« オンラインによる「きんてつオンライン鉄道まつり」はどうか? | トップページ | 大晦日の終夜運転は今年は大半の私鉄でありません。 »

ブサカワのワンちゃん似の車内が公開に。【京都鉄道博物館・キハ81-3】

▼京都鉄道博物館のニュースリリースでは、12月の展示車両の車内公開は、キハ81-3だそうです。

https://railf.jp/event/2020/11/24/101000.html

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201117_00_hakubutsukan.pdf

Img_2352_20201124233501

▼京都鉄道博物館では、月替わりで、週末を中心に展示車両の車内を公開しています。12月はキハ81-3だそうです。

▼キハ81系は、1960年に登場した日本初の特急形気動車です。1961年に第4回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しています。基本的には電車形特急の151系を踏襲しています。運転台を持つキハ81形の形状は電車特急の151系と同様にボンネット型とはいうものの、その形状は151系よりずんぐりむっくりしています。「犬顔」とか「ブルドック」などと俗称で呼ばれることもありました。

▼キハ81形では、エンジンは床下に1基、枕木方向に対して横置きにサービス電源発電用エンジンがボンネット内に1基搭載されていました。さらにタブレット授受の観点から運転台は低く抑えられたため、ボンネットの形状は独特な形となりました。

▼関西では、1972年から紀勢本線で、特急「くろしお」として運転されましたが、1976年10月には紀勢本線の電化により、休車、1979年には型式消滅となってしまいました。

▼大阪弁天町にあった交通科学博物館では、屋根はありましたが、雨風にさらされて展示されていたので、塗装が剥げて悲惨な状態でした。

Cimg4699
交通科学博物館でのキハ81形

▼京都鉄道博物館に移設されてからは、完全に屋内に展示されたので、劣化の心配はなくなりました。

Img_3606

▼12月にはブサカワのキハ81形の車内が公開されるので、運転台にも上がれるのではないでしょうか。ボンネットが大きくて、何とも運転がしにくそうな感じですが、実際はどうだったのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« オンラインによる「きんてつオンライン鉄道まつり」はどうか? | トップページ | 大晦日の終夜運転は今年は大半の私鉄でありません。 »

JR」カテゴリの記事

コメント

キハ81の車内公開ですか。
以前、大宮の鉄道博物館でクハ181の車内に
入ったことがありますが、
製造時期から考えると、それと似たような感じの
接客設備なんでしょうね。
ついでに言えば、
個人的にはクハ151前頭部モックアップの
運転台も再公開してほしいところです。

投稿: るーと | 2020年11月29日 (日) 20時47分

キハ81の車内の公開ですが、
一番興味のあるのはやはり
運転台でしょうか。
クハ181とは
どう違うのでしょうか。
見て見たいですね。

投稿: kumoha313 | 2020年11月30日 (月) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンラインによる「きんてつオンライン鉄道まつり」はどうか? | トップページ | 大晦日の終夜運転は今年は大半の私鉄でありません。 »