« ハッピーホリディー。【伊丹空港の風景】 | トップページ | 「しまかぜ」BトレNゲージ化(カフェ車両などの改造)【近鉄50000系】 »

「しまかぜ」BトレNゲージ化(先頭車両の改造)【近鉄50000系】

▼年末の慌ただしい時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。ついにトミックスから近鉄50000系「しまかぜ」がNゲージで発売になりました。当方は、プアーなので完成品には手が出ません。というわけで、一つ巧い手に気が付いました。近鉄鉄道まつり会場にて11月にゲットしていた近鉄50000系「しまかぜ」のBトレインショーティーが手つかずのままになっていたので、これをNゲージ化して補完しようと考えました。

Img_0864

▼トミックスのNゲージでは基本セット(先頭車両2両、中間電動車1両)で標準価格12,420円。増結セット(中間車3両、電動車、カフェ車両、個室車両各1両)で標準価格10,692円也。合計23,112円也。

▼一方、Bトレは3両セット2パックで6両編成を再現することができます。本体は標準価格2,700円×2個。それに、グリーンマックスのパンタグラフPT71Aを648円×2箱。台車はKATOの小型車両台車(通勤電車2・11-097)標準価格324円×5セット。電動車を同じくKATOの小型車両動力ユニット(通勤電車2・11-107)標準価格2,160円。以上で合計10,476円也。コストパフォーマンスは最高です。

▼今回は先頭車両のク50101とク50601を作りました。独特のデザインのプレミアム特急らしい風貌です。組み立てる部品を並べるとこうなります。シールも貼り付けます。屋根が前後ろ反対に写ってます(汗)。

Img_1162

▼ク50601の部品はこれです。屋根がちゃんと前後ろ正しく置いています。

Img_1166

▼シールを切り出して、テールライトを貼り付けます。ク50101を最後部とするため、赤の尾灯としました。ク50601は最前部とするため、黄色の識別灯としました。また、ヘッドライトは正面カプラーを取り付ける前に先に貼り付けて組み込みます。

▼台車はNゲージ化のためにKATOのBトレ対応品を使います。

Img_1161

▼ボディーの塗装はルーペで見ると結構粗い仕上がりです。遠目には気にならないかなぁ。床板はNゲージ化のために、Bトレ用のシャーシは使わず、昔からのシャーシを使います。部品としてこれも入れてくれているので、Nゲージ化が容易に可能となりありがたいです。

▼側面と前面の立てつけがあまり良くなく、ぴったり合いません。無理すると破損しそうなので、泣く泣く隙間を放置して組み立てました。

Img_1164

▼ボディーにシャーシを取り付けました。

Img_1167

▼前の方の台車はスカートと当たるので、アーノルドカプラーを外して反対向けに取り付けます。

Img_1168

▼台車からアーノルドカプラとばねを取り外した状態です。

Img_1169

▼台車をシャーシに取り付けます。なんとなく様になって来ました。

Img_1163

▼ク50501とク50601が一応完成。車体番号も裾に貼り付けました。

Img_1170

▼次回は中間車を組み立ててみたいと思います。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« ハッピーホリディー。【伊丹空港の風景】 | トップページ | 「しまかぜ」BトレNゲージ化(カフェ車両などの改造)【近鉄50000系】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

画像で見ている限りでは、
なかなかいい感じですね(^^)。

投稿: るーと | 2014年12月30日 (火) 00時30分

るーとさん。

Bトレはどんどん進化して
いいですね。
しかし、鉄道コレクションとの
競争も激しいかも。

投稿: kumoha313 | 2014年12月30日 (火) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/58401487

この記事へのトラックバック一覧です: 「しまかぜ」BトレNゲージ化(先頭車両の改造)【近鉄50000系】:

« ハッピーホリディー。【伊丹空港の風景】 | トップページ | 「しまかぜ」BトレNゲージ化(カフェ車両などの改造)【近鉄50000系】 »