« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

ラピートも輝いているかな?【なんば・光旅】

▼あと少しで、12月。今年ももう終わりが近づいていますね。冬といえば、最近ではすっかりイルミネーションが定番になりました。南海難波駅周辺では、11月18日から2月15日まで「なんば・光旅」が開催されています。

http://www.nankai.co.jp/hikaritabi.html

▼そのうち、なんばパークスのイルミネーションを撮ってみました。まずは、印象に残った8階円形劇場のイルミネーションです。音楽とともに、光が変化します。見事な演出です。

14112806

▼2階メインアプローチです。

14112801

▼アプローチからの階段の様子です。

14112802

▼階段の樹木のイルミネーションです。

1411803_2

▼いろいろな光の変化(へんげ)のイルミネーションです。

14112804

14112805

▼滝のような、流れ星のようなイルミネーション。

14112811

▼8階円形劇場の変化するイルミネーションです。

14112807

14112808

14112809

▼熱帯魚とイルカのイルミネーション。

14112816

▼熱帯魚とイルカの下にはこのようなイルミネーションが敷かれています。

14112818

▼熱帯魚とイルカの向こうには、ハートマークが飾り付けられています。

14112820

14112821

▼すべてのイルミネーションを見て、再び下りてきました。

14112823

▼隣には、南海の難波駅。発車待ちのラピートがイルミネーションの横に停車中。

14112822

▼案内の看板です。

14112824

▼撮影日は暖かい日だったので、助かりました。ゆっくり見学ができました。カップルがお似合いの場所で、ひとりで撮影は寂しいものがありました。今日はちょっと趣向を変えて、冬の風物詩、イルミネーションをご紹介しました。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かなり変わった編成でやって来ました。【うまいもん列車・近鉄】

▼暖かい連休です。近鉄、大阪上本町では、面白いイベントが開催されていました。「伊勢・鳥羽・志摩 うまいもん列車」。すでに、何回か開催されているのですが、今回初めて見学してみました。

◎報道提供資料:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/umaimon.pdf

▼近鉄が伊勢市、鳥羽市、志摩市及び三重県と一緒に地元の食材を販売するイベント列車を大阪上本町駅地上ホームに停車させて開催しています。

141123_04

▼伊勢市の車両では、のりや新鮮野菜、鳥羽市の車両では、あわび飯の素やサメのたれなど、志摩市の車両では、生ガキ、伊勢エビ、てこね寿司などが販売されていました。

▼ご当地キャラも来てました。子供たちには人気でした。そのキャラのうち、このキャラは可愛いと思いました。鳥羽市のキャラ「トパティ」です。鳥羽市のご当地バーガー「とばーがー」のキャラクターで、バーガーとジュゴンがモチーフとなっているそうです。おなかがハートマークなのが特徴らしいです。

141123_07

▼ホームにある行先表示装置を見てみると面白い表示になってなっています。このイベントは11時から15時までですが、「貸切」の表示とともに、発車時刻は15時55分となっています。15時までイベントを開催して、お片づけをして15時55分には三重に戻って行くみたいです。

141123_06

▼先頭車両には、大漁旗が掲げられています。鳥羽磯部漁協の「たちばな丸」の旗のようです。派手です。

141123_02

▼列車の編成を見て廻って気づいたのですが、かなり変わった編成です。大阪上本町方から、2593+2462+1382+1212となっています。2430系と1200系の異系の編成です。2462と1382の連結面はかなりいびつです。

141123_10

▼丸く低い肩の2462と角ばって高い肩の1382の違いが見て取れますね。

141123_09

▼こんな編成があるなんて、初めて知りました。面白いですね。「うまいもん列車」はいわば観光列車「つどい」の出張版列車のようですね。まだ逢えていない「つどい」でこのイベント列車をやってくれるともっと嬉しいかも。

▼1212の前面には、「うまいもん列車」のヘッドマークがでかでかと貼り付けてありました。

141123_05

▼休日の8番ホーム。空き時間を利用したイベントのようですが、地上ホームからの特急の発着はこの2日間はどうしているのでしょうか。そのあたりも気になりました。さて、今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつものホームでいつもの優等列車を撮る。【近鉄特急】

▼10月から11月は鉄道や航空のイベントが目白押しで、ブログ書きにはなかなかいい季節でした。近鉄鉄道まつりも終わり、興奮の季節もようやく終わりでしょうか。さて、普段のホームに戻り、なんとなくカメラを列車に向けます。

▼まずは、リニューアルされたイエローの伊勢志摩ライナーと3200系の並びです。近鉄の型式の中ではレアな車両の並びと言えるでしょう。

Img_0883

▼3200系は近鉄で初めて量産化されたアルミ合金車体でVVVFインバータ制御車両。1986年に登場。当初4両で登場しましたが、現在6両で7編成で運用されています。

▼京都に勤務していた時に、朝、京都市地下鉄烏丸線で乗車し、大阪へ帰って来て大阪難波でまたこの車両に乗車します。なんだか、不思議な感じがします。要するに、運用する範囲が広く、京都市地下鉄から京都線、奈良線などの線区で出会える車両です。

Img_0884

▼この形式はインバータ音が独特で起動時には甲高い音がちょっと気になります。また、発車時のモーターの動きがぎこちないのか、動き出す瞬間には大きく揺れます。だから、この形式はあまり乗るのは好きではないです。しかし、近鉄としては珍しい全面フォルムをしているので一応記録はしておきましょう。

▼続いては、近鉄のフラッグシップ的列車である21000系、アーバンライナー。名阪甲特急は大阪上本町駅地下ホームで1分違いで出会います。だから、並んでアーバンライナーを撮影するにはもってこいの場所です。

▼しかし、この日のアーバンライナーは上りが遅れていて、下りの名古屋行きが早々と到着。

Img_0873

▼上下のアーバンライナーの並びはお預けとなりました。上りは一番後ろにパンタグラフがあり、パンタ好きの撮影にはちょうどいいですが、如何せん、下りでは先頭車両ではありません。

▼動画では、結局上りと下りの別々の発着風景の撮影となりました。

▼これも珍しい部類に入る車両です。汎用型の特急12410系です。この日は4両編成の奈良からの単距離特急での運用です。12400系のサニーカーとの差異はなかなか分かりにくいのですが、唯一、全面の下部にある識別灯・尾灯の形状が12400系とは違うので判別ができます。

▼4両編成の短い編成のため、ホームの真ん中にちょこんと停車しました。

▼今日は、普段の大阪上本町駅地下ホームをご紹介しました。秋が深くなり、やがて師走。それを過ぎると、近鉄では稼ぎ時のお正月を迎えます。また、もう少しすると賑やかな列車の往来が見られる季節がやって来ますね。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五位堂検修車庫からのリポート4。【近鉄鉄道まつり2014】

▼一週間はあっという間。近鉄鉄道まつり2014も終わってちょうど1週間。今回でもう6回目のリポートになります。

Img_0761

▼今回は、最後のリポートということで、ちょっと変わり種の画像などをご紹介しましょう。昨年もありましたが、「あなたも車掌!『扉よし!!』」と「あなたも運転士!『出発進行』!!」のコーナー。

Img_0787_2

▼手前の9020系9128形は面白い行先表示です。わかりにくいですが、「ワンマン普通・東花園」。まずありえない表示です。

Img_0785

▼奥の9126形の表示は「快速急行・京都」。これもありえない表示です。

Img_0789

▼続いては、恒例の「鉄道模型走行会」です。毎年、社員さんのうちで、模型ファンの方々がこの会をされているのでしょうか。NゲージとHOゲージの2種類が展示されています。写真写りのよいのはやはりHOゲージですね。

Img_0840

▼「しまかぜ」がやはり人気でしょうか。

Img_0842

▼静止画ではなんとなく、面白さが伝わらないかなぁ。ということで、動画もアップしてみました。はかるくんもあります。22600系Ace+12200系新スナックカーの編成も。

▼鉄道模型はいつも子供たちの人気者です。今回も盛況です。さて、先着5,000名にプレゼントされる高安でもらったトレカは京都駅近くの「しまかぜ」です。

Img_0866

▼続いて五位堂でもらったトレカは、「ヒストリートレイン」です。こちらは10,000名にプレゼント。

Img_0867

▼今年の鉄道まつりは雨模様で、もうひとつの天候でしたが、内容は濃いものでした。2年にわたりお邪魔しましたが、関係者の皆様方は準備及び当日の対応で大変だったと思います。近鉄の社員の皆様の熱い思いは十分伝わりました。これからも継続していただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

Img_0861

▼さて、高安会場、五位堂会場の2会場の鉄道まつりをご紹介しましたが、いかがでしたか。今年も堪能させていただきました。ありがとうございました。では今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五位堂検修車庫からのリポート3。【近鉄鉄道まつり2014】

▼今回も近鉄鉄道まつり2014のリポートです。今回の冒頭を飾るのは、ヒストリートレインと22600系Aceです。

Img_0769

Img_0765_2

▼今回は、検修車庫内の様子の続きです。車両機器の展示・実演はいつ見ても面白いのですが、分解された台車がこのように置かれていると、普段とは異なりその構造がよくわかります。この台車はボルスタレス台車ですが、構造はシンプルなのがわかります。

Img_0828

▼こちらは密接連結器です。

Img_0830

Img_0831

▼色を変えてあるので、その構造がよくわかります。

Img_0832

▼ブレーキの仕組みを解説した展示。照明が当たっているところにブレーキがあり、ハンドルで操作するとブレーキがかかる様が見て取れるようになっています。

Img_0829

▼そうそう、午前中、検修車庫の外の大阪線では、ちょうど11時過ぎですが、「しまかぜ」が通過して行きました。鉄道まつりへのサービスで警笛が鳴らされました。粋な計らいですね。

Img_0776

▼さて、午後は1時すぎから猛烈な雨が降ってきました。外の見学者はみんな検修車庫内に雨宿りで入ってきました。40tクレーンの実演は大人気となりました。

Img_0811

▼昨年は21000系アーバンライナーでしたが、今年は南大阪線の6774形が実演に使われました。

Img_0791

▼足回りの台車は五位堂に運ばれるために、標準軌の仮台車に履き替えられています。

Img_0792

▼それでは、豪快な40tクレーンの実演風景を動画でどうぞ。

▼オーバーホールされている車両の中で、珍しい車両を見かけました。先頭車両の行先・種別表示機がはずされている車両がありました。昔の表示器のない時代を思い出しました。

Img_0859

▼奈良線の8000系8721形です。

Img_0858

▼最近の車両には連結面に転落防止の幌が取り付れるようになってきました。近鉄のそれは独特のものです。円錐形のコーンのような形をした器具です。はたしてこれで本当に転落防止が図れるのかどうか。他社とは違って変わった形です。

Img_0855

Img_0854

▼鉄道まつりが終わってもう一週間が経とうとしていますが、まだまだ余韻が続いています。次回もリポートを続けます。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五位堂検修車庫からのリポート2。【近鉄鉄道まつり2014】

▼今回も近鉄鉄道まつり2014のリポートです。まずは、今年の展示車両から。目玉とされる「ヒストリートレイン」です。今回はお顔の正面です。カラーは阪急のマルーンに少し似ています。行先表示はまたまたお遊びで「快速急行・尼崎」行きです。(笑)

Img_0766_2

▼お次は、そのカラーが清々しい15200系の「あおぞらⅡ」です。

Img_0763

▼お外はこの辺で。続いては、主検修棟に入って行きました。入り口には、プラレールジオラマ、電車のおもちゃ屋さんが今年もあります。そこで、こんなものに手を出してしまいました。

Img_0864

▼あ~あ、衝動的に買ってしまいました。Bテレインショーティー「近鉄50000系しまかぜ」です。すでに店頭でも10月末から販売が始まっています。しかし、なにを勘違いしたのか、先行限定販売ではと焦って買ってしまいました。1セット。しかし、これでは不完全なことがあとで判明し、また衝動的な行動に・・・。

▼さて、検修車庫の奥に進んでいくと、床下ピットの見学会をやっています。今年は、22000系Aceの床下を見学できます。すでに外の行列は長くなっています。

Img_0799

▼そうそう、床下ピット見学の隣は、ピカピカになった12400系サニーカーです。お色直しも済ませ、間もなく出場でしょうか。

Img_0797

▼続いては、これも恒例になっている電車と綱引きです。今年の車両はなんと、モト90形です。

Img_0794

▼小学生以下の限定参加になっています。摩擦抵抗が少ない鉄道の特性からいって、必ず動かかすことはできます。でも、小学生なら、そんなことより、重い電車を動かせたことが感動を呼ぶのでしょうね。綱引きの様子を動画に撮ってみましたので、どうぞ。

 

▼40トンクレーンの実演は1時間に1回行われます。それを待っている間に、車両機器の展示・実演を見学することにしました。ことしも昨年と同じ展示内容です。

Img_0790

▼静止形インバータ(SIV)。車内の空調装置や照明器具に電力を供給する装置です。GTOサイリスタを使用していますが、現在は進化してIGBTに代わっているそうです。(なんのこっちゃ)

Img_0820_2

Img_0821

▼電動発電機(MV)。車内の機器への電力供給装置の一種。

Img_0824_2

▼意外に大きいものです。

Img_0823

▼筆者が気に入ったのは、主電動機です。すなわち、電車を動かす心臓部のモーターです。台車のわずかな隙間に組み込まれています。画像は台車から取り外された主電動機です。

Img_0825

▼取り付けられた標識の拡大画像です。三菱電機製の電動機です。綺麗に外側が塗り替えられています。

Img_0826

▼おしまいは、名古屋線の1000系車両です。この辺りでは珍しい編成です。今日はこの辺で。次回もまだまだリポートします。チャオ。

Img_0771

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高安に続いて五位堂検修車庫に行きました。【近鉄鉄道まつり2014】

▼今年の近鉄鉄道まつりは、連休の11月1日と2日に開催されました。会場は高安車庫と五位堂検修車庫の2か所。前回までは高安車庫の様子をご紹介しました。今回からは、五位堂検修車庫の様子をご覧いただきましょう。

Img_0754

▼1日目に、高安に行ったので、2日目は五位堂に行くこととしました。生憎、今年のお天気は両日ともよくありませんでした。1日は曇りでしたが、2日は予報では午後から雷雨があるかも。ということで、少し早目に出かけることにしました。

▼五位堂の駅からはすでに多くの家族連れなどで検修車庫までの道中は混雑しています。筆者は今年で2回目ということもあって、展示会場のレイアウトは大体わかっています。まずは、目玉ともいえる近鉄の車両展示をみることとしました。

▼今年の展示車両は、左から、5800系ヒストリートレイン、22600系Ace、15200系あおぞらⅡ、30000系新ビスタEX、モワ24系はかるくんです。

Img_0751

▼昨年は引退間近な18400系、リニューアル後の赤い23000系伊勢志摩ライナー、モト90形などの展示でしたが、今年は少しインパクトが少ない印象です。

Cimg5819
昨年の展示風景

▼18400系はすでに廃車されていますが、高安で展示されていたように、運転席部分だけが切り取られて保存されています。

Img_0693

▼次は、ヒストリートレインとAceの並び。

Img_0757

▼続いて、あおぞらⅡとビスタEXの並び。

Img_0754_2

▼最後は、ビスタEXとはかるくんの並び。

Img_0755

▼デボ14形の展示では、今年は車内の見学ができるようになりました。(整理券が必要)検修車庫と大阪線との間の線路には今年も休憩列車が留置されています。一つは名古屋線から持ってきた2000系の3両編成です。ド派手なラッピングの車体です。名古屋線のラッピング車両ってどれもド派手ですね。

Img_0779

▼続いての休憩車両は、奈良線8400系の3両編成です。8415形は台車がコイルでした。珍しい台車です。

Img_0783

▼両者のご対面はこんな感じです。ド派手とノーマル、対照的です。

Img_0781

▼今日はこの辺で。次回も近鉄鉄道まつり2014、五位堂検修車庫からお送りいたします。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高安車庫へ行ってきた。その2【近鉄鉄道まつり2014】

ん▼前回に引き続き「近鉄鉄道まつり2014」のご紹介です。今回は、高安駅で遭遇したイベント列車などの動画です。

▼まずは、2日間の鉄道まつり開催中運転された「楽号」の動画です。高安駅と五位堂駅の間を4往復で、各列車とも定員は200名です。高安発は、11時34分、12時34分、13時34分、14時34分の4本です。高安発はすべて事前予約が必要で、五位堂発発の1本目のみが両日とも当日発売がありました。

Img_0725

▼動画で見るとこんな感じです。五位堂からの到着、引き込み線への引き上げ、引き込み線から高安駅への入線、アーバンライナーNEXTとの並びの順に撮影しています。高安到着後は速やかに引き上げ、五位堂行きとしての入線もせわしないものです。しかし、お客さんはスムーズに乗降しています。

▼続いては、帰りの電車を待っているときに遭遇した「あおぞらⅡ」の車庫入線風景です。この「あおぞらⅡのうち、1本は五位堂の鉄道まつり会場に展示中です。4編成あるため、違う編成が来た模様です。

▼もう一本は、21000系の復刻塗装車で、これも高安に展示中。

Img_0708

▼その他の編成ということになりますね。さて、車番は確認できないので、あしからず。さて、動画はゆっくり車庫に入線する「あおぞらⅡ」です。手前の金網が邪魔ですが、ご辛抱ください。

▼高安車庫の展示はいまひとつでしたが、実車は「楽号」やら「あおぞらⅡ」やらを撮影でき、大満足でした。さて、2日目の今日は五位堂検修車庫に参りました。そのご紹介はまた次回から。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は高安に行ってきました。【近鉄鉄道まつり2014】

▼11月の連休は、恒例の近鉄鉄道まつりですね。2014年も始まりました。第1日目は、高安車庫にお邪魔しました。

Img_0740

▼ご存知の通り、近鉄鉄道まつりは高安車庫と五位堂検修車庫の2か所で開催されます。そこで、来場者の便宜を図るため、事前予約制ではありますが、団体専用列車の「楽号」の乗車体験が高安と五位堂間で1日4往復実施されます。筆者はこの「楽号」を身近に見るのは初めてでした。

▼この「楽号」は20100系あおぞら号の老朽化により、ポスト20100系として、1990年に1編成が製造されました。両端のダブルデッカーの2両と真ん中のハイデッカーの2両の4両編成です。

Img_0729

▼さて、高安に着いた時に話を戻しますと、コレがホームにいました。

Img_0683

▼15400系の「かぎろひ」です。この車両も身近で見るのは初めてです。今日はなんだかラッキーです。旅行会社のクラブツーリズムのツアー専用車両です。車体には会社の表示があります。

Img_0686

▼幸先の良いスタートを切ったので、勢いよく車庫に向かいます。人出は結構あります。雨も上がったので、増えてきたようです。

Img_0699

▼高安車庫の目玉はトラサーバの実演ですが、残念ながら1回目の実演は終わっていました。2回目は13時ということで、結局見ることなく撤退しました。

Img_0689

▼車両検査のために、5200系は本来の台車を外して、仮の台車を履いています。

Img_0701

▼車庫内では、運転台カットモデルが展示されていました。今回はすでに廃車となった18400系ですね。中を見学するために、長い行列ができています。

Img_0693

▼そのほかのイベントをご紹介しましょう。まずは、「あおぞら」復刻塗装の車両が展示されています。これを撮影。ヘッドマークが昔のままですね。小学生の時に修学旅行で乗車した「あおぞら」のことを思い出しました。

Img_0710

▼隣は21000系の運転台見学。これも長蛇の列です。

Img_0704

▼面白かったのでは、行先が「天理」となっていたことです。通常ではありえない表示なのでなんだかうれしいですね。

Img_0712

▼軌陸車実演です。

Img_0719

▼その他、保線車両のいろいろ。

Img_0720

Img_0716

Img_0715

Img_0717

▼ざーと見学すると、30分くらいでしょうか。実演や長蛇の列は遠慮しましたので、早い時間で終わりました。高安車庫はコンパクトで、ちょっと物足らない感じです。

▼そうそう。帰りに高安駅のホームで電車を待っていると、コレにも出会えました。ゆっくりと車庫に入って、折り返し、再び出て行きました。今日は、まずまずラッキーでした。

Img_0749

▼「楽」と「あおぞらⅡ」の動画も撮りましたので、次回にご紹介しましょう。さて、明日は五位堂検修車庫の予定です。お天気がどうなるか、気になるところです。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »