関西私鉄

来年春に「きんてつ鉄道まつり」が開催されます!

▼近畿日本鉄道は、この秋に3年ぶりに開催した「きんてつ鉄道まつり」を2023年春に再び開催すると、12月20日に発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/train_fes_spring2023.pdf

▼コロナ禍で、2年間開催が見送られた「きんてつ鉄道まつり」が2022年秋に五位堂会場と塩浜会場で開催されましたが、来年に限り再度「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」として、春に再度開催されることとなりました。

Img_2907
2015年11月開催の展示車両

▼申し込み方法やイベントの詳細は未定ですが、今後改めて発表があるとのことです。

▼記者発表資料では、運転士体験「あなたも運転士!出発進行!!」や「床下ピット探検隊」などがイベントの例示として記載されています。

Img_2914_20221225182601
床下ピット探検隊(2015)

▼来年春のまつりも、開催日・会場は4月22日(土)に五位堂会場と5月13日(土)に塩浜会場の2か所で、大阪地区で開催されていた高安会場での実施は今回もありません。

Img_2931
40tクレーンでの車両移動(2015)

▼再度の開催となった理由ですが、たぶん、インターネットでの申し込みで参加人数も制限していたので、申し込みが多数あり、参加希望者が思ったより多かったので、こうした声を拾った結果だと思います。

▼それに、会場までの乗車数が増えるので鉄道部門の収益にも寄与すると思われますし。

▼You Tube でのオンラインのまつりは期待したほど面白くないし、やはり検修車庫などでの実物を見ての見学のほうが興味が持てます。

▼来春には、新型コロナウイルスの感染状況がどうなっているかわかりませんが、再びの開催は鉄道ファン、近鉄ファンにとっては朗報でしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

阪神電鉄が有料座席列車を運行へ【らくやんライナー】

▼阪神電鉄が期間限定で夜間有料臨時列車(らくやんライナー)を運行すると、12月1日発表しました。

https://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20221201-unyu-rakuyanraina.pdf

▼運行日は12月23日(金)、来年1月6日(金)、13日(金)、20日(金)の計4日間です。

▼運行区間は大阪梅田・青木間で、20時19分大阪梅田発、21時43分大阪梅田発の計2本が運転されます。

Cimg7307
一部クロスシートの9300系

▼乗車駅は大阪梅田と野田だけで、降車駅は尼崎、武庫川、甲子園、西宮、香櫨園、打出、芦屋、青木です。

▼乗車定員は、1列車あたり180席の定員制です。大阪梅田発で150席、野田発で30席を用意。座席指定ではなく、乗車整理券を発行し、空いている席へ自由に座ることができます。

▼利用方法としては、大阪梅田駅では1番線ホームで発車10分前から受付を開始。1号車(大阪方最後尾車両)から5号車の扉まで整理券を購入。野田駅では3番線で6号車(神戸方先頭車両)から乗車し、車内で整理券を購入。

▼乗車整理券は200円の均一料金で、別途乗車券あるいは定期券が必要となります。

▼運用される車両はまだわかりませんが、一部クロスシートがある9300系、8000系ではないかと推測されます。

Cimg7365
リニューアル後の8000系

▼JR西日本では、すでに新快速で一部車両を有料座席(Aシート)にした列車を運行しています。また、阪急も2024年をめどに有料座席列車の運行を計画しており、京阪神間で有料座席列車の運行が次々運行されることになります。

▼コロナ禍で、乗客も感染を用心して満員電車を敬遠するなかで、座席を確保できる列車はニーズがありそうだし、鉄道会社としても、乗客数の減少による収益減を有料座席により収益を確保することができるので、利用者にとっても、鉄道会社にとってもメリットはありそうです。

▼阪神電鉄では、臨時有料座席列車の運行中に利用者にアンケートを実施し、今後の施策の参考にするようです。さて、大阪梅田から青木間という短い区間でどのくらいの需要があるでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

泉北高速鉄道が新型通勤車両を導入。【9300系】

▼泉北高速鉄道は、新型通勤車両「9300系」を導入すると、11月11日に発表しました。

https://www.nankai.co.jp/library/groupinfo/news/pdf/221111_1.pdf

221113_9300

▼新型車両は南海電鉄の8300系をベースにして投資額を抑制しながら、泉北高速鉄道の個性を生かしたデザインを採用します。

▼導入するのは4両編成を2編成(8両)。営業運転開始は2023年夏の予定です。外装デザインは泉北高速鉄道のラインカラーである「ブルー」と既存の通勤車両の車体色である「アイボリー」の2色を採用します。

Img_0223
泉北高速鉄道 7000系

▼内装デザインには、木目柄を用いて、座席シートには既存の通勤車両に合わせたカラーを採用します。

221113_9300_20221113153901

▼環境に優しい機能としては、エネルギー効率の高い機器を導入し、消費電力を低減し、車内照明・前照灯などすべての灯具にLEDを採用します。

▼バリアフリー機能として、車内案内表示器は液晶ディスプレイ式で、4か国語に対応。ベビーカーやキャリーバッグなどを利用するための多目的スペースを設置します。また、床面に優先座席及び車椅子・ベビーカースペースの表示を追加します。

▼そのほか、客室内及び出入口ドア窓に複層ガラスを採用。走行用モーターに遮音性が高い全閉内扇型主電動機を採用し、車内外の騒音を低減します。座席や吊手、手すり、窓などに抗ウイルス・抗菌加工を行います。

▼9300系の導入に伴い、5000系、7000系、7020系のラインカラーについても「ライトブルー」を廃し、「ブルー」のみに順次変更し、ラインカラーの統一を図るそうです。

Img_2702
泉北高速鉄道 5000系

▼泉北高速鉄道は、元々、泉北ニュータウンへのアクセス鉄道として、大阪府の設立した第三セクターである大阪府都市開発株式会社が経営していましたが、2014年に株式が南海電鉄に譲渡され、南海グループの傘下に入り、子会社となりました。

▼1971年の開業時には全業務を南海電鉄に委託していましたが、1986年の鉄道事業法の公布により、従来の方式のままでは第三種鉄道事業者となって、運賃、料金の決定や運行計画の策定を自社でできなくなるため、1988年に第一種鉄道事業者への認可を得ました。

▼こうした経緯から、新型車両はカラーリングは泉北高速鉄道の個性を生かしてはいるものの、南海電鉄の8300系をベースとした車両となったものと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

実はエリザベス女王も乗車されたこともある近鉄観光特急「あをによし」

▼英国のエリザベス女王が9月8日に死去されました。心よりエリザベス女王のご冥福をお祈り申し上げます。

220910_
      asahi.com より転載

▼エリザベス女王は我が国にも多くの足跡を残されました。女王が1975年春に来日されたときに、伊勢神宮などを訪問され、その際、往路の京都から五十鈴川まで、復路の鳥羽から近鉄名古屋まで、近鉄を利用されました。

220910__20220910131901
asahi.com より転載

▼その際用意されたのが、近鉄特急車両の12200系でした。その車両は当時最新の車両で、ク12356が御料車とされました。内装は天皇、皇后が乗車されるときと同等で、運行もお召し列車と同様の取り扱いとされました。

Img_7238_20220910131601
12200系@高安車庫

▼9月10日付けの朝日新聞の記事によると、女王は近鉄特急に乗車された後、運転士に革製の財布をプレゼントされ、帰国後は王室からお礼の手紙が送られたそうです。

▼12200系はその後、世代交代により、一部は団体専用列車の「あおぞらⅡ」や「かぎろひ」に転用されたほかは廃車となり、2021年2月をもって定期運用から離脱しました。

▼しかし、2022年4月に新た観光特急「あをによし」が運転を開始し、その種車として12200系が利用されました。実はその車両は1975年に来日されたエリザベス女王が乗車された車両だったのです。

Img_6295_20220910131801
あをによし」@近鉄奈良駅

▼ユニークなエピソード持つ「あをによし」。今後も伝説を持った車両として活躍を祈りたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

3年ぶりに現地で「きんてつ鉄道まつり2022」開催。

▼近畿日本鉄道は、「きんてつ鉄道まつり2022」を10月22日(土)、23日(日)に五位堂会場(五位堂検修車庫)で開催すると、9月8日のニュースリリースで発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/tetsudomatsuri2022.pdf

Img_7362_20220908180401
2019年のきんてつ鉄道まつり@五位堂会場

▼今回は、3年ぶりの現地開催となります。参加するためには、インターネットによる事前予約制(参加無料、先着順)として、いくつかのイベントも事前にインターネットで抽選となります。

▼また、オンラインでの鉄道まつりも、10月1日(土)から11月30日(水)まで専用ホームページで開催予定です。

▼五位堂会場での主なイベントは、40tクレーンの実演、駅名ビンゴ大会、定期券自動券売機の操作体験ブース(近畿大学とのコラボ)など、オンラインでの主なイベントは、オリジナル動画配信、鉄道部品ねっとオークション、鉄道グッズの販売などを行う予定です。

Img_2930
40tクレーン実演

▼10月22日(土)は10時から16時まで、23日(日)は10時から15時までの予定で、事前予約で、各日8,000名の定員で、雨天決行となっています。

▼他のイベントとしては、床下ピット探検隊、あなたも運転士!「出発進行」、軽食・弁当・飲料等の販売など、例年のものも開催予定です。

Img_2914
床下ピット探検隊

▼会場までのアクセスツアーとして、「往路 貸切列車『ひのとり』で行く きんてつ鉄道まつり2022 in 五位堂」ツアーが開催予定です。これは、近鉄名古屋から貸切の「ひのとり」で五位堂へ向かい、復路はひのとり以外の特急列車で帰るものです。

Img_6369_20220908180301
ひのとり@近鉄名古屋駅

▼なお、名古屋地域では、塩浜会場でも、11月5日(土)、6日(日)に開催予定です。

▼コロナ禍の影響で、2020年、2021年は現地での開催は中止となり、今年ようやく3年ぶりに現地での開催となりました。しかしながら、今年は五位堂会場のみで、高安会場での開催はありません。参加もインターネットで、事前申し込みが必要となっています。

▼まだまだ、通常の開催は難しいようです。しかし、JR西日本の吹田総合車両所の見学会のように有料とならず、無料のままになったことはよかったと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

値上げの季節。(近畿日本鉄道・鉄軌道旅客運賃の改定申請の認可)

▼近畿日本鉄道は、2022年4月15日に変更認可申請を行っていた鉄軌道旅客運賃の改定が国土交通大臣より認可されたと、9月2日に発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/HP_unchinninka.pdf

▼改定理由としては、沿線の少子高齢化等による乗客の減少、昨今の新型コロナウイルス感染症流行によるさらなる利用の減少など事業環境が厳しくなっており、オンラインによる新しい生活様式により、収入減少を補うことは困難としています。

Img_4057

▼一方で、健全な鉄道運営を維持するため、車両・設備の更新、バイアフリー整備、防災対策などを継続的に行い、安全性・利便性を確保する必要があるため、今回の運賃改定を実施したいというものです。

▼運賃改定の実施は2023年4月1日の予定。改定される普通旅客運賃の概要は次のとおりです。初乗り運賃・大人(1~3キロ)が160円から180円に、大阪難波~近鉄奈良間が570円から680円に、大阪難波~近鉄名古屋間が2,410円から2,860円に、京都~橿原神宮前間が900円から1,070円に、大阪難波~宇治山田間が1,830円から2,170円に、近鉄名古屋~宇治山田間が1,410円から1,740円になります。

Img_6130

▼通勤定期・大人では、大阪難波~近鉄奈良間で1か月19,960円が23,680円に、京都~奈良間で20,980円が24,880円に、大阪上本町~大和八木間で20,400円が24,180円に、大阪阿部野橋~古市間で16,880円が20,000円に値上げとなります。

▼普通運賃の改定率は17.2%、増収率は14.7%、通勤定期の改定率は18.3%、増収率は17.0%、通学定期の改定率は9.2%、増収率は7.8%を見込んでいます。

▼普通運賃では10キロまでの短距離区間は、改定率を12.5%~15.4%に抑え、通学定期については、改定率を通勤定期の約半分に抑えているとのことです。

▼また、加賃運賃がある吉野線、湯の山線、鳥羽線、志摩線、けいはんな線、特急料金及び鋼索線の運賃は改定を行わないとしています。

▼運賃値上げによる増収などを原資として、2023年度から2025年度までの間、設備の健全性維持、安全・防災対策、既存車両の改修等に約530億円を投じるほか、一般車両の更新などに約180億円、バリアフリー整備加速化に約60億円、次世代の営業機器導入に約60億円、将来へ向けた技術開発に約30億円を実施するとしています。

220520__20220904153801

▼鉄軌道部門の収支の実績及び推定によると、2020年度の収支差は実績で、448億2,200万円の赤字、収支率は69.1%となっており、今後運賃改定により、2023年度から2025年度までの3年間で、収支差が326億5.300万円の赤字、収支率で92.9%になるとしています。

▼今回の運賃値上げがかなり大幅なものであり、利用者への影響は大きいものがありますが、少子高齢化、コロナ禍の影響などで収益は悪化する一方で、背に腹は代えられぬということでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

大阪メトロ10A系、御堂筋線の最後の編成が7月に引退。

▼大阪メトロの御堂筋線で運行されていた10A系の最後の編成がいよいよ2022年7月に引退することとなりました。

https://subway.osakametro.co.jp/news/news_release/20220616_10keiintai.php

▼大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)の10系は、1973年に谷町線に試作車が投入され、1976年に御堂筋線で運行を開始しました。

Cimg6100
御堂筋線10系@新大阪(2015年)

▼10系の画期的特長は、第三軌条式で初めてチョッパ制御が採用されたこと、また、1979年に冷房装置を初めて搭載されたことです。チョッパ制御により、抵抗制御に比べて放熱量が少なく省エネを実現、冷房装置の搭載で車内の快適性を確保することができました。

Cimg6097
更新前の10系@新大阪

▼1995年から1996年にかけて10両編成へ組み換えが行われ、1998年から2003年にかけて更新工事が行われ、2006年以降VVVFインバータ制御への更新が行われ、その更新工事が実施された編成は10A系と呼ばれました。

▼御堂筋線の主力系統車として234両もの台数を誇っていましたが、現在では20系、30系にその座を譲り、今回の引退となりました。

Cimg6116
10系の後継車である20系@新大阪

▼大阪メトロでは、10系の引退を記念して、1日乗車券の発売や引退記念ヘッドマーク付き列車の運行を行います。(ヘッドマーク掲出はすでに7月4日で終了)

▼大学時代に通学で初めて目にした10系はデザインも斬新で、冷房装置が車両の端の屋根に埋められているのが印象的でした。あれから40年あまり。時間の過ぎるのは速いですね。お疲れ様でした。

▼最後にショート動画を貼っておきます。ご覧ください。

https://youtube.com/shorts/b3fyVQRQ744?feature=share 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

観光列車「つどい」が大阪上本町駅へやって来る。【上本町 駅ナカマルシェ】

▼三重県と近畿日本鉄道は、2022年6月4日・5日に、大阪上本町駅で「上本町 駅ナカマルシェ」を開催すると5月27日に発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/uehonmachiekinaka_HP2.pdf

▼このイベントは、第2回「三重県のいいもの・うまいものフェア」の一環で開催されるもので、観光列車「つどい」の車内やホーム、駅コンコースで、三重県の特産品などの買い物を楽しむことができるほか、三重県のPRブースも併設されます。

Img_1878
観光列車「つどい」@湯の山温泉駅

▼そのほか近鉄百貨店上本町店では、三重県の名産品を販売するほか、レストランでの三重県グルメの提供があります。また、シェラトン都ホテル大阪のレストラン・ラウンジ、四川料理店、日本料理店では、三重県の食材を使ったメニューを提供します。

141123_02
2014年11月のうまいもん列車@大阪上本町駅

▼イベントの目玉はやはり「つどい」ですね。最近名古屋へ出かけたときに、名古屋線の車庫に留置されている「つどい」を見かけたのですが、久しぶりに「つどい」をじかに見ることができます。

Img_1880

▼この土曜・日曜は、大阪上本町駅に出かけてみてはいかがですか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

南海高野線で脱線事故。特急「こうや」「りんかん」が運休。代わりに自由席特急運転運転

▼南海電鉄の小原田車庫で、5月27日午前0時20分ごろ、回送中の特急電車が脱線しました。これにより、車庫に留置されていた他の特急電車2編成が使用できなくなりました。

▼脱線の原因は営業運転を終え回送で車庫に入ったが、留置線へ移動させる際に、運転士が赤信号を見落として前進したためポイントを壊した。さらに、損傷に気づかずに電車を後退させたため、4両編成中2両が脱線したとのことです。なんとも、情けないミスですね。

Img_2714
高野山開創1200年記念ラッピング車の「こうや」号

▼南海電鉄のホームページによると、脱線した車両を移動させて、他の車両を出庫できるよう試みていたが、当初の予定の5月29日中に作業が完了できないため、30日も引き続き「こうや」「りんかん」は運休することとなりました。

▼運休する特急こうや・りんかんの代わりに自由席特急を運転することとなりました。その列車に使用されるのが2000系だということです。

Cimg2485
区間急行運用の2000系(2015年9月)

▼2000系は高野線の山岳区間を直通で運転することができるいわゆる「ズームカー」の一系列です。2000系は17メートル車で、2扉車なので、差のラッシュ時などでは乗降に時間がかかるため、急行の運用から外れたり、南海線へ転属・普通車で運用されたりしていました。

▼そんな中での、久しぶりに優等列車での運用で、2000系が注目を浴びることとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

名古屋からの帰りは運転席の後ろでかぶりつき。【近鉄・ひのとり】

▼近鉄名阪特急「ひのとり」で名古屋へ行き、名鉄、JR東海の車両撮影を終え、再び大阪へ帰ります。朝は痛恨のミスから「ひのとり」の先頭車両の座席を取りそこなったので、帰りはやっと念願の先頭車の運転席のすぐ後ろに座ることができました。

▼乗車したのは16時発の66列車です。停車駅は津、鶴橋、大阪上本町の速達列車です。

Img_6436
「ひのとり」プレミアムシートからの前面展望

▼ハイデッカー車両でもあり、座席が運転席より上にあるので、先頭車両から見る前面展望は素晴らしいです。発車してすぐ右手に米野車庫が見え、特急車両が待機しています。そのあとひのとりは高架に上がりスピードを上げていきます。

▼近鉄弥富駅を通過すると、木曽川鉄橋、長良川・揖斐川鉄橋を渡り、桑名駅を通過して行きます。名古屋線で有名な撮影スポットである霞ケ浦駅・阿倉川駅間の眼鏡橋を通過し、すぐに四日市駅です。塩浜、白子を通過すると、もう停車駅の津駅です。

▼津駅で乗務員が交代します。そして津駅を発車すると、お馴染みの名古屋線と大阪線を結ぶ短絡線を通過して行きます。

Img_6447

▼その後は、青山高原に向かって登っていきます。かなりの勾配がありますが、ひのとりは難なく登っていきます。長い青山トンネルなどを通過し、名張駅へと進んでいきます。名張駅を通過して、以前撮影しに行ったこともある三本松駅も通過し、あっという間に奈良盆地へと駆け抜けていきました。

▼大和八木駅も通過し、あと20数分で鶴橋駅に到着します。大阪上本町駅で下車するので、お名残り惜しいですが、鶴橋駅を発車するとすぐデッキへと向かいます。名古屋から大阪までの約2時間あまり、前面展望を堪能しました。今度はレギュラー車両にも乗車したいです。

Img_6369_20220528234701

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

より以前の記事一覧