« 京都駅、抹茶、鶯、東福寺、伏見稲荷。【湖西線、奈良線】 | トップページ | 偉大なる本線は、のどかなローカル線だった。【山陰本線山家駅】 »

ありがとう。20年間のお務め。【タンゴディスカバリー】

▼京都丹後鉄道の「タンゴディスカバリー」が車両変更のため、この5月6日土曜日で最終運行となります。
京都丹後鉄道 タンゴディスカバリー運行終了

Cimg3017

▼2015年4月に、これまでの北近畿タンゴ鉄道から、運行会社がWILLER TRINSに変更となり、京都丹後鉄道となってはや2年。財政的に厳しい中、観光重視路線を突っ走ている同鉄道ですが、観光列車の「くろまつ」「あかまつ」に続き、タンゴディスカバリーも、すでに一部でリニューアルが実施されており、今回で完結することとなります。「丹後の海」として統一したデザインとして生まれ変わります。

Img_5633

▼既存の車両デザインでの運行終了に伴い、4月29日から5月6日まで、線内での特急運行が行われ、特別のヘッドマークが掲出されます。また、乗車券の「ありがとうタンゴディスカバリーきっぷ」が5月31日まで発売されます。さらに、クリアファイル、キーホルダー、缶バッジなどのグッズも販売されるようです。

Img_5644

▼思えば、KTR(運行会社はかわりましたが、略称は同じ。)は、京都勤務時代に、丹後に出張と言えば、大変お世話になりました。日本一の第三セクター赤字路線ですが、運行形態を変更して、良くなったのでしょうか。気になるところではあります。

Img_5635

▼新運行会社は、KTRはあまり好みではないらしく、「丹鉄」を勧めているようです。西舞鶴駅の表示も、「丹鉄」ですね。

Img_5625

▼すでに、JRとの相互乗り入れは2011年3月のダイヤ改正でなくなり、丹鉄線区での運行になっていました。観光列車として力をいれる理由は、こういう事情があります。これまで、新大阪や京都への乗り入れもありました。新大阪への乗り入れでは183系の「北近畿」との併結も実施された華やかな時代もありました。

100518_073508

▼「タンゴディスカバリー」から「丹後の海」へ。水戸岡デザインの車両への統一が完成です。さよなら、「タンゴディスカバリー」。ありがとう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 京都駅、抹茶、鶯、東福寺、伏見稲荷。【湖西線、奈良線】 | トップページ | 偉大なる本線は、のどかなローカル線だった。【山陰本線山家駅】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

沿線に観光資源があるローカル鉄道は、
各社こぞって観光鉄道化を競い合っているので、
個性を打ち出すにもひと工夫いりますね。

投稿: るーと | 2017年5月 7日 (日) 17時37分

るーとさん。

地域の足という役割もあるのですが、
それは十分できているのか、
心配になります。

投稿: kumoha313 | 2017年5月 7日 (日) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/70476369

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう。20年間のお務め。【タンゴディスカバリー】:

« 京都駅、抹茶、鶯、東福寺、伏見稲荷。【湖西線、奈良線】 | トップページ | 偉大なる本線は、のどかなローカル線だった。【山陰本線山家駅】 »