« 変な警告音のする踏切を知っていますか。【近鉄】 | トップページ | 三重県最北端の駅は鉄道博物館。(2)【三岐鉄道・西藤原駅】 »

三重県最北端の駅はセメント山の麓にあります。【三岐鉄道・西藤原駅】

▼大雨が止んだら、こんどは猛暑で大変な夏となりました。さらにその前の地震の発災もあり、仕事も立て込んでなかなかブログを更新する暇がありませんでした。

▼久しぶりにプチツアーに出かけました。今回は琵琶湖から山越えして、三重県まで遠征。紅葉で有名な永源寺が沿線にある国道421号で県境を抜けて、三岐鉄道の終点、西藤原駅に行ってみました。

Img_1852
西藤原駅の営業車と保存電気機関車の並び

▼三岐鉄道は、名前のとおり三重県と岐阜県を結ぶことから由来している鉄道で、セメント輸送がメインの鉄道会社です。2003年には近畿日本鉄道から北勢線を譲受しています。三岐線は近鉄富田から西藤原までの26.5キロあり、旅客用の電車は元西武鉄道の車両が譲渡されています。

Img_1854
元西武鉄道の101系

▼セメント輸送がメインなので電気機関車や貨車も多数保有しており、普通のローカル鉄道とはちょっと違っています。電気機関車は元東武鉄道の機関車を譲り受けており、西武と東武の元車両が混在する面白い鉄道です。

Img_1858
東藤原駅に停車中の貨物列車

▼藤原岳の東側はセメント採掘のため、山肌が削られ段々畑のようになっています。青々とした山々の中で異様な佇まいをみせています。

Img_1856

▼次回は西藤原駅について、詳しくレポートしてみたいと思います。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 変な警告音のする踏切を知っていますか。【近鉄】 | トップページ | 三重県最北端の駅は鉄道博物館。(2)【三岐鉄道・西藤原駅】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

三岐鉄道は西武の旧車が楽しめますね(^^)。
個人的にはELはあまりわかりませんが(^^;。

投稿: るーと | 2018年7月23日 (月) 23時50分

るーとさん。

隣りの滋賀県の近江鉄道も
西武の旧車がいますね。
この辺りはなぜか西武ですね。

投稿: kumoha313 | 2018年7月24日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/73904656

この記事へのトラックバック一覧です: 三重県最北端の駅はセメント山の麓にあります。【三岐鉄道・西藤原駅】:

« 変な警告音のする踏切を知っていますか。【近鉄】 | トップページ | 三重県最北端の駅は鉄道博物館。(2)【三岐鉄道・西藤原駅】 »