« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

名阪特急「アーバンライナー」で貨客混載事業を実施。

▼近鉄と福山通運は、3月29日に、名阪特急「アーバンライナー」を使用した貨客混載事業を、2021年夏頃を目途に実施することで合意したことを発表しました。

◎近鉄HP:https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/kakyakukonnsaiul.pdf

Img_4318_20210330182501

▼今後、国土交通省に対し物流総合効率化法に基づく総合効率化計画の認定申請を行う予定です。

◎国土交通省HP:https://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000467.html

▼名阪市内間の輸送については、翌日以降に配送するサービスが主流であり、当日中に配送するにはトラック等をチャーターする方法が一般的でした。

▼今回の事業では、名阪市内間の当日配送が安価で可能となり、利用者の利便性が向上します。

▼主な顧客ターゲットとしては、名阪間の工業製品・部品、日用品や衣料品等を配送する事業所間を想定しています。

Img_5403

▼鉄道を有効利用する運送サービスのため、新たな投資を必要とせず、トラック配送と代替することでCO2の排出量削減につながります。また、道路事情に左右されない安定した輸送ルートの確保やドライバー不足対策など、さまざまな効果が期待できます。

▼近鉄と福山通運は、連携を強化することにより、新たな収益源を確保するとともに、SDGSが目指す持続可能な社会の実現に一層貢献できるとしています。

▼近鉄としては、これまで車内販売で使っていた空スペースに荷物を置かせて運送代を稼ぐため、新たな投資は必要がありません。

Img_1459

▼利用者は、安価でかつ当日配送が可能となり、サービス向上になります。

▼福山通運は、道路事情に依存しない安定した輸送ルートの確保、新たな投資を必要としない事業の開始、ドライバー不足の解消につながります。

▼これにより、ドライバー不足の解消、安定郵送で安価で当日配送による利便性向上、CO2排出量削減の環境対策につながり、SDGSの目指す持続可能な社会の実現にも貢献できるということで、一石三鳥、四鳥にもなります。

▼鉄道等による貨客混載事業は、2017年6月に京都丹後鉄道が沿線の農作物を輸送する事業をすでに開始しているほか、JR九州と佐川急便が2021年2月に事業化への実証実験を開始するなど、各地で事業が開始されつつあります。

◎令和元年度 モーダルシフト等推進事業認定案件:https://www.mlit.go.jp/common/001301883.pdf

▼コロナ禍にあって、経営が厳しい鉄道会社が、ドライバー不足で悩むトラック業界と協業することで、利用者の利便性向上と新たな収益源の確保を図る新たな試みが、今後どのように進展するのか興味深い事業ではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

平城宮跡を疾走する近鉄電車をもう見れなくなる。でも40年後ですが。。。

▼奈良県、奈良市、近畿日本鉄道は、325日、近鉄奈良線が横断する世界遺産「平城宮跡」景観保全と周辺の渋滞対策で、近鉄奈良線の移設を盛り込んだ「踏切改良計画」を策定し、国土交通省に提出しました。

〇奈良県HP:http://www.pref.nara.jp/secure/244372/hodouhappyou.pdf

Mvi_7919_moment
平城宮跡のど真ん中を疾走する近鉄特急

▼近鉄奈良線の高架化、地下化を含めた移設が計画されており、総事業費は約2000億円、2041年度着工、2060年度の完成を見込みます。

〇日経電子版:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJB243HF0U1A320C2000000/

〇NHK:https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210325/2000042949.html

▼計画の詳細としては、朱雀門の南側を東西に走る大宮通リに移設し、平城宮跡南側は地上に線路を敷設。宮跡東側は地下化の予定。併せて、大和西大寺駅の立体交差化を実現します。

Mvi_7893_moment_2
近鉄特急@平城宮跡

▼近鉄は移設に難色を示してきたが、2020年7月に国を含めた県市との合同会議で譲渡し、県の移設案を前提とした改良計画を策定することで一致しました。

Img_7872
朱雀門

▼近鉄は高架化区間のうち大和西大寺寄りの一部で事業費の約7%を負担。その東側から平城宮跡の南にある大宮通り付近までは、県と、市が事業費のすべてを負担。大宮通りに沿う地上部と地下化区間の近鉄の負担については今後協議を継続とのこと。

▼国土交通省では、改正踏切道改良促進法に基づき、自治体や鉄道事業者に対して改良を求めることとなっており、平城宮跡周辺の4つの踏切道と大和西大寺駅周辺の4つの踏切道について、渋滞などを理由に近鉄、県、市は20年度中に改良計画を提出することを求められていた。

Cimg5739
開かずの踏切@大和西大寺駅西側

▼奈良県では、平城宮跡の南側に朱雀大路駅(仮称)、新大宮駅と近鉄奈良駅との間に油阪駅(仮称)を計画しているが、これらについては別途近鉄と協議していくようです。

▼近鉄は、コロナ禍で財政的に非常に厳しく、奈良線の移設についてはなかなか踏み切りにくい状況にありますが、景観の保全や、開かずの踏切による渋滞を解消するためにも、なんらかの対応は必要であろうかと思います。

▼しかし、完成まで40年もかかるので、私はもうこの世にはいないかも。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

紀勢線ではこれでほんとうのお別れ。【105系引退】

▼JR紀勢線の105系が3月13日のダイヤ改正で引退することとなります。紀伊田辺・新宮間の普通列車で運用されている車両が新型の227系に置き換えられることにより、105系は引退となります。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_wakayama.pdf

▼105系は旧国鉄が1981年から製造した通勤型電車で、国鉄の民営化後は、すでにJR東日本ではすべて廃車となり、JR西日本では度々の改造を経て運用されてきました。

21031204
プラキットで作った105系

▼105系は2両編成で運行されているローカル線区で、モーター車と付随車が1対1で運転できる車両として、103系をベースに開発されました。

▼105系は新規で製造された車両と、当時の国鉄の厳しい経営状況から既存車両を改造した車両の2種類がありました。新造車両は、当初、福塩線、宇部線、小野田線などに充当され、改造車両は、奈良線、桜井線、和歌山線、可部線などに充当されました。

Img_1309_20210312214801
可部線の105系@広島駅

▼新造車両は側面の乗降扉が3扉ですが、改造車両は103系をタネ車としているので、側面の乗降扉は4扉です。新造車両の先頭は窓周りが黒く塗られていますが、改造車両は常磐線緩行線の103系からの捻出で貫通扉があり幌を付けた形になっています。

▼これまで、先頭車化改造、冷房化改造、ワンマン化改造などが行われ、戸袋窓を塞ぐなどの延命工事、側面の窓枠のサッシ化などの体質改善工事が施されてきました。桜井線では2009年11月から「奈良万葉ラッピング列車」の運行が開始するなどのイベントも行われました。

Cimg2228
奈良万葉ラッピング列車@奈良駅

▼広島地区では、2016年3月のダイヤ改正時に4扉車がは廃車となり、3扉車の新造車も2019年3月のダイヤ改正で運用から外れました。和歌山線・紀勢線・桜井線において、新型の227系置き換えが進められることとなり、2019年9月末で和歌山線での定期運用が終了しました。

Img_3160_20210312214401
新型の227系@広島駅

▼今回のダイヤ改正で、紀勢線の105系がすべて運用を離脱し、あとは、福塩線、山陽本線、宇部線、小野田線でわずかながら残っているようです。

▼コロナ禍にあって、今回の引退に際してはさよならイベントもなく、静かに引退ということになりました。お疲れさまでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

「近鉄12200系」臨時特急の運転と運休していた特急の運転再開。

▼コロナ禍で大変厳しい鉄道業界ですが、緊急事態宣言が解除された中で、明るい話題を2つ。

Mvi_0032_122002430_moment
鶴橋駅

▼1つは、定期運用を終了した12200系の臨時特急列車の運転です。2月12日に定期特急の運用を終了した近鉄の12200系車両に関して、4月に入って、臨時特急として運転が行われます。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/itimannisenrinnji.pdf

▼運転日は、4月10日(土)、11日(日)、25日(日)、29日(祝)の4日間。大阪上本町・賢島間、近鉄名古屋・賢島間でそれぞれ1往復運転されます。

Img_7238_20210309001801
高安車庫

▼大阪上本町・賢島間のダイヤは、大阪上本町9時38分発で、賢島に12時15分到着。折り返し、賢島16時36分発大阪上本町19時30分着です。停車駅は阪伊乙特急のパターンです。

▼近鉄名古屋・賢島間のダイヤは、近鉄名古屋9時35分発、賢島11時52分着。折り返し、賢島発14時8分近鉄名古屋16時32分着です。

▼折り返しの賢島発大阪上本町行きは、夕方の出発なので余裕がありますが、近鉄名古屋行きは14時8分発なので、賢島での滞在時間にはあまり余裕はありません。

▼運転日には、賢島駅において、「しまかぜ」と並んでホームに停車するはずなので、新旧特急車両の並び写真が撮影できるかもしれません。

Cimg7167
しまかぜと伊勢志摩ライナー@賢島駅

▼もう一つは、コロナ禍にあって運休していた特急列車の運転を再開するとのニュースです。平日に関しては、運休していた64本の特急列車の運転を再開します。また、土休日に関しては、運休している222本のうち、205本の特急列車の運転を再開します。ただし、京都・奈良間、大阪阿部野橋・吉野間の特急については、平日14本、土休日11本が引き続き運休を継続します。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/itibuunntennsai.pdf

▼京都・奈良間、大阪阿部野橋・吉野間の特急については、元々需要が少ないため、運休を継続しても影響は少ないものと思われます。コロナ禍が収束しても、そのまま、運転が廃止になるかもしれません。

Mvi_433212200_moment
橿原神宮前

▼まだまだ予断を許さない状況にはありますが、春になって少し明るい話題が出てきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

早いもので、もうすぐ1周年。【近鉄「ひのとり」運行開始1周年記念キャンペーン】

▼昨年3月14日に運行を開始した近鉄の名阪特急「ひのとり」が早くも1周年を迎えます。新型コロナウイルスの感染拡大の中での不運なデビューでしたが、今年2月には名阪甲特急がすべて「ひのとり」で運転しています。

Mvi_7696_80000_moment_20210303183201

▼近鉄では、「ひのとり」の運行開始1周年を記念して、キャンペーンを実施すると発表がありました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hinotoriissyuunenn.pdf

▼キャンペーン期間は3月12日から6月30日までで、次のようなイベントが計画されています。

1.プレゼントキャンペーン
名阪間を往復で特急を利用した乗客を対象に抽選で、ホテルペア宿泊券、近畿日本ツーリスト旅行券、お取り寄せグルメをプレゼント

2.記念グッズ発売
近鉄百貨店ネットショップでのステンレス製タンブラー、スマートフォンカバー、トートバッグ、ラバーキーホルダーの発売

Mvi_7722_moment_20210303183301

3.記念乗車券・記念特急券・記念入場券の発売
インターネットで事前予約して、購入日を指定した上で、大阪上本町駅、近鉄名古屋駅で購入することができます。
〇記念乗車券 大阪難波~鶴橋⇔近鉄名古屋間で利用できる片道乗車券、枚数は3000枚(1人2枚まで)、価格は2410円
〇記念特急券 大阪難波~鶴橋⇔近鉄名古屋間で片道1回利用できる特急券・特別車両券の引換券、枚数は各3000枚、価格はプレミアムシートが2830円、レギュラーシートが2130円
〇記念入場券 大阪難波、大阪上本町、鶴橋、大和八木、津、近鉄名古屋、生駒、学園前、大和西大寺、近鉄奈良の10駅の入場券セット、枚数3000セット(1人2セットまで)、価格は1590円、発売箇所は大阪上本町駅地下特急券売り場と近鉄名古屋駅正面特急券売り場

4.You Tubeによる「ひのとり」の紹介
ホームページのキャンペーンサイトで大阪・名古屋を拠点に活動するYou Tuber が車内を紹介する動画を配信

5.ひのとり1周年記念 新旧特急車両撮影会
ひのとり(80000系)、アーバンライナー・ネクスト(21020系)、さらに今年引退のスナックカー(12200系)を一堂に集めた撮影会ツアーの実施、実施日は6月5日(土)、場所は青山町車庫、申し込みはインターネットのみ

Img_0425

▼新型コロナウイルスの影響で、なかなか大々的な集客を伴うイベントはできないため、プレゼント、グッズの販売、記念切符の発売、動画配信などが中心で、唯一青山町車庫での撮影会がイベントらしいイベントです。記念グッズ、記念切符の発売もネットを利用したものとなり、3密を避けるように工夫されています。コロナ禍にあって、苦肉の策といえます。

▼撮影会は6月5日に計画されていますが、その頃には感染拡大に歯止めが立っていることを祈ります。中止にならないとよいのですが。。。記念イベントもいいのですが、早く実車に乗車したいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »