JR

運賃値上げの季節。(JR西日本在来線特急料金の一部見直し)

▼JR西日本は、在来線特急料金の一部見直しを92日に発表しました。

 https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220902_03_press_minaoshi.pdf

▼その内容は、1つにはB特急料金をA特急料金に統一する、2つには「おトクな特急料金」(特定特急料金)の見直し、3つ目は新幹線と在来線特急料金の『乗継割引』の一部見直しです。

Img_7035_20220903175301
特急サンダーバード@金沢

1つ目の特急料金の統一ですが、例えば、指定席特急(通常期)が、50キロまで現行1,190円が1,290円に、100キロまで現行1,520円が1,730円に、200キロまで現行2,290円が2,730円に、300キロまで現行2,510円が2,950円に、401キロ以上現行3,060円が3,490円に改定されます。(自由席特急料金は530円引き)

▼B特急料金の適用区間は、七尾線、山陰線(京都~浜坂間)、舞鶴線、福知山線、播但線、JR京都線、JR神戸線、大阪環状線、阪和線、関西空港線、きのくに線(和歌山~新宮間)となります。

Mvi_4917_moment_20220903175901
特急はるか@島本

▼この区間では、サンダーバード、きのさき、まいずる、はしだて、こうのとり、はまかぜ、はるか、くろしおが該当する特急となります。

Img_3021
特急くろしお@新大阪

▼特急「はるか」では、新大阪~関西空港間の指定席特急料金(通常期)で、1,520円が1,730円、210円の値上げ、特急「きのさき」では、大阪~城崎温泉間の指定席特急料金(通常期)で、2,290円が2,730円、440円の値上げになります。

Img_3032_20220903181101
特急こうのとり@新大阪

2つ目の特定特急料金の見直しですが、例えば、指定席特急(通常期)が、津幡~和倉温泉間で51キロ以上の区間では現行1,190円が1,290円に、鳥取~出雲市間・米子~益田間の自由席特急料金が101キロ~150キロの区間で現行1,320円が1,560円に、151キロ以上の区間で現行1,320円が1,800円になります。

▼博多から博多南間では、特急料金が、現行100円が130円に、通勤定期が、3か月現行27,890円が30,270円に値上げにとなります。

Img_7565_20220903180001
500系新幹線@博多南

3つ目の乗継割引の見直しですが、山陽新幹線の岡山~新下関間の新幹線停車駅において、新幹線と在来線特急列車とを乗り継ぐ場合に適用される乗継割引が廃止となります。

▼見直し時期は在来線特急料金が202341日購入分、乗継割引が202341日乗車分からの予定です。

▼この料金改定により、JR西日本では年間15億円の増収を見込んでいるとのことです。在来線特急料金の値上げは消費税増税に伴うものを除くと1987年の国鉄民営化以降初めてのことです。

 ▼国際情勢の変化により、燃料費や原材料費の値上げの嵐が続いている中で、コロナ禍の影響も相まって、鉄道料金においても値上げの季節が始まりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

米原駅再訪。吹田市の不発弾処理の影響あり。【日曜日の昼下がりの在来線ホーム】

▼先日の日曜日に米原駅を再訪しました。前回は新幹線ホームを中心に撮影を行いましたが、今回は在来線ホームの様子を見てきました。この日は吹田市の不発弾処理で、琵琶湖線、京都線、神戸線はダイヤが大幅に変更されていました。

Img_6580
大垣行きの普通(313系)

▼米原駅は、東海道新幹線、東海道本線、北陸本線、近江鉄道が乗り入れる大きな駅です。在来線ホームも3面、2・3・5・6・7・8番線の6線があります。

220727_

▼2番線に12時46分大垣からの普通が到着し、回送となります。

Img_6560

▼7番線に12時48分近江塩津行き新快速が到着。13時01分に発車します。いつもなら後ろに8両の米原止まりの列車が連結され、米原で切り離されますが、この日は吹田市内で不発弾の処理作業があり、姫路・米原間の新快速は運転が中止となっており、米原発近江塩津行きの4両しか運転されません。

Img_6565

▼2番線に13時10分着の米原止め快速が到着。13時29分発の快速(本来なら網干行きですが、この日は高槻行き)となります。

▼7番線に13時19分、13時30分発の大垣行き普通が入線します。

Img_6579

▼6番線に同時刻米原止め快速が到着、回送になります。

Img_6582

▼5番線に13時44分特急しらさぎ55号が入線します。

Img_6596

▼7番線に13時45分特急しらさぎ8号名古屋行きが到着します。

Img_6591

▼7番線から13時51分特急しらさぎ8号名古屋行きは発車していきます。

Img_6594

▼6番線に13時53分近江塩津行き新快速が到着します。

Img_6604

▼続いて、5番線から13時55分に特急しらさぎ55号金沢行きが発車します。

Img_6598

▼6番線から14時01分近江塩津行き新快速が発車します。この列車も米原から4両で発車です。

Img_6609

▼7番線に大垣行き普通が入線。

Img_6610

▼7番線から14時03分大垣行き普通が発車していきます。

Img_6614

▼13時台は、東京方面では、こだまが13時29分着13時33分発、ひかりが13時52分着13時57分発、新大阪方面では、こだまが13時10分着13時16分発、ひかりが13時47分着13時52分発の計4本が発着します。

▼東海道新幹線、東海道本線、北陸本線が有機的にリンクしていて乗り換えの利便性を図ったダイヤ構成になっています。また、8番線は空き時間には貨物列車が結構通過していきます。なかなか、見飽きない駅となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

岐阜羽島駅の誕生にはいろいろな秘密があったんですね。

▼日曜日に、新幹線の岐阜羽島駅に行ってきました。

Img_6534

▼現在、1時間にこだまとひかりが1本ずつ停車しています。

Img_3622_20220720023501

▼この駅は、岐阜県羽島市福寿町平方にあります。名鉄羽島線の新羽島駅が接続しています。また、近くには名神高速道路の岐阜羽島インターチェンジがあります。

Img_6539
名鉄新羽島駅入口

▼岐阜羽島駅は、岐阜県にありますが、県庁所在地の岐阜市にあるわけでもなく、辺鄙なところにあります。新幹線の開業当時は周りは田んぼだけしかない駅でした。

Img_6552
いまも田んぼが見られる駅周辺

▼この駅は、有力な政治家が誘致したとして、政治駅の代名詞となりました。しかし、本当はその評判をよく調べてみるとちょっと違うようでもあります。

▼当初、京都から名古屋までは旧東海道ルートを通す計画でした。しかし、このルートでは、1000メートル級の鈴鹿山脈が行く手を阻み、技術的障害、建設費用の問題、北陸方面との連絡、東京オリンピックまでに間に合わせるという工期の問題などがありました。

Photo_20220719173101

▼そこで、これらの問題は少しでも解決できる案として、旧中山道を通すルートが計画されました。このルートでは、北陸方面との連絡が便利で、トンネルが比較的少なくて済むことなどが評価されました。

Photo_20220719173601

▼当時の国鉄としては、このルートを通すにあたり、岐阜県内に駅を設置する必要性については認識していました。しかし、できるだけ、直線で通したかったのです。北寄りの岐阜市や大垣市を通すと、名古屋まで時間がかかり、建設費も増加するからです。

▼岐阜県内に駅を設置することが判明すると、地元では各市で誘致運動が起こりまとまりませんでした。そこで、地元の有力政治家であった大野伴睦に県内の意見をまとめるように斡旋を依頼しました。

Img_6531
岐阜羽島駅北口の広場にある大野伴睦夫妻の像

▼国鉄は、県内に駅を設置することは伏せて、大野伴睦の顔を立てて、岐阜県内に駅をつくるのならまとまらない意見を集約すると言わせて、岐阜羽島に駅を設置する妥協案を提示する筋書きを用意していました。

▼のちに大野伴睦は国家的プロジェクトである新幹線の建設に地元の利害を優先させるよう圧力をかけることはできないと述べています。

▼もう一つは、なぜ岐阜羽島駅が中間駅にしては不釣り合いな規模の駅施設を保有しているかについてです。

▼岐阜羽島駅は、2面4線のホームを保有し、真ん中には本線が2線敷かれています。上りが0番線、1番線、下りが2番線、3番線となっていますが、普段は1番線と2番線が使用されます。なぜこれほど規模が大きな駅なのか。

Img_6541

▼それは、旧中山道を通すことが理由になっています。旧中山道は豪雪地帯の関ヶ原を通過するため、除雪車を待機させる設備が必要だったからです。大垣市内では、市街地が近く、規模の大きな駅を設置する用地が確保できなかったのです。そういう意味でも、岐阜羽島は駅をつくるにはぴったりな場所だったのです。

Img_3637
普段は使われない3番線ホーム

▼政治駅の代名詞のように言われている岐阜羽島駅ですが、詳しく見ていくと、この場所に駅を設置する条件が色々揃っていたことがわかります。中間駅にしては不釣り合いな規模も納得されます。

▼最後に岐阜羽島駅誕生の秘密について、動画にまとめましたのでご覧ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

山陽新幹線のぞみ号・みずほ号指定席特急料金の値上げ

▼JR西日本は、7月13日、山陽新幹線のぞみ号・みずほ号の指定席特急料金の値上げを発表しました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220713_01_sanyou.pdf

Photo_20220715012801

▼JR西日本では、コロナ禍の社会変容を踏まえてサー ビス改善を図るための見直しとしていますが、要は値上げするということです。

▼のぞみ号の運行当初から、ひかり号等とは異なる指定席特急料金を設定してきたが、2003年10月ののぞみ号の増発に伴い、自由席を新たに設置するとともに、指定席特急料金を値下げし、消費税改定を除いて当時の水準を維持しているとのことです。

Cimg2690

▼具体的な内容は、山陽新幹線ののぞみ号・みずほ号の停車駅澗ごとに、110円から420円の範囲内で値上げとなります。

▼新大阪・岡山間で110円、新大阪・広島間で320円、新大阪・博多間で420円の値上げとなります。

▼なお、今回の見直しでは、のぞみ号。みずほ号の自由席特急料金及びエクスプレス予約、e5489といったネット予約商品には変更はないとのことです。

▼値上げに伴い、サービス改善として、無料WiFiサービスやS Work 車両等を備えたN700S車両の投入、ビジネスブースの試行、特大荷物コーナーの整備を行うとしています。

▼実施時期は2023年4月1日購入分からだそうで、値上げ、値上げの嵐の世間で、またまた、財布に痛い話ではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

迫力ある新幹線の高速通過を目の前で見ることができます。【米原駅・新幹線】

▼久しぶりに撮り鉄に出かけました。今回のターゲットは新幹線の米原駅ホームです。琵琶湖へはたびたび遊びに行っていますが、米原駅を訪れるのは初めてです。駅前のスーパーの駐車場に車を置いて、いざ駅へ向かいます。

Img_6489

▼米原駅は、東海道新幹線、東海道本線、北陸線、近江鉄道が乗り入れる鉄道の要衝の地です。新幹線ホームでは、通過するのぞみやひかりの迫力ある風景を撮影したいと思い、やって来ました。

Img_6456

▼さすが日本の大動脈である新幹線。次から次に上下とも列車がやって来ます。かつて山陽新幹線の西明石駅に撮影に出かけましたが、やって来る列車を識別するのが難しく、なかなかいい動画が撮れなかったのですが、米原駅は見通しがよく、割合やって来る列車の識別が容易です。

▼新幹線ホームは、積雪があると冬だと関ヶ原を通過してきた列車の床下の雪を落とすため、スプリンクラーが稼働しますが、夏は静かなものです。

Img_6458

▼まずは、迫力ある通過風景は動画でご紹介します。

 

▼新幹線ホームに入場するのには、入場券を150円で購入します。2時間有効です。また、新幹線ホームだけでなく、在来線ホームへも行くことができます。

▼そこで、在来線ホームへも行ってみました。この駅はJR東海とJR西日本の境界駅でもあり、JR東海の列車とJR西日本の列車の両方がやって来ます。

▼筆者のお気に入りに313系も撮影することができました。JR東海では313系、311系がやって来ます。JR西日本からは221系、223系、225系がやって来ます。

Img_6524
新快速・豊橋行きの313系

Img_6500
新快速・姫路行きの225系

▼また、名古屋から金沢行きの特急「しらさぎ」631系もやって来ます。

Img_6528

▼新幹線ホームでは、駅員さんが端から端まで歩いて点検を行っています。ある駅員さんが声をかけてくださいました。
「撮影ですか?暑いから自販機で冷たいものを飲むなど水分補給をお願いします。待合室も利用して涼んでください。」
「ありがとうございます。」
「16時すぎにドクターイエローが通過します。それまで体力を温存してください。」
「えっ!?そうなんですか。ありがとうございます。」

▼せっかく貴重な情報を教えてもらったので、撮影時間を延長するため、一度駅から退場し、駐車場の車へもどり、しばらく涼みました。再度入場券を買ってホームへ。鉄道ファンがどこから聞いたのかちらほら。いよいよやって来たドクターイエロー。しかし、スマホのカメラの撮影ボタンをなぜか間違って、撮影できず!!残念でした。。。

▼とはいうものの、鉄道好きにはたまらない駅ではあります。また、機会があれば出かけてみたいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

久しぶりの500系新幹線の話題。

▼山陽新幹線が岡山開業したのが1972年3月15日ということで、今年は50周年になります。

Img_1260_20220618021401
500系@福山駅

▼そこで、JR西日本では開業50周年を記念して、様々なイベントを予定しています。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220617_02_okayama_50th.pdf

▼すでに、第1弾として、山陽新幹線岡山開業50周年記念デジタルスタンプラリーwithハローキティ新幹線が実施されていますが、7月から9月にかけて開催される岡山デスティネーションキャンペーンに合わせて、デジタルスタンプラリー第2弾が実施されます。

▼このスタンプラリーは、JR西日本が提供するアプリ「WESTER」、観光ナビ「setowa」及びスタンプラリー「マイグル」を活用したデジタルスタンプラリーです。

▼ハローキティ新幹線1号車、岡山・備後エリア内の対象駅(8駅)から2スポット、観光地〈10か所)から2スポット、周遊パス購入者にはさらに1スポット、合計5スポットでデジタルスタンプをスマホでゲットすると、参加賞として、スマホ壁紙がもらえるほか、抽選でオリジナルトートバッグや記念グッズが当たります。

▼もうひとつは、クラブツーリズムのツアー企画で、500系新幹線で新大阪・博多間を2時間33分で乗車し、そのまま博多総合車両所へ入線ができる体験ツアーです。

https://tour.club-t.com/tour/detail?p_course_no=1401920&p_course_no2=LE070&p_company_cd=1002000&p_from=800000

▼9月18日(日)に実施予定で、500系の運転区間は新大阪10:42発、博多13:15着、博多総合車両所(40分間停車、洗車体験)、博多14:21着で、到着後解散という日程です。

Img_7567
博多総合車両所

▼座席により、6号車1名2席で34,000円から1名2席で26,500円まで数種類の選択ができます。

▼コロナ禍も落ち着いてきた中で、イベントが徐々に実施されようとしています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

315系が導入されて、JR名古屋駅在来線はどう変わったか?

▼金山駅では、315系を上手く撮ることができなかったので、名古屋駅へ戻りました。名古屋駅で本腰を入れて撮影することとします。

▼名古屋駅の中央本線ホームには、315系がいました、いました。14時24分発の快速中津川行きです。やっと順光でまともに撮れました。313系に比べると全体的にシンプルな感じです。前面は313系の方が好みです。

Img_6390

▼東海道本線の米原行きの快速が313系でやってきてすぐ、中央本線の名古屋止めの普通が211系でやってきました。そのあと、東海道本線の普通岐阜行きの311系が発車していきました。

Img_6396_moment
313系・東海道本線・快速米原行き

Img_6397_moment
211系・中央本線・名古屋止め

Img_6399_moment
311系・東海道本線・普通岐阜行き

▼新型車両の315系の横を313系の新快速大垣行きが出発していきます。並んでみると、違いがよく分かりますね。

Img_6408

▼次に優等列車です。まずは、金沢からの681系の特急「しらさぎ」が到着済みです。

Img_6414

▼振り子式の383系特急「しなの」長野行きが15時ちょうどに発車していきます。

Img_6416

▼2分後に211系+313系併結の中央本線の快速瑞浪行きが出発していきます。

Img_6422

▼次は、313系と並んでいたキハ85系特急「ひだ」が回送で発車していきます。

Img_6427

▼1時間余りの名古屋駅ウォッチングでしたが、315系はまだ中央本線の一部列車への運用で、そのほかは相変わらず、以前見た風景と変わりません。今後、315系は中央本線のほか、東海道線、関西本線などへ運用する計画があります。315系が主流の車両となるにはまだしばらく時間がかかりそうです。

▼最後にこの日の様子を動画にまとめてありますのでご紹介して今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

「吹田総合車両所見学ツアー」になんと9,500円!

▼JR西日本は、「吹田総合車両見学ツアー」の発売についてのニュースリリースを4月5日に行いました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220405_03_tour.pdf

Img_1535

▼JR西日本の吹田総合車両所は昨年11月に100周年を迎えたそうです。今回、歴史のある同車両所の有料見学ツアーを日本旅行と連携して企画したものです。

▼実施するのは、2022年5月22日(日)10時30分からと14時からの2回。ツアーの主なメニューは次のとおりです。
〇屋内撮影・解説

Img_6255

〇屋外撮影

Img_6226

〇廃車留置
〇食堂
〇流電撮影

Img_6307

▼ツアーのポイントしては、普段案内することのない車両所内を社員が案内・解説し、行程の中で自由に撮影ができることです。また、食堂では懐かしのヘッドマークの展示があります。今回のツアーでは、クロ681-1001をはじめ、クモヤ145系などの見学撮影が予定されています。

Img_6211

▼気になるツアーの代金ですが、現地発着プランで大人1名で9,500円、子ども1名で8,500円かかります。募集人員は午前午後とも50名ずつ。

▼コロナ禍前までは、吹田総合車両所の見学会が毎年鉄道の日前後に無料で開催されていました。しかし、コロナ禍により無料見学会は中止になり、ようやく感染が落ち着いてきたこの春に有料のツアーが企画されました。

▼JR西日本では、コロナ禍により旅客収入が落ち込み、経営状況が厳しくなっており、なりふり構わず有料のイベントを企画しているように思えます。

▼もう無料の見学会は開催されないのでしょうか。残念ですね。

※画像は2017年10月28日に開催された無料見学会のものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村 

鉄道コム 

| | コメント (2)

ひっそりと引退したJR奈良線の103系。

▼鉄道コムに「奈良線の103系が『サイレント引退』? JR西日本に理由を聞いた」という記事が出ていました。

https://www.tetsudo.com/report/366/

Cimg6244

▼この記事によると、3月12日のJRグループのダイヤ改正にあわせ、奈良線の103系が引退したが、事前に発表がなかったとの声がSNSなどで上がっていたので、その理由を考察しています。

▼今回のダイヤ改正前日に103系は引退。ダイヤ改正後は205系と221系の2形式が走る路線となったが、JR西日本の広報担当者によると、103系は予備車扱いとなることはないとのこと。

Img_2625_20220326175101

▼今回の引退は事前の発表がなかったため、SNS上では鉄道ファンのマナーの悪化が原因ではといった意見も見られたが、JR西日本では車両の引退は発表しておらず、鉄道ファンのマナー問題でもないとのことだそうです。

Img_4946

▼あと、関西エリアでは、ダイヤ改正後も、和田岬線、加古川線、播但線での運用が続きますが、それ以外での運用はなくなりました。それにしても、通勤電車として一世を風靡した103系の今回の引退はかなり寂しいものとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村 

鉄道コム 

| | コメント (2)

特急「やくも」に新型車両投入。381系は引退。

▼JR西日本は、2月16日のニュースリリースで、岡山と出雲市間で運転される特急「やくも」に新型車両を導入すると発表しました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220216_03_yakumo.pdf

▼車両形式は273系特急形直流電車で、投入車両数は4両・11編成。振り子型車両は継続することになりますが、新型車両では国内初となる「車上型の制御付き自然振り子方式による乗り心地の向上を図るとのこと。

Cimg3865_20220216190501
特急「やくも」@岡山駅

▼防犯カメラの設置、車体の衝突安全対策、機器の二重系化、座席ピッチの拡大、、空気清浄機の搭載、抗菌・抗ウイルス加工による車内環境、車内Wi-Fi、全席コンセント、大型荷物スペースの設置、VVVF制御装置、LED照明などが新型車両の特徴となっています。

▼営業開始は2024年春以降の予定です。なお、現在の381系車両の1編成6両を国鉄色化リバイバルのカラーリングとして、3月19日から運転されます。対象となる列車は、「やくも」8・9・24・25号となります。

13100715
特急「はしだて」@福知山駅

▼新型車両のデザインはまだ検討中で、今後の発表が楽しみです。しかしながら、一方で、国鉄型の381系が引退することは寂しいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2)

より以前の記事一覧