« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

新幹線N700系に何が起こったのか。【重大インシデント】

▼2017年12月11日に、JR西日本所有の新幹線N700系車両に異変が生じ、名古屋駅にて運転を休止した事案が生じました。

◎JR西日本のHP:新幹線車両の台車に亀裂などが発見された重大インシデントについて

Img_3217

▼事実関係をおさらいすると次のとおりです。

▼博多駅13時33分発「のぞみ34号」東京行きは、小倉駅発車時に7・8号車付近でパーサー及び局室乗務員から「焦げたようなにおいがする」との申告があり、車掌による車内点検を行いました。

▼14時30分ころ、指令員が岡山支所に対して車両保守担当社員を出動させる指示を出しました。

▼福山・岡山間を走行中、パーサーが乗客から13号車車内にモヤがかかっているという申告を受け、パーサーからの報告を受けた車掌長が指令員に報告しました。

▼岡山駅から車両保守担当社員が添乗し、13・14号車間で「うなり音」を確認しましたが、指令員が走行に支障が生じるような音ではないと認識し、運転を継続しました。

▼車掌もにおいがしたりしなかったりという状況であったので、運転に支障があるとは認識していませんでした。

▼新聞報道によると、新大阪駅でJR西日本の乗務員からJR東海の乗務員への引継ぎは「異常なし」ということであったそうです。

Cimg5619

▼しかし、17時3分ごろ名古屋駅に停車し、床下点検を行ったところ、13号車歯車箱付近に油漏れを認めるとともに、当該台車に亀裂及び継手の変色が確認されました。

▼歯車箱へは油脂が付着し、継手にも変色がみられ、さらに継手に油脂が付着していたということです。

▼一方、台車枠には側バリへの亀裂がみられ、側面(外、内側)に約140mm、底面に160mmの亀裂が確認されたそうです。この台車枠は2007年の製造で材質は溶接構造用圧延鋼材ということです。

▼JR西日本の認識としては、車両の極めて重要な部位である台車に亀裂や油漏れを発生させたこと、運行中に移譲を感じたにもかかわらず走行を継続させたことに、大きな課題があったと受け止めています。

▼国の運輸安全委員会では、この案件について、「重大インシデント(車両障害)」に認定し、今後原因の調査が行われ、調査結果をもとに、再発防止措置や対策について勧告・意見を行うこととしています。新幹線では初めての「重大インシデント」の認定となりました。

▼また、JR西日本でも、社長を委員長とする「新幹線安全向上委員会」を12月16日付けで立ち上げ、原因究明と再発防止に向けた調査、対策の策定・実施を進めることとしています。

Img_3218

▼問題と思われるのは、JR西日本の指令員が、車両の異変について報告が上がっているにもかかわらず、新大阪で床下点検を行わず、運転を休止しなかったことです。最悪の場合、台車枠が破断し、列車の脱線を引き起こすことになったかもしれません。ダイヤ優先で安全に対する意識が希薄であったのではないでしょうか。

▼また、台車枠になぜ亀裂が生じたのか。歯車箱や継手に油漏れが生じたのは何が原因か。歯車箱や継手の不具合から台車枠に亀裂が生じたのか、それとも、台車枠の亀裂によって、歯車箱や継手に異常が生じたのか。この点についても、今後十分調査が待たれます。

▼いずれにしても、我が国の大動脈である新幹線の信頼性が損なわれないように、また、世界に誇れる安全神話が崩れることないように、徹底的な調査が行われるとともに、故障などの事案に際してはダイヤ優先ではなく、安全優先を徹底する社員教育が求められていると感じます。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽衣線に新型車両が投入。【来春ダイヤ改正】

▼2017年12月15日に、2018年3月17日のダイヤ改正について、JR西日本の記者発表がありました。
◎JR西日本のHP:JR西日本のダイヤ改正

▼その中で、近畿統括本部からは、次のような内容の発表がありました。
〇阪和線 特急「くろしお」を通勤時間帯に増発
〇JR宝塚線 特急「こうのとり」の運転時刻の見直し
〇JR京都線「JR総持寺駅」、おおさか東線「衣摺(きずり)加美北駅」の開業
〇琵琶湖線・JR京都線 土休日に大阪方面への新快速の増発
〇大阪環状線 大阪発の阪和線直通列車の増発
〇阪和線・羽衣線 新型車両をさらに投入

Img_1026

▼この中で、注目すべきは、羽衣線への新型車両の投入です。発表では阪和線・羽衣線に223系、225系をさらに投入としているので、223系、225系の両方が投入のようにみえます。しかし、羽衣線は盲腸線で、ワンマンのピストン運転なので、おそらく223系が投入されると思われます。編成も現在の3両から4両に増えます。

Img_3475

▼羽衣線への新型車両の投入については、今年の1月ごろには、東羽衣駅に4両化工事に伴うホームの変更のお知らせが掲示されていたので、わかってはいましたが、やっと実現することとなりました。

Img_1032

▼同時に注目すべき点は、天王寺~日根野間において、すべての快速・普通列車を223系・225系で運転するとしている点です。ということは、日根野以遠ではまだ103系、205系は運用されるのでしょうか。このあたりもまだ詳細はわかりません。

▼いずれにしても、阪和線では、来週のダイヤ改正で103系、205系は天王寺駅では姿を見ることができなくなります。

16070503

▼関西圏での205系も珍しくなっていましたので、これもまた姿を消すこととなります。特に205系1000番台は阪和線仕様で運転台の窓ガラス以外は大きな窓ガラスとなっていてかわった顔になっているので、これも姿を消すのでしょうね。

Img_2513

▼来春のダイヤ改正は、山陽新幹線の臨時「みずほ」の設定、北陸新幹線の臨時「かがやき」の新設などもあるようですが、全般的には小幅な改正のように思われます。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年も元日乗り放題きっぷでGO!

▼恒例のJR西日本の「元日乗り放題きっぷ」が12月11日に発売開始になりました。

元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018

▼発売は12月11日から12月30日までで、利用期間は2018年1月1日のみ。JR西日本全駅から同全駅まで乗り放題で、グリーン車を利用するなら、18,000円です。 これまで駅で購入し、乗車する列車の予約も駅でしていましたが、e5489を使うと、インターネットで購入・予約ができるので、今回は初めてネット購入・予約をしてみました。

▼切符の受け取りは、JR西日本の主要駅のみどりの窓口で行いますが、券売機などでの受け取りはできません。

Img_4845

▼これまでは、山陽新幹線で、新大阪・博多間を乗車することが多かったのですが、今回は趣向を変えて、北陸線で金沢まで行ってみることにしました。さらに、新大阪にトンボ返りして、新幹線で博多まで行ってみようと画策しています。

▼時間があれば北陸新幹線にも乗車したかったのですが、時間に余裕をみて、今回はパスしました。

▼すでにサンダーバード、のぞみの指定席は押さえていますが、残念なことにサンダーバードはすでにグリーン車の座席が満席なので、普通車の座席指定しか取れませんでした。

Img_1539

▼今年は指定席は4回しか取ることができませんでしたが、2018年は6回まで指定席を取ることができるようになりました。最初の頃はいくらでも指定席列車を選ぶことができたので、それに比べると制限はすこし緩和されただけですが。。。

▼しかし、ネット予約なら、切符の受け取りまでは、何回でも指定席を取り直すこと可能です。とりあえず、いまのところ仮押さえしていますが、サンダーバードのグリーン車に空きがあれば変更したいものです。

▼今シーズンの冬は寒さが厳しいようで、元日に北陸地方が豪雪だと、ダイヤが大幅に乱れ、乗り放題の壮大な計画は崩れてしまいます。天候がよいといいのですが。祈るのみです。

▼さて、どうなりますやら。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダルマのつり革見っけ。【近鉄・幸せを運ぶ、きんてつの吊り革】」

▼今年も1か月余りとなりました。気温もぐっと冷えてきました。受験シーズンも間もなく始まる季節です。そんな中、近鉄では、「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」キャンペーンを始めました。

〇近鉄HP:「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」

▼「つかめばラッキーがやってくる!?」と題して、12月1日から来年3月14日までの期間中、3種類の縁起の良い吊り革を設置した列車を運行しています。

▼恋愛成就のダルマ3本、合格祈願のダルマ77本、金運招福のダルマ1本の吊り革が設置されています。1番レアなのは金運招福の吊り革で1本しかありません。

▼ホームページでは、設置車両について、大阪府、奈良県、京都府の路線で運行としているので、おそらく奈良線、京都線、橿原線の線区での運行ではないかと思います。

▼早速、仕事帰りの奈良線で、一番多い合格祈願の吊り革を発見しました。ちなみに、このダルマは「安倍文殊院」のダルマさんです。

Img_1577

▼設置されていた列車は、8400系の8308でした。

Img_1578

▼恋愛成就ダルマや金運紹福ダルマは少ないので出会う機会はなかなかですが、頑張って見つけてみましょう!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »