« ここは221系の王国だった。【JR大和路線】 | トップページ | こんなのも走ってまっせ。【205系】 »

ウグイス色の通勤電車も現役です。【大和路線201系】

▼JR大和路線をご紹介する2回目は、主に普通列車で運用される201系です。

Img_2497

▼この201系は1979年に試作車が登場した旧国鉄時代の車両です。国鉄として初のサイリスタチョッパ制御を採用し、回生ブレーキを装備した、いわゆる「省エネ電車」です。しかし、サイリスタチョッパ制御の製造コストが高いため、中央線快速、中央線・総武線の緩行線、京阪神緩行線でしか運用が広まりませんでした。

Img_2498

▼国鉄分割民営化後は、JR東日本ではとっくの昔に全車廃車となりましたが、JR西日本では体質改善を施し、現在でも現役で頑張っています。元々、JRWでは東海道・山陽本線での緩行線に導入されており、車体のカラーもスカイブルーでした。1993年3月のダイヤ改正で登場した207系登場や、その後の321系の導入により、2007年3月のダイヤ改正で東海道・山陽緩行線から離脱し、他の線区に転用されました。

100120__026
201系を追いやった207系(左)と321系(右)

▼2003年以降、車体の延命措置として、JRWのお得意の体質改善工事が施され、当初の姿とはだいぶ変わっています。雨樋と外板との一体化による屋根の張上、戸袋窓の埋め込み、側面の客室窓は上下二段のサッシになりました。321系などの導入により、老朽化の激しい103系の置き換え用として、東海道・山陽緩行線から大阪環状線、大和路線へと転用となりました。

▼大阪環状線では、オレンジ色に塗り替えられた210系のほかに、スカイブルーのままのものも運転され、ちょっと面白い並びが見られた時期もありました。現在ではスカイブルーの車両はなくなり、オレンジ色とウグイス色の201系しかありません。

Cimg2404
大阪環状線での201系

▼大和路線での201系は2006年12月から順次配属されて、この形式で初めてのウグイス色に塗られました。大和路線の201系は103系とも同様に、遠くからも見分けがつきやすいように、車両前面の中央部に白色の帯が塗られており、大和路線特有の前面となっています。

Img_2499

▼今回は、201系の動画もご紹介しましょう。王寺駅での走行シーンです。王寺駅への入線、王寺駅からの出発風景です。6両編成の側面が映っていますので、体質改善の状況がはっきりわかります。

▼関東とは異なり、まだまだ現役で使用される201系です。あとどのくらい運用されるのか。2016年の新型車両323系が大阪環状線でデビューする頃には、その変化が明らかになってくるでしょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« ここは221系の王国だった。【JR大和路線】 | トップページ | こんなのも走ってまっせ。【205系】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

JR西では103系が至るところで使われているくらいですから、
省エネ対応の201系の置換えは
まだまだ先のことになりそうですね。

投稿: るーと | 2015年8月23日 (日) 01時08分

るーとさん。

103系、201系と
いつまで使うのでしょうか.
減価償却はとうに過ぎてますが・・・

投稿: kumoha313 | 2015年8月29日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/61215266

この記事へのトラックバック一覧です: ウグイス色の通勤電車も現役です。【大和路線201系】:

« ここは221系の王国だった。【JR大和路線】 | トップページ | こんなのも走ってまっせ。【205系】 »