« 「きんてつ鉄道まつり2017」が今年も開催ですが・・・ | トップページ | 台風接近に伴う京阪神の各社の対応について »

観光特急「しまかぜ」の利用者が100万人突破。

▼近畿日本鉄道は、観光プレミアム特急「しかまぜ」の利用者数が9月15日で100万人を達成したと発表しました。近鉄ニュースリリース

Cimg7171
賢島に停車中の「しまかぜ」

▼2013年3月21日に大阪難波及び近鉄名古屋・賢島間で運転を開始。翌2014年10月10日からは京都・賢島間でも運転を開始し、大阪、京都、名古屋の3か所から賢島へのプレミアム特急が出そろいました。

Cimg7175
大阪、名古屋からの2編成の「しまかぜ」@賢島駅

▼利用者が100万人を達成した9月15日には「しかまぜ」車内で「100万人達成記念特別デザイン」の記念乗車証を配布したそうです。

▼「しまかぜ」はその命名理由として、「志摩に吹く風の爽やかさをイメージ」。コンセプトは「乗ること自体が楽しみとなる列車」。6両編成の両端はハイデッカーを連結、1基100万円もするマッサージ器付きの豪華な座席。2階建てのカフェ車両など、18両で約51億5千万円の投資額を投入しています。

Cimg7109
運転席から覗いた客席

▼2014年9月には鉄道友の会から「ブルーリボン賞」を受賞しています。受賞を記念してしばらくはブルーリボン賞のラッピングが運転席側面に貼られてました。


▼利用者10万人達成が2013年10月5日、利用者50万人達成が2015年9月1日と順調に利用者数を増やしてきました。その間、吉野観光の特急「青の交響曲」が2016年9月に運行を開始し、1年が経ちました。こちらも好調で8月末現在で延べ約7万1千人を超えたそうです。近鉄のプレミアム観光特急路線はどうやらヒット商品になったようです。

Img_5518
「青の交響曲」@吉野駅

▼JR各社では、九州の「ななつ星」、西日本の「瑞風」、東日本の「四季島」など豪華なプレミアム列車を次々デビューさせてきましたが、私鉄でも、プレミアム列車の投入は流行になってきているようです。私鉄の雄、近鉄はそのリーダー格と言えるでしょう。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 「きんてつ鉄道まつり2017」が今年も開催ですが・・・ | トップページ | 台風接近に伴う京阪神の各社の対応について »

コメント

やっぱりプレミアム列車は、
ある程度距離があるほうがその良さが引き立つので、
路線が長いほうが導入のメリットは大きそうですね。

投稿: るーと | 2017年9月30日 (土) 23時57分

るーとさん。

賢島まで2時間半は乗りごたえがありますね。
車内での食事などの楽しみが余裕をもって
取れますし。
一方の「青の交響曲」は1時間強で
少し物足りない感じがします。

投稿: kumoha313 | 2017年10月14日 (土) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/71804897

この記事へのトラックバック一覧です: 観光特急「しまかぜ」の利用者が100万人突破。:

« 「きんてつ鉄道まつり2017」が今年も開催ですが・・・ | トップページ | 台風接近に伴う京阪神の各社の対応について »