« 三大鉄道博物館の比較について【京都鉄道博物館、リニア・鉄道館、鉄道博物館】 | トップページ | 阪神電鉄が有料座席列車を運行へ【らくやんライナー】 »

泉北高速鉄道が新型通勤車両を導入。【9300系】

▼泉北高速鉄道は、新型通勤車両「9300系」を導入すると、11月11日に発表しました。

https://www.nankai.co.jp/library/groupinfo/news/pdf/221111_1.pdf

221113_9300

▼新型車両は南海電鉄の8300系をベースにして投資額を抑制しながら、泉北高速鉄道の個性を生かしたデザインを採用します。

▼導入するのは4両編成を2編成(8両)。営業運転開始は2023年夏の予定です。外装デザインは泉北高速鉄道のラインカラーである「ブルー」と既存の通勤車両の車体色である「アイボリー」の2色を採用します。

Img_0223
泉北高速鉄道 7000系

▼内装デザインには、木目柄を用いて、座席シートには既存の通勤車両に合わせたカラーを採用します。

221113_9300_20221113153901

▼環境に優しい機能としては、エネルギー効率の高い機器を導入し、消費電力を低減し、車内照明・前照灯などすべての灯具にLEDを採用します。

▼バリアフリー機能として、車内案内表示器は液晶ディスプレイ式で、4か国語に対応。ベビーカーやキャリーバッグなどを利用するための多目的スペースを設置します。また、床面に優先座席及び車椅子・ベビーカースペースの表示を追加します。

▼そのほか、客室内及び出入口ドア窓に複層ガラスを採用。走行用モーターに遮音性が高い全閉内扇型主電動機を採用し、車内外の騒音を低減します。座席や吊手、手すり、窓などに抗ウイルス・抗菌加工を行います。

▼9300系の導入に伴い、5000系、7000系、7020系のラインカラーについても「ライトブルー」を廃し、「ブルー」のみに順次変更し、ラインカラーの統一を図るそうです。

Img_2702
泉北高速鉄道 5000系

▼泉北高速鉄道は、元々、泉北ニュータウンへのアクセス鉄道として、大阪府の設立した第三セクターである大阪府都市開発株式会社が経営していましたが、2014年に株式が南海電鉄に譲渡され、南海グループの傘下に入り、子会社となりました。

▼1971年の開業時には全業務を南海電鉄に委託していましたが、1986年の鉄道事業法の公布により、従来の方式のままでは第三種鉄道事業者となって、運賃、料金の決定や運行計画の策定を自社でできなくなるため、1988年に第一種鉄道事業者への認可を得ました。

▼こうした経緯から、新型車両はカラーリングは泉北高速鉄道の個性を生かしてはいるものの、南海電鉄の8300系をベースとした車両となったものと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

|

« 三大鉄道博物館の比較について【京都鉄道博物館、リニア・鉄道館、鉄道博物館】 | トップページ | 阪神電鉄が有料座席列車を運行へ【らくやんライナー】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

南海の車両ベースでも、
カラーリングを変えれば、
ちゃんと泉北高速っぽく見えるものですね(^^)。

投稿: るーと | 2022年11月13日 (日) 20時33分

先頭車両の前面は泉北高速らしい
形状になるよう、鋼鉄製でしょうか。
側面はステンレス車体で、
南海の8300系と同一です。
あとはカラーリングで個性を
出すしかないですね。

投稿: kumoha313 | 2022年11月14日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三大鉄道博物館の比較について【京都鉄道博物館、リニア・鉄道館、鉄道博物館】 | トップページ | 阪神電鉄が有料座席列車を運行へ【らくやんライナー】 »