« 嵐電・妙心寺駅界隈でぶらり。 | トップページ | 鉄分は薄いが、春の琵琶湖です。 »

枯山水の庭園と抹茶色の電車。【113系】

▼花爛漫の京都に訪れた4月初め。最後は、帰りの京都駅で見かけた湖西線の113系8連。しかもオール抹茶色です。まさに壮観な眺め。さすが古都。抹茶が似合うように思います。

Img_1849

▼さて、妙法寺、等持院と参拝して、最後は約1年ぶりの訪問となる龍安寺です。ちょうど枯山水の石庭には桜が満開。

Img_1820

▼石庭は東西25メートル、南北10メートルもあり、すべてをカメラに収めるのは至難の技です。石庭を囲む塀は菜種油を混ぜた土で造られています。塀の色がすこし黄金色に見えます。

Img_1824

▼この庭を見るとなんだかこころが落ち着きます。15個の石が置かれている謎を考えて暫し休息。ところで、今回は桜の満開時期ということもあり、カメラの周りにはたくさんの見学客がいます。海外の観光客や国内の観光客でごった返しています。

Img_1826

▼石庭を後にして、鏡容池へと歩いて行きます。池の周りにも桜が植えられ、こちらも満開。桜が池の水面に映ってとてもきれいです。このシーズンだけの風景ですね。

Img_1832

▼桜以外にも、池には様々なものが映ります。

Img_1835

▼大満足の龍安寺を後にして、嵐電、龍安寺駅に到着しました。ここでも、桜が満開。紫色の嵐電と桜がなんとなくマッチしています。

Img_1838

▼それにしても、今年の桜は雨模様が多く、なんとか雨のない桜を撮影できてうれしかったです。駅の桜が見事です。

Img_1837

▼帰りにはJRで大阪まで戻ります。久しぶりの京都駅で新快速を待つ間に、抹茶色の113系に遭えました。これも重ねてうれしい出来事でした。ということで、今年の桜の記録は京都の風景ととともに終わります。今日はこの辺で。チャオ。

Img_1844

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 嵐電・妙心寺駅界隈でぶらり。 | トップページ | 鉄分は薄いが、春の琵琶湖です。 »

JR」カテゴリの記事

コメント

個人的には、いまだにこの色に限らず
単色の113系になじめません。
きれいな色のが出れば印象も変わるでしょうか…。

投稿: るーと | 2015年4月21日 (火) 00時29分

るーとさん。

抹茶色は、どうやら往年の
東急のグリーンに似ているようです。
それで気に入った方もいるようです。

投稿: kumoha313 | 2015年4月26日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/59702086

この記事へのトラックバック一覧です: 枯山水の庭園と抹茶色の電車。【113系】:

« 嵐電・妙心寺駅界隈でぶらり。 | トップページ | 鉄分は薄いが、春の琵琶湖です。 »