« 引退間近なのに、マジカ!?【トワイライトエクスプレス運休】 | トップページ | 再び贅沢な運用に遭う。【近鉄21020系NEXT】 »

相互直通運転と直通運転により便利に。【上野東京ライン開業】

▼3月14日のダイヤ改正で、上野東京ラインが開業しました。宇都宮線・高崎線と東海道線が相互直通運転を開始。常磐線が品川駅まで直通運転を行うこととなりました。

▼宇都宮線・高崎線と東海道線の相互直通運転により、東京駅と上野駅での乗換が解消され所要時間が短縮されることとなりました。平均所要時間では大宮・東京間が36分(9分短縮)、大宮・品川間が46分(10分短縮)で結ばれます。

Cimg2576

▼横浜・大宮間で現行の約77分が64分となり、13分の短縮となります。湘南新宿ライン経由と比較すると、4分の短縮となります。同じJRで客の奪い合いとなりますか?それとも混雑緩和?

▼常磐線は品川駅まで直通運転となります。さらに特急もより便利となります。普通列車では、柏・東京間が39分(7分短縮)、柏・品川間が49分(8分短縮)となります。

▼普通列車のグリーン車も、事前料金・モバイルグリーン料金が、車内料金より割安になります。たとえば、50キロまでで、平日の事前・モバイル料金なら770円、車内料金は1030円で260円安くなります。同じく50キロまでで、ホリデーの事前・モバイル料金は570円、車内料金は830円で同じく230円安くなります。

Cimg2578

▼常磐線の特急列車は新名称に変わり、品川までの直通運転を開始します。速達タイプの「ひたち」と停車タイプの「ときわ」に名称が変わりました。速達タイプの「ひたち」を利用すると、品川・水戸間が83分(13分短縮)、東京・水戸間が74分(11分短縮)となりました。

▼「ひたち」と「ときわ」の普通車の全席に「新たな着席サービス」が導入され、従来の指定席・自由席の区分をなくし、普通車の全席で事前の座席指定が可能となるほか、座席指定を受けなくても車内の空席を利用できる「座席未指定券」を発売することとなりました。

▼また「えきねっとトクだ値」、「えきねっとチケットレスサービス」により、チケットレスによる割引や指定券と乗車券がセットでお得なチケットが発売されました。

▼これまでの常磐線の特急車両であったE653は、すでに2013年3月のダイヤ改正で「スーパーひたち」、「フレッシュひたち」の全定期列車がE657系に置き換えられ、臨時列車として運用されていましたが、さらに、羽越本線の「いなほ」や、2015年3月の北陸新幹線の開業に伴い、えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの新井・上越妙高-直江津-信越本線の新潟間の特急「しらゆき」として運用されることとなりました。

Cimg2571
2011年1月1日上野駅で撮影。E653系

▼今回のダイヤ改正では、北陸新幹線の開業が大きくクローズアップされていますが、上野東京ラインの開業も関東では興味深く見られているのではないでしょうか。最後に、JR東日本のホームページから上野東京ラインの車窓風景をYou Tubeでご覧いただきましょう。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 引退間近なのに、マジカ!?【トワイライトエクスプレス運休】 | トップページ | 再び贅沢な運用に遭う。【近鉄21020系NEXT】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

40数年ぶりの直通運転復活ですね。
と言っても当時は、
東北側の東京駅への片乗り入れだったようですが。

投稿: るーと | 2015年3月16日 (月) 23時44分

るーとさん。

そうですか。
過去に直通運転があったのですか。
知らなかった。

投稿: kumoha313 | 2015年3月17日 (火) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/59281233

この記事へのトラックバック一覧です: 相互直通運転と直通運転により便利に。【上野東京ライン開業】:

« 引退間近なのに、マジカ!?【トワイライトエクスプレス運休】 | トップページ | 再び贅沢な運用に遭う。【近鉄21020系NEXT】 »