« 梅雨明け宣言、さぁ山に登ろう5。【比叡山、完結編】 | トップページ | ウグイス色の通勤電車も現役です。【大和路線201系】 »

ここは221系の王国だった。【JR大和路線】

▼久しぶりにプチ鉄旅。今回は、JR大和路線に乗ってきました。墓参りの道すがらに王寺駅で撮影。

Img_2479

▼JR大和路線は、正式には関西本線の一部です。電化区間のJR難波駅と京都府木津川市の加茂駅との間の愛称です。路線延長は54キロ。現在の使用車両は、大和路快速及び快速が221系、普通が103系及び201系となっています。

Img_2489

▼日中の運転本数は、天王寺駅で見てみると、奈良方面へは、次のとおりとなっています。

【大和路快速】
加茂行 2本
奈良行 2本

【快速】
高田行 2本

【普通】
王寺行 4本

▼大和路快速は大阪環状線直通で大阪から運転。快速はJR難波から高田までの運転。普通はJR難波から王寺までの運転。王寺までなら、快速が6本あり便利。奈良までは大和路快速が4本となります。普通は王寺まで15分ヘッドしかないので、不便です。王寺から奈良方面までは、快速が各駅停車になり普通の役割を担っています。したがって、普通の15分ヘッドは王寺以降も維持されます。

▼王寺駅は、1890年12月に初代大阪鉄道が奈良・王寺間で開業した際に設置されたのが始まり。歴史は古いです。旧国鉄時代、1982年8月の集中豪雨で大和川の氾濫により、構内電留線が水没し、103系60両が被災し、54両がパーになった悲劇もありました。

Img_2472

▼王寺駅はJR和歌山線の起点でもありますが、日中は高田行快速のみ運転。朝夕のみ万葉まほろば線(桜井線)経由の奈良行と五条及び和歌山行の普通が運転されます。ホームは3面5線ですが、日中は4、5番線は使用されません。

Img_2473

▼そのほか、近畿日本鉄道の生駒線、田原本町線が接続しています。田原本町線の駅は新王寺駅として、生駒線の駅と区別しています。

Img_2482

Img_2488_2

▼王寺駅はかなり余裕で駅を作っているので、構内は広いです。旧国鉄時代の駅造りを彷彿させます。

Img_2491

▼電留線には221系のほか、201系や珍しい117系もいました。

Img_2475

▼和歌山線仕様のカラーリングが施されています。

Img_2474

▼117系の後ろには、105系も停車中です。日中はここで昼寝。朝夕しか運用がないようですね。もったいないです。

Img_2485

▼子どもの頃、墓参りに連れられた関西線は通勤形のキハ35系の全盛期で、冷房もない中、窓を開けた車内には、ディーゼルの重油の臭いが入って来たのが印象に残っています。また、柏原から王寺までの間の山間部のトンネルではひんやりとした空気が車内に入ってきて気持ちよかったです。

▼その頃とは隔世の感で、全車冷房車となり、ロングレールの大和路線の乗り心地はすこぶる快適で、改めて驚きます。

▼この大和路線の主力車両は221系です。1989年に登場して以来、近郊型車両として活躍し、一時は「新快速」としての運用もありました。しかし、223系、225系の登場で、東海道線などでの行き場はなくなりつつあり、現在は、大和路線、嵯峨野線などが主力の現場となっています。

Img_2504

▼網干総合車両所には150両程度、吹田総合車両所京都支所には90両程度が所属しているようですが、なんと奈良支所には220両もの車両が所属しているようです(2012年当時)。編成にもバリエーションがあり、4両編成、6両編成、8両編成と多彩です。

▼221系もデビューして四半期が経過しようとしているため、JRWお得意の体質改善が図れつつあります。見分け方は、前照灯をHIDに変更し、4つ目になりましたが、そのうち内側は黄色のフォグランプになっています。その結果、尾灯は小さくなりました。

Img_2478_2

▼前面の行先表示器が設置され、運行番号表示器は撤去されました。運転席の前面窓は更新前より少し小さくなっています。さらに、前面スカートも強化されました。下の更新前の車両と比べるとよくわかります。

Img_2494

▼このように大和路線は221系の王国になりつつあります。普通では103系、201系が体質改善を施され幅を利かせています。次回は、201系について触れてみたいと思います。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 梅雨明け宣言、さぁ山に登ろう5。【比叡山、完結編】 | トップページ | ウグイス色の通勤電車も現役です。【大和路線201系】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

大和路線の221系は平成元年から集中的に投入され、
113系を一気に置換えました。
接客設備的には後継車両に引けを取らない優れたものなので、
適時に更新工事をすればあと20年は使えそうですね。

投稿: るーと | 2015年8月23日 (日) 00時51分

るーとさん。

221系はいいですね。
丸みを帯びて野菜い感じですし。
乗り心地もすこぶるよろしい。

投稿: kumoha313 | 2015年8月29日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/61194313

この記事へのトラックバック一覧です: ここは221系の王国だった。【JR大和路線】:

« 梅雨明け宣言、さぁ山に登ろう5。【比叡山、完結編】 | トップページ | ウグイス色の通勤電車も現役です。【大和路線201系】 »