« それにしても、単純な造りの車両ですね。【103系通勤電車】 | トップページ | デビュー以来ほぼ満席だそうです。【近鉄・青の交響曲(シンフォニー)】 »

まもなく姿を消します。国鉄型通勤型電車。【蔵出し103系】

▼ますます少なくなっている103系。大阪環状線では323系がデビューし、103系はあとわずか。阪和線でも225系5100番代が続々投入され、こちらもあとわずか。大阪環状線では余剰の201系が大和路線へ玉突き。さらに奈良線の103系も影響が出るかもしれません。というわけで、今日はこれまでの記録から103系を蔵出ししてい見たいと思います。
Img_5464
2017年2月@天王寺駅


▼まずは大阪環状線の103系。こちらは高運転台の103系です。

Cimg2394_2
2010年10月@玉造駅

▼2010年の10月でも103系に出会うことはなかなか難しくなっていました。201系が大多数。やっと来た低運転台の103系。しかし、前面は体質改善で1枚ガラスの運転台の窓に変更されています。

Cimg2412_3
低運転台の103系@玉造駅

▼続いては、阪和線のブルーの103系です。この103系の前面は3枚ガラスでなんとか原型に近い形を留めています。

Cimg2791_2
2011年3月@天王寺駅

▼大和路線のホームに降りて行くと、ウグイスの103系が221系と並んでいました。大和路線の103系の前面は白線の帯が付けられているのが特徴です。

Cimg2795_2
2011年3月@天王寺駅

▼2013年大阪駅での103系。これも高運転台です。前面ガラスは1枚ものに変更され、側面も体質改善で戸袋は閉じられ、窓枠も更新されています。

13100706
2013年10月@大阪駅

▼次はウグイスの103系ですが、京都の103系。奈良線の普通で運用される編成。

Cimg6244
2014年4月@京都駅

▼特別のラッピング車の103系にも会いました。これは大阪環状線をPRするラッピングデザインの車両です。

Img_1076
2014年12月@玉造駅

▼奈良線の103系は変わらず運用されています。快速は221系、普通は103系の運用はこの数年変わっていません。

Img_2626
2015年9月@京都駅

▼阪和線の高運転台の103系。1枚ガラスで窓下のステンレスの帯が目立ちます。

Img_3434
2016年5月@浅香山駅

▼阪和線のブルーの103系、高運転台。

Img_3875_2
2016年5月@鳳駅

▼ブルーの103系では3両編成のワンマン車が羽衣線に配置されています。


16070503
2016年7月@鳳駅

▼阪和線のブルー103系低運転台。前面ガラスは1枚ガラスです。

Img_4124
2016年8月@天王寺駅

▼おしまいは大雪の京都駅での一コマ。奈良線のウグイス103系が京都駅に到着する風景です。

Img_4946
2017年1月@京都駅

▼折に触れて、もうすぐなくなる車両として記録してきたので、ある程度は103系がコレクションとして残りました。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« それにしても、単純な造りの車両ですね。【103系通勤電車】 | トップページ | デビュー以来ほぼ満席だそうです。【近鉄・青の交響曲(シンフォニー)】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

個人的には103系にはあまりいい印象はありませんが
(低運のデザインは嫌いではありませんが、
とにかく音が大きくて乗り心地が固い)、
もうすぐ見かけなくなると聞くとさびしいものですね。

投稿: るーと | 2017年3月21日 (火) 00時12分

るーとさん。

たしかに、乗り心地は悪いです。
特に加速時、減速時などの
ガクガクという振動は不快ですね。
しかし、なくなるとなると寂しいものです。

投稿: kumoha313 | 2017年3月22日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/69988234

この記事へのトラックバック一覧です: まもなく姿を消します。国鉄型通勤型電車。【蔵出し103系】:

« それにしても、単純な造りの車両ですね。【103系通勤電車】 | トップページ | デビュー以来ほぼ満席だそうです。【近鉄・青の交響曲(シンフォニー)】 »