関西私鉄

東急7700系もやって来る養老線を見に行ってきました。【養老鉄道】

▼先日車両更新の発表で話題になった養老鉄道の養老駅に行ってきました。またしても、琵琶湖から国道421号経由で鈴鹿山脈を越えて、養老山地の東側を通って到着しました。

Img_6853

▼以前に、養老天命反転地に行ったことがありますが、その時は関ヶ原経由で行ったので、今回のルートは初めてです。

18082602_2

▼養老鉄道の養老駅では、養老の滝にちなんでひょうたんのオブジェが駅前にあり、駅名にもひょうたんがあしらわれています。また、ホームにもひょうたんがぶら下がっています。養老公園や養老の滝への最寄駅となります。

Img_6837

▼ひょうたんでできた駅名表示の額です。ユニークな駅名表示です。

Img_6839

▼ホームにあるひょうたんと滝をイメージした駅名表示。

Img_6845

▼養老線は桑名と揖斐間を結ぶ鉄道ですが、ダイヤは桑名と大垣間、大垣と揖斐間と分かれており、桑名と揖斐間の直通運転はありません。

▼養老駅では、下りの大垣行きが先に到着しました。この車両は大垣市制100周年記念号の610系613Fでした。もともとは、610系は近鉄名古屋線や南大阪線で運用されていた車両です。

Img_6846

▼続いて上りの桑名行きが到着。こちらは近鉄マルーン色の620系の623Fで、この車両はもともと南大阪線の6000系が種車です。

Img_6855

▼1時間に2本の間隔で運転され、ここ養老駅では上下の列車の交換風景が見られます。

Img_6854

▼これまでは、もともと近鉄の車両が運転されていましたが、車両の更新により、今後は東急7700系も走ることになり、近鉄と東急の車両の交換風景を見ることができるので楽しみです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東急7700系の養老鉄道への移籍。【養老線】

▼8月21日に養老鉄道活性化協議会から、養老線の車両更新について記者発表がありました。平成30年度から31年度にかけて、現在の5編成の車両を廃車して、新たに東急7700系の車両を導入するというものです。

▼現在養老鉄道で運用されている車両は、元近畿日本鉄道の南大阪線や名古屋線で使用されていた車両で、昭和41年から45年に製造された古い車両です。元近鉄車両らしく、マルーン一色やラビットカー色のカラーリングで楽しませてくれましたが、老朽化により今回の更新となったようです。

▼導入される車両は、東急電鉄の7700系で、昭和38年から41年製造の古参車両ではありますが、昭和62年から平成3年に車体以外の台車、電装品、内装は総取替が行われており、今後30年程度は利用が可能とのことです。さすが、ステンレス車体では傷みが少ないようです。

Cimg5685

▼平成30年度に3両編成2本、平成31年度に3両編成1本、2両編成3本の計15両が購入されるとのことですが、すべて東急池上線で運行されている7700系車両です。養老線ではこの更新により31両中約半数が更新されることとなります。

▼15両の搬送納入は東急線内からJR線を経て近鉄塩浜検修車庫に輸送される予定で、順番に改造が施され、改造待ちの車両は西大垣駅に留置されるとのことです。詳細の情報提供は、撮り鉄にはありがたいことですね。

090101_016_2

▼改造はワンマン運転に備えて、運賃箱、運賃表示板の設置が行われるほか、車いすスペースの設置や、3両編成車両では中間車に8席のクロスシートも設置されるそうです。

▼気になる外観のデザインですが、前面、側面とも赤帯、緑帯の車両と、前面が赤歌舞伎、緑歌舞伎の車両が計画されており、ほぼ東急のカラーリングを踏襲するので、これまた鉄道ファンには話題になることでしょう。

090101_042

▼平成30年度改造の6両は2019年2月から3月にかけて運行開始が予定されており、記念事業の開催や廃車車両のお別れイベントも計画されています。

▼養老鉄道は三重県桑名市から岐阜県揖斐川町までを結ぶ27駅57.5キロの路線で、元々は近畿日本鉄道が運営していましたが、モータリゼーションの進展、少子化・高齢化などによる経営状況の悪化により、2007年10月に近鉄の子会社の養老鉄道(第2種鉄道事業者)に運営が移管され、近鉄は第3種鉄道事業者として施設の保有は継続していました。

▼さらに、2018年1月からは、近鉄に代わって関係自治体が出資する養老線管理機構が第3種鉄道事業者となる体制に変更されました。厳しい経営状況の中で、近鉄はできるだけ身軽になるよう運営形態の変更がなされました。

▼そういう厳しい経営環境の中で、車両の更新も近鉄からではなく、東急からの移譲という形となり、少しでも話題になるように努めているようです。伊賀鉄道でも、同様に東急の1000系が移譲されて話題になっています。

▼さて、今回の車両更新は明るい話題ではありますが、厳しい経営環境が少しは改善されるのでしょうか。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

折鶴伝説と「つどい」との関係とは?【近鉄湯の山線】

▼リニューアルした観光列車「つどい」を使っての「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」リアル謎解きゲーム列車は、参加者が謎解きキットに従いながら、暗号や問題の謎を解き明かしていく参加型のイベントで、「つどい」車内でゲームに挑戦するそうです。

Img_1880

▼そもそも湯の山温泉と折鶴伝説はどうつながっているのか。湯の山温泉にある三獄寺に由来する伝説だそうで、江戸時代に心中をしようとした男女が傭兵に思い留められ、お礼をするため三獄寺に参るとその傭兵はおらず、折鶴を奉納すると、その折鶴は空へ飛び立ち、この男女はめでたく結ばれたというお話です。

Img_6834

▼恋愛成就のパワースポットとして有名になった三獄寺のほか、湯の山温泉は三重県北部の最高峰である御在所岳のふもとにあり、風光明媚で中京や関西からもアクセスが便利で日帰り入浴も可能な旅館が多くあります。

Img_6823

▼湯の山温泉は西暦718年に発見され、傷ついた鹿が傷をいやしたことから鹿の湯とも言われていたそうです。元禄時代に復興され、1705年に三獄寺が創建され、明治になると、戦傷病者の療養所として3軒の旅館が指定されるなどの歴史ある温泉です。

▼今年はこの湯の山温泉が開湯して1300年ということもあって、地元と近鉄がキャンペーンを行っているようです。このキャンペーンの一環として、「つどい」が活用されるようになったものです。

Img_1878

▼近鉄湯の山温泉駅は、近鉄四日市駅・湯の山温泉駅間を結ぶ湯の山線の終点にあり、こじんまりとしたのどかな駅です。湯の山線は現在、線内折り返しでワンマン運転となっており、昼間は30分に一本間隔のローカル線の雰囲気があります。

Img_6836

▼過去には、近鉄難波駅及び近鉄名古屋駅から特急が直通運転されていた時期もあります。また、近鉄名古屋駅からの直通準急の運転や臨時急行の運転もありました。現在では不定期で特急が運転されることがあるようです。

▼さて、今回の観光列車「つどい」による謎解きゲーム列車の人気はどうなんでしょうか。直通特急の運転は今年の夏はありませんが、その代わり「つどい」が入りました。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リニューアルした観光列車「つどい」。【近畿日本鉄道】

▼琵琶湖から鈴鹿山脈越えで三重県への第2弾。今回はリニューアルした近鉄の観光列車「つどい」に逢うために湯の山温泉駅に行ってきました。名神高速から477号線を通って鈴鹿スカイライン経由で参りました。

Img_6819

▼2013年10月に2000系のうち2017Fが伊勢神宮式年遷宮に合わせて、伊勢志摩地区での観光列車に改造された「つどい」。2018年6月の近鉄エリアキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」の実施に合わせて、今回リニューアルが行われました。
リニューアルした観光列車「つどい」

Img_6833

▼前回の明るいカラーリングの「つどい」からガラッと変わって、ブラウンとクリームのツートンカラーに金色の帯を施したシックな雰囲気になりました。内装もだいぶ変更点があるようです。ク2107形の下駄箱は撤去され土足利用が可能になりました。モ2013形のハンモック、ボールプールは撤去。モ2013形の一部とモ2014形の2人掛け座席やロングシートはブラウン系のモケットに交換されました。

Img_6821

▼リニューアルされた「つどい」を使って、7月14日か9月2日までの土日祝を中心にリアル謎解きゲーム列車「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」が近鉄名古屋駅と湯の山温泉駅間で運転されています。往路は近鉄名古屋駅を10時06分に発車し、湯の山温泉駅に11時22分に到着。復路は16時05分に湯の山温泉駅を発車し、近鉄名古屋駅に17時23分到着という運行です。

Img_6822

▼湯の山温泉駅に到着した「つどい」は復路の16時05分発まで待避線に留置されていますので、駅ホームに入って撮影が可能です。駅のトイレがホーム内にあるため、トイレを借りるついでにホームで「つどい」を撮影することができます。

Img_6823

▼前回の「つどい」と今回の「つどい」。カラーリングがすっかり変わってしまいましたが、どちらが好きでしょうか。次回ももう少しこのプチツアーの報告をしたいと思います。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三重県最北端の駅は鉄道博物館。(2)【三岐鉄道・西藤原駅】

▼三岐鉄道の終点、西藤原駅は三重県の最北端にある駅です。駅前はこれといったものはなく、静かな住宅街の中にあります。

Img_1839
ED22形電気機関車

▼西藤原駅は三重県いなべ市藤原町にあり、駅の開業は1931年(昭和6年)12月です。駅舎は蒸気機関車を2両連ねたような形をしています。

Img_1848

SLの形をした西藤原駅舎

▼2001年4月に大阪セメント伊吹工場で保存されていた蒸気機関車102号が、三岐鉄道開業70周年を記念して、47年ぶりに戻ってきました。

Img_1840
E101型蒸気機関車E102号機

▼さらに2001年7月にはウィステリア鉄道という、ボランティアによるミニ蒸気機関車とミニ新幹線の運行を開始しましたが、2015年3月に老朽化により終了となっています。現在は、2017年1月から桑名工業高校の有志によって桑工ゆめ鉄道として復活して不定期ですが、ミニ鉄道車両の運行が行われています。

Img_1835

Img_1846
駅前公園から臨む西藤原駅

Img_1844
ミニSL、ミニ新幹線の運行時の注意書き

▼2016年7月には三岐鉄道開業85周年を記念して、同じ鉄道公園内に2014年まで児童公園で保存されていたED222号機がお色直しを施されて移設されました。

Img_1837
ED22形電気機関車

Img_1843

▼この電気機関車は1925年に米国で製造され、信濃鉄道(現在のJR大糸線)や国鉄で運転され、1956年に三岐鉄道に移り、1984年に引退し保存されていました。そのほかディーゼル機関車のDB25号機も展示されています。

Img_1836

▼三重県、岐阜県の県境にはこのほか、北勢線や養老鉄道などまだまだ面白うそうなローカル鉄道があるので、また機会を見つけて訪れてみたいと思います。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三重県最北端の駅はセメント山の麓にあります。【三岐鉄道・西藤原駅】

▼大雨が止んだら、こんどは猛暑で大変な夏となりました。さらにその前の地震の発災もあり、仕事も立て込んでなかなかブログを更新する暇がありませんでした。

▼久しぶりにプチツアーに出かけました。今回は琵琶湖から山越えして、三重県まで遠征。紅葉で有名な永源寺が沿線にある国道421号で県境を抜けて、三岐鉄道の終点、西藤原駅に行ってみました。

Img_1852
西藤原駅の営業車と保存電気機関車の並び

▼三岐鉄道は、名前のとおり三重県と岐阜県を結ぶことから由来している鉄道で、セメント輸送がメインの鉄道会社です。2003年には近畿日本鉄道から北勢線を譲受しています。三岐線は近鉄富田から西藤原までの26.5キロあり、旅客用の電車は元西武鉄道の車両が譲渡されています。

Img_1854
元西武鉄道の101系

▼セメント輸送がメインなので電気機関車や貨車も多数保有しており、普通のローカル鉄道とはちょっと違っています。電気機関車は元東武鉄道の機関車を譲り受けており、西武と東武の元車両が混在する面白い鉄道です。

Img_1858
東藤原駅に停車中の貨物列車

▼藤原岳の東側はセメント採掘のため、山肌が削られ段々畑のようになっています。青々とした山々の中で異様な佇まいをみせています。

Img_1856

▼次回は西藤原駅について、詳しくレポートしてみたいと思います。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変な警告音のする踏切を知っていますか。【近鉄】

▼近畿日本鉄道は、大阪府、奈良県、京都府、三重県、愛知県にわたる広範囲に路線を持つ私鉄です。都会のみならず、田園地帯も走ります。乗降数の少ない駅では改札口が1か所しかない駅もあります。そこで、改札のあるホームから改札のないホームには構内踏切が設置されています。この構内踏切の警告音が通常の踏切音とは異なるかなり奇妙な音を出します。

Img_6754

▼ネットで調べてみると、大阪線の弥刀駅、京都線の山田川駅、橿原線の近鉄郡山駅、名古屋線の桃園駅、米野駅、南大阪線の磐城駅、浮孔駅、山田線の明星駅などが構内踏切が設置されているようです。

Img_6743

▼この奇妙な音は聞いてみれば、思わず笑ってしまうものです。何ともコミカルな音を出します。

Img_1808

▼しかしながら、だんだん警報機の更新が進んでいるようで、京都線の山田川駅では、5月に訪れた時には、奇妙な音を出していましたが、6月初めに再度訪れた時には、何の変哲もない音に変更されていました。名古屋線の白塚駅も変更されたようです。

▼ちなみに、変更前の警告音は、まぬけな腰砕けな音ですが、変更後の音はただのブー・ブー・ブーという音になっています。

▼近鉄にはこのほかにも、構内踏切で奇妙な警告音のするものがあるかどうか、調べてみると面白いかもしれませんね。

▼最後に、変更前の京都線の山田川駅の構内踏切音をお聴きください。


▼変更後の山田川駅の構内踏切音とまだ奇妙な音の残る近鉄郡山駅の構内踏切音をお聴きください。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに、KTR(丹鉄)宮津駅に行ってきました。

▼以前の仕事で2年間利用したKTR、以前は北近畿タンゴ鉄道、現在は京都丹後鉄道の宮津駅に久しぶりに行ってきました。

Img_6765
MF100形と丹後とあおまつ号

▼今回は残念ながら鉄道ではなく、中国自動車道、舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道を利用して愛車で向かいました。わずか2時間ほどで大阪市内から宮津駅まで行くことができます。

▼第三セクターの鉄道であった北近畿タンゴ鉄道は、2015年4月に鉄道運行業務をWILLER TRAINSに移譲し、施設保有会社になりました。日本一の赤字を改善すべく、いわゆる上下分離方式で鉄道事業の再構築を図ることとなりました。

Img_6768
宮津駅を出て天橋立へ向かう丹後あおまつ号

▼北近畿タンゴ鉄道の略称はKTR、今回の京都丹後鉄道の略称もKTR。上手いこと略称はこれまで通り変わることなくすみました。

▼「丹鉄」に変わって3年が経ちました。この間、どのような変化があったのでしょうか。高次元交通ネットワークの実現に向けて、①交通網のネットワーク化②沿線地域交通を網羅する公共交通網の構築③生活に必要な施設を結ぶ交通ネットワークの構築④主要駅から目的地まで移動距離に応じた最適な交通手段の整備⑤ITCを活用した簡単・便利でストレスのないサービスの提供⑥沿線地域の交流人口を増やすための企画乗車券の造成といった6つの構想を掲げて丹鉄はスタートしました。
京都丹後鉄道の経営ビジョン

Img_6771
福知山から移転した本社がある宮津駅舎

▼鉄道の通称名は「丹鉄」と変えました。また、西舞鶴・宮津間の宮津線を「宮舞線」、宮津・豊岡間を「宮豊線」と新しい路線通称名に変えました。さらに、駅名も観光地かわかるよう7つの駅名を変えました。駅員・乗務員の制服のデザインも変更しました。

▼観光列車も丹後くろまつ号からスイーツコースのTANGO CAFE TRAIN、ランチコースの丹後あじわいランチ列車、ディナーコースの丹後のきらめき会席弁当ディナー列車(現在はブランチコースに変更)に変更となりました。企画乗車券も全25種類、より便利でお得な乗車券の追加・変更を加えました。

▼鉄道本体のみならず、沿線自治体としても、「海の京都」事業により発信力・集客力のある戦略拠点の形成を進めることで、観光客を呼び寄せようとしています。

Img_6784
最大の観光資源である天橋立

▼また、2017年6月からは、丹鉄を活用した農業振興や地域活性化を進めるため、「貨客混載事業」を開始しました。この事業は沿線の農家が丹鉄の最寄り駅に農産物を運搬し、定期列車で輸送することで農家の輸送の負担を軽減し、生産性を向上するとともに、物流の効率化を図りることとしています。

▼上下分離方式後の利用状況を見てみると、2015年度は対前年度比で104.6%と増加しました。その要因としては、企画乗車券の造成効果、運行記念イベントの効果、ダイヤ改正の高架、天候にも恵まれたことなどがあげられています。

Img_6775
「丹鉄」のロゴのある工事用車両

▼しかしながら、2016年度は対前年度比で96.8%と減少となりました。その要因としては、豪雪による運休、北陸新幹線の金沢までの延長による影響、高速道路開通、高速バスのダイヤ増などがあげられています。(2017年6月7日公共交通シンポジウムin札幌・京都府建設交通部交通政策課長資料より)公共交通シンポの資料

▼上下分離方式により一定の効果はあったものの、天候に左右され、高速道路網がライバルとなるなど、今後も厳しい状況は続くものと思われます。最後に、宮津駅界隈の動画をご紹介しておしまいにします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

100周年を記念してマルーンレッドにシルバーの帯が。【近鉄・復刻塗装列車】

▼奇妙な踏切の警告音を聴きに山田川駅に行った際に、石切駅から大和西大寺駅まで乗車した急行の前3両はラッキーにも復刻塗装列車でした。

Img_6736

▼2018年3月29日の近鉄のニュースリリースによると、田原本線100周年を記念した復刻塗装列車が4月1日から走り出しました。
◎近鉄ホームページ:田原本線復刻塗装列車

▼1980年代半ばまで田原本線で運行されていた820系塗装色であるマルーンレッドにシルバーのラインの入った復刻塗装列車が、1編成3両編成田原本線などで運行されています。

▼田原本線の歴史は古く、1918年4月26日に大和鉄道が新王寺から田原本間で開業して、4月26日で100周年を迎えました。1923年5月2日には田原本から桜井町間が開業しましたが、1944年1月11日には営業休止となり、1948年6月15日には1067ミリの狭軌から1435ミリの標準軌に変更され電化。1961年10月1日に信貴生駒電鉄と合併、1964年10月1日に近畿日本鉄道と合併され現在に至ってます。

▼復刻塗装列車は田原本線だけではなく、奈良線での運用がされているようで、朝は準急での運用も目撃しました。今回は、お昼の急行での運用でした。

▼マルーンレッドは懐かしいですが、シルバーの帯はラッピングシールで貼られています。たぶん昔はシルバーの帯は金属だったと思います。

Img_6738

▼820系とは車両の幅も広くなり外観もだいぶ違いますし、820系そのものを知らない者としては、なんとも実感が湧きません。とはいえ、珍しい塗装の列車に遭遇できたので、とりあえず記録したところです。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都から世界遺産の吉野山へ乗り換えなしで行けるかも。【フリーゲージトレイン開発・近鉄】

▼近畿日本鉄道では、フリーゲージトレインの実用化に向けて開発を進めると、2018年5月15日のニュースリリースで発表しました。

Img_4356
橿原神宮前駅の22000系特急京都行き

▼この発表によると、近鉄では、これまで、新幹線の京都駅・名古屋駅から観光地の奈良・京都・伊勢志摩への特急ネットワークを構築してきたが、名古屋線、大阪線、京都線、橿原線と吉野へ向かう吉野線では、軌道の幅が異なるため、乗り換えが必要となっていた。

Img_4353
吉野線の特急車両「さくらライナー」

▼乗り換えを解消し、直通で吉野へと向かうようにするため、フリーゲージトレインの実用化に向けて開発を進めることとなったそうです。

▼吉野線は1067ミリのゲージ幅、そのほかの路線は1435ミリのゲージ幅で橿原線から吉野線へは乗り換えが必要になります。近鉄では、これまでもゲージの統一や三線軌条などの解決方法を模索してきたそうです。

Img_4345
橿原神宮前駅から吉野線への連絡線

▼フリーゲージトレインが実用化されると、京都駅から吉野線・橿原線を経由して、橿原神宮前駅から吉野線を経て、吉野駅まで直通運転が可能となります。

Img_4344
1435ミリの限界の表示@橿原神宮前駅

▼新幹線のフリーゲージトレインの開発はとん挫している状況ですが、私鉄の雄である近鉄がこのプロジェクトを成功させることができれば、日本の鉄道界における快挙となることは間違いないことでしょう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR | 旅行 | 模型 | 航空 | 趣味 | 鉄道全般 | 関東私鉄 | 関西私鉄