« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

今日9月30日で本当にサヨナラ。【南海7000系】

▼南海の主力車両であった7000系。唯一残っていた編成である7037Fはグリーンの旧塗装で最後のお務めを終えたことでしょう。

Img_2695

▼10000系との併合で特急サザンでの運用を今日9月30日をもって終えました。約50年余りの長きにわたって大阪難波と和歌山とを行き来してきました。またひとつ昭和の雰囲気をもった車両が消えていきます。

▼さて、今回は、旧塗装での記念企画車両の詳細を見ていきたいと思います。まずは、10000系との連結部分を撮ってみました。10000系は1985年登場ですから、7000系とは20年の時の隔たりがあります。そのことは連結部分を見てみてもわかりますね。

Img_2683

▼続いては、7000系の南海電鉄の社章が旧のものです。現在のオレンジ色のものとはだいぶ異なります。

Img_2690

▼次に、車両の形式などの表示板です。形式はモハ7001、製造年月日は1967年(昭和42年)と記載されています。しかし、自重及び検査年月日は記載がありません。

Img_2691

▼この車両の製造は、今はなき帝国車輛です。会社は鳳に工場がありましたが、のちに東急車輛と合併し、2003年には鳳工場は廃止され、和歌山に移りました。その東急車輛もJR東日本の傘下に入り、総合車両製造所と名前を変えています。

Img_2704

▼筆者が撮影したのは、日曜日の午後。13時50分発のサザンを撮りました。

Img_2688

▼難波駅のホームには、今回のさよなら7000系の特別編成についてのポスターが貼られてありました。

Img_2712_2

▼7000系なきあとは、特急サザンでの10000系の相棒はどの車両になるのでしょうか。7100系でしょうか。

Img_2680

▼それにしても、7000系は50年もの長い間、よく元気に働いてきましたね。JR西日本の103系と同様に長く使用されてきたのではないでしょうか。この後、保存はされるのでしょうか。気になるところです。

▼最後に、特急サザンの難波駅の発着風景を動画で記録しましたので、ご紹介しましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二度目のリバイバル塗装の末にサヨナラ。【南海7000系】

▼南海電気鉄道では、創業130周年及びさよなら7000系記念企画として、「懐かしの緑色」の旧塗装を施した特急サザンを期間限定で運行しています。

Img_2694

▼特急サザンの5編成中の1編成が旧塗装を施した7000系4両と10000系4両で運行されています。旧塗装を施した7000系は9月までの運行で、その先の予定は引退が待っているようです。

Img_2703

▼7000系は1963年から1968年までの5年間に製造され、南海電鉄では最も使用年数が長い車両となっています。2015年9月現在で、4両1編成を残すのみとなっています。

▼特徴としては、通勤形として1両あたり片側の乗降ドアが4ドアとなっています。ただし、片開きドアを採用しています。特急サザンの自由席車両として10000系と連結して運用されるほか、急行、区間急行、準急、普通車と汎用性は高い車両です。

Img_2701

▼南海本線特有の問題である海辺を走行する関係で塩害には悩まされており、1980年代の大規模なリニューアルにもかかわらず、空港線の開業などにより、車両の老朽化は著しいものとなっていました。

▼そこで、現在の7037F編成を最後に7000系は引退することとなり、今回のリバイバル塗装での登場となり、あわせて、特急サザンで一緒に運用される10000系も旧塗装を施されることとなりました。

Img_2705

▼実は旧塗装での登場は南海電鉄創業120周年の2005年にもありました。このときは今回の7037Fと、7027Fの6両編成が旧塗装で登場しました。

▼今回のリバイバル塗装は本当にこれで最後と言えるもので、記録しておく価値のあるものでしょう。筆者が撮影に訪れた9月26日の日曜日の難波駅には、撮影するファンも比較的多くいました。しかし、場所取りをするほどの混雑ではなく、ゆっくりと撮影ができました。

▼9月30日の最後の運転日は混雑するでしょうか。平日にあたるので、どうなるでしょうか。次回は、もう少し詳しく先日の撮影記録をご紹介しましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のまつりも例年と内容はほぼ同じ。【近鉄鉄道まつり2015】

▼10月14日の鉄道の日に合わせて、これから秋にかけては鉄道各社では、イベントが目白押しとなります。関西私鉄では、一番大規模な鉄道まつりは、何といっても近鉄の鉄道まつりでしょうか。

Img_0760
昨年2014年の近鉄鉄道まつり

▼すでに、駅構内やホームページでも案内告知がありました。

◎近鉄HP:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/goidomaturi.pdf

15092601

▼今年の開催は10月31日(土)と11月1日(日)の2日間です。会場は、昨年と同様に、五位堂検修車庫及び高安車庫の2か所で開催です。

Img_0692
高安車庫での展示(無残、18400系の運転台)

▼五位堂と高安を結ぶ臨時列車は昨年は「楽」でしたが、今年は「かぎろひ」になりました。

Img_0685
高安駅に停車中の「かぎろひ」

▼鉄道グッズの販売の目玉は、今年はBトレインショーティーの「26000系さくらライナー」の旧塗装及び新塗装の同時発売です。

15092602

▼五位堂会場での目玉は何といっても、車両写真撮影会でしょう。昨年は15200系の「あおぞらⅡ」と5800系の「ヒストリートレイン」でした。今年はどんな車両が展示されるでしょうか。「しまかぜ」は無理でしょうから、あまり期待はできませんね。

Img_0764
5800系ヒストリートレインと22600系Aceの並び

▼さて、今年も行くかどうか。思案のしどころです。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三次車以降は、種別表示はフルカラーLED。【阪急9300系】

▼KATO製の「阪急9300系・8両編成」をご紹介してきましたが、今回で4回目となりました。今回は、ヘッドライト、テールライトについて詳しく見ていきたいと思います。

Img_2547

▼「鉄道ニュース部」の開発ミニインタビューに記載されていたように、ヘッドライトや標識灯の明るさには苦労したようですが、実際に通電して、店頭状態を見てみましょう。まずは、9305(1号車)のヘッドライトと標識灯の点灯状況について。3次車以降なので、ヘッドライトケースは一体型となっています。上部のヘッドライトが明るく、下部の標識灯が暗めに上手く表現できています。

Img_2553

▼続いて、9404(8号車)のテールライトの点灯状況です。種別表示、行先表示ともハレーションを起こさず、きれいに点灯されています。

Img_2550

▼角度を変えて、9305(1号車)のヘッドライトと標識灯の点灯状況をもう一度。

Img_2554

▼続いて、同じく角度を変えて9403(1号車)のテールライトの点灯状況です。

Img_2555

▼今回、ヨドバシカメラのネット販売で購入したが、割引率は1割引きとちょっと少な目。ジョーシンのネット販売は3割引きでしたが、すでに販売数に達して申し込みは締め切られていました。もう少し早く申し込みをしていれば、かなり安く手に入れることができたのですが・・・。ということで、12月に発売予定の同じくKATO製の京急2100系・8両編成は早速ジョーシンのネット販売に申し込みをしておきました。

▼今度は阪急9300系の走行シーンも撮りたいと思います。最後に、梅田駅での実際の9300系の入線風景をご覧いただきましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「すべてのお客様に快適な移動空間を」コンセプトに。【阪急9300系】

▼KATOから発売された「阪急9300系8両編成」について、ご紹介をすでに2回してきました。今回は、8両編成の個々の車両をじっくり見ていきたいと思います。

▼まずは、梅田方の先頭車両1号車、9305から。シングルアームパンタを2基搭載した制御電動車となります。VVVF制御器2組、蓄電池を搭載しています。先頭部の連結器は密着連結器と電気連結器を搭載しています。模型でもこれは表現されています。

Img_2527

▼続いて、2号車は9855・付随車で、圧縮機、静止型インバータ(SIV)を2基搭載しています。

Img_2528

▼3号車は9875・付随車で、とりわけ主要な機器は搭載していません。

Img_2531

▼4号車は9885・付随車で、この車両もとりわけ主要な機器は搭載していません。

Img_2532

▼5号車は9895・付随車で、3、4号車と同様の特に特別な機器は搭載していません。この車両は平日の通勤特急及び特急運用時のみ女性専用車両となります。そこで、女性専用車両のステッカーが側面に貼られています。

Img_2533

▼6号車は9865・付随車ですが、2号車同様、圧縮機、静止型インバータ(SIV)を2基搭載しています。

Img_2534

▼7号車は9805・中間電動車です。シングルアームパンタを2基搭載した制御電動車となります。VVVF制御器2組、蓄電池を搭載しています。模型では、この車両にモーターが搭載されています。

Img_2537

▼おしまいに8号車です。この車両は9405・制御電動車でVVVF制御器2組、蓄電池を搭載しています。先頭部の連結器は密着連結器のみ搭載されています。模型でも、これは表現されています。

Img_2536

▼模型の取扱説明書に記載されているように、9300系は1次車から3次車まであり、2003年から2010年にかけて11編成が配備されました。途中、2度の仕様変更があり、それぞれ、少しずつ差異が見られるようです。

Img_2520

▼先頭車両の1号車の屋根は、シングルアームパンタと冷房機、アンテナなどが上手く表現されています。

Img_2524

▼車端部の切り妻部分についても、手抜きをせずにガラスも取り付けられています。

Img_2541

▼筆者も2010年から2012年にかけて、通勤で利用したので、この車両には思い出深い感情があり、今回の購入となりました。実車の乗り心地は、軽量化により車端部はよく揺れるように思います。ダンパがあればいいのですが。

▼先頭車両の左は8号車の9405、連結器は密着連結器のみ。一方、右の1号車の9305の連結器には、密着連結器と電気連結器が表現されています。いずれもダミーの連結器ではありますが。

Img_2548

▼行先表示については、通常では河原町行き特急となっていますが、付属品で、梅田行き快速急行、河原町行き準急、梅田行き通勤特急の表示版が付いていますが、側面の表示ステッカーはないので、前面だけ貼り替えても様になりません。これが難点と言えば難点です。

Img_2549

▼そういう細かい点に目をつぶっても、今回のこのモデルは非常にレベルの高い仕上がりとなっており、満足度が高い製品となっています。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これまでにも2回先行で販売はされています。【阪急9300系】

▼阪急京都線の9300系を紹介する2回目。今回筆者が満を持して購入したのはKATOの阪急9300系8両編成です。この車両については、これまでにも2回、組み立てキット、完成品で先行して他のメーカーから出ています。1つは、グリーンマックス販売、富士模型企画のもの。これは組み立てキットとして発売がされています。もう一つは、マイロエースからの完成品です。

Img_2544

▼組み立てキットは屋根の白い部分のパーツの取り付けがかなり難しいとのこと。白い部分と本体との隙間が開いていたり、ずれが生じて大変だそうです。

▼一方、マイクロエースの完成品は、さすが仕上がりはよかったみたいです。今回発売されたKATO製と比べると、プロタイプの時期が異なります。ヘッドライトの形状、ワイパーの色使いも異なります。貫通ドアの上の水切りはKATO製では省略されています。

Img_2522

▼マイクロエース製では、銀色のサッシはドアとライトリム部分を除き、塗装で表現されており、色むら、かすれがあるそうです。KATO製は銀色のサッシはガラスパーツとして一体的に表現されています。マイクロの座席は枕カバーが白色で表現されていますが、KATOにはありません。また、マイクロには車端部に転落防止幌が表現されていますが、KATOにはありません。

▼マイクロは京都方の先頭車両に携帯電話オフ車両の表示があります。一方、KATOには中間付随車に女性専用車両の表示があります。

Img_2540_2

▼先頭車両のライトはマイクロが全体的に明るく、KATOはLEDライトではありますが暗いそうです。床下機器の表現はKATO製がより立体的だそうです。前回ご紹介したように、kATOの製作現場で苦労したのは、前面上部の窓ガラスの上と屋根の白色部分の「間」が実物はとても薄いが、プラスチックの性質上極端に薄くすることは困難で、ギリギリのところでバランスをとったとのことです。

Img_2546

▼実車のヘッドライトは貫通ドアの上にあり、下部には標識灯がついていますが、模型では下部のライトの後ろ付近に光源があるので、下部のライトが明るくなるのが一般的ですが、KATOでは今回、できるだけ上部ライトが明るくなるよう工夫したそうです。

▼次回は各車両を詳しく見ていきたいと思います。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪急のフラッグシップ的車両をゲット。【阪急9300系・KATO】

▼とにかく仕上がりは最高にいいです。楽しみにしていたKATOの「阪急9300系8両セットを手に入れました。

Img_2526

▼阪急の9300系は、2003年10月14日鉄道の日にデビューし、現在阪急京都線で主に特急列車として運用されています。2300系、6300系の後継車両として製造され、さらにJRWの新快速にはスピードでは到底太刀打ちできないので、停車駅をこれまでの急行並みに増やして、15分ヘッドから10分ヘッドにダイヤ改正を実施したため、2ドアから3ドアに増やし、さらにクロスシート座席を設置するという欲張りな設計となりました。

Img_2521

▼製造会社は阪急御用達のアルナ工機が鉄道車両の製造をやめて解散したため、9300系は日立製作所となっています。車体構造はいわゆる「A-train」をベースとしています。車両の主な特長は、3ドア、転換クロスシート、車端部は車いすスペースとロングシート、反対側の車端部は固定クロスシートとなっています。

▼また、側面の窓ガラスは連続大型化、半間接照明の採用、貫通ドアの自動化、ドアチャイム、車内案内表示器などの設置となっています。

100213__012_2
梅田駅での9300系

▼列車の編成としては、梅田方から 次のようになっています。
9300(Mc1)+9850(T1)+9870(T2)+9870(T2)+9850(T1)+9800(M1)+9400(Mc2)
主電動機の出力増強に伴い、9300系では3M5Tとなり、両端に電動車、編成の中間には付随車が配置されています。

▼今回、KATOから発売された9300系は、通常は「基本セット4両」と「増結セット4両」の販売となっています。筆者が手に入れたセットは、8両編成の特別企画品です。

Img_2516

▼これから、この8両編成のインプレッションを書いていきたいと思いますが、まずは「鉄道ニュース部」(tetsudo-news.com)に「KATO 阪急9300系試作品レビュー・開発ミニインタビュー」が掲載されていますので、それをご紹介していきましょう。http://tetsudo-news.com/article/model/334.html

▼製品の見どころとしては、まずは実車同様の「ツヤ」。最新型の金型による成型部品のために、車体の面の下地がさらにきめ細かくなったことにより、よりつややかな仕上がりになったとのことです。

Img_2542

▼9300系は屋根の部分に特徴があり、これを忠実に再現。屋根の白色ぶぶんは、ボディと別部品として、一体成型での塗り分けよりも美しいメリハリを付けているとのことです。

Img_2524

▼緑色の座席、乗務員ドアの手すりやドアの靴擦りのシルバーのほか、側面の乗降ドアの中央部のシルバーの塗り分けも2本で細かく再現されています。乗務員ドア下のはしご、車端部の床下装置もリアルに作りこまれています。

Img_2546

▼今回の9300系はとても良い仕上がりとなっています。満足度の高いモデルと言えるでしょう。次回からは細かく1両ずつ見ていきましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (1) | トラックバック (0)

桜の名所への観光特急計画。【近鉄南大阪線・吉野線】

▼近畿日本鉄道では、2016年秋にから、南大阪線・吉野線に「上質な大人旅」をコンセプトとする観光特急(3両1編成)を運行すると、9月10日に発表がありました。

◎近鉄ニュースリリース:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/yoshino%20.pdf

▼今回導入する観光特急計画では、3両1編成の車両を大幅に改造し、内装外装とも落ち着いた雰囲気にして、全席デラックスシートとするとのことです。座席は2列+1列のデラックスシート、真ん中の2号車には、バーカウンターを設置して、沿線の特産品や飲み物を販売するとともに、ラウンジスペースを設けるとのことです。

▼運行開始は、2016年秋から。運行概要は、週6日、昼間時間帯の2往復を運行。停車駅は現在の特急停車駅と同様で、尺度、高田市、橿原神宮、飛鳥、壺阪山、吉野口、福神、下市口、六田、大和上市、吉野神宮、吉野となっています。

▼料金は、普通運賃+特急料金のほかに特別車両料金が加算されることとなります。したがって、普通運賃のほかに大人720円(小児370円)が必要となります。

▼近鉄では伊勢志摩方面への観光特急として「しまかぜ」を投入し、当初の大阪及び名古屋からの2本に加えて、京都からの1本を追加して、好評を博しています。

Cimg7175

▼これに気を良くした近鉄では、桜の名所や古代ロマンの薫る名所旧跡の点材する飛鳥地域などを擁する吉野線をターゲットに第2の「観光特急」を投入することとしたようです。

▼今回の観光特急の車両は「しまかぜ」のような新造ではなく、一般車両の6200系を改造するそうで、改造費は約2億円とのことです。

Cimg5136

▼現在の6200系とはかなり違ったイメージになるようです。プレスリリースのイメージから見てみると、マルーンとクリームのツートンカラーから、濃い紺色一色に塗り替えられるようです。

Cimg5160

▼車内サービスでは、専属のアテンダントが乗車し、軽食や飲料の販売、沿線の名所、ビュースポットの案内放送などのサービスを行います。また、沿線のフルーツの生産地やワイナリーが多く立地するので。これらの特産品を活用したオリジナルスイーツやワインを販売する予定だそうです。このサービスも、「しまかぜ」のサービスを踏襲したもののようです。

▼奇しくも、この発表が行われた9月10日から、「しまかぜ」の京都運行開始1周年記念キャンペーンが開始となりました。

◎近鉄ニュースリリース:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/simakinekya.pdf

▼吉野線の乗降客は少子高齢化などにより最近ではかなり減少傾向にあり、近鉄では観光特急計画の導入により、近鉄では吉野線へのテコ入れを積極的に行うこととなります。

▼吉野方面への特急としては、現在、16000系、16010系、26000系(さくらライナー)、16400系(ACE)、16600系(Ace)が運用されています。

Cimg5472
16000系吉野行き特急(阿部野橋駅)

Image_2
26000系さくらライナー(阿部野橋駅)

Cimg5152
16600系・Ace(阿部野橋駅)

▼これまで吉野線の観光特急としては「さくらライナー」が代表的な車両でありましたが、今後はよりプレミアム感を出した観光列車が現れることとなり、さくらライナーの位置づけがちょっと曖昧になるようにも思えます。

▼いずれにしても、吉野線も賑やかになるに越したことはないので、喜ばしいことではあります。さて、今度の観光列車は、「しまかぜ」のようにヒットするでしょうか。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本で唯一の列車。【近鉄鮮魚列車】

▼暑い夏もいつの間にか過ぎ去り、もう9月。今年の夏は乗りテツもあまりできず、ブログのネタに苦労します。そんなときに、大阪上本町駅で、久しぶりにこんな列車に逢いました。

15081703

▼全国で、この近鉄にしかない「鮮魚列車」。大阪上本町駅発松阪行きの下り列車。駅のホームで見た行先表示器は、17時13分発、種別は「貸切」となっていますが、行先の表示はありません。

15081707

▼大阪上本町駅の3番ホームに停車中。地上ホームの一番左のホーム。鮮魚列車はかなり鶴橋寄りの前の方に停車しています。一般乗客が誤って乗車しないようにしているのかもしれません。

15081702

▼なぜこの列車は「貸切」なのか。それは、三重県の行商人が奈良や大阪へ早朝に揚がった新鮮な魚を運ぶため、「伊勢志摩魚行商組合連合会」が貸し切っているため。1963年(昭和38年)に運行を開始しましたが、当初は荷物電車を使ったりしていました。現在は2680系が使われていますが、三代目となります。

15081701

▼二代目は1480系でしたが、冷房とトイレが付く改造が施されました。初代はややこしいのですが、モワ10形(旧1400形)、クワ50形(旧1500形)、モ600形(旧1420形・旧特急用2250形)、ク500形(旧3120形・旧奈良電1320形)が改造されて鮮魚列車に充てられていました。

▼平日と土曜に運行されていますが、上りは宇治山田から大阪上本町、下りは大阪上本町から松阪までの運転となっています。行商人の乗車は全盛期に比べて半分に減っているそうです。見た限り、下りの車内は乗客の姿はほとんど見られませんでした。鶴橋から乗車するのかなあ。

▼今後、この全国でも珍しい特別の列車がどうなるのか。行商人が少なくなってきている現在、廃止もあるかもしれません。しかし、当面はこの珍しい列車に出会えたら、幸運ということで、せっせと撮影しておきましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »