメンテナンスへの活用
・振動検知装置の導入による異常の発生抑制・迅速な実現

快適性・利便性の向上
・次期特急車両HC85系と同じ台車構造の採用による乗り心地の向上
・車内のフルカラー液晶ディスプレイの採用
・全車両に車いすスペース、全編成に車いす対応トイレを設置

環境負荷の低減
・モーターを駆動する電力変換装置にSiC素子を導入するなどにより省エネ化を図り、消費電力を約35%低減(211系比)
・室内灯、前照灯にLEDを採用

▼投入計画では、2021年度から2025年度にかけて352両を新製し、名古屋・静岡都市圏から、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入する計画です。この計画により、旧国鉄時代に製作した211系8両が更新され、JR東海が保有する車両のすべてがJR東海発足以降に新製した車両になります。

Cimg2341
211系@浜松駅

▼設備投資額は約720億円となり、現在建設中のリニア新幹線への投資以外でも多くの投資が行われることとなりますが、JR東海は東海道新幹線というドル箱路線をもっており、財務的には余裕が感じられます。

▼車両のイメージとしては、JR東海のコーポレートカラーのオレンジを車両の側面に配色し、通勤型電車の新しい顔、直線を使用した幾何学的な形状と横長に連続した前面表示窓が特徴となっています。また、スカートは、排障機能を向上させた形状となっています。

▼最高速度も211系に比べて20キロアップさせ、JR4西日本の225系と同様130キロになります。

Img_5324
225系@大阪駅

▼まだ、車両のデザインはラフ案しか示されていないので、実物がどのようなものになるか明確ではありません。初号機が製造されて試運転される日が待ちどおしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

最東端の駅から最西端の駅へ。【JR西日本乗り放題きっぷの旅その3】

▼金沢から「サンダーバード」22号で新大阪に15時ちょうどに到着しました。次に乗車する列車は山陽新幹線の「のぞみ」35号です。一気に博多まで乗車します。この時間のグリーン車は中途半端な時間なのか空いています。

Img_7547

▼「のぞみ」35号を待つ間に隣のホームからは九州新幹線直通の「さくら」563号が先に出て行きました。

Img_7540

▼乗車した「のぞみ」は途中、新神戸、岡山、福山、広島、小倉に停まります。最近の「のぞみ」は福山停車が増えています。それだけ、ニーズがあるということでしょうか。あっという間に博多です。もう真っ暗です。日が短いです。18時7分に博多到着。

Img_7558

▼さて、今回の旅では、今まで乗り残している駅まで行くことにします。それは、博多から博多南までの1駅です。在来線扱いですが新幹線で行くことができます。わずか8分の乗車です。ベッドタウンになっている那珂川市の住民からの、博多総合車両所まで回送している新幹線を利用させてほしいという要望から、博多南線での運用が始まりました。

Img_7569

▼博多と博多南間は運賃200円と特定特急券100円の計300円で乗車できます。博多南駅はJR西日本の直営となっています。博多南線は九州新幹線と共用となっており、この区間は九州新幹線の列車も120キロ制限を受けます。この線のおかげで周辺の宅地化がますます進んでいるそうです。

▼運用される車両は、500系、700系(レールスター)、N700系(九州新幹線直通)の8両編成です。今回は500系に乗車することができました。乗車したのは500系でした。

Img_7566

▼以前は山陽新幹線で300キロを爆走していた500系ですが、もったいない使い方をしています。車両の側面の曲げがすごく、車内は狭い感じがします。

Img_7561

▼座席数も、JR東海の車両とは乗車人数も異なり、座席予約の共通の運用ができないため、JR西日本も700系などに合わせてしまい、500系は山陽新幹線管内での運用に限定され、現在は8両編成に短縮され「こだま」での運用になっています。

Img_7570

▼博多18時28分発の列車で博多南には18時36分に到着。折り返し、同じ500系で18時44分博多南発で博多駅に18時52分に到着。

▼博多に戻って来ました。恒例の駅弁を手に入れようとしましたが、いつもより時間が遅くなったので、すべて売り切れとなっていました。仕方ないのでコンビニで残っていた弁当とカニカマ、それにスパークリングワインを買って、「のぞみ」98号に乗り込みます。

Img_7589

▼20時1分博多発で、新大阪には22時28分に到着するはずでしたが、思わぬハプニング発生。

Img_7588 

▼「のぞみ」98号は名古屋行きの最終列車で、それぞれ停車駅で他の在来線列車との接続が限られています。伯備線内で発生した踏切事故の影響で伯備線「やくも」が遅れたので接続を取ることとなり、約10分遅れで岡山を発車しました。

▼10分程度の遅れで済みよかったですが、もっと遅れたら、ちょっと大変なことになったかもしれません。新大阪には22時38分くらいに到着。和歌山行の「くろしお」がやはり接続待ちで発車を遅らせていました。

▼今回はJR西日本の最東端駅から最西端駅まで乗ることがやっとできました。だいぶ疲れましたが、達成感がありました。

▼今回の行程は次のとおりです。
 大阪・上越妙高 436.2km
 上越妙高・新大阪 432.4km
 新大阪・博多 622.3km
   博多・博多南 8.5km
   博多南・博多 8.5km
 博多・新大阪 622.3km
   新大阪・大阪 3.8km

▼総乗車距離は、2134kmとなりました。

Img_7577
博多駅前のイルミネーション

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

例年になく雪が少ないようです。【JR西日本乗り放題きっぷの旅その2】

▼JR西日本乗り放題きっぷの旅のその2。昨年も同じダイヤで上越妙高駅まで来ましたが、今年は駅前にも雪はなく、暖かなお正月のようです。

Img_7502

▼10時45分発「はくたか」555号で金沢に戻ります。金沢までの「はくたか」もグリーン車が取れました。もっとも、北陸新幹線では一等車はグランクラスにその地位を譲っているので、エグゼクティブクラスの様なものです。

Img_7513_20200104011801

▼金沢11時49分着で1時間余りの乗車。座席が行きとは反対に海側の席を取りましたので、日本海が見えます。日本海側は雪ではなく時雨模様です。「はくたか」は各駅停車なので、糸魚川、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡と停車していきます。糸魚川駅前は何年か前の年末に大火がありましたが、車窓からはもうその様子はうかがえません。復興したのでしょうか。

▼黒部宇奈月温泉は立山アルペンルートにアクセスする最寄り駅です。昨年夏はバスツアーで長野側から富山側にアルペンルートを制覇しました。バスと比べると、やはり鉄道は速いし、体が楽です。

▼大阪駅から「サンダーバード」で隣の座席にいた親子が上越妙高駅でも見かけました。彼らも乗り放題きっぷの仲間かもしれません。上越妙高駅からは同様の乗客が「はくたか」555号に乗り込み金沢に戻ってきました。

▼金沢からは再び「サンダーバード」で大阪へ戻ります。その前に一度駅を降りて、鼓門を見にいきましょう。金沢は昨年の8月末以来の訪問です。夏の時は愛車で来ました。ついでに車内で昼食をとるために駅弁を買っておきます。

Img_7518

▼金沢滞在僅か25分間。今度は「サンダーバード」22号で新大阪まで乗車します。「サンダーバード」はグリーン席が取れなかったので、普通席です。

Img_7520

▼今度の「サンダーバード」は速達型のものではなく、多くの駅に停車する特急です。12時14分金沢発で、新大阪には15時ちょうどに到着します。

Img_7526

▼車内でお弁当を食べます。昨年買ったカニ弁当は美味しかったのですが、今年もカニ弁当を買いましたが味はもう一つです。同じ弁当屋さんではないのかなぁ。北陸本線の周辺では着々と北陸新幹線の延伸工事が進んでおり、敦賀までは何らかの形で工事が行われています。

Img_7521

▼ずっと朝から座りづめでだいぶ疲れてきました。気合を入れて、今度は山陽新幹線に乗車します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

2020年の年初めはこれです!【JR西日本元日乗り放題きっぷの旅その1】

▼明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

▼さて、年末にも告知していましたとおり、元日は恒例となった「JR西日本乗り放題きっぷ」の旅に出かけてきました。

Img_7513

▼年末の天気予報にあった寒波はそれほどでもなく、北陸は時雨れてはいましたが、雪不足のようです。

▼2020年の乗り放題きっぷの旅は、概ね無事すべての行程を消化することができました。

▼まず初めに乗車したのは、特急「サンダーバード」1号、終点金沢まで乗車。12両編成の後ろから4両目、リニューアル車のクモハ683形に乗車。いつものこと、グリーン車はすでに予約時に満席で、今回も普通席です。

Img_7460

▼このサンダーバードは最速のもので、停車駅は、新大阪、高槻、京都、敦賀、福井しか停車しません。6時30分定刻に発車して、問題なく定時に終点金沢に9時13分に到着しました。道中、例年なら雪の多い北陸トンネル周辺でも今年は雪がなく、これも気候変動の影響かもしれないと思ってしまいました。

▼サンダーバードから降りようとしたとき、なんと意外な出会いがありました。なんと、以前の職場の若い人が乗っていたのです。彼は乗り鉄とは聞いていましたが、こんなところで会うとは。

▼次の列車は、北陸新幹線の「はくたか」558号です。乗り継ぎ時間は短いのですが、トイレに行ったところ、ホームに上がったのは発車間際になりました。

Img_7478

▼9時21分金沢発「はくたか」558号で上越妙高へ向かいます。今回はグリーン席が取れました。先ほどの彼は普通席だったので、別々に乗車です。

▼上越妙高までがJR西日本の管轄なので、乗り放題きっぷもここまでしか乗車できません。上越妙高ではグリーン車からほとんどの乗客が降りました。みんな乗り放題きっぷのお客!?

▼上越妙高駅の周辺も昨年はあった積雪がなく、暖かな冬でしょうか。

Img_7494

▼先ほどの彼は、上越妙高駅の近くの日帰り温泉に入って、トンボ返りで大阪へ北陸新幹線と北陸線で戻るそうです。

▼彼とは別れて、今度はまた、こちらも金沢にトンボ返りです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

元日はやはり、これですね!【元日・JR西日本乗り放題きっぷ2020】

▼JR西日本では、来年1月1日利用限定の「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2020」を12月11日から発売しました。12月30日23時30分までの限定発売です。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15288.html

▼毎年恒例となっており、筆者ももちろん購入しました。もう10年以上前から元日は乗り放題きっぷで乗り鉄を楽しんでいます。乗り放題きっぷは、1月1日限定で、JR西日本全線、智頭急行線の特急(新幹線を含む)・普通列車(新快速・快速含む)・普通車自由席及びJR西日本宮島フェリーが利用可能です。

Img_6353_20191226215701

▼購入は、JR西日本インターネット予約「e5489」限定です。普通車用とグリーン車用があり、普通車用は大人16,000円、子ども3,000円、グリーン車用は大人18,000円、子ども5,000円となっており、せっかくならグリーン車用がお得と言えます。子どものみの発売はありませんので、大人との同伴が必要です。

▼普通車用、グリーン車用とも座席指定は6回まで利用が可能ですが、昨年と比べると2回減っています。昔は無制限で座席指定を利用できたので、最近の動きは残念です。

Img_6368

▼座席指定は、切符の受け取りまで変更が可能なので、予定変更が柔軟にできます。

▼2020年の乗り放題きっぷの行程案は今のところ、次のように考えています。

大阪ー金沢(サンダーバード)
金沢ー上越妙高(はくたか)
上越妙高-金沢(はくたか)
金沢-新大阪(サンダーバード)
新大阪ー博多(のぞみ)
博多ー博多南
博多南ー博多
博多ー新大阪(のぞみ)

▼残念ながら発売早朝に予約を取ろうとしましたが、昨年同様サンダーバードのグリーン車は満席でした。後の列車はグリーン車の座席指定を取ることができました。今回は博多から新幹線車両だが在来線扱いの博多南の往復を計画しています。

▼近シーズンは大みそかから元日にかけて寒波は襲来する予報が出ており、北陸地方は大雪かもしれません。そうなると、乗り放題きっぷの行程は大幅に狂いそうで心配です。さて、どうなるでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

とうとう引退だそうです。【JR東海、新幹線700系】

▼新幹線の700系が東海道新幹線管内で来年3月に引退することが、12月11日にJR東海から発表されました。

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040169.pdf

Img_4669

▼700系は1999年に営業運転を開始し、約20年間使用されてきましたが、ついに東海道新幹線管内からは引退となりました。引退に伴い、JR東海では、引退イベントを実施することが予定されています。

▼700系最終走行列車において、東京駅出発時及び新大阪駅到着時に各駅のホームで引退式典が実施されます。また、「のぞみ」停車駅にて、社員による最終走行列車のお見送りが行われます。

Img_1689

▼ちなみに、最終走行列車は2020年3月8日(日)に、臨時「のぞみ315号」(「ありがとう東海道新幹線700系」のぞみ号)として運転されます。東京9時47分発、新大阪12時20分着で、全席指定席となります。乗客には新横浜・京都間で乗車記念品が贈呈されます。記念品は700系再生アルミメダルと乗車記念カードで、レアなものです。

▼2020年2月8日(土)から、JR東海の700系2編成にヘッドマーク及びサイドステッカーによる車体装飾が行われます。「SHINKANSEN Series 700 ありがとう 東海道新幹線 LAST RUN 2020.3.8」という表示と、サイドステッカーには700系のロゴデザインが加えられています。

Img_1245

▼当たり前のように目の前にあった700系は、N700系やN700系アドバンスの登場でだんだん影が薄くなり、筆者の所蔵写真でも数えるほどしかなく、もっと撮っておけばよかったと後悔します。

▼JR東海の700系は来年3月に姿を消しますが、JR西日本の700系と山陽新幹線管内での700系のレーススターはまだ引退の発表はありません。しかし、新幹線車両は長距離をしかも高速で走行するため消耗が激しく、いずれは後を追って引退が告げられる日も近いかもしれません。

Img_4691

Img_4703

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

台風19号による水没でとうとう廃車に。【JR東日本・JR西日本北陸新幹線】

▼台風19号により水没した北陸新幹線が廃車になるそうです。

▼10月に到来した台風19号により、北陸新幹線の長野市にある車両センターが浸水し、センターに留置してあった北陸新幹線10編成がすべて廃車処分となることをJR東日本の深澤社長が明らかにしました。

Img_6353

▼内訳はJR東日本の8編成とJR西日本の2編成で、モーターやブレーキなどの制御装置、シートなど内装も浸水し、完全な修理ができないためすべて廃車にすることとなりました。

▼車両全体の帳簿価格(減価償却費を差し引いたもの)はJRE分が118億円、JRW分30億円となり、あわせて148億円にのぼり、LED表示器などの部品の一部は再利用することとなるようです。損失分は今年度の決算に特別損失として計上する予定です。

Img_7027

▼廃車する車両を新造すると、一両3億円で計算すると、JRE分で288億円、JRW分で72億円、合計360億円もかかるそうです。気の遠くなる金額です。

▼現在、10編成が不足する中で、通常ダイヤの8割での本数で運転している北陸新幹線ですが、今後は上越新幹線用の新造中の5編成と予備の1編成を北陸新幹線にまわし、11月末までに東京・金沢間の「かがやき」「はくたか」の運転本数は通常ダイヤに戻す見込みで、今年度末までに東京・長野間の「あさま」を含めて元通りのダイヤに戻す計画です。

▼上越新幹線のE4系はもともと廃車の予定でありましたが、その代替車両のE7系を北陸新幹線にまわすこととなったため、引退予定のE4系は引退が伸びることとなりそうです。

▼もとはと言えば、浸水想定エリアに車両センターを設置したことが災いしたわけですが、6か所の車両センターの対策については、JREでは気象状況から浸水の予想がある場合には、事前に車両を退避させたうえで、計画運休を実施することを検討しているそうです。

▼車両センターのような広い敷地をターミナル近くに設置するためには、浸水想定エリアのような未利用地を活用するしかなく、今後も台風などの大雨によるリスクは、北陸新幹線のもならず、東海道新幹線など他の新幹線でもありうることでしょう。

▼大雨の際に、迅速に車両センターから車両を退避させることが可能かどうか。それが今後の課題だと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

特急「まほろば」の臨時運行。

▼今年3月のおおさか東線全線開通に伴い、秋に奈良と新大阪を結ぶノンストップの臨時特急が運転されることが、JR西日本から8月22日に発表されました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14731.html

▼運転日は、11月から12月上旬までの土曜日と休日で計13日間となります。運転区間は新大阪から奈良まで、ノンストップで運転。

Img_3053
青帯の227系@新大阪

▼1日当たり1往復の運転で、上りが新大阪10時03分発、奈良10時53分着、下りが奈良16時56分発、新大阪17時47分着。

▼使用車両は287系3両編成で、1・2号車が指定席、3号車が自由席となっています。列車名は「まほろば」。

▼「まほろば」といえば、万葉まほろば線(桜井線)を思い出します。桜井線で活躍したラッピング車両の115系ももう姿を消します。というのも、万葉まほろば線と和歌山線で、9月30日に新型車両227系が投入完了となるからです。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14730.html

Cimg2223
万葉まほろばラッピング車両@大和高田

▼最近ではインバウンド観光客は、京都だけでなく、奈良へも足を延ばすようになり、観光客は増加しています。その機運に乗り、今回の臨時特急の運転となったようです。

▼新大阪から奈良までノンストップで50分。速いですね。常時運転してもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

インバウンドのおかげです。【特急はるか新型車両投入】

▼6月21日のJR西日本のニュースリリースによると、主に京都・関西空港間で運転されている特急「はるか」に新型車両が投入されることになりました。

JR西日本のニュースリリース:https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/06/page_14402.html

▼現在は281系で運転されていますが、2020年春ごろをめどに、新型の271系を投入するということです。3両編成×6本、計18両が投入予定ですが、これは既存6両編成と併結する車両として増備ということでしょう。

Img_6479

▼新型車両は、オフセット衝突対策、衝撃吸収構造の採用、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)の採用、運転台計器類の二重系化などの安全性・安定性向上対策がとられることになります。

▼また、全座席にモバイル用コンセントを設置、車内ディスプレイによる停車駅・運行情報などの多言語化、客室内への大型荷物スペースの設置、防犯カメラの設置などの車内設備も充実が図られます。

Img_7106

▼車両デザインは、現在の281系を踏襲。カラーリングも同様のようです。先頭車両の形状は、287系とよく似た感じのようです。

Img_3051

▼特急「はるか」は一時は関空の閑古鳥状態の中で、臨時列車化していましたが、いまや、インバウンドの乗客の増加で息を吹き返し、車両の増備に至ることになりました。いやはや、隔世の感がありますね。今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ 

鉄道コム 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧