« あれ!?こんなところに、モワが。【近鉄橿原神宮前駅】 | トップページ | 休日の昼間でも十分堪能できます。【近鉄大和八木駅】 »

新カラーリングとリニューアル。【近鉄ACE、さくらーライナー】

▼標準軌の橿原線と狭軌の吉野線との連接点を発見して興奮しながら、橿原神宮前駅を散策していたあとで、吉野線ホームへと行ってみました。いつもは、大阪阿部野橋から南大阪線で橿原神宮駅に向かうことが多いため、なんだか新しい感じがしました。
 
▼しばらくぶらぶらしていると、これがやって来ました。
 
Img_4354
 
▼南大阪線の観光特急である「さくらライナー」のリニューアル車です。旧のさくらライナーは、「日本的美しさの表現」をテーマとして車体塗装は全体を白基調とし、窓周りを薄墨色とし、「雲海に煙る吉野山」のイメージを表現していました。車体裾部には萌黄色の濃淡5色によるグラデーションのラインが引かれていました。
 
▼しかし、製造から21年が経過し、4億円をかけてリニューアルを実施し、2011年4月から営業運転を開始しました。車体塗装は全体の基調である白はそのままで、車体裾部のグラデーションは吉野の桜をイメージしたピンク色に変更されました。ロゴマークも「SL」から桜の葉花びらをイメージしたシンボルマークに変えられました。
Img_4352
 
▼客室も、モ26200形は普通車から「デラックス車」に変更され、吉野産のヒノキ、吉野スギなどが地元の木材がふんだんに使われようになりました。 大阪阿部野橋方のモ26100形には喫煙室が設けられました。
 
▼改札をから駅前広場に出てみました。橿原神宮前駅は、名前のとおり橿原神宮の門前駅であり、駅舎も神社のお社をイメージしたかやぶき屋根のような威厳のある形状をしています。
 
Img_4348
 
▼さて、もう一度、駅に入場し、橿原線のホームへと向かいました。先ほどは、12200系の通常のカラーリング車両を記録しました。あれには会えないのかぁと、少しがっかりしていました。
 
Img_4330
 
▼駅前広場から戻ってみると、なんと、来てるではないですか。
 
Img_4357
 
▼新カラーリングの22000系が停車中でした。前の2両は通常のカラーリング車両ですが、後ろ4両は新カラーリングでした。やっと、この目で新カラーリング車両を間近で見ることができました。
 
▼正面の顔もしっかり記録しました。
 
Img_4358
 
▼橿原神宮前駅の橿原線ホームは踏切で各ホームを行き来するので、間近に車両の撮影をすることができます。
 
Img_4359
 
▼新カラーリングはこの22000系でもちょっと違和感があります。間近で見ることで22600系がやはり一番似合うように感じました。
 
Img_4356
 
▼今回の橿原神宮前駅では、ラッキーにも、比較的珍しい特急車両に出会うことができました。この後、元来た大和八木駅に戻ることとします。今日はこの辺で。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
 
鉄道コム

|

« あれ!?こんなところに、モワが。【近鉄橿原神宮前駅】 | トップページ | 休日の昼間でも十分堪能できます。【近鉄大和八木駅】 »

コメント

さくらライナーはカラーリング変更で
よりストレートに桜をイメージしやすくなりましたね。

毎朝通勤時に汎用特急車10連の回送を見かけますが、
最近、旧塗装ばかりだと
何となく重たく感じるようになりました。
新塗装に慣れるのに、
そう時間はかからないかもしれませんね。

投稿: るーと | 2016年8月26日 (金) 00時20分

るーとさん。

10両編成で旧塗装とはかなり
壮観な眺めですね。

新塗装はどうなるのでしょう?
明るい感じですね。

投稿: kumoha313 | 2016年8月26日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新カラーリングとリニューアル。【近鉄ACE、さくらーライナー】:

« あれ!?こんなところに、モワが。【近鉄橿原神宮前駅】 | トップページ | 休日の昼間でも十分堪能できます。【近鉄大和八木駅】 »