« 恒例、元日JR西日本乗り放題切符の旅3【227系】 | トップページ | 恒例、元日JR西日本乗り放題切符の旅5【広島電鉄1000形】 »

恒例、JR西日本乗り放題切符の旅4【瀬戸内マリンビュー】

▼正月の乗り放題切符の旅。今回は、変わり種の列車と遭遇したので、それについてご紹介しましょう。その名は「瀬戸内マリンビュー」と言います。

Img_3147

▼この列車は、広島駅と三原駅との間で運転されている快速列車で、先頭部分には浮輪とオールが飾られた観光列車です。12月5日から2月28日の土曜・休日に運転されていますが、12月30日から1月3日の間は毎日運転されています。1号が広島発で、2号が折り返し三原発となっています。

Img_3143

▼使用される車両は、キハ47形気動車を改造したもので、下関方の1号車は指定席、岡山方の2号車は自由席となっており、船のような丸窓が付けられています。

Img_3145

▼1号車の指定席では、海側の座席はクロスシートにテーブルが備え付けられており、山側の座席は海の方を向いて座るようになっています。また、フリースペースとカウンターも用意されており、リゾート感のある車両となっています。車番はキハ47-7000番台です。

Img_3150

▼電化区間の山陽本線及び呉線で運転されますが、電車ではなく気動車が運用されるというユニークな列車です。

Img_3146

▼車内では、ボランティアによる観光案内が行われています。2号車は自由席車で、セミクロスシートの座席となっています。

Img_3151

▼「瀬戸内マリンビュー」という変わり種の列車にも出会えた広島駅でした。次回は駅から出て、広島市内をウロウロしてみました。今日はこの辺で。チャオ。

Img_3149

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 恒例、元日JR西日本乗り放題切符の旅3【227系】 | トップページ | 恒例、元日JR西日本乗り放題切符の旅5【広島電鉄1000形】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

キハ47はキハ45から運転席の前面窓位置を上げ、
113系電車などと同じにしましたが、
気動車の貫通扉位置の関係で
貫通扉とは窓高さが合っていませんでした。
瀬戸内マリンビューは前面を非貫通化した際に、
真ん中の窓の高さを合わせたようですね。

投稿: るーと | 2016年1月18日 (月) 00時26分

るーとさん。

キハ47は確かに貫通扉の窓が
運転席の窓とは合ってませんね。
改造により合したことが分かりました。

投稿: kumoha313 | 2016年1月18日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/63487632

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例、JR西日本乗り放題切符の旅4【瀬戸内マリンビュー】:

« 恒例、元日JR西日本乗り放題切符の旅3【227系】 | トップページ | 恒例、元日JR西日本乗り放題切符の旅5【広島電鉄1000形】 »