旅行

こんなにでかいものとは知りませんでした。【海上自衛隊呉資料館・潜水艦あきしお】

▼広島から227系で呉線呉駅までやって来ました。今回の正月乗り放題きっぷの旅のお目当ての一つが、駅近くの海沿いにその土手っ腹を見せて鎮座しておりました。
 
Img_4714
 
▼この資料館は、水上艦を展示する佐世保資料館、航空機を展示する鹿島航空基地資料館と並んで潜水艦と掃海を展示する目的で作られました。 潜水艦の発展と現況、掃海艇の戦績と活躍などに関する歴史的資料を展示しています。 海上自衛隊呉資料館の建設目的
 
▼この資料館の一番のおすすめは、実物の潜水艦に乗艦し、その内部を見て、体感できることです。1986年から2004年まで実際に海上自衛隊で使用していた潜水艦「あきしお」が2006年9月に陸揚げされ、展示されていました。
 
Img_4719
 
▼主なスペックは、基準排水量2250トン、長さ76.2メートル、 幅9.9メートル、深さ10.2メートル。ディーゼル2基を搭載し、馬力は水上3400PS,水中7200PS、速力は20ノット(水中)、75名の乗員を載せることができます。
 
Img_4722
 
▼この記念館の向かいには、大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)があります。このミュージアムは、明治以降の日本の近代化の歴史と、近代化の礎となった造船、製鋼を始めとした各種科学技術を紹介することを目的としています。しかし、何といってもメインは、旧海軍の呉鎮守府、呉海軍工廠が設置された呉ならではの戦艦「大和」の10分の1の模型が展示されています。
 
Img_4717
 
Img_4732_2
 
▼ミュージアムの外には戦艦「陸奥」の巨大なスクリューが展示されています。
 
Img_4724
 
▼さらに、主舵も。
 
Img_4725
 
▼主砲身も。
 
Img_4729
 
▼41センチ主砲身だそうです。とにかく巨大です。
 
Img_4728_2
 
▼戦艦「陸奥」の解説も。アセンブルは横須賀海軍工廠ですが、主なパーツは呉海軍工廠で製造されたそうです。
 
Img_4731_2
 
▼今回は外観だけで、中に入ることはかないませんでしたが、今度は中身も見学したいと思います。
 
▼再び、呉駅に戻ってきました。
 
Img_4738_2
 
Img_4739_2
 
▼227系に乗って広島に戻ります。今日はこの辺で。
 
Img_4746
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
 
鉄道コム
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年元日JR乗り放題きっぷの旅

▼あけましておめでとうございます。今年も当ブログをご贔屓にお願い申し上げます。さて、今年も元日JR乗り放題きっぷの旅を挙行しました。

▼現在、新幹線のぞみの車中から、書いてます。斜めうしろには、落語家の桂吉弥さんがいらっしゃいます。

▼実験的に、スマホからアップします。上手くアップできるかどうか?

Img_1022_5

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

旅行 | | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに乗り物三昧。【東京プチツアー・予告】

▼「そうだ 東京、行こう。」ということで、ふと思い、行ってきました。東京。今回はその予告編です。浜松での不発弾処理のため、朝の新幹線は遅れが予想されるとのこと。久しぶりに、特割にてANAで羽田へ。
 
Img_4501
 
▼第2ターミナルに到着。展望デッキへ。
 
Img_4514
 
▼お目当ての京急に乗車。新逗子行き空港急行に乗車。2000形です。
 
Img_4516
 
▼京急鶴見で撮りテツ。
 
Img_4523
 
▼続いて、横浜へ。行きたかった「原鉄道模型博物館」へ。
 
Img_4532_2
 
▼原さんはすごい人!マルチな鉄道ファンです。しかし、ここのジオラマはすごい。
 
Img_4539_2
 
▼再び、京急に乗りテツ。金沢文庫へ。変な奴に出会いました。
 
Img_4585
 
▼2100形快特にも出会いました。
 
Img_4583_2
 
▼品川へ戻りながら、リバイバル塗装のこれにも会えました。
 
Img_4623
 
▼品川からはJRで東京へ。ちゃんと撮ってなかった山手線、京浜東北線も。
 
Img_4628
 
Img_4641
 
▼次回からは、じっくりプチツアーの詳細をご紹介しましょう。今日はこの辺で。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
 
鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明石、舞子あたりをぶらぶら。【JR・山電・阪神】

▼連休です。入試も終わり、学生は春休みということで、行楽地はどこも人出がいっぱい。こんなタイミングですが、久しぶりにプチツアーに出かけてみました。JR大阪駅に向かいましたが、すごい人出に、急病人救護でダイヤは遅れ気味。

▼明石まで新快速に乗車。しかし、多客扱いの上、新大阪での急病人救護の影響で、回復運転どころかまたまた遅れが出て、結局8分遅れで到着。

▼なんとか、明石にたどり着き、魚の棚商店街で、明石焼きを食し、さらに名物のタコやイカの煮物を買って、港近くの公園で食べました。明石では淡路島へ渡るフェリーが廃止となり、寂しくなったかと思いきや、魚の棚商店街は賑やかです。

▼お腹も一杯になり、今度は明石から山陽電鉄に乗車して、次の目的地である舞子公園駅に向かいました。山電の3000系に乗車。3両編成のコンパクトな編成。

Img_3270

▼雄大な明石海峡大橋を眺めながら、お茶をしに、近くの高台にある舞子ビラに上がりました。駅からしばらく歩くと、珍しい斜めのエレベータ乗り場があり、フロント前まで歩かずに上ることができます。

Img_3262

▼最上階のバーに上がり、ケーキセットを注文。夜は大橋のライトアップがきれいなスポットでしょうね。しかし、お昼でも十分雄大な大橋の眺めを堪能することができます。

160320_01

▼お茶タイムも終わり、いよいよ、大橋を見学に。舞子海上プロムナードに上がりました。

Img_3269

▼神戸側の付け根から大橋の下に設けられた施設で、大橋の巨大さを実感することができます。真ん中の通路は維持管理用の通路です。金網になっており、下の海が丸見え。

Img_3276

▼回廊になって大橋の下を見学できますが、その途中には足元が強化ガラスで透けているところがあります。スリル満点です。

Img_3282

▼高所恐症の方には心臓に悪そうです。

Img_3283

▼それにしても、人間はすごいものを作ってしまうものですね。車で通過した時もすごいと思いましたが、こうして間近に大橋に触れると、一層その巨大さが実感できます。

Img_3286

▼今日3月21日は、ちょうど大橋の開通日だそうです。阪神淡路大震災後の1998年に完成したので、今年で18年目となりました。プロムナードから降りてきて、大橋の真下に行ってみました。ここもすごい迫力です。

Img_3275

▼つり橋のケーブルを支えているアンカレイジも巨大です。

Img_3263

▼最後は大橋の近くにある「橋の科学館」を見学。

Img_3290

▼明石海峡大橋や本四連絡橋などの架橋技術の紹介施設です。それにしても、この大橋の主塔の高さは、297メートルもあり、東京タワーにも匹敵する高さであるとは驚きです。

Img_3264_2

▼ちょうど私鉄のダイヤ改正直後でしたが、山電も阪神も混乱なく運転されていました。帰りは、直通特急で尼崎まで行き、乗り換えて快速急行で戻りました。JRはスピードは速いが、乗り換えが大変だし、遅れのリスクもあるので、速度は遅くても、私鉄の方が座れて、ゆっくり帰れていいかも。今日はこの辺で。

Img_2232

Img_2228_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨明け宣言、さぁ山に登ろう4。【比叡山】

▼比叡山山頂からバスに乗り、今度は比叡山延暦寺へと向かいます。比叡山頂バス停から延暦寺バスセンターまで乗車。1dayチケットでは山内シャトルバスに乗り放題です。運賃は160円。

Img_2412

▼比叡山頂からは急な坂道をバスは降りて行きます。道の右側は琵琶湖が見えます。約7分でバスセンターに到着。比叡山は大きく3つのエリアに分かれます。東塔、西塔、横川の3つの地域です。バスセンターは東塔地域に属します。ここで、有名な延暦寺の総本堂の根本中堂を見学します。

Img_2419

▼平安時代に僧・最澄がこの地に日本に合った日本天台宗を開き、その後、さまざまな高僧が集まり、特に鎌倉時代には、浄土宗の開祖・法然、臨済宗開祖・の栄西、浄土真宗の開祖・親鸞、曹洞宗の開祖・道元、日蓮宗の開祖・日蓮といった名僧を輩出しました。1994年には世界文化遺産として登録が認定されました。

Img_2422_2

▼中世以降、いわば総合大学といった位置づけもありうる日本の学問の中心として発展遂げました。その後戦乱の世になり、織田信長による焼き討ちなどを経て、江戸時代に入ると、徳川家光が、何回となく焼け落ちた根本中堂を再建したそうです。現在の根本中堂は江戸時代のものです。

Img_2418

▼根本中堂は現在平成の大改修の真っ最中でいたるところに、足場が組まれています。お堂の中は薄暗く、ひんやりととしています。ものすごく大きな建物で、まさに宗教の本山に相応しい荘厳さが感じられます。

▼バスセンターからシャトルバスに乗り、今度は横川に向かいます。運賃は660円。奥比叡ドライブウェイをバスは走ります。眼下には琵琶湖の雄大な風景が広がります。

▼横川は延暦寺の一番北のエリアに位置します。慈覚大師円仁によって開かれ、親鸞、日蓮、道元などの名僧が修業を行った地でもあります。

Img_2431_2

▼ここでは、横川中堂を見学。ご本尊は聖観世音菩薩立像で、度重なる火災にもかかわらず、不思議に難を免れた平安時代の典型的な木像だそうです。

▼秋の紅葉シーズンにはよく紹介されるお堂とモミジの風景はこれでしょうか。

Img_2436

▼うっそうとした緑の中で森林浴をした後、再びシャトルバスにて、比叡山頂へと戻ります。運賃は760円。

▼西塔、東塔を経て、山頂へと戻って来ました。20分あまりのバスの乗車。途中、眼下には琵琶湖の風景が見え、まるで空中散歩のような感じがします。

▼ガーデンミュージアム比叡に再び入園して、ロープウェイの駅へと向かいます。次回は、八瀬比叡山口への帰り道をご紹介しましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨明け宣言、さぁ山に登ろう3。【比叡山】

▼比叡山への登頂、その3回目。叡山電鉄、ケーブル、ロープウェイを経て、比叡山山頂に到着。

Img_2379_2

▼ここからの景色は、山の西側では、京都市内、そして、はるか大阪が見えます。あべのハルカスもかすかに見えます。

Img_2382

▼かたや、東側は滋賀県の大津市内が見えます。360度のパノラマの眺望はとても雄大です。大津プリンスホテルと近江大橋が望めます。

Img_2377

▼ロープウェイの駅を過ぎると、「ガーデンミュージアム比叡」があります。1dayチケットでは、この施設への入園料が優待料金となり200円割かれます。このガーデンを通って延暦寺へのシャトルバスに乗ります。

▼まずは、ガーデンミュージアム比叡を散策。印象派画家の名画が陶板で庭園のあちらこちらに展示されています。その名画のイメージで庭園には花が植えられているようです。こちらは、カイユボットの「プティ・ジュンヌヴィリエールの庭の薔薇」が展示。

Img_2385

▼花の庭では、ルノワールの「じょうろを持つ少女」の陶板が展示されていました。陶板の絵画が風景とマッチしてとてもきれいです。

Img_2384

▼しばらく歩くと睡蓮の庭に行きつきました。ここでの風景は、なんだかどこかで見たような風景です。

Img_2387

▼そうです。まさに、モネが描く睡蓮の池です。

Img_2386

▼印象派の絵画に中に入り込んだような錯覚に陥ります。

Img_2392

▼こちらは藤の丘です。藤棚と花々の彩の丘です。

Img_2393

▼こちらは南フランスのプロヴァンス地方の明るい陽光とやわらかな土色をイメージした庭園です.。香りの庭と名付けられ、ラベンダーやサルビアなどの香りのかおる花が植えられています。

Img_2411

▼ルノワールの「パラソルをさした女」と展望塔です。なぜかパラソルが用意されています。うしろの展望台は昭和30年代の昔に建設された展望塔ですが、村野藤吾という著名な建築家の手によるものだそうです。いまはなきそごう百貨店大阪店、名古屋の丸栄本店、京都のウェスティン都ホテルなどが有名です。

Img_2408

Img_2407

▼雄大な京都、滋賀、大阪の景色と美しい庭園と名画の陶板を見て、気持ちもリラックスしたところで、今度はいよいよ世界文化遺産の比叡山延暦寺に向かうこととします。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨明け宣言、さぁ山に登ろう2。【比叡山観光】

▼比叡山への登頂、その2回目。今回は叡山電鉄の八瀬比叡山口駅から、徒歩で叡山ケーブルのケーブル八瀬駅に向かいます。

Img_2447

▼高野川の清流(今日は台風の影響が残っていてかなり流れは激しくなっていますが・・・)に沿って少し歩くとケーブルの始発駅に到着します。

Img_2364

▼叡山ケーブルは、正式には「京福電気鉄道鋼索線」が正式名称です。路線総延長は1.3キロ、ゲージはなんと1067ミリ、JRなどの狭軌と同じ。高低差は561メートルでこの差は日本一だそうです。開業は1925年12月とかなり歴史あるケーブルです。

▼写真からもお分かりと思いますが、かなりの傾斜になっています。最高勾配27度強です。

Img_2366

▼ロープウェイの乗り場までの所要時間は約9分です。冬季はロープウェイとともに運休となります。通年で比叡山に上がれる同様の手段は琵琶湖側の坂本ケーブルだけになります。ケーブルの片道運賃は540円。

Img_2368

▼続いて、ロープウェイで一気に比叡山の山頂に向かいます。このロープウェイも京福電鉄の経営で、全長483メートル、所要時間は約3分。このロープウェイも冬季はお休みになります。

Img_2371

▼1928年に京都電燈が比叡山空中ケーブルとして開業。開業当時は、現在のロープ比叡駅より若干上にあった高粗谷駅から延暦寺の釈迦堂付近にあった延暦寺駅までのルートだったそうです。太平洋戦争でいったん廃止となりましたが、1956年に現在のルートで営業を再開しました。

▼少し上がって行くと、眺望が開けてきます。眼下には、京都市の北部が見えてきます。宝ヶ池、京都国際会館あたりの風景が広がっています。なかなかの景色です。

Img_2374

▼もう少しで比叡山頂駅です。週末の台風の大雨から一転、このお天気だと、上からの景色は期待できそうです。

Img_2376

▼あっという間に、山頂です。ロープウェイの片道運賃は310円です。ロープウェイの駅を降りると間もなくこんな風景に出会えます。

Img_2377

▼次回は、ロープウェイの駅から山内シャトルバスの停留所までの間にある「ガーデンミュージアム比叡」をご紹介しましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄分は薄いが、春の琵琶湖です。

▼サクラの季節もこの辺りではようやく終わりました。気候のよい季節となりましたが、最近はどうもテツ旅が少なくなっています。3月に車を買い替え、休日はドライブが中心の生活となっています。

Img_1879
マキノ高原のメタセコイアの並木

▼車の調子をみながら、少し遠出のドライブが続いています。気持ちのいいドライブには琵琶湖がぴったりです。というわけで、鉄分は薄くなっている今日このごろです。琵琶湖の西側、湖西線沿いの161号線は琵琶湖の景色を望みながら最高のドライブをが楽しめます。JRWの志賀駅ではトイレ休憩。この辺りは夏には湖水浴場があります。

Img_1854

▼駅からすぐのところに松の浦水泳場があります。

▼曇り空ではありますが、桜が湖畔に咲いていたので、撮影しました。

Img_1857

▼大阪と比べると少し遅い満開。

Img_1856

▼湖畔のお花見も乙なものですね。

Img_1858

▼翌週は、晴天でしたので、もう少し足を延ばして、マキノまで出かけました。そこで、冒頭のメタセコイアの並木を見に久しぶりに行ってきました。

Img_1873

▼この並木は延長2.4キロにわたり約500本のメタセコイヤが植えられています。昭和56年に地元のマキノ町果樹生産組合が植えたのが始まりで、県道も協調して植栽されて現在に至っているそうです。四季おりおり、いろんな姿を見せるメタセコイヤ。春は青々とした葉っぱが生命の息吹を感じますが、訪れたこの日はまだ葉っぱが生えかけたばかりでしたが、十分並木の壮観な眺めは楽しめました。

▼ここへは、車でマキノピックランドまで目指していけば、並木を眺めることができます。

▼ピックランドの駐車場に車を入れて、周辺を散策して撮影すればいいでしょう。

Img_1874_2

Img_1876

▼今回は、鉄分がほとんどない旅日記となりました。今日はこの辺で。チャオ。

Img_1878

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嵐電・妙心寺駅界隈でぶらり。

▼前回は妙心寺の退蔵院の見事な枝垂れ桜を見ることができました。退蔵院のある妙心寺は臨済宗大本山であり、山内は石畳で結ばれた一つの寺町を形成しています。この山内に46もの塔頭があります。

Img_1779
嵐電、妙心寺駅にて。

▼その中で、訪れた退蔵院は1404年(応永11年)に建立された山内屈指の古刹ということです。方丈には開祖の無因宗因禅師がまつられています。この方丈を取り囲むように作庭された枯山水庭園「元信の庭」、方丈南方の850坪にも及ぶ池泉回遊式庭園「余香苑」があり、季節季節に草花が咲き乱れます。

Img_1116
陰陽の庭(陰の庭)、昨年12月撮影。

Img_1117
陽の庭。

▼回遊式庭園である「余香苑」は昭和40年に造園家の中根金作氏によって設計され、唱和の名庭として知られるようになっています。

Img_1129_2
昨年12月の「余香苑」。モミジがまだ残っていました。

Img_1794

▼退蔵院を後にして、妙心寺の北門から嵐電の龍安寺駅と等持院駅の間の道を北上し、臨済宗・天龍寺派の等持院に向かいました。こちらのお寺の由来は、1341年(暦応4年)、足利尊氏が天龍寺の夢窓国師を開山に迎え、衣笠山の南麓に創建されました。

Img_1802

▼のちには尊氏、義詮将軍当時の幕府の地にあった等持寺もこちらに移され、足利将軍家歴代の菩提所となりました。応仁の乱などの戦乱や火災に見舞われたが、豊臣秀吉も秀頼に建て直させたほど、この寺を重視していたようです。

Img_1800

▼現在の方丈は1616年(元和2年)福島正則が妙心寺塔頭に建立したものを1818年(文政元年)に等持院に移築されたものです。明治維新当時に一部損壊し、さらに映画の撮影所が境内にできたため、方丈がロケに使用されかなり破損したということですが、現在は修復されています。

▼等持院の庭園は夢窓国師の作といわれ、境内の北側には「心字池」と「芙蓉池」という池があります。芙蓉池の北側の小高い所には茶室の「清漣亭」があります。相阿弥らと茶道を興じた義政の好みといわれるこの清漣亭は、上段一畳を貴人床とする二畳台目の席で、この上段一畳に坐して臨む芙蓉池苑は格別のものがあります。

Img_1807_2

▼背後の櫛形の窓を開けると衣笠山のすそ野が眺められたことでしょうが、現在は、立命館大学の学舎によって遮られています。

▼方丈のお庭も綺麗に整備されています。

Img_1804

▼等持院の方丈に入るとこんな絵が迎えてくれます。

Img_1803

▼元天龍寺派の管長・関牧翁老師筆による祖師像です。ダルマさんですね。少しユーモラスな筆致です。この季節、境内には桜がないからか参拝客は少なく、非常に静かな寺院でした。

▼さて、次は二度目の訪問となる世界遺産のお庭を見学しに行きます。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元日乗り放題切符の旅も終わりです。

▼今年の元日乗り放題切符の旅も今回で終わりです。今回の旅の総括をしておきましょう。

Img_1260

▼基本的に利用したのは、JR西日本の発売する「元日・JR西乗り放題きっぷ(グリーン車用)です。金額は昨年と比べると消費税が上がった影響か17,490円になっていました。この切符はJR西日本線、智頭急行線、JR西日本宮島フェリー全線乗り放題です。座席指定については、4回(4列車)まで可能となっています。

Img_1450

▼今回もコストパフォーマンスを考えて、新幹線を最大限利用しました。主な旅程は次のとおりです。

○新大阪8:27発⇒「のぞみ1号」⇒福山9:30着
○福山駅で新幹線を撮影
○福山10:38発⇒「こだま735号」⇒広島11:35着
○広島駅で在来線撮影、広島電鉄で紙屋町まで乗車、原爆ドーム見学、広電の撮影
○広島13:27発⇒「さくら555号」⇒博多14:34着
○博多駅で新幹線、在来線撮影、福岡空港見学・撮影
○博多17:29発⇒「のぞみ56号」⇒新大阪19:58着

▼指定券(グリーン)の1回目です。「のぞみ1号」という縁起のいい列車に乗車して福山に向かいました。N700系アドバンスでした。

Img_1452

▼続いては、勘違いして、もう少しで乗り遅れるところだった「さくら555号」の指定券です。九州新幹線直通のN700系のグリーンはフットレストもあっていいです。

Img_1453

▼博多からの帰りの列車は「のぞみ56号」です。

Img_1454

▼今回も、4回利用が可能な指定券は3回使用して、1回は未使用です。ちょっともったいないかなぁ。

Img_1451

▼この企画きっぷの案内文です。利用条件、乗車可能線区などが記載されています。

Img_1455


Img_1457

▼帰りに新大阪から「はるか」に乗車しようかと思いましたが、あいにくの大雪の影響で遅れが生じていて乗るのを断念。東海道線の普通で大阪へ向かいました。

▼博多駅も駅ビルが改築されてからずいぶんきれいになりました。もう何年になりますか。

Img_1390

▼大きな時計も、今回もとりあえず撮影。

Img_1392

▼帰りの新幹線では、お楽しみのお弁当を購入して食べました。今回はこれです。

Img_1447

▼売店によってはすでに売り切れになっていた「玄海のかぜ」。玄界灘で採れる魚介類を中心にしたお弁当。これにワインを添えて、至福の弁当タイムです。

Img_1448

▼N700系のグリーン車の座席でゆっくりくつろぎながら、食事をするのは極楽です。時速300キロの移動中というのに、ゆったりとした時間が流れます。

Img_1444

▼今回は日本列島が寒波襲来で各地で大雪ではありましたが、なんとか無事に旅を終えることができました。恒例となっていますが、この企画きっぷ、今後も発売が続けられることを祈ってます。次回はどんな利用方法をしてみようか。1年かけてじっくり研究したいと思います。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR | 旅行 | 模型 | 航空 | 鉄道全般 | 関東私鉄 | 関西私鉄