« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月

3月26日ダイヤ改正でここが変わる。【JR西日本】

▼3月26日土曜日にJR各社のダイヤ改正がありました。メジャーなものでは、新幹線が北海道まで運転されることになったことでしょう。筆者の地元は関西なので、今回はJR西日本の主な改正点を見ていきましょう。

▼新幹線、在来線特急関連では、北陸新幹線の「はくたか」の一部列車の所要時間短縮や特急「サンダーバード」の増発があるくらいで大きな改正点はありません。ただし、関空特急「はるか」はインバウンドによる利用が好調で、昼間時間帯で6往復が増発となりました。また、朝の下りと夕方以降の上りは高槻に停車することとなりました。通勤客への利便性を向上させる目的のようです。

100213__018

▼特急「ひだ」と北陸新幹線との富山での接続の改善で首都圏から高山方面へは午前中に到着が可能となりました。播但線経由の特急「はまかぜ」の一部が、天空の城の一躍有名になった竹田に停車することになりました。観光客の利便性の向上が目的のようです。

Cimg2834

▼特急「くろしお」が夕方以降に新大阪を発車する下りはすべて和泉砂川に停車することとなりました。通勤客をこまめに拾っていく戦略でしょうか。

Img_3064

▼近距離列車では、昼間時間帯の大阪駅において、新快速及び快速の発時刻が等間隔になりました。これまで新快速は0分、15分、30分、45分発車、快速は5分、20分、35分、50分発車となっていましたが、今回のダイヤ改正で、快速の発車時刻を7分、22分、37分、52分といったように等間隔にしています。これは、新快速の乗客が集中するのを避けることが目的のように思えます。

Cimg7294

▼JR神戸線に新駅が開業しました。六甲道と灘間の「摩耶駅」と御着と姫路間の「東姫路駅」です。2駅とも普通のみの停車ですが、普通での所要時間は伸びることなります。また、高槻駅に新ホームが完成しました。これは新快速用のホームで、従来のホームは快速と普通が停車し、高槻駅での混雑の解消を図るためだそうです。

▼広島エリアでは、平日の昼間時間帯のすべての電車が新型の227系での運転となります。これにより115系などはますます見ることが少なくなりそうです。

Img_3157

▼今回のダイヤ改正で、残念なことは、大阪発着の特急「しなの」が廃止となりました。大阪・長野間の441.2kmの走行距離は昼行特急では最も長距離だったそうです。しかし、利用者が減少したことにより、大阪・名古屋間がカットされることとなりました。

Img_1498

▼JR西日本のダイヤ改正の概略を見てきましたが、今回の改正は小ぶりな改正である印象を受けます。昨年は北陸新幹線の開業で大幅な改正を実施したので、今回は微修正に終始しているということでしょうか。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (3) | トラックバック (0)

これでほんとに終わり。【トワイライトエクスプレス】

▼JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」。引退が発表されてからだいぶ経ちましたが、団体列車としては、依然運行されていました。それも今回でほんとに最期となりました。

Cimg7237

▼今回最後のお務めとなったのは、3月21日に下関と大阪を結ぶ団体専用列車としてで、下関9時58分発で、翌22日大阪15時49分着のラストランでした。この「特別なトワイライトエクスプレス」は下関を出発して、山陰線、伯備線、山陽線、東海道線を経由して大阪に到着しました。

Cimg7262

▼大阪駅では、10番のりばにおいて最終運行到着式が開催されました。2015年3月の定期列車からの引退後、これまで83本の団体専用列車として運行され、約4000人の乗客を運んできたそうです。

Cimg7271

▼団体専用列車としては、車両編成をスイート、ロイヤル及びA寝台のみとし、あとは電源車、食堂車、サロンカーを連結した8両編成となっています。

Cimg7252
オハ25形・サロンカー

▼昨年3月に引退時と比べると、B寝台が1両のみで、あとはスロネ25形3両とスロネフ25形1両のまさに豪華列車の編成となっています。

Cimg7265
スロネ25形500番台

Cimg7255
スシ24形・レストランカー

▼今回をもって引退したのちは、車両の一部が今年4月にオープンする京都鉄道博物館に展示される予定となるそうです。

Cimg7284

▼このトワイライトエクスプレスの後には、2018年春から新たなに「トワイライトエクスプレス瑞風」が運行される予定で、JR九州の「ななつ星」のような一層豪華な観光列車として蘇ることとなります。

▼一世を風靡したトワイライトエクスプレスもこれで最期となりました。お疲れさまでした。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明石、舞子あたりをぶらぶら。【JR・山電・阪神】

▼連休です。入試も終わり、学生は春休みということで、行楽地はどこも人出がいっぱい。こんなタイミングですが、久しぶりにプチツアーに出かけてみました。JR大阪駅に向かいましたが、すごい人出に、急病人救護でダイヤは遅れ気味。

▼明石まで新快速に乗車。しかし、多客扱いの上、新大阪での急病人救護の影響で、回復運転どころかまたまた遅れが出て、結局8分遅れで到着。

▼なんとか、明石にたどり着き、魚の棚商店街で、明石焼きを食し、さらに名物のタコやイカの煮物を買って、港近くの公園で食べました。明石では淡路島へ渡るフェリーが廃止となり、寂しくなったかと思いきや、魚の棚商店街は賑やかです。

▼お腹も一杯になり、今度は明石から山陽電鉄に乗車して、次の目的地である舞子公園駅に向かいました。山電の3000系に乗車。3両編成のコンパクトな編成。

Img_3270

▼雄大な明石海峡大橋を眺めながら、お茶をしに、近くの高台にある舞子ビラに上がりました。駅からしばらく歩くと、珍しい斜めのエレベータ乗り場があり、フロント前まで歩かずに上ることができます。

Img_3262

▼最上階のバーに上がり、ケーキセットを注文。夜は大橋のライトアップがきれいなスポットでしょうね。しかし、お昼でも十分雄大な大橋の眺めを堪能することができます。

160320_01

▼お茶タイムも終わり、いよいよ、大橋を見学に。舞子海上プロムナードに上がりました。

Img_3269

▼神戸側の付け根から大橋の下に設けられた施設で、大橋の巨大さを実感することができます。真ん中の通路は維持管理用の通路です。金網になっており、下の海が丸見え。

Img_3276

▼回廊になって大橋の下を見学できますが、その途中には足元が強化ガラスで透けているところがあります。スリル満点です。

Img_3282

▼高所恐症の方には心臓に悪そうです。

Img_3283

▼それにしても、人間はすごいものを作ってしまうものですね。車で通過した時もすごいと思いましたが、こうして間近に大橋に触れると、一層その巨大さが実感できます。

Img_3286

▼今日3月21日は、ちょうど大橋の開通日だそうです。阪神淡路大震災後の1998年に完成したので、今年で18年目となりました。プロムナードから降りてきて、大橋の真下に行ってみました。ここもすごい迫力です。

Img_3275

▼つり橋のケーブルを支えているアンカレイジも巨大です。

Img_3263

▼最後は大橋の近くにある「橋の科学館」を見学。

Img_3290

▼明石海峡大橋や本四連絡橋などの架橋技術の紹介施設です。それにしても、この大橋の主塔の高さは、297メートルもあり、東京タワーにも匹敵する高さであるとは驚きです。

Img_3264_2

▼ちょうど私鉄のダイヤ改正直後でしたが、山電も阪神も混乱なく運転されていました。帰りは、直通特急で尼崎まで行き、乗り換えて快速急行で戻りました。JRはスピードは速いが、乗り換えが大変だし、遅れのリスクもあるので、速度は遅くても、私鉄の方が座れて、ゆっくり帰れていいかも。今日はこの辺で。

Img_2232

Img_2228_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »