« あなたは桃と鉄人とどちらが好きですか。【南海ラピート】 | トップページ | 3線の列車が一斉に発車とは壮観な眺めです。【阪急梅田駅】 »

半世紀にわたり、夢とのぞみをありがとう。【新幹線50周年】

▼今日10月1日で、新幹線が開業50周年を迎えました。1964年10月1日、0系でスタートした新幹線は、12両編成で、1等車2両、2等車8両、2等車とビュッフェのコンビ車両が2両の編成でした。

▼「列車種別は「ひかり」と「こだま」の2種類、最速の「ひかり」は名古屋と京都にしか停車せず、超特急と呼ばれていました。各駅停車の「こだま」は特急という扱いでした。

Cimg4188

▼東京・新大阪の運賃は、「ひかり」が1,180円、超特急料金が1,300円で、計2,480円。「こだま」が運賃1,180円、特急料金が1,100円の計2,280円(いずれも2等車の場合)でした。

▼東京・新大阪の所要時間は、開業当時「ひかり」が4時間、「こだま」が5時間でしたが、1965年には、「ひかり」が3時間10分、「こだま」が4時間に短縮されました。

Cimg4100

▼開業から22年間製造された0系は製造車両数の合計が3,216両にのぼり、わが国の鉄道車両の中でもトップクラスの両数となっています。0系の更新が長かったことがその理由ということだそうです。

▼1985年10月1日、開業21年目に導入されたのが2階建ての「100系」です。高速鉄道では世界で初めての2階建て車両でありました。

Cimg4190

▼100系の編成は16両で、そのうち2両は2階建て車両が連結されました。その1両は食堂車、もう1両はグリーン車として使用されました。食堂車は1階が厨房、眺望のよい2階が客室となっていました。

Cimg4137

▼グリーン車の方は、2階がオープン型客室、1階は個室として4つのタイプの部屋が用意されました。1988年からは2階がオープン型の客室、1階がカフェテリアになっているものも現れしました。

▼筆者も、この100系には東京出張の折には大変お世話になりました。まだ、0系との入れ替わりの過渡期でもあり、座席のピッチが広い100系を好んで選んで乗車していました。

▼1992年3月14日のダイヤ改正で、これまでの「ひかり」と「こだま」に加えて「のぞみ」が誕生しました。新開発の300系を投入し、最高速度もこれまでの220キロから270キロへと大幅なスピードアップを実現しました。

Cimg4195

▼当初「のぞみ」は早朝夜間に1日2往復のみで運転されましたが、好評であったので、瞬く間に「のぞみ」の運転本数は「ひかり」を抜いてしまいました。

▼以上、JR東海ホホームページから開業から300系までの歴史を駆け足で見てきました。今日は、いろいろなメディアで新幹線開業50周年が取り上げられていました。鉄道ファンの端くれとして、とりあえず祝意を申し上げます。おめでとうございます。我々日本人にとって身近になった高速鉄道である「新幹線」。社会、経済に大きな影響を与えてきたこの鉄道は、やはり、なんといっても、我々日本人の誇りかな。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« あなたは桃と鉄人とどちらが好きですか。【南海ラピート】 | トップページ | 3線の列車が一斉に発車とは壮観な眺めです。【阪急梅田駅】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

日本の新幹線はその高速性ゆえに
在来線とはまったく互換性のない規格で建設されましたが、
後発のTGVとの比較や、かなり無理をして北陸線に
FGTを導入することを検討している現状を鑑みると、
戦前に改軌か新線建設かの路線対立があった時に、
もし改軌派が勝利していれば…、とふと思いました。

投稿: るーと | 2014年10月 2日 (木) 00時36分

るーとさん。

莫大な費用は掛かりますが、
改軌しておれば、日本の鉄道は
どうなっていたか。
もっと、在来線と新幹線との
往来が自由で柔軟な路線が
形成できたでしょうね。

投稿: kumoha313 | 2014年10月 2日 (木) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/57548851

この記事へのトラックバック一覧です: 半世紀にわたり、夢とのぞみをありがとう。【新幹線50周年】:

« あなたは桃と鉄人とどちらが好きですか。【南海ラピート】 | トップページ | 3線の列車が一斉に発車とは壮観な眺めです。【阪急梅田駅】 »