« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

323系の全編成が投入完了!ということは…【大阪環状線】

▼JR西日本のニュースリリースによると、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環で新型車両323系の全編成の投入が完了するそうです。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2019/05/page_14241.html

▼大阪環状線専用の新型車両323系は2016年12月にデビュー以来、順次導入が進められていましたが、6月8日(土曜日)に投入完了となります。最終投入編成数は、8両が22編成で合計176両となります。

Img_6070

▼これによって、大阪環状線からは4ドア車はすべてなくなります。すなわち、大阪環状線及びゆめ咲線からは201系車両の運行が終わるということになります。6月7日(金曜日)に運行終了となります。

Img_6080

▼大阪環状線を去る201系の行先は、先日全線開通したおおさか東線などへシフトすることになるのでしょうか。それとも、大和路線に移るのでしょうか。いずれにしても、大阪市内での旧国鉄時代の鋼鉄車両は姿を消すこととなります。

▼4ドア車が姿を消すことで、ホーム柵の整備も進むこととなり、2022年度末までに大阪駅、京橋駅、鶴橋駅、天王寺駅、新今宮駅においてホーム柵が整備されることになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

連休中に三岐鉄道の2つの終着駅に行ってきました。

▼あっという間に長い連休が終わります。この連休は前半は4日間、昼からですが納期の関係で出勤しておりました。3月末で36年間勤めた会社を定年退職し、4月からは全く新しい職場へ転職しました。その関係で、4月から慣れない仕事と、連休明けでの納期に迫られての出勤でした。

▼連休後半、やっと本格的な休みモードとなりました。しかしながら、相変わらず、連休と言えばどこへ行っても人、人、人。ドライブも渋滞だらけで嫌になります。そんな中、世間もお疲れモードとなった日曜日に、琵琶湖から鈴鹿山脈を越え、三重に行ってみました。昨年同様国道421号線で東近江市から、永源寺経由で三重県いなべ市へ。

Img_2291
三岐線751系

▼お目当ては、昨年夏にも訪れた三岐鉄道の西藤原駅とナローゲージで有名な北勢線の阿下喜駅。北勢線は近鉄で名古屋に行く際に、桑名駅で見かけたことはありますが、路線自体を訪れることは初めてです。

▼まずは、西藤原駅に。昨年訪問した時と変わらず、駅前公園には、ED222号機電気機関車やE102号機蒸気機関車、DB25号機ディーゼル機関車が展示されてます。

Img_2296
ED222号機

▼県立桑名工業高校の有志によるミニ電車の無料運行もまだ続いています。5月もある予定だそうです。

Img_2293
E102号機

▼続いては、今回初めての訪問となる北勢線の終点、阿下喜駅です。北勢線は元々近畿日本鉄道の路線でしたが、近鉄のスクラップ&ビルドの一環で、2003年に三岐鉄道に譲渡されました。開業は1914年4月、阿下喜から西桑名までの20.4キロの路線延長で、762ミリとうナローゲージの鉄道です。

Img_2303

▼阿下喜駅の現在のダイヤでは、通勤時には1時間に2本、デイリーでは1時間に1本の運転本数となっています。

Img_2305

▼三岐鉄道が地元との約束で2003年から10年間の約束で近鉄から運行を譲渡されているので、状況によっては廃止もありうる厳しい経営環境にあるものと思われます。

Img_2308

▼4月以降、新しい職場での慣れない仕事などでなかなかブログの更新もできなかったのですが、これからはぼちぼちネタを探しながら更新していきたいと思います。

Img_2306
旧三重交通の4400形(現在の200系)

▼最後は動画で締めくくります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »