« 博多はやはりミトオカ王国でした。【元日乗り放題切符の旅6】 | トップページ | おかしな103系に会いました。【元日乗り放題切符の旅8】 »

水戸岡王国の車両たちの中に違う車両も。【元日乗り放題切符の旅7】

▼新年会やら送別会で、ブログ更新がちょっと中断しましたが、再び、元日乗り放題切符の旅の続きを始めましょう。

Img_1385

▼今回、水戸岡大国の車両が君臨する在来線の博多駅ホームで唯一異なる車両を見つけました。811系です。

Img_1389_2

▼1989年から1993年にかけて製造された交流近郊形の811系は、車体はステンレス構造でえすが、先頭車両は普通鋼で製造され、白く塗装されています。貫通扉はありますが、連結して車両同士の行き来はできないようです。奇抜なデザインの水戸岡車両群の中では、非常におとなしい車両のように見えます。

▼さて、ふたたび、水戸岡デザイン車です。長崎からの「かもめ」が乗客を降ろして回送となっている885系をじっくり撮影することにしました。ロゴマークは「つばめ」ですが、表示は、「AROUND THE KYUSHU SINCE 2000」となっています。

Img_1377

▼ただし、885系の先頭車両のエンブレムは「かもめ」のものが付けられています。ちょっと混乱気味です。

Img_1386

▼喫煙スペースかと見間違うのですが、コモンスペースだそうですが、側面が大きなガラス張りになっています。

Img_1379

▼デッキのドア周辺は何やら派手なライトが装飾されています。

Img_1378

▼パンタグラフも記録。シングルアームです。交流車両ですから、パンタの碍子も直流とはちょっと形が違います。

Img_1380

▼クロハ884形の側面です。グリーン車表示と大きな車両号数がドア横に付けられています。ドアから前がグリーン席で、ドアから後ろは普通席のいわゆるコンビ車両となっています。

Img_1382

▼先頭車両の横顔です。かなりの流線形です。よく見ていると英国の高速鉄道の「クラス395」にどことなく似ているような。そうなんです。どちらも製造は日立製作所なんですね。

Img_1384

▼九州以外ではお目にかかれないデザインの車両を撮り終えて、次は福岡空港に向かうことにします。

Img_1387

▼その前に博多駅での動画です。まずは、883系から。

 

▼次に885系「かもめ」の回送の出発風景です。

▼今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 博多はやはりミトオカ王国でした。【元日乗り放題切符の旅6】 | トップページ | おかしな103系に会いました。【元日乗り放題切符の旅8】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

余談ですが。
883系の中間車で側面にビードがなく、
シートも885仕様(ただしモケット)のものを
見たことがあります。
かなり後になってから増備されたんでしょうね。

投稿: るーと | 2015年1月19日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/58611130

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸岡王国の車両たちの中に違う車両も。【元日乗り放題切符の旅7】:

« 博多はやはりミトオカ王国でした。【元日乗り放題切符の旅6】 | トップページ | おかしな103系に会いました。【元日乗り放題切符の旅8】 »