« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

奇しくも運行開始25周年を迎えるこの時期に台車に変調が。【南海ラピート】

▼新聞記事によると、8月23夕方に南海電鉄の特急ラピートが関西空港に向かう途中で、2号車と3号車の連結部から金属がこすれる音を聞いたという車掌の報告で、車両検査の担当者が同乗したが異音を確認できず、その後も難波・関空間を3往復弱運行したとのことです。このラピートでは車輛基地で点検したところ、2号車のモーターと台車をつなげる溶接部分に14センチの亀裂が見つかったとのことです。(2019年8月29日朝日新聞デジタル版)

Img_0226

▼国の運輸安全委員会では、重大なインシデントとして認定。27日から28日にかけて南海電鉄に対してヒヤリングを行いました。亀裂の発見を受けて、他の車両の台車を緊急点検した結果、別の車両でも溶接部分で10線との亀裂が見つかりました。この2つの亀裂以外にも、過去に別の車両の溶接部分で亀裂が確認されていました。

Cimg2481

▼運輸安全委員会のホームページでは、今回の事案は調査中としています。

https://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/railway/detail2.php?id=1959

▼8月30日付けの南海電鉄のホームページによる報告は次のとおりです。

http://www.nankai.co.jp/rapit_info.html

▼南海のホームページによると、今回発見された亀裂は、特急ラピート6両編成の関空寄りの2号車の難波寄りの台車の主電動機受座の裏側に長さ約140ミリの亀裂が確認されました。南海では今回の亀裂により、直ちに列車の安全運行に影響を与えるものではないと判断しています。

▼亀裂発生の原因については、運輸安全委員会の調査に全面的に協力するとともに、南海でも研究機関や台車メーカーととも原因究明に努めていくとしています。

Img_3084

▼運転を継続した判断は、少し甘いものと思われます。南海によると、運転指令は、車掌の異音に対する報告はこれまでに聞いたことのある音であると判断。ルールに従い車両係員を同乗させ、異音の確認、振動等の営業運転に支障をきたす状態でないことを確認し、運転継続を判断したということです。

▼台車に亀裂については、これまでもJR西日本の山陽新幹線で同様の亀裂が発見され、運転が継続された事案もあり、こうした事象については慎重に判断することが求められているにもかかわらず、今回も過去の教訓は生かされていません。大事故につながることになったかもしれない事象に対して、南海の取った判断は甘かったのではないかと思われます。

▼なお、南海では、今後の安全確保に向けた対策ついて、目視による台車の緊急点検、磁粉探傷検査による台車の緊急点検、台車枠検査マニュアルの改訂、重要部検査の見直しを行うとともに、より安全性の高い台車への変更を検討しています。

▼多くの乗客の命を預かる鉄道事業者においては、やはり基本は安全第一。列車の円滑な運行も大事ですが、台車という列車の根幹にかかわる場所の異常については慎重に判断し、勇気をもって列車を止めてほしい。それを忘れずに運行に努めてもらいたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

特急「まほろば」の臨時運行。

▼今年3月のおおさか東線全線開通に伴い、秋に奈良と新大阪を結ぶノンストップの臨時特急が運転されることが、JR西日本から8月22日に発表されました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14731.html

▼運転日は、11月から12月上旬までの土曜日と休日で計13日間となります。運転区間は新大阪から奈良まで、ノンストップで運転。

Img_3053
青帯の227系@新大阪

▼1日当たり1往復の運転で、上りが新大阪10時03分発、奈良10時53分着、下りが奈良16時56分発、新大阪17時47分着。

▼使用車両は287系3両編成で、1・2号車が指定席、3号車が自由席となっています。列車名は「まほろば」。

▼「まほろば」といえば、万葉まほろば線(桜井線)を思い出します。桜井線で活躍したラッピング車両の115系ももう姿を消します。というのも、万葉まほろば線と和歌山線で、9月30日に新型車両227系が投入完了となるからです。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14730.html

Cimg2223
万葉まほろばラッピング車両@大和高田

▼最近ではインバウンド観光客は、京都だけでなく、奈良へも足を延ばすようになり、観光客は増加しています。その機運に乗り、今回の臨時特急の運転となったようです。

▼新大阪から奈良までノンストップで50分。速いですね。常時運転してもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

一気に1500メートルをバスで降りて行きます。【黒部立山アルペンルートその5】

▼室堂での散策を終え、これから富山側に降りて行きます。室堂の標高は2450メートル。高原バスの終点美女平の標高ア977メートル。一気に1500メートルを降りて行きます。

Img_2562

▼室堂から美女平までの距離は23キロ、50分のバス乗車になります。途中、天狗平、弥陀ヶ原と言った高原を通り過ぎて、ケーブルカーの駅のある美女平へと向かいます。室堂から美女平へ向かう高原は立山の火山活動によって溶岩が流れ出て平らになったもの。巨大な高原が出没しています。

Img_2549_20190819093401

▼バスで降りて行くにつれて、あんなにピーカンだったお天気が、ガスって曇ってきました。途中日本一の落差のある称名滝が見えるスポットがありますが、あいにくガスっていて見えません。

Img_2559

▼美女平からは富山地方鉄道の立山駅までケーブルカーで降りて行きます。ケーブルカーは標高差500メートル、1.3キロ、7分。24度の傾斜を降りて行きます。

Img_2567

▼やっと下界に降りて来ました。やはり、少し暑くなってきました。

Img_2568

▼立山駅では、富山地方鉄道の車両が停車していました。10020系が停車中です。

Img_2575

Img_2572

▼富山地方鉄道にはオリジナルの車両のほか、京阪電鉄の元特急車両や、東急のステンレスカー、西武鉄道の元レッドアローの車両などが譲渡されています。今回はオリジナル車両に逢えてよかったです。

Img_2573

▼向こうのホームからは、緑と黄色のツートンカラーの14760系が発車していきました。

▼ここからはツアーのチャーターバスが昨日の長野側から富山側にお迎えに来てくれています。このバスで大阪へと帰ります。今回のツアーは一人でも参加できるということで、クラブツーリズムのツアーを申し込みました、一人でも気ままに参加できるツアーは使い勝手がいいです。添乗員さんもベテランの女性で、スケジュール管理が上手くスムーズにアルペンルートを通り抜けることができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

日本で唯一になったトロリーバスに乗車し室堂に。【黒部立山アルペンルートその4】

▼大観峰を後にして、今度は日本で唯一のトロリーバスで室堂に向かいます。昨年まではトロリーバスは扇沢から黒部ダムまでの間電トロリーバスがありましたが、今年からはこの区間は電気バスになってしまったので、日本で唯一になってしまいました。

Img_2536

▼全長3.7キロ、10分の乗車です。このトロリーバスは立山雄山の真下をくりぬいてトンネルと通って室堂まで行きます。トロリーバスは屋根の上に電力を取るためのパンタグラフがあり、路面電車とバスをくっつけたような車両となっています。

Img_2538

▼室堂駅ターミナルは、トロリーバスや立山高原バスの駅があり、さらに立山ホテルやレストランがあって、観光客でごった返しています。ツアー参加なので、まず、予約しておいたランチをいただくこととなりました。白エビからあげ丼です。ちょっと甘いたれをかけて食べます。室堂に到着したのが10時半くらいでランチにはまだ早いように思いますが、朝6時45分出発だったので、もうお腹が空いてきました。

Img_2540

▼早めのランチを食べて、これからは室堂平を散策します。結構時間があるので、みくりが池周辺を散策します。良いお天気で立山連峰が一望に見ることができます。

Img_2543

▼室堂平の下、立山駅方面は雲海の下です。天狗平、弥陀ヶ原から高原バスが上がってきてます。

Img_2549

▼室堂はカルデラでできていることがよくわかる証拠は、ゴロゴロとそこかしこに岩が転がっていることです。

Img_7218

▼みくりが池の近くまで行ってみました。高原の池も火山の噴火でできたものでしょう。

Img_2552

Img_2556

▼みくりが池から左へ向かう散策路は立ち入り禁止となっています。地獄谷では有毒の火山ガスが噴出しており、危険だということです。確かにかすかに硫黄くさいにおいが漂ってきます。

Img_7226

▼室堂には何回かきていますが、幸運にもいつも晴れています。もう30年も前には職場の仲間で雄山から立山連峰を縦走したこともあります。

Img_2545

▼室生平で雄大な立山連峰を見て、次は高原バスで徐々に降りて行きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

日本で唯一全線地下にあるケーブルカーで黒部平に。【黒部立山アルペンルートその3】

▼雄大な黒部ダムを後にして、今度はケーブルカーで一気に黒部平に上がります。このケーブルカーは日本で唯一の地下式ケーブルカーです。

Img_2517

▼全長800メートル、5分の道のりです。

Img_2516

▼黒部平からは、これからロープウェイで上がる大観峰がよく見えます。立山連峰がもう間近になってきました。

Img_2520

▼アルペンルートでは、それぞれの駅や展望台に必ずお土産屋があり、そのたびに買っているときりがありせん。黒部平では、ツアー参加者全員で写真撮影です。もっとも、記念写真は買いませんが。。。

Img_2520

▼黒部平から今度は大観峰にロープウェイで上がります。このロープウェイは途中に支柱が一本もありません。環境保護のために支柱がないそうですが、雪崩もあるので、支柱が持っていかれるリスクも回避することも理由のようです。1.7キロ、7分の空中散歩です。

Img_2525

▼ロープウェイからは黒部ダムがはるかかなた下の方にみえます。

Img_2528

▼大観峰は標高2318メートル。かなり上がってきました。

Img_2530

▼大観峰の展望台からの眺めも絶景です。

Img_2531

Img_2533

▼このあと室堂へ向かいます。室堂への交通手段は、これまた珍しいものに乗って向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ 

鉄道コム

| | コメント (2)

迫力ある放水のある風景。【黒部立山アルペンルートその2】

▼扇沢から電気バスで黒部ダム駅に到着し、屋内階段で一気にダム展望台に上りました。展望台から見る風景は迫力満点です。

Img_2499

▼急峻な渓谷をなす黒部川をせき止め電力供給のためのダムを造る。人間はとても大きな仕事ができるのだと感心します。ずっと見ていても飽きない風景です。ダムの東側は北アルプスの山々がそそり立っています。

Img_7163

▼西側にはこれから向かう立山連峰がそそり立っています。

Img_7168

▼ダム展望台から外階段で降りて行きます。途中にダム建設中に使われたコンクリートバケットと滑車が展示されています。すごく大きいものです。巨大なダムを造るためにはこんな大きな道具が必要なんですね。

Img_7173

▼放水観覧ステージから放水を見ると、虹を必ず見ることができます。

Img_7176

▼外階段から放水観覧ステージまでの通路はダムサイトに張り付くように取り付けられています。

Img_7178

▼さらに新しく設置された新展望テラスへ降りて行きます。より間近に放水をみることができます。テラスの近くにある特設会場では、ダム建設をテーマにした有名な「黒部の太陽」の映画の資料などが展示されています。

Img_7180

Img_7182

▼新展望テラスからダムのえん堤まで上がってきました。ダムのえん堤の上部はかなり幅があり、その上を歩いて、次のケーブルカーに乗るため黒部湖駅に向かうため、5分くらい歩きます。

Img_7183

▼黒部ダムを後にして、ケーブルカーに乗って次の目的地の黒部平に向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

新元号になって新しいバスが導入。【黒部立山アルペンルートその1】

▼ツアー2日目。いよいよ黒部立山アルペンルートに向かいます。

Img_2509

▼前日の上高地から向かった宿は白馬のスキー宿でした。子どもの頃は親に連れられて、春休みはよく八方尾根スキー場に連れて行ってもらったので、スキー宿は懐かしかったです。添乗員さんの話では、黒部立山アルペンルートで宿泊する宿は、滞在時間の短く、あまりグレードの高いものは必要ではないとのことです。たしかに、トイレにはウォシュレットもありません(汗)

▼確かに白馬の宿に到着は19時を過ぎるし、翌朝の出発はアルペンルートの混雑を避けるために、6時45分出発となっていました。朝早く起きて朝食も済ませ、バスを待つ間、少し北アルプスの山々を撮影。幸いガスもなく、白馬連峰などが姿を見せていました。

Img_2493

▼長野オリンピックでできたジャンプ台も見えます。

Img_2491

▼迎えのバスに乗り、まずはアルペンルートの長野側の出発点の扇沢へ。8時ちょうどの電気バスに乗車します。

Img_2495

▼扇沢からは、あの有名な破砕帯を通過する関電トンネルを通って黒部ダムまで行きます。昨年までは珍しいトロリーバスが使われていましたが、令和になって、電気バスに代わりました。真新しい電気バスで向かうことになります。

▼テレビの旅番組などで有名な扇沢駅員さんが名調子で駅弁を販売しています。バスを待つ間にちょうどいい時間つぶしのひとときです。名調子なのでつい駅弁を買う人が多いです。右上に小さく写っている人が名物駅員さんです。今度はCMにも出演するそうです。

Img_2496

▼いよいよ、電気バスに乗車です。8時に出発して16分で黒部ダムに到着です。全線トンネルで途中破砕帯や長野、富山の県境を通過します。乗り心地はディーゼル車などと違って、電車のようにスムーズです。トンネル内はさすがにひんやりしてしています。

Img_2498

▼黒部ダムに到着しました。220段の屋内階段を登り、ダム展望台へと向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

一流のリゾートでひとときの安らぎを。【上高地】

▼週末にツアーで上高地、黒部立山アルペンルートに行ってきました。上高地には何度も行ってますが、アルペンルートは富山側から室堂までしか行ったことがなかったので、今回初めて全然路線通り抜けすることにしました。今回のツアーは、1日目に上高地、2日目に長野側の扇沢から富山側に向かうコースでした。

▼バスツアーの1日目は名神、東海北陸道経由で高山から平湯に向かいました。上高地へはマイカーは入ることはできません。さらに、訪れた日はツアーバスも乗り入れ禁止で、平湯から地元の乗り合いバスで入りました。

Img_7146

▼上高地はいいお天気で、梓川にかかる河童橋のむこうには穂高連峰がくっきり姿を現していました。

Img_2482

▼平湯から乗り合いバスと言っても、ツアーで貸切ですが、帝国ホテル前でおりました。そこから、20分くらい森の中を散策してバスターミナルまで歩きました。空気がおいしいです。猛暑の昨今、上高地と言えども、日向は暑いです。

Img_2473
上高地帝国ホテルの看板

Img_2475
木陰から見える上高地帝国ホテル

▼散策路を15分くらい歩くとバスケットターミナルに到着しました。マイカーは一切なく、バスとタクシーなどの営業車しかいません。

Img_2478

▼上高地でも滞在時間は90分ほどなので、とりあえず河童橋で撮影。穂高連峰のは素晴らしく迫力ある山々をカメラに収め、小梨平あたりまで歩きました。小梨平にはキャンプ場があり、14時過ぎにはすでにテントが設営されていました。

Img_2485

▼上高地は連日夕立があるみたいですが、筆者が訪れた時間には幸い夕立はありませんでした。小梨平のトイレの掲示板にはクマに注意との目撃情報が掲示されてありました。頻繁に出てくるようです。

Img_2486_20190805151601

▼歩いているうちに暑くなってきたので、河食童橋近くの五千尺ホテルの売店で桃のアイスキャンデーを買って食べました。

Img_7142

▼最近は夕立など猛烈な雨が多く、地元のバスの運転手さんの話では、大量の土砂が流れ込むので、大正池が埋まってしまうのではないかと危惧されているようです。

Img_2487

▼この清流もいったん雨が降れば濁流となり大量の土砂が流れ込むので、この先上高地の景観がそのままであることはないかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »