« 新旧交代の時代到来。【JR阪和線103系→225系5100番台】 | トップページ | またこの季節がやって来ました。【きんてつ鉄道まつり2016】 »

いよいよ、プレミアムカー登場!【京阪特急・座席指定車両】

▼9月1日に京阪ホールディングス及び京阪電鉄では、2017年度上期を目指して、座席指定の特急車両「プレミアムカー」のデザインが決定した旨のプレスリリースがありました。
 
Cimg6799
特急8000系@中書島
▼現在、京阪の特急は8両編成で、うち1両がダブルデッカー車となって、京都観光へいざなう特徴ある特急車両となっています。ダブルデッカー車は大阪方から5両目に連結されていますが、今度導入が決まった「プレミアムカー」は3両目に連結されることとなりました。
 
Cimg6805
8000系のダブルデッカー車@中書島
 
▼名称は「プレミアムカー」、外観は京阪特急の伝統を継承して「赤」を基調にデザインされており、アコモデーションは「快適性とパーソナル空間」を演出するインテリア、シートとなっています。プレミアムカーには特別に3つ星のエンブレムもデザインされました。
 
Cimg6795
 
▼乗降ドアは1か所に集約され、ドア回りは特別感を際立たせる「ゴールド」を配しています。 エントランスはデッキとはいかないまでも、客室と区切るためのガラス仕切りが設置されます。シートやガラス仕切りの柄は「霞」を、内壁やドアは「霧の山稜」を、通路は「水面の明かり」を、カーペットは「枯山水」をイメージしているそうです。やや、たいそうなしつらえですね。
 
Cimg6419_3
 
▼座席は2+1の3列シートになり、座席幅も従来の430ミリから460ミリとなり、リクライニングも導入してゆったりしたものとなります。 大型のヘッドレスト、2人掛けシートには大型の中ひじ掛けも設置され、前後のシートピッチも920ミリから1020ミリに広がります。 また、すべてのシートにはコンセントも設置されます。
 
▼利用料金については、まだ正式には決まっていませんが、新聞の報道では500円足らずの設定になるようです。チケットの予約、発売方法、アテンダントサービスなどについても現在検討中とのことです。最後に中書島で撮影した現在の8000系の姿をご紹介しておわります。今日はこの辺で。
 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
 
鉄道コム

|

« 新旧交代の時代到来。【JR阪和線103系→225系5100番台】 | トップページ | またこの季節がやって来ました。【きんてつ鉄道まつり2016】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

1年後ですか。
待ち遠しいですね。

投稿: るーと | 2016年9月 8日 (木) 23時57分

るーとさん。

さて、どのような反応が
生まれるでしょうか。
楽しみですね。

投稿: kumoha313 | 2016年9月11日 (日) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/67357424

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ、プレミアムカー登場!【京阪特急・座席指定車両】:

« 新旧交代の時代到来。【JR阪和線103系→225系5100番台】 | トップページ | またこの季節がやって来ました。【きんてつ鉄道まつり2016】 »