« 屋外に出てみると、また格別にいいですよ。京都鉄道博物館再訪2 | トップページ | インバウンドのおかげです。【特急はるか新型車両投入】 »

南海本線の一般車両インプレッション。

▼最近南海に乗る機会が増えたので、この機会に南海の現在運用されている一般車両のインプレッションをしてみたいと思います。筆者の独断と偏見で書いていますので、その点ご理解をいただきたい。

▼私の好みとしては、1000系が一番乗り心地がいいと思います。車端部にはクロスシートも備わっており、中距離の乗車にも適応しています。

Img_0217

▼1000系の登場は1992年で、関西国際空港の開港を控えて、本線、高野線の両線での運用が可能な車両です。製造は旧東急車輛製造です。

▼車体はステンレス製ですが、前頭部はFRP製となっており、額の部分が後ろに後退する形状となっています。

▼この1000系で初めて現在のカラーリングのブルーとオレンジのカラーが採用されました。ステンレス車体ですが塗装の下地はグレーに塗られています。

▼台車は住友金属工業製のボルスタレス台車ですが、新型の8000系や8300系の台車と比べて、レールからの振動がダイレクトに伝わることはなく、滑らかな伝わり方をしていて、乗り心地はいいです。制御装置はVVVFインバータ方式です。

▼続いてご紹介するのは、7100系です。南海本線では一番古手の車両です。7000系のマイナーチェンジ車両として登場。7000系とは異なりドアは両開きとなり、より通勤時の利便性を図っています。

Img_2655

▼この車両は高野線の6300系と同様、南海らしい車両ともいえるものです。車体は普通鋼製で、近畿車輛製と旧東急車輛製造製の2社の製造となっています。制御装置は超多段式バーニア抵抗制御方式を採用しています。

▼1969年から1973年にわたり導入されたので、もう50年の経過するため、今後は8300系などの導入により姿を消す日は来るかもしれません。乗り心地はやはり古い車両のため、動き始めに連結器の動きが直接伝わり、あまり気持ちのいいものではありません。この連結器の動きは旧国鉄の103系にも同じようにあり、南海の他の車両では9000系も同様の伝わり方がして、乗り心地が悪いものです。

▼新型の8000系は2007年に初登場しました。車体はJR東日本E231系の形を踏襲したステンレス車体で、旧東急車輛製造と総合車両製作所製となっています。車体は1000系とは異なり塗装はされず、そのままになっています。オレンジとブルーの帯のみ塗装となっています。

14052302

▼車内はロングシートのみですが、車いすのスペースや、乗降ドア周辺では混雑を防ぐためのスペースがあり、その分座席数は減っています。座席の仕切りには大型のFRPが付けられ、立っている乗客と接触することがないようになっています。

▼台車は住友金属工業(現在の新日鐵住金)製のモノリンク式ボルスタレス台車です。この台車はレールの継ぎ目の振動がかなり直接的に伝わってくるため、乗り心地は悪く感じます。動き出す際の連結器の動きはさすがに軽減されて、この振動はありません。制御装置は、VVVFインバータ方式です。

▼変わり種としては、元々泉北高速鉄道(大阪府都市開発)の3000系の車両が南海本線へ転籍した車両があります。2012年のダイヤ改正で余剰となったが南海本線へ転用されました。泉北高速の前頭部の貫通扉のブルー塗装から、南海のカラーリングであるオレンジとブルーのカラーリングへと変更されました。乗降ドアの開閉時に大きなエアー音が出るのが特徴です。

▼写真の車両は中間車両を改造して運転台を取り付けた魔改造車両で、前照灯が尾灯と一体型となった大きなものとなっています。制御装置は電動カム軸式抵抗制御方式です。

Img_2671

▼最後は9000系です。この車両は南海本線初のオールステンレス製車体で旧東急車両製造で作られました。1985年から1988年にかけてつくられたもので、もうすでに30年以上も経過しています。台車は住友金属工業製のダイレクトマウント空気ばね台車を履いています。その点では乗り心地はいいのですが、7100系同様、連結器の初動時の動きが直接伝わってくるので、その点は乗り心地が悪くなっています。制御装置はバーニア抵抗制御と界磁チョッパ制御方式です。

▼この9000系は2018年からリニューアル工事が行われ、1編成は「マイトレイン」という名称で、南海社員と和歌山大学空間デザイン研究室とのコラボで、オレンジ色を基調としたブランドイメージの向上を図る外装、内装の改善を行っています。この車両には乗車したことがありますが、残念ながら写真はまだ撮っていません。

▼以上、南海本線の一般車両についてのインプレッションをしてみました。最後に、動画をご紹介しましょう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

|

« 屋外に出てみると、また格別にいいですよ。京都鉄道博物館再訪2 | トップページ | インバウンドのおかげです。【特急はるか新型車両投入】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

南海の車両の乗り心地のちがいはよくわかりませんが、
デザインは1000系の裾絞りのあるタイプが好みです。

投稿: るーと | 2019年6月22日 (土) 23時57分

るーとさん。

1000系はインバータ制御だし、
意外に乗り心地がいいのには驚きました。
8000系、8300系は
最新ですが、いまいちです。

投稿: kumoha313 | 2019年6月23日 (日) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屋外に出てみると、また格別にいいですよ。京都鉄道博物館再訪2 | トップページ | インバウンドのおかげです。【特急はるか新型車両投入】 »