« 289系(683系)が381系に代わり投入。その変遷について。 | トップページ | なぜに「新」が付くのか?【新疋田駅の秘密】 »

撮影地としても有名な駅に行ってきました。【新疋田駅】

▼最近ドライブが続いてまして、何十年ぶりかに湖北の国道161号を北上し、鉄道ファンには非常に有名なこの駅に行ってきました。

Img_1961_2

▼北陸本線の新疋田駅です。ここは敦賀と近江塩津の間にあり、無人駅となっています。駅舎は新しいようで、ログハウス風になっています。待合所に入ると、鉄道写真のギャラリーなどがあり、まさに鉄ちゃんの聖地といったところでしょう。

Img_1964

▼場所を示しとこうなります。

▼無人駅ではありますが、パークアンドライド用に駐車場が完備してあります。トイレもバリアフリー対応のものが設置されています。

Img_1959

▼ホームは2面2線です。写真の左側のホームが敦賀方面行きホーム、右側が近江塩津方面行きです。真ん中の線路は上りの通過列車専用です。

Img_1965

▼JRWの線区ですが、この駅から北は管轄が金沢支社敦賀地域鉄道部となります。この駅舎は2006年10月に敦賀までの新快速乗り入れに伴い供用が開始されました。それまでは長浜駅・敦賀駅間は交流電化区間だったのが直流化に方式を変更しました。そのため、新快速が乗り入れることが可能となりました。

Img_1977
確かに敦賀地域鉄道部の管轄です。

▼無人駅ではありますが、新快速が停車します。ただ、1日の平均乗車人数は30人足らずです。完全な過疎の駅です。現在の停車列車は上下線とも1時間に1本程度です。(朝夕は少し増えます。)

Img_1962

▼近江塩津駅側はすぐにトンネルになります。深坂トンネルです。また、北側に敦賀駅側には有名なループ線が配置されています。敦賀方面からの上り列車がきつい勾配を避けるためにループ線を駆け上ってきます。

Img_1969
深坂トンネル入り口

▼この駅には怖い話が噂されているようです。深夜に北陸トンネル内で火災を起こした「きたぐに」が音もなくスーっと入って来るそうです。

Img_1976

▼ホームはかなり長い距離がありますが、カーブしており、狭いので危険そうです。さすが、撮影のスポットだけあって、多くの鉄道ファンが訪れるのか、4両編成の停車区間を除いて立ち入り禁止になっています。また、三脚の使用も禁止となっています。

Img_1970_2

▼上りホームには踏切を渡る必要があるため、注意しないといけません。

Img_1999

Img_1971_3

▼さて、ここでしばらく動画などを撮ってみました。次回はそのあたりを。また、この駅がなぜ「新」と付くのかも考えてみたいと思います。今日はこの辺で。チャオ。

Img_2002

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 289系(683系)が381系に代わり投入。その変遷について。 | トップページ | なぜに「新」が付くのか?【新疋田駅の秘密】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

まったくの余談ですが。
R161の新疋田のアンダーパスは、
確かそこだけ道路幅員が狭くなっていて
通りにくかったような…。

投稿: るーと | 2015年5月 2日 (土) 23時13分

るーとさん。

アンダーパスは国道改良工事により、
幅員が広くなっています。
旧の国道は非常に狭いもので、
横に残っています。

投稿: kumoha313 | 2015年5月 2日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/59851039

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影地としても有名な駅に行ってきました。【新疋田駅】:

« 289系(683系)が381系に代わり投入。その変遷について。 | トップページ | なぜに「新」が付くのか?【新疋田駅の秘密】 »