関西私鉄

近鉄新型一般車両がいよいよ2024年10月デビューします。

▼近鉄は、5月10日付けのニュースリリースで、新型一般車両のデビューが2024年10月だと発表しました。

https://files.microcms-assets.io/assets/f76cb3f097104533921f6d6262a336ee/3ffcffeeedf5418db31ce7f192df2976/20240510.pdf

▼10月にデビューするのは、奈良線・京都線系列で、2025年度には大阪線・名古屋線・南大阪線にも新型車両が導入されるとも合わせて発表されました。

▼2022年5月17日のニュースリリースで、新型車両の導入については、その概要が発表されていますが、今回は、実車の画像も添えて、詳しく発表がありました。

Photo_20240510222701

▼近鉄としては、一般車両の導入は24年ぶりとなるということで、注目度は高くなるものと思われます。

▼2024年度には、4両編成が12本、計48両が順次、奈良線、京都線、橿原線、天理線に導入されるとのことです。

▼新型車両では、ベビーカー、大型荷物対応スペースについて、「やさしば」と命名して、車両中央の乗降ドア付近に1両あたり2か所設置します。

Photo_20240510222901

▼夏期や冬期の車内保温のために、駅に長時間停車する際に個別にドアを開閉できるスイッチを設置します。これは、JRの近郊線区でも以前から設置されているもので、近鉄では初の試みです。

Photo_20240510222801

▼ロングシートとクロスシートを切り替えることができるL/Cシートも設置されます。

Photo_20240510222802

▼車内防犯カメラも1両あたり4か所に設置され、非常通話装置が作動したときには、その映像を乗務員や運転指令がリアルタイムで確認できるようになります。

▼2025年度には、奈良線・京都線系列などで36両、大阪線で8両、名古屋線で12両、南大阪線で12両の導入が計画されています。

▼新型車両の導入は奈良線・京都線系列での導入が一番多く、他の線区では少ない導入両数となっています。今年の秋からは奈良線・京都線などで新型車両を見ることが多くなるので楽しみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

阪急京都線の座席指定サービス「PRiVACE」が7月にデビュー!

▼阪急京都線の座席指定サービス「PRiVACE」が7月にデビューすると発表され、4月16日にプレス向けに公開されました。

Photo_20240416213001

▼阪急では、座席指定サービスの導入は初です。

▼座席指定専用車両は、阪急が京都線用の新型特急車両として導入を予定している2300系の大阪方から4両目に連結されます。

2300

▼専属のアテンダントが添乗。一般車両とは異なり、出入り口ドアは車両の中央に1か所のみ。

Sec_01_img01pc

▼座席は、ゴールデンオリーブと木目調が生む寛ぎの空間を演出。座席は、リクライニング機能を装備。ヘッドレスト、パーテーションでプライベート空間を創出しています。

Sec_01_img02pc

▼収納式のテーブル、読書灯、コンセント、無料WiFiも設置。荷物コーナーが車端に設置されます。

Sec_01_img03pc

▼座席指定料金は500円(別途運賃が必要)。優等列車の特急、通勤特急、準特急において、1時間に2~3本の頻度でサービスを実施する予定です。

▼京阪間では、すでに京阪やJR西日本が座席指定サービスをすでに実施しており、京阪は2017年8月に座席指定車両「プレミアムカー」の導入を開始。

Img_6146

▼JR西日本でも、2019年3月から野洲・網干間の新快速で有料着席サービス「Aシート」を実施しています。2023年春から1日6往復の設定があります。

Snapshot24041601

▼これで、3社とも座席指定サービスがそろいました。果たして、どの会社のサービスが評価されるでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

なぜ名阪特急がこんなに混むのか?インバウンドの復活?春休み?

▼久しぶりに名古屋へ行こうと思い立ち、日曜日の朝から、近鉄特急のインターネット予約・発売サービスで特急券を購入

▼往路は大阪上本町から近鉄名古屋まで、10時33分発のアーバンライナー、列車番号110を予約

Photo_20240408221801

▼名古屋へは今は「ひのとり」が速達で行けますが、ちょっとのんびりしようと、名阪乙特急でいくことにしました。

Img_2918

▼日曜日の10時発の「ひのとり」だと、大阪上本町から近鉄名古屋まで、停車駅は鶴橋、大和八木、津で、名古屋には12時06分に到着します。

Img_7600_20240408222101

▼今回は、10時33分の「アーバンライナー」だと、停車駅は鶴橋、大和八木、名張、津、白子、四日市、桑名で、名古屋には12時49分に到着します。

▼「アーバンライナー」は「ひのとり」より、4駅多く停車し、乗車時間も13分長くなります。

▼大阪上本町から乗ってすぐ、予約した座席にたどり着くと、座席が向かい合わせになっており、外国人の乗客が3人向かい合わせに座っていました。

▼私が来ると、座席をもとに戻して座りました。私もやっと窓側に座ることができました。

▼それにしても、ざっと見まわしてみると、かなりの外国人が乗車しています。

▼春の日曜日、コロナ禍が収まって、インバウンドが復活したとはいうものの、なぜに名阪特急、しかも乙特急にこんなに乗車率が高いのか?不思議でなりませんでした。

▼しかし、津、白子に停車して、外国人は一斉に降りて行きました。

▼そこで、やっと気が付きました。今日はF1日本グランプリの決勝の日でした。

F1gpx

▼白子を過ぎると、乗客は半分近く減りました。

▼というわけで、のんびりアーバンライナーで名古屋まで行こうとしたものの、逆に騒がしい道中となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

北大阪急行が延伸し箕面萱野駅開業したので行ってみました。

▼3月23日に北大阪急行が千里中央から延伸して、箕面萱野駅、箕面船場阪大前が開業したので、終点の箕面萱野駅に行ってきました。


24032501

▼北大阪急行が延伸した路線は、新御堂筋に沿って北上し、箕面市などにより、かやの中央として開発が行われ、みのおキューズモールのある地点が駅となっています。

▼箕面市は大阪のベッドタウンですが、鉄道は西部に阪急箕面線があるのみで、市内の大部分から鉄道一本で都心へ出ることはできませんでした。

▼かやの中央地区は、これまでは北大阪急行の千里中央からバスに乗り換える必要があり、大阪市内には直接鉄道で行くことはできませんでした。

▼そういう意味で、北大阪急行の延伸は悲願であったので、地元の喜びはひとしおのものがあります。

▼箕面萱野駅の構造は、島式ホーム1面2線の高架駅となっています。ホームドアが設置されています。

24032511

▼駅は高架であり、周りを遮るものがないので、夏と冬は厚さ、寒さがこたえるかもしれません。

▼改札口は北と南の2か所にあり、みのおキューズモールへは北改札口から直結しています。

24032507

▼駅の開業に合わせて、新たに、STATION棟が増設されました。STATION棟には、飲食店、スーパーや雑貨店が出店しています。

24032503

▼また、これまでは、千里中央がこの地域のバスターミナルでありましたが、新駅開業により、バスターミナルもこちらにシフトされました。

24032504

▼かつてはフランスのスーパー「カルフール」がありましたが撤退し、現在はイオンと専門店街のキューズモールになっています。

▼隣の箕面船場阪大前には、大阪大学箕面キャンパスができ、これまでの繊維問屋の街から、学生も通う街へと変貌を遂げました。

▼この地域の地価は、北大阪急行の延伸でかなり上がっており、高級住宅地のイメージがさらにアップしつつあります。

▼鉄道が来ることは、街の魅力をアップさせるすごいパワーがあることを物語るものととなりました。

24032518

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (4)

JR東海の211系が、三岐鉄道へ譲渡されたようです。

▼3月19日以降、211系が三岐鉄道の富田駅に回送されています。

Img_7049
211系@名古屋駅

▼211系は、1985年に登場した直流近郊形電車で、末期の国鉄により製造されましたが、分割民営化後は、JR東日本とJR東海及びJR西日本で製造されました。

Cimg1231
211系@名古屋駅

▼111系、113系及び115系に変わる近郊形電車として開発されました。

Cimg4159
111系@リニア・鉄道館

▼軽量ステンレス製車体、ボルスタレス台車、サイリスタチョッパ制御より簡便かつ安価に回生ブレーキが使用可能な界磁添加励磁制御、電気指令式ブレーキなどが採用されました。

▼鉄道ファンの鉄道ニュースによると、静岡車両区所属の211系5600番台3編成が静岡車両区から富田まで自力回送され、3月22日未明に到着したとのことです。

Cimg2341_20240324152101
211系@浜松駅

▼今回、回送されたのは、SS7、SS8、SS11の3編成で、三岐鉄道保々車両区所属のED45形機関車の重連で入替作業が行われ、富田駅構内に留置されたそうです。

Img_1860
ED45形電気機関車@東藤原駅

▼また、これより先に、MN鉄道ニュース編集部によると、同じく静岡車両区所属のSS2、SS3編成の2本が富田駅に自力回送され、3月20日未明に到着。うちSS1編成が3月22日未明に保々車両区に輸送されたということです。

▼三岐鉄道は、三重県北部の北勢地域で、三岐線と北勢線の2路線を運営しており、鉄道事業は地元藤原岳で産出するセメントの輸送が中心でありましたが、最近は地域住民の足、行楽の足としての比重も高まってきています。

▼なお、北勢線は近鉄から2003年に譲受されて運行しています。

Img_2308_20240324152601
200系@阿下喜駅

▼現在、三岐線の旅客列車は西武鉄道から譲渡された車両を使用しています。

Img_2291_20240324152501
751系@西藤原駅

▼三岐鉄道からの正式な発表はありませんが、今後は211系に置き換えが進むものとみられます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

特急「スーパーはくと」の京都発着が減り、大部分が大阪発着になったわけ

▼3月16日のダイヤ改正で、関西と鳥取を結ぶスーパーはくとが全列車の京都発着をやめ、大部分が大阪発着になりました。

▼その訳について今回は考えてみたいと思います。

▼特急スーパーはくとは、関西と鳥取を結ぶ特急列車です。

Img_8007
スーパーはくと@大阪駅

▼1994年12月の智頭急行開業により、スーパーはくとは、京都・大阪から鳥取・倉吉間を東海道本線、山陽本線、智頭急行智頭線、因美線、山陰本線を経由して運行されてきました。

▼当初はキハ181系の「はくと」とHOT7000系の「スーパーはくと」の2種類の特急がありましたが、1997年11月にすべての列車が「スーパーはくと」に統一されました。

▼HOT7000系は最高速度130キロで「はまかぜ」、「うずしお」、「南風」、「しまんと」と並び我が国最速の気動車特急列車です。

15112108
長いノーズが特徴的なHOT7000系@大阪駅

▼運転当初は新大阪―鳥取・倉吉間で運転されていましたが、臨時列車として数本が京都発着となり、1996年3月から正式にすべての列車が京都発着となりました。

Img_4937
HOT7000系@京都駅

▼2024年3月16日のダイヤ改正で、上り(大阪・京都方面)が8本、下り(鳥取・倉吉方面)が8本となり、そのうち、上りの14号と16号のみが京都行きとなり、下りは1号と3号のみが京都発となりました。

▼上りの13号と下りの10号を臨時列車として1往復増発し、毎日8往復の運転となりました。

▼京都発着が減った理由としては、2023年7月に開催された「JR線・智頭急行線中部地区利用促進協議会」の総会において、智頭急行の西尾社長が「現在は全便京都発着になっているが、例えば大阪まで短縮することで往復数を増やすことなどを、JR内部で検討中と聞いている」と発言したことが明らかになっていました。

▼智頭急行ではコロナ禍の影響で利用が低迷し、3年連続赤字になりました。コロナ禍がようやく沈静化し、今後は利用促進を図るため、2023年度は金曜・土曜・日曜の臨時列車扱いの6号、9号の定期列車化や、鳥取県の補助金で列車への探偵コナンのラッピングを実施しました。

Img_8009
探偵コナンのラッピング@大阪駅

▼こうした動きの中で、京都発着の列車が減ったというわけです。

▼また、今回のダイヤ改正では、全車が指定席化となり、自由席は廃止されました。

▼さらに、姫路駅での新幹線との接続を見直すことで、首都圏と智頭急行線沿線との所要時間も大幅に短縮させました。

▼一方で、同業他社と比較して格安であった特急料金については、3期連続赤字が続いていることや、特急車両の老朽化が進み、近い将来の更新に備える意味で、特急料金を現行の530円から830円に大幅改定となりました。

▼智頭急行としては、コロナ禍で低迷した利用者数を回復させるためにも、様々な施策を講じているところであり、この施策が成功するかどうか、注意深くみていきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

KTRに譲渡されたキハ85系が3月16日のダイヤ改正でやっと走り出します。

▼京都丹後鉄道(KTR)では、3月5日にメディア向けに、KTR8500形の試乗会が開催されたようです。

Img_6952_20240306004701
2023年3月のキハ85系@西舞鶴運転所

▼このKTR8500形はJR東海から譲渡されたキハ85系で、昨年春にはKTRに譲渡されていましたが、なかなか運用に至っていませんでした。

Img_6951_20240306005401
タンゴ・エクスプローラーと並ぶキハ85系

▼果たしてどうなるのかと思っていたところ、先日やっと試乗会が開催され、3月16日のダイヤ改正で、運用が開始されるとのことです。

▼KTR8500形は、土日を中心に主にKTR線内の「たんごリレー号」で運用されるようです。3月16日後のダイヤでは、「たんごリレー号」の注記で「丹後の海車両又はKTR8500形車両で運転」と記載されています。また、イベント開催時の臨時列車での運用もあるようです。

16050402
丹後の海@西舞鶴駅

▼KTR8500形の内外装は基本的にJR東海当時のままで、今後も塗装などは変更されないようです。KTRを運行するWIILER TRAINSの代表取締役によると、その理由として「キハ85系が鉄道ファンに大変人気の高い車両」であるからとのことです。

▼メディア向け試乗会では、天橋立駅を12時16分に発車し、宮舞線を走行し、奈具海岸や由良川橋梁を渡り、13時01分に西舞鶴駅に到着しました。

▼KTR8500形は老朽化した「タンゴ・エクスプローラー」の後継車両としてJR東海から譲渡されたもので、「タンゴ・エクスプローラー」はいずれ廃車になる予定ですが、その時期はまだ未定だそうです。

Img_6956
廃車予定のタンゴ・エクスプローラー

▼やきもきしていましたが、やっとKTR8500形が京都丹後鉄道の線内で姿を見ることができるので、一安心です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

近畿日本鉄道の2024年3月16日ダイヤ改正について

▼近畿日本鉄道は、2024年1月16日に、3月16日のダイヤ改正について発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/2024daiya.pdf

Photo_20240122175901

▼その主な変更内容は、
① 京都線 平日昼間時間帯の急行の運転本数を1時間あたり3本から4本へ増発
② 奈良線、長野線 始発列車の運転時刻を繰り上げ
③ 南大阪線 平日夜間時間帯の一部準急の編成を増大
④ 鈴鹿線 平日夕方ラッシュ時間帯の運転本数を1時間あたり3本から4本へ増発

▼変更点を詳しくみていくと、
京都駅発の11時から14時台に発車する急行の時刻が
1分発、20分発、40分発から31分発が増発
大和西大寺発の11時から14時台に発車する急行の時刻が
7分発、27分発、47分発から17分発が増発

Img_7945_20240122180001

▼難波線・奈良線では
大和西大寺5時00分発大阪難波行区間準急を新設
大和西大寺からの始発列車を16分繰り上げ

▼大阪線では
五位堂7時58分発大阪上本町行き急行を増発
五位堂7時20分発大阪上本町行き区間準急を急行に変更
平日・土休日とも10両編成の快速急行をすべて8両編成に変更

Img_7978

▼南大阪線では
平日夜間の時間帯で、一部準急の編成両数を増大
大阪阿部野橋21時44分発河内長野行き準急(古市まで)5両から7両に
大阪阿部野橋21時54分発橿原神宮前行き準急(古市まで)4両から6両に
大阪阿部野橋22時04分発河内長野行き準急(古市まで)4両から7両に
大阪阿部野橋22時14分発吉野行き準急(古市まで)4両から7両に

Cimg5136

▼吉野線では
平日朝の時間帯で普通(橿原神宮前から六田、六田から橿原神宮前)を増発

▼長野線では
始発列車の運転時刻を繰り上げ
河内長野5時29分発大阪阿部野橋行き準急を5時24分に

▼鈴鹿線では
平日18時台、19時台の運転本数を1時間あたり3本から4本に増発

Photo_20240122180101

▼特急列車では
土休日の大阪難波9時45分発鳥羽行きを9時40分に変更
停車駅に名張、伊勢中川、松坂及び五十鈴川を追加
土休日の賢島行き特急の一部を鳥羽行きとし、多客時は賢島まで運転
大阪上本町9時12分発、近鉄名古屋9時10分発

Mvi_7686_22600_ace_moment_20240122180201

▼コロナ禍で本数を減らしていた京都線などで乗客が戻ってきていることから、平日の急行などを増発
また、南大阪線などで、夜間時間帯の一部準急の編成両数を増大
一方で、大阪線の10両編成の快速急行がすべて8両編成に変更

▼伊勢志摩方面への特急では、
大阪難波発の甲特急を乙特急に変更
大阪・名古屋からの各1本が賢島行きから鳥羽行きに変更
多客時に賢島までの運転となります。

▼総じて、今回のダイヤ改正は小ぶりなものとなっています。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」は通常のイベントに戻ったのか。検証しました。

▼今回は、以前開催された「きんてつ鉄道まつり」と比べて、2023年春のまつりはどう変わったか、比べてみたいと思います。

▼コロナ禍以前の「鉄道まつり」、例えば2019年と比べると、五位堂会場と高安会場での開催であったものが、五位堂会場のみとなりました。

Img_7388_20230424180401

▼また、コロナ禍前は、土日の2日間の開催でしたが、今回は土曜日の1回のみでした。2022年秋のまつりは土日の2回開催であったので、今回は追加開催ということで1日のみになったようです。

▼2023年の五位堂会場では、①あなたも運転士!「出発進行!!」、②あなたも車掌!「扉よし!!」、

Img_7432
あなたも車掌!「扉よし!!」に使用されるシリーズ21車両

③橋づくり体験、④駅長になろう撮影会、

Img_7436
駅長になろう撮影会の21000系

⑤40tクレーンの実演、⑥制御器の実演、⑦床下ピット探検隊、

Img_7477
床下ピット探検隊

⑧電車のブレーキをにぎってみよう、⑨あなたも整備士!、⑩車両機器の展示・実演、

Img_7444
電動発電機、空気圧縮機の展示

Img_7446
空調機の展示

⑪名阪特急「ひのとり」ミニ電車に乗ろう!、

Img_7450
ミニ電車に乗ろう!のひのとり

⑫ロボットプログラミングでわくわく近未来鉄道、⑬ミニ ブル・ミケ号 出発進行!、⑭公式トレーディングカード「きんてつトレインズ!」プレイコーナー、⑮使って学ぼう!駅の新しい仲間たち!、⑯駅名ビンゴ大会、⑰バス車両展示、⑱きんてつ車両写真撮影会、

Img_7391
車両写真撮影会(「楽」「あおぞらⅡ」「はかるくん」)

⑲近鉄吹奏楽部 ミュージック・メッセージャーズ演奏会、⑳ひのとりタクシーの展示、㉑信号機、踏切道、踏切押し釦操作体験、㉒電気作業車両の展示・模擬架線摩耗体験、㉓レールサイクル乗車体験、㉔鉄道模型走行会

Img_7454
鉄道模型走行会

が主なイベントです。

▼それに対して、2019年の五位堂会場では、電車と綱引き、Train Drive ATS 3 近鉄奈良線アプリ体験、阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念車両展示、保線きかいでUFOキャッチャー!、線路まっすぐ”つくつくぼうし”がありましたが、今回はありませんでした。

▼2023年の⑬ミニ ブル・ミケ号 出発進行!は高安会場で行っていたものです。⑪ミニ電車に乗ろう!では前回の「しまかぜ」から「ひのとり」に変更されています。⑮使って学ぼう!駅の新しい仲間たち!、⑳ひのとりタクシーの展示、㉓レールサイクル乗車体験は新たなイベントです。

▼高安会場で行われていたアーバンライナー運転台見学、洗車体験、近鉄特急22000系 ACE トラバーサー実演などは、五位堂会場ではありません。

▼前回同様、一部体験型イベントはインターネットによる抽選制になっています。

▼こうしてみてみると、コロナ禍前にほぼ戻ったイベントの実施となったようです。あとは、高安会場での実施が復活するかどうかが、気になるところです。

▼近鉄としては、電車に乗ってもらうイベントは大切な収益源ですので、鉄道まつりのようなイベントは大事にしたいのでしょう。新型コロナウイルスの感染状況との兼ね合いもあり、徐々にイベントは復活していこうというところでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

4年ぶりに「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」に行ってきました。

▼2023年4月22日(土)に、近鉄五位堂検修車庫で開催された「きんてつ鉄道まつり」に行ってきました。

▼コロナ禍で、2020年、2021年と開催が中止となり、2022年秋にネット予約で開催されました。しかし、応募多数で大多数の人が参加できず、今回は一部のイベントを除いて参加自由のかたちで再度の開催となりました。

Img_7390
車両展示(楽、あおぞらⅡ、はかるくん)

▼早速、楽しみにしていた車両展示のコーナーへ。今回の車両展示は、団体専用列車「楽」同「あおぞらⅡ」、電気検測車「はかるくん」、特急車両の22600系「Ace」、同30000系「ビスタカー」でした。

Img_7395
22600系と30000系

▼続いて、40トンクレーンの実演へ向かいました。今回吊り下げられる車両は1430系でした。いつ見ても迫力がありますね。

Img_7487

▼検修車庫では、けいはんな線の7020系、南大阪線の6200系、奈良線・京都線の1230系、大阪線の2610系がみられました。

Img_7409
けいはんな線7020系

Img_7410
南大阪線の6200系

Img_7412
奈良線・京都線の1230系

Img_7413
大阪線の2610系

▼床下ピット探検隊のコーナー横には、事業用車のモト90形と21000系アーバンライナーが並んでいました。

Img_7416
モト90形と21000系

▼今回は「電車と綱引き」のコーナーは無くなり、代わりに、「入替電車にお絵描きしよう」のコーナーがありました。小学生以下限定で、入替電車に子供たちが好きなように絵を描いていました。

Img_7423
入替電車に絵を描く子供たち

▼次回は鉄道模型走行会など従来のコーナーが続いているのか、確認した様子をご紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

 鉄道コム

| | コメント (2)

より以前の記事一覧