« いよいよ、本館へ。【京都鉄道博物館】3 | トップページ | 本館2階から見ると、これまた豪華絢爛。【京都鉄道博物館】5 »

新しい見せ方もあります。【京都鉄道博物館】4

▼今回のオープンにより、新しい車両が加わりました。代表的なディーゼル機関車と電気機関車が特急列車群の後ろに展示されています。しかも、機関車の底からそのメカニズムを見ることができるようになっています。
 
▼まずは、DD51-756。お馴染み液体式ディーゼル機関車で、国鉄時代の無煙化に貢献しました。
 
Img_3703
 
▼続いて、EF66-35です。1968年から量産機が製造された直流用電気機関車で、東海道・山陽本線の高速貨物列車やブルートレインも牽引してきました。
 
Img_3609
 
▼機関車の真下に入ることができます。
 
Img_3706
 
▼ディーゼル機関車は油漏れが心配なのか、底部にビニールが貼られています。ちょっと見にくいです。
 
Img_3704
 
Img_3705
 
▼一方、EF66形はこんな風。
 
Img_3699
 
▼底部はこんな感じ。
 
Img_3696
 
Img_3697
 
▼モーター部分でしょうか。
 
Img_3698
 
▼機関車を低い位置から見ると、また迫力が違います。
 
Img_3701
 
Img_3694
 
▼DD51形の右隣には、ディーゼル特急車両のキハ81形3号機。これは、弁天町の交通科学博物館にも展示されていました。綺麗にお色直しがなされています。
 
Img_3606
 
▼ここで、トラブルが。特急「こだま」の181形の運転台が切り取られて展示されています。弁天町にもありましたが、撮影すると光源との関係からか、上手く写りません。サイドから撮ってなんとか形になりました。
 
Img_3700
 
▼あまりにもたくさんのお宝に触れて、EF52形の電気機関車の後ろに展示されている100系122-5003を撮るのを忘れました。0系の後継車両で、若い時には東京出張の際にはお世話になりました。ということで、ここは「リニア・鉄道館」の100系をアップしておきます。
 
Cimg4190
 
▼今度行ったときは、撮りますね。ごめんね。100系122-5003さん。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
 
鉄道コム

|

« いよいよ、本館へ。【京都鉄道博物館】3 | トップページ | 本館2階から見ると、これまた豪華絢爛。【京都鉄道博物館】5 »

JR」カテゴリの記事

コメント

個人的にはほとんど
151系先頭部モックアップの無事を確認しに
行ったようなものなので、
もちろんカメラに収めてきましたが、
やはり暗めに写っている画像が多かったです。

投稿: るーと | 2016年5月24日 (火) 23時56分

るーとさん。

151系は、残念ながら、モックアップですが、
489系があるから、我慢しましょう。
しかし、なぜ、暗くなるのか。
オートは なぞです。融通きかない。

投稿: kumoha313 | 2016年5月25日 (水) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/65656758

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい見せ方もあります。【京都鉄道博物館】4:

« いよいよ、本館へ。【京都鉄道博物館】3 | トップページ | 本館2階から見ると、これまた豪華絢爛。【京都鉄道博物館】5 »