関西私鉄

「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」は通常のイベントに戻ったのか。検証しました。

▼今回は、以前開催された「きんてつ鉄道まつり」と比べて、2023年春のまつりはどう変わったか、比べてみたいと思います。

▼コロナ禍以前の「鉄道まつり」、例えば2019年と比べると、五位堂会場と高安会場での開催であったものが、五位堂会場のみとなりました。

Img_7388_20230424180401

▼また、コロナ禍前は、土日の2日間の開催でしたが、今回は土曜日の1回のみでした。2022年秋のまつりは土日の2回開催であったので、今回は追加開催ということで1日のみになったようです。

▼2023年の五位堂会場では、①あなたも運転士!「出発進行!!」、②あなたも車掌!「扉よし!!」、

Img_7432
あなたも車掌!「扉よし!!」に使用されるシリーズ21車両

③橋づくり体験、④駅長になろう撮影会、

Img_7436
駅長になろう撮影会の21000系

⑤40tクレーンの実演、⑥制御器の実演、⑦床下ピット探検隊、

Img_7477
床下ピット探検隊

⑧電車のブレーキをにぎってみよう、⑨あなたも整備士!、⑩車両機器の展示・実演、

Img_7444
電動発電機、空気圧縮機の展示

Img_7446
空調機の展示

⑪名阪特急「ひのとり」ミニ電車に乗ろう!、

Img_7450
ミニ電車に乗ろう!のひのとり

⑫ロボットプログラミングでわくわく近未来鉄道、⑬ミニ ブル・ミケ号 出発進行!、⑭公式トレーディングカード「きんてつトレインズ!」プレイコーナー、⑮使って学ぼう!駅の新しい仲間たち!、⑯駅名ビンゴ大会、⑰バス車両展示、⑱きんてつ車両写真撮影会、

Img_7391
車両写真撮影会(「楽」「あおぞらⅡ」「はかるくん」)

⑲近鉄吹奏楽部 ミュージック・メッセージャーズ演奏会、⑳ひのとりタクシーの展示、㉑信号機、踏切道、踏切押し釦操作体験、㉒電気作業車両の展示・模擬架線摩耗体験、㉓レールサイクル乗車体験、㉔鉄道模型走行会

Img_7454
鉄道模型走行会

が主なイベントです。

▼それに対して、2019年の五位堂会場では、電車と綱引き、Train Drive ATS 3 近鉄奈良線アプリ体験、阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念車両展示、保線きかいでUFOキャッチャー!、線路まっすぐ”つくつくぼうし”がありましたが、今回はありませんでした。

▼2023年の⑬ミニ ブル・ミケ号 出発進行!は高安会場で行っていたものです。⑪ミニ電車に乗ろう!では前回の「しまかぜ」から「ひのとり」に変更されています。⑮使って学ぼう!駅の新しい仲間たち!、⑳ひのとりタクシーの展示、㉓レールサイクル乗車体験は新たなイベントです。

▼高安会場で行われていたアーバンライナー運転台見学、洗車体験、近鉄特急22000系 ACE トラバーサー実演などは、五位堂会場ではありません。

▼前回同様、一部体験型イベントはインターネットによる抽選制になっています。

▼こうしてみてみると、コロナ禍前にほぼ戻ったイベントの実施となったようです。あとは、高安会場での実施が復活するかどうかが、気になるところです。

▼近鉄としては、電車に乗ってもらうイベントは大切な収益源ですので、鉄道まつりのようなイベントは大事にしたいのでしょう。新型コロナウイルスの感染状況との兼ね合いもあり、徐々にイベントは復活していこうというところでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

4年ぶりに「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」に行ってきました。

▼2023年4月22日(土)に、近鉄五位堂検修車庫で開催された「きんてつ鉄道まつり」に行ってきました。

▼コロナ禍で、2020年、2021年と開催が中止となり、2022年秋にネット予約で開催されました。しかし、応募多数で大多数の人が参加できず、今回は一部のイベントを除いて参加自由のかたちで再度の開催となりました。

Img_7390
車両展示(楽、あおぞらⅡ、はかるくん)

▼早速、楽しみにしていた車両展示のコーナーへ。今回の車両展示は、団体専用列車「楽」同「あおぞらⅡ」、電気検測車「はかるくん」、特急車両の22600系「Ace」、同30000系「ビスタカー」でした。

Img_7395
22600系と30000系

▼続いて、40トンクレーンの実演へ向かいました。今回吊り下げられる車両は1430系でした。いつ見ても迫力がありますね。

Img_7487

▼検修車庫では、けいはんな線の7020系、南大阪線の6200系、奈良線・京都線の1230系、大阪線の2610系がみられました。

Img_7409
けいはんな線7020系

Img_7410
南大阪線の6200系

Img_7412
奈良線・京都線の1230系

Img_7413
大阪線の2610系

▼床下ピット探検隊のコーナー横には、事業用車のモト90形と21000系アーバンライナーが並んでいました。

Img_7416
モト90形と21000系

▼今回は「電車と綱引き」のコーナーは無くなり、代わりに、「入替電車にお絵描きしよう」のコーナーがありました。小学生以下限定で、入替電車に子供たちが好きなように絵を描いていました。

Img_7423
入替電車に絵を描く子供たち

▼次回は鉄道模型走行会など従来のコーナーが続いているのか、確認した様子をご紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

 鉄道コム

| | コメント (2)

大阪阿部野橋駅、針中野駅・矢田駅が開業100周年。記念イベントを実施。

▼近畿日本鉄道は、大阪阿部野橋、針中野駅、矢田駅の開業100周年を記念した記念イベントを実施すると、3月22日に発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/osaka_abenobashi_100th.pdf

▼近鉄の南大阪線のターミナル駅である大阪阿部野橋、針中野駅、矢田駅は、1923年の開業から4月13日で100周年を迎えるそうです。これを記念して、近鉄では4月13日(木)に記念イベントを実施します。

Img_5486_20230322194901
青の交響曲(シンフォニー)@大阪阿部野橋駅

Img_5575
さくらライナー@吉野駅

▼1つ目は、記念式典及び出発式が9時30分から10時10分ごろまで開催されます。記念式典では近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅の地上西コンコースで、地元阿倍野区のマスコットキャラクターの「あべのん」とあべのハルカス展望台のマスコットキャラクター「あべのべあ」がお祝いに駆けつけてくれます。

Img_5584
あべのべあ

▼また、出発式は、南大阪線の5番線ホームで、テープカット、記念列車の出発式が行われ、「青の交響曲(シンフォニー)」に付けられる記念ヘッドマークが披露されます。

▼大阪阿部野橋駅の5番線ホームで、「青の交響曲(シンフォニー)」と「さくらライナー」展示が8時55分から9時10分まで実施されます。

Img_5582
青の交響曲(シンフォニー)@吉野駅

▼そのほか、4月28日(金)には「青の交響曲(シンフォニー)」で行くクラフトビールを味わう大人旅のツアー、5月20日(土)には「さくらライナー」の洗車体験と都シティー大阪天王寺でのランチバイキングツアーが開催されます。

▼さらに、駅名キーホルダーなどの記念グッズ、記念入場券の発売などもあわせて行われます。

▼近鉄では、橿原線全線開通100周年記念イベントを開催するなど、最近は、乗客数の増加や観光事業の回復を目論むイベントを積極的に実施しています。コロナ禍で落ち込んだ需要の回復を目指した明るい兆しが見えてきましたね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

 鉄道コム

| | コメント (2)

京都丹後鉄道に譲渡されたキハ85系を西舞鶴まで確認しに行ってきました。

▼JR東海のキハ85系が京都丹後鉄道に譲渡されたということで、今回は、現地で確認しに行ってきました。

85_20230311210601

▼西舞鶴駅から線路沿いに南に歩く、丹鉄の西舞鶴運転所が見えてきます。

Img_6976

▼KTR700形がエンジンを鳴らして停車中です。

Img_6948

▼カフェ列車の丹後あかまつ号も停車中です。

Img_6972

▼西舞鶴運転所の建物を過ぎると、いました!キハ85系とタンゴエクスプローラーが並んでいました。

Img_6951

▼確かに、JR東海のキハ85系が京都丹後鉄道に譲渡されたのを確認できました。キハ85系は2両です。

Img_6950

▼タンゴエクスプローラーは雨ざらしにされており、老朽化がかなり進んでいます。

Img_6970

▼前面は塗装が剥がれ、錆が浮き出ています。

Img_6954

▼運転所の南側の踏切から、キハ85系とタンゴエクスプローラーの並びを見てみました。

Img_6959

▼タンゴエクスプローラーは、ダブルデッカー車で、前面の展望がウリでした。一方、キハ85系は高床構造で、前面の展望がウリでした。そういう意味で、両車両の特徴は似ています。

Img_6963

▼今後の運用はどうなるか明確ではありませんが、キハ85系は特急「ひだ」として大阪へ乗り入れていた実績もあるので、JRへの乗り入れ特急として運用してほしいものです。

▼京都丹後鉄道の他の車両は、水戸岡鋭治さんによりリニューアルがなされていますが、キハ85系がどうなるかわかりません。できれば、原形のまま残してほしいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村 

 鉄道コム

| | コメント (2)

JR東海キハ85系が京都丹後鉄道へ譲渡されるようです。

▼JR東海の特急「ひだ」「南紀」などに運用されているキハ85系が、HC85系に代替わりすることになっていますが、そのうちの数両が京都丹後鉄道に譲渡されるとの報道やネットでの噂が囁かれています。

091231100102-006
キハ85系@大阪駅

▼中日新聞WEB版(2023年3月7日)によると、JR東海のキハ85系の一部車両が、京都丹後鉄道に譲渡されるとし、早ければ2023年中にも京都府内で運行を始めるとしています。

https://www.chunichi.co.jp/article/649006

▼中日新聞によると、キハ85系の4両が譲渡されるとし、このうち2両が2月末に京都鉄道博物館で展示されていたもので、展示の後、引き渡された車両が3月6~7日に京都丹後鉄道の西舞鶴駅の車庫に向けて回送される様子が、鉄道ファンに目撃され、SNSで話題になっているとしています。

Hc8585_20230309181301

▼京都丹後鉄道では、現行の特急車両の老朽化が進み更新が必要で、特急車両として運行する予定だが、どの路線を走るかなど詳細は検討中としており、取得額は非公表となっています。

100915_164118
タンゴエクスプローラー@宮津駅

▼You Tubeの「暇坊主」でも3月8日に、キハ85系の譲渡について触れられています。キハ85系は京都丹後鉄道の「タンゴエクスプローラー」(KTR8000形/丹後の海)の置き換えではないか、「タンゴディスカバリー」は「はしだて」「まいづる」で運用されており、JRの線区に入ることは、大阪乗り入れの特急「ひだ」の実績があるので、「タンゴディスカバリー」の代替としても可能だろうとしています。

Img_5633
KTR8000形@西舞鶴駅

▼また、「暇坊主」では譲渡されるキハ85系は原形で使うのではないか、水戸岡さん仕様にはならないのではないかとしています。鉄道ファンとしては、改造しないで、色も塗り替えないで原形のほうが大喜びだろうが、京都丹後鉄道の沿線には天橋立という有名な観光地があるので、一般向けとしては、色を塗り替えたり、改造をするほうがいいのではないかと思うとしています。

 

▼いずれにしても、JR東海のキハ85系は京都丹後鉄道に譲渡されることは確かのようです。今後は、何両が譲渡されるのか、特急列車の運用がどうなるのか、改造はあるのかないのかなど、まだまだ目が離せないようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

近畿日本鉄道の橿原線全線開通100周年記念イベントの開催

▼近畿日本鉄道は、2月9日に、橿原線が1923年3月21日に、大和西大寺駅と橿原神宮前駅間で全線開通して、100周年を迎えるにあたり、「橿原線全線開通100周年記念イベント」を実施すると発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/kashiharasen100nen.pdf

▼記念式典が3月23日(祝日)、10時20分から11時20分まで、大和八木駅改札外北広場及び5番線ホームで、テープカット、記念臨時列車の出発式、橿原市立八木中学校吹奏楽部による楽器演奏、記念ヘッドマークのお披露目があります。

100

▼橿原線沿線の中学校・高等学校4校でデザイン制作の協力を得た記念ヘッドマークや100周年記念オリジナルロゴのヘッドマークを掲出した列車の運行が、3月22日水曜日から4月9日日曜日まで、期間限定で運行されます。

100_20230211223701

▼掲出区間は、橿原線大和西大寺駅から橿原神宮前駅間で、掲出列車は、平日8往復、土曜休日5往復となります。

Img_4357

▼ヘッドマークデザインの制作は、奈良県立畝傍高等学校、田原本町立田原本中学校、田原本町立北中学校、川西町・三宅町、式下中学校組合立式下中学校です。

100_20230211223801

▼「あおぞらⅡで行くミステリー列車」記念ツアーの開催が、3月21日祝日に開催されます。行程は、大阪上本町駅発着と京都駅発着の2コースが設定されています。

Img_2867_20230211224401

▼青の交響曲・あをによし・しまかぜ3編成の撮影会が、3月35日土曜日に、橿原神宮前駅車庫内で開催されます。

Img_6295_20230211224601

▼特急ひのとりで行く橿原線満喫ツアーが4月8日土曜日に開催されます。行程は、大阪上本町駅発、大和西大寺経由で、天理駅、京都駅、橿原神宮前駅を通って大阪上本町

200816_80000_mvi_7729_moment_20230211224501

▼記念グッズ、記念入場券の発売もあります。記念グッズとしては、ウォッシュタオル、クリアファイル、キーホルダーが、3月15日水曜日から6月14日水曜日まで、近鉄百貨店橿原店1階プラグスマーケットで発売されます。

Photo_20230211224701

▼.復刻版大軌電車ご案内、フェイスタオル、キーホルダー、クリアファイル、ICカードケースが、3月21日祝日から大和西大寺駅、天理駅、橿原神宮前駅及びインターネットで発売されます。

Photo_20230211224702

▼記念入場券は、結崎駅、石見駅、田原本駅、笠縫駅、新ノ口駅、大和八木駅、八木西口駅、畝傍御陵前、橿原神宮前駅の9駅がセットになったものが300セット限定で発売となります。

Photo_20230211224703

▼発売個所は、大和西大寺駅、天理駅、橿原神宮前駅で、3月21日祝日のみ9時からの発売となります。

▼近鉄は、歴史のある鉄道会社として、さまざまなイベントが開催できるポテンシャルをもっています。こういったイベントはなかなか他の鉄道会社ではできないものかもしれません。

 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

来年春に「きんてつ鉄道まつり」が開催されます!

▼近畿日本鉄道は、この秋に3年ぶりに開催した「きんてつ鉄道まつり」を2023年春に再び開催すると、12月20日に発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/train_fes_spring2023.pdf

▼コロナ禍で、2年間開催が見送られた「きんてつ鉄道まつり」が2022年秋に五位堂会場と塩浜会場で開催されましたが、来年に限り再度「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」として、春に再度開催されることとなりました。

Img_2907
2015年11月開催の展示車両

▼申し込み方法やイベントの詳細は未定ですが、今後改めて発表があるとのことです。

▼記者発表資料では、運転士体験「あなたも運転士!出発進行!!」や「床下ピット探検隊」などがイベントの例示として記載されています。

Img_2914_20221225182601
床下ピット探検隊(2015)

▼来年春のまつりも、開催日・会場は4月22日(土)に五位堂会場と5月13日(土)に塩浜会場の2か所で、大阪地区で開催されていた高安会場での実施は今回もありません。

Img_2931
40tクレーンでの車両移動(2015)

▼再度の開催となった理由ですが、たぶん、インターネットでの申し込みで参加人数も制限していたので、申し込みが多数あり、参加希望者が思ったより多かったので、こうした声を拾った結果だと思います。

▼それに、会場までの乗車数が増えるので鉄道部門の収益にも寄与すると思われますし。

▼You Tube でのオンラインのまつりは期待したほど面白くないし、やはり検修車庫などでの実物を見ての見学のほうが興味が持てます。

▼来春には、新型コロナウイルスの感染状況がどうなっているかわかりませんが、再びの開催は鉄道ファン、近鉄ファンにとっては朗報でしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

阪神電鉄が有料座席列車を運行へ【らくやんライナー】

▼阪神電鉄が期間限定で夜間有料臨時列車(らくやんライナー)を運行すると、12月1日発表しました。

https://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20221201-unyu-rakuyanraina.pdf

▼運行日は12月23日(金)、来年1月6日(金)、13日(金)、20日(金)の計4日間です。

▼運行区間は大阪梅田・青木間で、20時19分大阪梅田発、21時43分大阪梅田発の計2本が運転されます。

Cimg7307
一部クロスシートの9300系

▼乗車駅は大阪梅田と野田だけで、降車駅は尼崎、武庫川、甲子園、西宮、香櫨園、打出、芦屋、青木です。

▼乗車定員は、1列車あたり180席の定員制です。大阪梅田発で150席、野田発で30席を用意。座席指定ではなく、乗車整理券を発行し、空いている席へ自由に座ることができます。

▼利用方法としては、大阪梅田駅では1番線ホームで発車10分前から受付を開始。1号車(大阪方最後尾車両)から5号車の扉まで整理券を購入。野田駅では3番線で6号車(神戸方先頭車両)から乗車し、車内で整理券を購入。

▼乗車整理券は200円の均一料金で、別途乗車券あるいは定期券が必要となります。

▼運用される車両はまだわかりませんが、一部クロスシートがある9300系、8000系ではないかと推測されます。

Cimg7365
リニューアル後の8000系

▼JR西日本では、すでに新快速で一部車両を有料座席(Aシート)にした列車を運行しています。また、阪急も2024年をめどに有料座席列車の運行を計画しており、京阪神間で有料座席列車の運行が次々運行されることになります。

▼コロナ禍で、乗客も感染を用心して満員電車を敬遠するなかで、座席を確保できる列車はニーズがありそうだし、鉄道会社としても、乗客数の減少による収益減を有料座席により収益を確保することができるので、利用者にとっても、鉄道会社にとってもメリットはありそうです。

▼阪神電鉄では、臨時有料座席列車の運行中に利用者にアンケートを実施し、今後の施策の参考にするようです。さて、大阪梅田から青木間という短い区間でどのくらいの需要があるでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

泉北高速鉄道が新型通勤車両を導入。【9300系】

▼泉北高速鉄道は、新型通勤車両「9300系」を導入すると、11月11日に発表しました。

https://www.nankai.co.jp/library/groupinfo/news/pdf/221111_1.pdf

221113_9300

▼新型車両は南海電鉄の8300系をベースにして投資額を抑制しながら、泉北高速鉄道の個性を生かしたデザインを採用します。

▼導入するのは4両編成を2編成(8両)。営業運転開始は2023年夏の予定です。外装デザインは泉北高速鉄道のラインカラーである「ブルー」と既存の通勤車両の車体色である「アイボリー」の2色を採用します。

Img_0223
泉北高速鉄道 7000系

▼内装デザインには、木目柄を用いて、座席シートには既存の通勤車両に合わせたカラーを採用します。

221113_9300_20221113153901

▼環境に優しい機能としては、エネルギー効率の高い機器を導入し、消費電力を低減し、車内照明・前照灯などすべての灯具にLEDを採用します。

▼バリアフリー機能として、車内案内表示器は液晶ディスプレイ式で、4か国語に対応。ベビーカーやキャリーバッグなどを利用するための多目的スペースを設置します。また、床面に優先座席及び車椅子・ベビーカースペースの表示を追加します。

▼そのほか、客室内及び出入口ドア窓に複層ガラスを採用。走行用モーターに遮音性が高い全閉内扇型主電動機を採用し、車内外の騒音を低減します。座席や吊手、手すり、窓などに抗ウイルス・抗菌加工を行います。

▼9300系の導入に伴い、5000系、7000系、7020系のラインカラーについても「ライトブルー」を廃し、「ブルー」のみに順次変更し、ラインカラーの統一を図るそうです。

Img_2702
泉北高速鉄道 5000系

▼泉北高速鉄道は、元々、泉北ニュータウンへのアクセス鉄道として、大阪府の設立した第三セクターである大阪府都市開発株式会社が経営していましたが、2014年に株式が南海電鉄に譲渡され、南海グループの傘下に入り、子会社となりました。

▼1971年の開業時には全業務を南海電鉄に委託していましたが、1986年の鉄道事業法の公布により、従来の方式のままでは第三種鉄道事業者となって、運賃、料金の決定や運行計画の策定を自社でできなくなるため、1988年に第一種鉄道事業者への認可を得ました。

▼こうした経緯から、新型車両はカラーリングは泉北高速鉄道の個性を生かしてはいるものの、南海電鉄の8300系をベースとした車両となったものと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

実はエリザベス女王も乗車されたこともある近鉄観光特急「あをによし」

▼英国のエリザベス女王が9月8日に死去されました。心よりエリザベス女王のご冥福をお祈り申し上げます。

220910_
      asahi.com より転載

▼エリザベス女王は我が国にも多くの足跡を残されました。女王が1975年春に来日されたときに、伊勢神宮などを訪問され、その際、往路の京都から五十鈴川まで、復路の鳥羽から近鉄名古屋まで、近鉄を利用されました。

220910__20220910131901
asahi.com より転載

▼その際用意されたのが、近鉄特急車両の12200系でした。その車両は当時最新の車両で、ク12356が御料車とされました。内装は天皇、皇后が乗車されるときと同等で、運行もお召し列車と同様の取り扱いとされました。

Img_7238_20220910131601
12200系@高安車庫

▼9月10日付けの朝日新聞の記事によると、女王は近鉄特急に乗車された後、運転士に革製の財布をプレゼントされ、帰国後は王室からお礼の手紙が送られたそうです。

▼12200系はその後、世代交代により、一部は団体専用列車の「あおぞらⅡ」や「かぎろひ」に転用されたほかは廃車となり、2021年2月をもって定期運用から離脱しました。

▼しかし、2022年4月に新た観光特急「あをによし」が運転を開始し、その種車として12200系が利用されました。実はその車両は1975年に来日されたエリザベス女王が乗車された車両だったのです。

Img_6295_20220910131801
あをによし」@近鉄奈良駅

▼ユニークなエピソード持つ「あをによし」。今後も伝説を持った車両として活躍を祈りたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

より以前の記事一覧