関西私鉄

団体専用列車「楽」号のリニューアルを記念して、有料試乗会、有料撮影会が開催。【近畿日本鉄道】

▼近畿日本鉄道の団体専用列車20000系、愛称「楽」号がリニューアルされることとなり、これを記念して有料試乗会、有料撮影会が開催されます。記者発表記事が7月20日に近鉄のホームページに掲載されました。

https://blog2.kintetsu.co.jp/ekichou/files/821ab95.pdf

▼近鉄の「楽」号は、正式には20000系という系統で、20100系の初代「あおぞら」号の老朽化に伴い、1990年10月にデビューしました。愛称の「楽」とは、Romantic Journey、Artistic sophistication、Kind Hospitality、Unbelievable!の頭文字をつなげたものです。車両の側面に書道家の榊莫山の揮ごうによる「楽」が書かれています。

Img_0732

▼編成としては、大阪上本町側から、1号車(ク20100形・Tc)、2号車(モ20200形・M)、3号車(モ20250形・M)、4号車(ク20150形・Tc)から構成されています。両先頭車両はダブルデッカー車、中間電動車はハイデッカー車となっています。先頭車両の1階にはサロンが設けられています。

 

▼先頭車両は2階席が42名、1階席が14名の定員で、中間車は定員が68名ずつとなっています。一般座席は転換クロスシーと、展望席は固定式クロスシーととなっており、各座席の通路側のひじ掛けからはT-barと呼ばれる簡易補助席が設けられています。団体専用列車ということもあって、車掌の放送用以外に幹事用の車内放送マイクが設置されているのが面白いです。

Img_0733

▼デビューして30年が経過し、今回リニューアルが行われるということですが、ホームページのデザイン図からは車体のカラーリングが大幅に変わりそうです。これまでのイエローとホワイト基調から、マルーン基調になるようです。

▼有料試乗会は、8月21日(金)に開催予定で、Aコースが大阪上本町から近鉄名古屋、Bコースが近鉄名古屋から大阪上本町となっています。時間的には、午前に大阪から名古屋へ向かい、午後に名古屋から大阪に戻るパターンで往復の乗車が可能です。料金は大人10,520円、子供7,400円です。

▼一方、有料撮影会は、9月5日(土)に青山町車庫で午前2回、午後1回の開催が予定されています。料金は8駅での集合でそれぞれ異なり、例えば、大阪難波からだと大人10,520円、子供9,360円となっています。集合は、近鉄名古屋、京都、大阪難波、近鉄富田、河内国分、白子、大和八木、津の各駅です。それぞれのイベントには参加記念品があるので、これは楽しみでもあります。

Img_0740

▼新型コロナウイルス感染症の第2波がやってきそうで、心配な今日この頃ではありますが、興味のある方は行ってみてください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ 

鉄道コム 

| | コメント (2)

緊急事態宣言が解除された今。新型名阪特急「ひのとり」の増発、山陽新幹線の通常ダイヤ再開など。

▼ようやく全国的に新型コロナウイルス感染症拡大予防のための緊急事態宣言が解除されました。依然感染者は発生しているものの、東京などの大都会以外では新規の感染者が出ていないようです。

▼鉄道の世界もようやく、正常な状態に戻りつつあります。近鉄では、3月にデビューして新型名阪特急「ひのとり」が増発されました。https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hinotorizouhatu.pdf

Img_7600_20200622211001
「ひのとり」@大阪上本町駅

▼3月14日に平日、土・休日とも大阪難波・近鉄名古屋間6往復だった「ひのとり」が、平日10往復、旧・祝日は11往復となりました。その結果、アーバンライナーでの名阪甲特急は、平日の大阪難波発では、9時、11時、15時、18時、21時の5本、土・休日では、6時、7時、12時、13時、17時、18時の6本となりました。

Cimg5232
アーバンライナーNEXT@大阪難波駅

▼土・休日に運休していた大阪難波発の夕方3本の特急も運転が開始となりました。2020年度中に、名阪甲特急は平日15本往復、土・休日19往復すべてが「ひのとり」で運転されることとなります。新型特急が増発されることは嬉しいことではありますが、いままでお世話になったアーバンライナーが名阪乙特急や阪伊特急に配転されることはなんだか寂しいものがあります。(それに、特急車両料金が別途必要になるのも財布に厳しいし・・・)

▼JR西日本では、山陽新幹線の運転計画が見直しとなりました。コロナウイルス感染症の影響で、「のぞみ」「みずほ」「さくら」を減便していましたが、緊急事態宣言が解除されたことにより、「のぞみ」「みずほ」「さくら」とも元に戻りました。その結果、増便されていた「ひかり」が元に戻り減便されました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200603_00_sanyosinkansen.pdf

Img_1273
山陽・九州新幹線「さくら」@福山駅

▼北陸新幹線、在来線特急も運転計画が見直されて、運転が再開しました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200603_01_untenkenkeikaku.pdf

▼運転を休止していた北陸新幹線「つるぎ」、在来線特急「サンダーバード」「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」「まいづる」「やくも」「しおかぜ」「南風」も運転を再開しました。

Img_6353_20200622213201
北陸新幹線@金沢駅

Img_6369
特急「サンダーバード」@金沢駅

Img_6097
特急「くろしお」@天王寺駅

Cimg2824
特急「こうのとり」@大阪駅

Cimg3864
特急「やくも」@岡山駅

▼以上のように通常の運転に戻りつつありますが、すでに、各社とも夏の臨時列車の運転についてもプレスリリースが出されています。夏休み、お盆の帰省など、繁忙期のダイヤが計画されています。さて、コロナウイルス感染症の第2波はないのでしょうか。再来するとなると、またまた、緊急事態宣言へ逆戻り。そうならないように願いたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

コロナウイルス感染症の影響で、赤銅車の置き換え当面延期【阪神武庫川線】

▼コロナウイルス感染症の拡大防止で出されていた緊急事態宣言が全国的に解除になりそうですが、まだまだいろんな影響が出ています。

▼阪神電鉄では、5月末に武庫川線赤銅車を新型の5500系に置き換える予定でしたが、今度のコロナ禍により、お別れで鉄道ファンが殺到することを危惧して、置き換えを6月以降に延期されることとなりました。

https://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20200522-mukogawasen.pdf

Cimg4820

▼JR北海道でも、札沼線の末端区間が廃止され、5月6日に最終運行の予定でした。そのため、ラストランを予定していましたが、鉄道ファンが殺到することを危惧して、4月17日で運行を止めてしまいました。

▼阪神の武庫川線は、本線武庫川駅から武庫川団地前駅までの1.7キロ。全線単線で、途中、鳴尾駅と洲先駅がの2駅があります。これまで、7890・7990形と7861・7961形の2両編成で運転されています。これを5500系4編成で、それぞれ違ったカラーリングの車両を投入する予定でした。

Cimg4825

▼今回の置き換えで、阪神からは伝統的な赤銅車が姿を消すことになりますが、これがしばらく延びそうです。ファンにとってはうれしいかもしれません。コロナ禍で、いろんなイベントが変更となっています。

Cimg4842

▼というわけで、今回も以前訪問したときの画像を再編集して動画にしてみました。ご覧ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (4)

近鉄新型名阪特急の更新計画はどうなるのか。置き換えられる12200系は少し延命か?【新型コロナウイルス感染症の影響】

▼新型コロナウイルス感染症拡大で、世界中が影響を受け、不要不急の外出が自粛されることとなり、観光などはできない状況にあります。近鉄では、この3月に新型名阪特急「ひのとり」をデビューさせましたが、時期が新型コロナウイルス感染症の拡大と重なり不運な出発となりました。

Img_7600
「ひのとり」@大阪上本町駅

▼現在、「ひのとり」は、平日では、大阪難波発が8時、10時、13時、14時、16時、20時の6本、近鉄名古屋発が7時、11時、13時、17時、19時、20時の6本となっており、その他の零時発の名阪特急(甲特急)はアーバンライナーで運転されています。

▼いずれはすべての名阪特急(甲特急)が80000系に置き換わる予定です。2018年1月の近鉄のニュースリリースでは、6両8編成、8両3編成の合計72両を順次製造していくとしています。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/meihanv.pdf

▼この計画に沿い、甲特急から置き換えられたアーバンライナーが乙特急あるいは阪伊特急に充当されることとなり、汎用型特急車両である122200系が引退する予定になっています。

Img_7605_20200515171001
新旧の名阪特急@大阪上本町駅

▼それは、汎用型特急車のカラーリング更新計画から見てみると、広軌線区の12400系、12410系、12600系、30000系、22000系、22600系は、新カラーリングに変更される予定になっていますが、12200系は除外されていることからも明らかです。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/toxtukyuutennbou.pdf

▼しかし、ここへきて、新型コロナウイルス感染症の影響で、観光は大打撃、ビジネス客も減少傾向にある中で、「ひのとり」の導入は遅れるのではないかと危惧されます。

▼そうすると、アーバンライナーがまだまだ、甲特急として運転され、汎用型特急車が置き換えられることも遅れる可能性もあるのではないでしょうか。新カラーリングから除外された12200系も引退は遅れるのでないでしょうか。

Img_4327
12200系@大和八木駅

▼新型コロナウイルス感染症の影響で、在宅勤務にある中で、脳裏にこんな考えが浮かんできました。単なる妄想でしょうか。

200515_

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

2020年3月14日いよいよ新型名阪特急ひのとり、デビュー!

▼いよいよ、新型名阪特急「ひのとり」がデビューしました。多難なスタートではありましたが、何とか無事デビューを果たしました。

Img_7635
80000系ひのとり@大阪難波駅

▼世界中で新型コロナウイルスが感染拡大する中で、2月に開催予定だった無料試乗会は延期となりました。この調子だと、延期どころか、中止となるかもしれません。もっとも、私は抽選に外れたので、もう試乗会に未練はありません。あとは、自腹を切って乗車するだけです。

Img_7603
ひのとり@大阪上本町駅

▼とにもかくにも、なんとかデビューを果たしたことは、おめでたいことです。その陰で、これまでの21000系アーバンライナーは名阪特急から徐々に姿を消し、乙特急や伊勢への特急などに転用され、12200系は引退ということになるのでしょう。

Img_7605
新旧名阪特急の交換@大阪上本町駅

▼スタートはなかなか多難でしたが、プレミアム車両の導入で、新しい段階に入りました。今後は、名阪間での交通機関としては、速さの新幹線、安さの高速バス競争する中で、贅沢な時間を提供するこの新型特急がどういう位置を占めるのか。今後が楽しみです。

Img_7632
ひのとり@大阪難波駅

▼最後に動画をアップしたので、ご覧ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

新型コロナウイルスで出鼻をくじかれます。【名阪特急・ひのとり】

▼3月14日から我が国の鉄道各社ではダイヤ改正が一斉に行われる予定ですが、新型コロナウイルスの感染拡大により、かなり影響が出そうです。

Img_2662_20200312234001

▼関西では、名阪特急の新型車両「ひのとり」がデビューする予定ですが、すでに、無料の試乗会が無期延期になりました。本番の3月14日土曜日には、本来なら華やかな出発式が催されるはずですが、近鉄のホームページではなんのお知らせもありません。

https://www.kintetsu.co.jp/senden/hinotori/

▼デビュー当日の予約状況を見てみると、プレミアム車両は満席のようですが、普通席にはまだ余裕があるようです。

https://www.ticket.kintetsu.co.jp/M/MET/MET60.do

▼すでに、JR東海の新幹線700系の引退式も中止になりました。

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040250.pdf

Img_4667

▼全国では学校の休校が続いています。海外との行き来も難しくなりつつあります。観光のみならず、世界の経済に甚大な影響が出そうな気配です。このような状況下での新型名阪特急「ひのとり」のデビュー。厳しいスタートになりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

新型名阪特急「ひのとり」試乗会がすごい!【近畿日本鉄道】

▼2020年3月14日にデビュー予定の近鉄の新型名阪特急「ひのとり」の試乗会、お披露目会、撮影会ツアーの実施について、さきごろ近鉄のニュースリリースから発表になりました。

Img_2662_20191207155701

〇近鉄ホームページ:https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hinotorisijyoukai.pdf

▼まずは、「ひのとり」有料試乗会ツアーが来年2月8日(土)に開催されます。大阪上本町駅発、近鉄名古屋駅発のツアーが実施され、募集人員は、なんと、800名となっています。

▼次に「ひのとり」のお披露目会が2月15日(土)に五位堂検修車庫で実施され、車内見学もすることができ、600名を抽選で招待するとのことです。

Cimg5891

▼第3に、「ひのとり」の有料撮影会ツアーの開催で、2月16日(日)に青山町車庫において「ひのとり」三編成が並んだ撮影会が実施され、300名の募集が予定されています。

Img_0752

▼最後に、「ひのとり」の無料試乗会が、2月22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・休)、29日(土)、3月1日(日)の4日間開催されます。大阪上本町駅発、近鉄名古屋駅発の合計で4,800名の抽選で招待するそうです。

▼「ひのとり」有料試乗会は、大阪上本町駅発、近鉄名古屋駅着に乗車して帰りは既存の特急で帰阪か、近鉄名古屋駅発、大阪上本町駅着に乗車して、名古屋へは既存の特急で帰るコースが設定されています。レギュラー車両大人1万円、プレミアム車両大人1万7百円で、往復運賃のほかイベント費用、参加記念品、ひのとりグッズなどが含まれています。

▼五位堂検修車庫でのお披露目会は計12回の実施で、車内見学20分、車外見学30分となっています。

Img_2658_20191207161701

▼青山町車庫での撮影会ツアーは、3回の実施で、大阪上本町駅発で大人1万円、往復運賃、のほかイベント費用、参加記念品、ひのとりグッズなどが含まれています。

▼「ひのとり」無料試乗会は、大阪上本町駅発各日480名、近鉄名古屋駅発各日480名で、レギュラー車両に乗車が可能です。区間は大阪上本町駅発が榛原駅との往復、近鉄名古屋駅発が近鉄四日市駅との往復に乗車ができます。参加者全員に参加記念品がプレゼントされるそうです。

▼2020年3月14日のデビューに向け、積極的な営業推進施策ですが、近鉄の意気込みが感じられるのは、サービス精神旺盛な無料試乗会ではないでしょうか。この申し込みは殺到しているのではないでしょうか。アーバンライナーがデビューした時にも、このような盛大なプロモーションは行われたのでしょうか。興味深いお知らせではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

 

| | コメント (2)

2019年の車両展示は少し物足りないかな!?【きんてつ鉄道まつり2019】

▼高安会場を後にして、今度は五位堂会場へ。五位堂会場は、五位堂検修車庫で開催されています。鉄道まつりに合わせて臨時停車する急行に乗って参りました。毎年、五位堂会場での楽しみは、展示される車両の数々です。今年は次に紹介する車両が並びました。

▼阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念ラッピングの阪神1000系、田原本線100周年記念復刻塗装車(緑)の並び。

Img_7366

▼その隣は、同じく田原本線100周年復刻塗装車(赤)、志摩線90周年記念塗装車(三重交通バスの復刻塗装)。

Img_7362_20191024223801

▼そして、お馴染みのはかるくん。

Img_7365_20191024223801

▼様々なブログなどの写真を見ていると、10月19日だけでも、田原本線復刻塗装車のヘッドマークはいろいろ変えているようです。私が撮ったのは、赤い色の復刻塗装車に掲げられていた奈良線の特急表示です。今年の展示車両は一般車両ばかりで、特急車両がなく、少し華やかさに欠けるように思いました。

Img_7357

▼鉄道模型走行会では、来年春にデビュー予定の名阪特急の新型「ひのとり」がすでに模型化されて走行していました。模型化により、よりイメージがはっきりするようになりました。カラーは少し考えていたより、暗い色のようです。

Img_7381

▼プレミアム特急「しまかぜ」もあるよ。

Img_7388

▼車庫内では、これまたお馴染みの40トンクレーン実演。

Img_7404

▼電車と綱引きも今年もやってます。

Img_7425

▼床下ピット探検隊。

Img_7426

▼今日の最後は、高安会場のトラバーサー実演の動画で締めくくります。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

まずは、高安会場へ。【きんてつ鉄道まつり2019】

▼10月19日の土曜日に、雨を心配しながら、とりあえず、高安まで行きました。駅に着いたときは雨が降り始めました。どうしようかと思案していると、緑の2両編成がやって来ました。

Img_7293

▼「かぎろひ」ではありませんか!今回のきんてつ鉄道まつりでは、高安会場と五位堂会場と結ぶ乗車体験ツアーとして、「あおぞらⅡ」と「かぎろひ」が運転されました。しかし、「かぎろひ」の運転日は20日(日曜日)。この日はクラブツーリズムの貸切列車としてやって来たのではないかと思います。とりあえず、レアな車両に巡り合えてラッキーでした。

▼そうこうしているうちに、雨も止んだので、早速高安会場に向かいました。会場の高安車庫には約2週間ぶりの訪問です。10月4日に「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティング」に参加するため訪問したのでした。すでに、開場から1時間余りがたっていたので、かなりの人出があります。鉄道コレクションを買うため、長蛇の列ができていました。お目当ては、鉄コレ近鉄3000系でしょうか?

Img_7298_20191021205701

▼当方は最初からそういう買い物はあきらめているので、会場のイベントを見て廻ります。ほとんどのイベントは例年と変わりません。

Img_7322

▼今年の目玉は、来春運転が開始される名阪特急の新型「ひのとり」のPRブースでしょうか。新しいシートに座れる体験ができます。これも結構並んでます。

Img_7324

▼高安会場では、今回初めて、トラサーバーの実演を見学することができました。トラサーバーに乗っているのは、特急26000系ACEです。

Img_7311

Img_7317

Img_7319

▼今年からは、アーバンライナー運転台見学と洗車体験は事前にインターネットで予約抽選となりました。当日並ばなくていいですが、抽選に外れると見学ができません。

Img_7304_20191021210901
アーバンライナーの隣はあおぞらⅡです。

▼洗車体験に使用される車両は1400系です。行先表示は、「急行・白子」行きというレアな表示です。

Img_7332

▼運転台カットモデルもお馴染みの今はなき3000系と特急18200系です。

Img_7326

Img_7334
3000系の行先表示は準急新田辺

Img_7328

▼今年は奈良駅地下化、難波線開通、鳥羽線・志摩線直通運転開始の50周年ということで、その当時の写真が掲示されていました。

▼地下化される前の奈良駅は古風な駅舎です。今の近代的なビルとは大違い。

Img_7341

▼日本橋駅から難波駅を見たトンネル工事の様子。

Img_7338_20191021213401

▼宇治山田駅での志摩線の代行バス。今も残るバスの乗車場です。

Img_7343

▼なかなか興味深い写真を見せていただきました。この後、ドクターイエローのお弁当を買って、五位堂会場へ移動することにしました。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

恒例の鉄道まつりに行ってきました。【きんてつ鉄道まつり2019】

▼恒例のきんてつ鉄道まつり2019に行ってきました。今年はいつもより一週間早い開催となりました。先週の台風、今週も雨の予報ということもあって心配しましたが、高安会場、五位堂会場ともなんとか晴れ間が出ました。

Img_7374

▼いつも鉄道まつりで楽しみにしているのは、展示車両です。今年の展示車両は、あらかじめ予告されていた「阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念車両車」の阪神1000系のほか、田原本線100周年復刻塗装車、志摩線90周年復刻塗装車などが展示されました。

Img_7362

▼今年の展示車両は特急が1台もなく、少し寂しい展示となりました。はかるくんは常連の展示車両となりました。

Img_7365

▼それ以外の展示、イベントは毎年とそれほど変わりはありませんでした。しかし、参加型のイベントである「あなたも運転士!『出発進行!1』」、「あなたも車掌!『扉よし!!』」、「駅名ビンゴ大会」、「アーバンライナー運転台見学」、「洗車体験」はインターネット抽選になりました。そんな中、鉄道コレクション(近鉄3000系)、オリジナルハイチュウは当日の販売で、長蛇の列が出来ていました。

▼高安会場のグッズ販売も買うためには長い列に並ばないといけません。

Img_7298

▼とにもかくにも、秋の恒例行事であるきんてつ鉄道まつりには今年も何とか参加することができました。次回からは高安会場、五位堂会場のそれぞれのリポートをアップしていきたいと思います。

Img_7304

▼終わりに、動画で鉄道まつりのダイジェスト版をお届けしましょう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧