« 門司港レトロにあの駅舎が帰ってきます。【JR九州門司港駅】 | トップページ | 折鶴伝説と「つどい」との関係とは?【近鉄湯の山線】 »

リニューアルした観光列車「つどい」。【近畿日本鉄道】

▼琵琶湖から鈴鹿山脈越えで三重県への第2弾。今回はリニューアルした近鉄の観光列車「つどい」に逢うために湯の山温泉駅に行ってきました。名神高速から477号線を通って鈴鹿スカイライン経由で参りました。

Img_6819

▼2013年10月に2000系のうち2017Fが伊勢神宮式年遷宮に合わせて、伊勢志摩地区での観光列車に改造された「つどい」。2018年6月の近鉄エリアキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」の実施に合わせて、今回リニューアルが行われました。
リニューアルした観光列車「つどい」

Img_6833

▼前回の明るいカラーリングの「つどい」からガラッと変わって、ブラウンとクリームのツートンカラーに金色の帯を施したシックな雰囲気になりました。内装もだいぶ変更点があるようです。ク2107形の下駄箱は撤去され土足利用が可能になりました。モ2013形のハンモック、ボールプールは撤去。モ2013形の一部とモ2014形の2人掛け座席やロングシートはブラウン系のモケットに交換されました。

Img_6821

▼リニューアルされた「つどい」を使って、7月14日か9月2日までの土日祝を中心にリアル謎解きゲーム列車「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」が近鉄名古屋駅と湯の山温泉駅間で運転されています。往路は近鉄名古屋駅を10時06分に発車し、湯の山温泉駅に11時22分に到着。復路は16時05分に湯の山温泉駅を発車し、近鉄名古屋駅に17時23分到着という運行です。

Img_6822

▼湯の山温泉駅に到着した「つどい」は復路の16時05分発まで待避線に留置されていますので、駅ホームに入って撮影が可能です。駅のトイレがホーム内にあるため、トイレを借りるついでにホームで「つどい」を撮影することができます。

Img_6823

▼前回の「つどい」と今回の「つどい」。カラーリングがすっかり変わってしまいましたが、どちらが好きでしょうか。次回ももう少しこのプチツアーの報告をしたいと思います。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 門司港レトロにあの駅舎が帰ってきます。【JR九州門司港駅】 | トップページ | 折鶴伝説と「つどい」との関係とは?【近鉄湯の山線】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

実は、個人的には今回のカラーリングのほうが
好みだったりします(^^;。

投稿: るーと | 2018年8月 8日 (水) 18時37分

るーとさん。

ブラウンのカラーリングは
シックな感じがしますね。

投稿: kumoha313 | 2018年8月 9日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リニューアルした観光列車「つどい」。【近畿日本鉄道】:

« 門司港レトロにあの駅舎が帰ってきます。【JR九州門司港駅】 | トップページ | 折鶴伝説と「つどい」との関係とは?【近鉄湯の山線】 »