« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

「プレミアムカー」の中止。コロナ禍による臨時ダイヤの実施。【京阪電気鉄道】

▼京阪電鉄では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、8月28日(土)からの土曜・日曜・祝日の列車本数を減便する臨時ダイヤを8月23日に発表しました。

https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2021-08-23_keihan-genbin.pdf 

▼臨時ダイヤについては、すでに5月1日から6月20日までの土曜・日曜・祝日に実施した臨時ダイヤと同内容です。

Img_5686_20210824173201

▼実施時期は8月28日初発から当面の間としており、1日の総運転本数を20%減らした臨時ダイヤとしています。

▼京阪本線・鴨東線・中之島線では、現行のダイヤと比較して、初発から10時までは、特急が40本⇒21本、急行が21本⇒18本、区間急行が14本⇒9本に減便。一方で、快速急行が0本⇒8本、準急が44本⇒57本、普通が67本⇒73本に増便となります。減便率は1.1%。

▼10時から16時まででは、快速特急3本⇒0本、特急68本⇒36本、急行5本⇒2本、区間急行3本⇒2本、普通75本⇒42本に減便。準急は65本⇒72本に増便となり、減便率は30.0%となります。

▼16時から20時では、減便率が2.1%、20時から最終までで9.7%の減便率となります。朝夕夜のラッシュ時間の減便率は少なく、昼間の時間帯はかなりの減便率となります。

▼さらに、驚くことに、プレミアムカーのサービスはすべて中止となります。観光客の激減により、需要が消えていることも影響しているものとみられます。すでに購入したプレミアムカー券は手数料なしで払い戻しが行われます。なお、Webで予約したプレミアムカー券の手続きは不要で、変に処理をすると手数料が発生するので、注意が必要です。

▼交野線では、10時から16時で48.6%、16時から20時で35.4%、20時から最終で19.0%の減便となります。また、宇治線では、初発から10時で13.0%、10時から16時で50.0%、16時から20時で35.4%、20時から最終で19.0%の減便となります。

▼さらに、すでに7月8日に発表されているように、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、9月25日(土)に京阪線・大津線においてダイヤ改正が予定されています。

https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2021-07-08_diagram.pdf 

▼実施時期は9月25日(土)初発より実施予定で、京阪線(京阪本線、鴨東線、中之島線、交野線・宇治線)では、平日ダイヤで早朝時間帯の変更、朝ラッシュ時間帯の下り列車(淀屋橋・中之島方面)の運転本数の減便(63本⇒58本)、昼間時間帯(10時~15時台)の減便、夕方ラッシュ時間帯以降、現行10分から12分間隔の運転間隔が12分から15分に変更となります。

▼昼間時間帯に増発される快速急行ではプレミアムカーサービスが実施されます。また、平日朝夕ラッシュ時間帯に「ライナー」を増発し、座席指定サービスの拡充を図ります。ライナーは、朝(淀屋橋行き)4本⇒5本、夕(出町柳行き)2本⇒4本となります。

Cimg6984

▼また、平日の最終列車の繰り上げが実施され、淀屋橋、中之島、出町柳、枚方市、中書島の発車時刻が早くなります。これは、夜間保守作業の作業時間確保のためで、鉄道施設の保守業界の人材確保を図るための一助となるものと期待されるものです。

▼大津線(京津線・石山坂本線)では、平日に一部列車の運転区間の見直し、春季・夏季・冬季期間の学校休校時のダイヤの減便が実施予定です。

▼コロナ禍がなかなか収束せず、感染拡大が続き、緊急事態宣言の発出が延長される中で、鉄道業界は出口のないトンネルを走って、ダイヤ減便などの模索がまだまだ続きそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (3)

新型コロナウイルスの感染拡大でまたまたイベント延期・中止。【12200系ラストラン、ひのとり志摩線入線】

▼新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。もう、第5波がやってきて、さまざまな影響が出てきています。

▼近畿日本鉄道では、8月7日(日)に実施予定だった「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」の延期が8月2日に発表となりました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/rasutoranennki.pdf

▼このツアーは大阪上本町~賢島間及び近鉄名古屋から賢島間の各1往復運転で4コースの系480名の参加を予定していましたが、大阪府で緊急事態宣言が発出されたのを受け、延期となりました。

Img_7238_20210819235301

▼これまでも、新型名阪特急「ひのとり」のデビューを記念して実施予定だった試乗会なども延期となり、その後の案内は音沙汰なしとなりました。

Img_7601

▼今回のラストラン乗車ツアーも延期とはいうものの、自然にフェードアウトになりそうです。

▼さらに、今日(8月19日)「ひのとり」志摩線入線記念ツアーの中止が発表されました。

https://www.kintetsu.co.jp/kanko/kanko_info/news_info/tour_cancel.pdf

▼このツアーは8月20日(金)、8月27日(金)、9月10日(金)に実施予定だったもので、中止が決定となりました。

▼8月19日発表のデータでは、新型コロナウイルスの感染確認が全国で初めて2万5000人を超え、1日の発表としては、これまでで最も多くなりました。

▼感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」が世界的に拡大しており、制御不能になりつつあります。このような時期に、鉄道会社は乗客減だけでなく、ツアーでの集客もままならぬ状況になりつつあります。

▼厳しい状況が続きますが、いつになったら穏やかな日々の光明が見えるのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2)

南海電鉄の「普通」と「各駅停車」の秘密。

▼列車種別には、主要駅に停車する優等列車ではなく、各駅に停車する「普通列車」があります。しかし、鉄道会社によっては「各駅停車」という列車種別もあります。

▼「普通列車」と「各駅停車」。この2種類の列車種別の違いについて考えてみたいと思います。

▼関西で、この2種類の列車種別を使っている私鉄があります。それは南海電気鉄道です。では、南海ではこの2種類の列車種別をどう使い分けているのか調べてみたいと思います。

Img_2695_20210813184801
さよなら7000系@難波駅

▼南海には大きく2つの路線があります。南海線と高野線の2つです。なんばから天下茶屋までは、2つの路線が複々線で走っています。

▼南海線のなんば・天下茶屋間の駅は新今宮のみです。

210813_

▼それに対して高野線では、今宮戎、新今宮、萩ノ茶屋の3つの駅があります。

210813__20210813182801

▼南海線のなんば発の時刻表を見てみると、和歌山市・関西空港方面行きの列車では各駅に停車する列車は、「普通」と表記されています。なんばから天下茶屋までの停車駅は新今宮のみです。

Img_0212
和歌山市行き「普通」@難波駅

▼一方、高野線のなんば発の時刻表を見てみると、高野山方面行きの列車では各駅に停車する列車は、「各停」と表記されています。なんばから天下茶屋までの停車駅は今宮戎、新今宮、萩ノ茶屋の3つです。

Img_0233
河内長野行き「各停」@今宮戎駅

▼このように、南海では、南海線の各駅に停車する列車は「普通」、高野線の各駅に停車する列車は「各停」と区別されています。停車駅も南海線は高野線よりも少なくなっています。

▼複々線の東側2線には今宮戎、萩ノ茶屋のホームがありますが、西側2線にはこの2つのホームはありません。つまり、西側2線を走る各駅に停車する列車は今宮戎、萩ノ茶屋は通過し、厳密には各駅停車ではないため「普通」とし、東側2線を走る各駅に停車する列車は文字どおり各駅に停車するため「各停」となっています。

▼以前には、東側2線を走るものの今宮戎、萩ノ茶屋は通過する高野線の普通も存在したので、「普通」と「各停」の区別が生まれたものと思われます。

▼阪急電鉄のように、梅田から十三までの間、神戸線、宝塚線には中津駅にホームがあり、京都線にはホームがありません。しかし、神戸線、宝塚と同様、中津に停車しない京都線も各駅に停車する列車は、「普通」としており、種別の区別はありません。

▼今回は、注意していないと気が付かない、「普通」と「各停」の面白い区別について触れてみました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (3)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »