« 普通列車は1時間に2本。しかし、特急は4本も通過。【新疋田駅】 | トップページ | 北陸新幹線の余波はこんなところにも。【Snow Rabbit Exp.】 »

旧北陸本線の跡を辿って。【柳ケ瀬線】

▼新疋田駅を訪ねることで、現在の北陸本線とは異なる路線があったことを知りました。そこで、今回はその旧線を辿ってみることとしました。

Img_2003

▼かつての北陸本線の滋賀県境から福井県境にわたっては、現在の木ノ本駅から敦賀駅に向かっていく基本的な方向は変わっていません。しかし、そのアプローチの仕方はだいぶ変わってしまいました。

▼旧の路線は1882年3月に開業し、木ノ本駅から敦賀駅までの間、中ノ郷、柳ケ瀬、雁ケ谷、刀根、疋田の各駅がありました。路線は現在の北陸自動車道とほぼ同じ経路をたどっています。

▼現在の北陸本線は、木ノ本駅を出ると、左カーブを描いて、余呉、近江塩津を経て、新疋田駅へと向かいます。その間、近江塩津駅と新疋田駅の間には深坂トンネルがあり、敦賀へのショートカットが行われています。

Img_1969

▼旧の北陸本線は、技術も未熟で、トンネルもそんなに長い区間は掘れない。そういう条件で路線が決められました。筆者はその路線を辿ってみました。木ノ本インターチェンジあたりから国道365号を通って、北上しました。365号は余呉湖の方へ左へ大きくカーブしていく北陸本線をオーバーハングしていき、右側には北陸自動車道が寄り添ってきます。

Img_2111

▼しばらくすると、旧の余呉町役場のある中ノ郷の集落を過ぎ、柳ケ瀬の集落に到着します。

Img_2113

▼柳ケ瀬のバス停留場。余呉バスが通っていますが、1日に10本にも満たない本数しかやって来ません。

Img_2114

▼ここにはかつての柳ケ瀬駅があったはずですが、あとかたもありません。

Img_2115

▼柳ケ瀬を過ぎてしばらく走ると、国道365号と県道140号の分岐点に到着します。右側の県道を行くと、かつての柳ケ瀬隧道に到着します。

Img_2118

▼このトンネルは旧北陸本線のトンネルでしたが、急勾配、路盤の脆弱さなどから深坂トンネルが掘られ、現在の新線に移ってしまったあと、柳ケ瀬線という支線となりました。さらにバス路線へ転換、バス専用路となり、その後、一部は国道へと変わり、一部は北陸自動車道の路盤に提供されました。

▼柳ケ瀬トンネルは1982年4月に県道として一般開放されました。トンネル入り口には、一方通行のため信号があり、待ち時間の表示装置が設置されています。

Img_2117

▼トンネルは暗く、狭い。途中、バスが離合用の退避場所があったりします。ここも心霊スポットのようで、深夜には行かない方がよさそうです。柳ケ瀬トンネルの上部には現在の北陸自動車道のトンネルが通っています。

Img_2121

▼トンネルを通過して県道を下って行くと、刀根の集落に到着します。ここにも駅があったはずですが、いまではわからないです。

Img_2129

▼県道沿いにはバス停があります。ここは愛発(あらち)の刀根区との表示があります。

Img_2122

▼県境を越えて、こちらは福井県。バスも滋賀県とは異なり、敦賀コミュニティバスの路線です。

Img_2127

▼こちらのバスも、敦賀方面には平日で1日6本。日祝日には3本しかきません。そのうちの1本がやって来ましたが、だれも乗せずに、Uターンしていきました。

Img_2125

▼強烈なダイヤですね。まさに過疎の村。

Img_2126

▼県道140号は北陸自動車道と並行して麻生口で別れ、県道は国道8号線に合流します。国道8号線をしばらく走って、疋田駅のあった集落で国道161号線に合流。この交差点で左に折れて、新疋田駅に向かいました。新疋田駅の北側では国道の改良工事が行われ、隘路になっていたJRの下をくぐるトンネルが狭いものから拡張された広いものに変わっています。

Img_2130

▼ずいぶん走りやすくなったことでしょうね。右側が旧のトンネル、左側が新しいトンネルです。

Img_2131_2

▼またまた、新疋田駅に到着。

Img_2152

▼今回は、駅舎の中を撮影してみました。鉄道ファンが自分で撮影した写真を飾っているようです。

Img_2134

▼次回は、この辺りでは珍しい編成のアレを撮影しましたので、ご紹介したいと思います。今日はこの辺で。チャオ。

Img_2133

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 普通列車は1時間に2本。しかし、特急は4本も通過。【新疋田駅】 | トップページ | 北陸新幹線の余波はこんなところにも。【Snow Rabbit Exp.】 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

新疋田のアンダーパスが改良されたという話をうかがい、
お出かけついでに通ってみました。
以前はそこだけ狭いので
パスするのがなかなかスリリングでしたが(^^;、
拡幅されて安心して通れるようになりました(^^)。

投稿: るーと | 2015年5月10日 (日) 23時46分

るーとさん。

そうですか。
以前の隧道を通ったことがないので、
わからないですが、かなり
怖そうですね。

投稿: kumoha313 | 2015年5月12日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/59932279

この記事へのトラックバック一覧です: 旧北陸本線の跡を辿って。【柳ケ瀬線】:

« 普通列車は1時間に2本。しかし、特急は4本も通過。【新疋田駅】 | トップページ | 北陸新幹線の余波はこんなところにも。【Snow Rabbit Exp.】 »