« 懐かしいリンゴ色。だけど高性能。【鉄道コレクション、長野電鉄新OSカー】 | トップページ | しまかぜ&トワイライトエクスプレス車両のクルーズツアー。【近畿日本鉄道、JR西日本】 »

全車廃止かといえば、1両だけ残っています。【鉄道コレクション・伊豆急行100系低運転台】

▼前回の長野電鉄10系「新OSカー」と同時に手に入れたのが、伊豆急行100系低運転台です。

Img_0021

▼伊豆急行100系は、1961年の伊豆急行開業にあわせて東急車輛製造で造られ、20
02年4月まで営業運転していました。海岸線を走る伊豆急では、海岸線の美しい景色を楽しめるように大きな窓となっています。車体もオーシャンブルーとハワイアンブルーのツートンに塗り分けられて、リゾート列車の先駆けとなる電車です。

Img_0020

▼伊豆急は東急との関係も深いこともあって、伊豆急の運転士の慣熟運転と伊豆急の開業のPRを兼ねて、開業までの間東急東横線で走行したそうです。この100系は当初、サントリーの寄贈で食堂車も配備されており、サントリーの酒類、飲料も提供されていたそうです。

▼東京からは国鉄からの乗り入れ車両もやってくるため、伊豆急でもグリーン車も保有していました。私鉄としては、ユニークな存在ですね。鉄道コレクションでは、パンタのあるクモハ123形と、クハ157形の2両編成のセットとなっています。

Img_0018

▼オーシャンブルーとハワイアンブルーのツートンの境目にはシルバーの帯でアクセントをつけられています。

Img_0019

▼100形には多様な形式があったようですが、低運転台のほかに、高運転台の全面もあります。しかし、これはなんか不細工な顔をしています。やはり、100系は低運転台がいいです。鉄コレではヘッドライトはシールドビーム化されたものを表現しています。

Img_0017

▼妻板部分も上手く仕上がっています。貫通扉も色分けがされています。

Img_0027

▼おまけは、鉄道コレクションの隣に、Bトレの100系の両運転台クモハ103号車を並べてみました。この車両は、事業用車から営業用車両として復活させることとなり、2011年からまたイベント列車などで運用されています。

Img_0024

▼100系は昭和の雰囲気のある私鉄らしい車両と思うのですが、いかがでしょうか。

Img_0025

▼鉄コレも最近はレア車両を出してくれるので、つい触手が動いてしまいますね。長電のOSカーなんてレア過ぎます。伊豆急100系は今はなき車両で懐かしい。

Img_0016

▼久しぶりに、本来の模型をテーマにアップしてみました。今日はこの辺で。チャオ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

|

« 懐かしいリンゴ色。だけど高性能。【鉄道コレクション、長野電鉄新OSカー】 | トップページ | しまかぜ&トワイライトエクスプレス車両のクルーズツアー。【近畿日本鉄道、JR西日本】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

高運転台のほうがいまひとつスマートさに欠ける印象なのは、
キハ28/58の初期型よろしく
前面窓がラウンドしてないせいかもしれませんね。

投稿: るーと | 2014年9月16日 (火) 23時18分

るーとさん。

全体的に、バランスが
悪いように思えます。
低運転台がやはり
いいです。

投稿: kumoha313 | 2014年9月17日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/57384652

この記事へのトラックバック一覧です: 全車廃止かといえば、1両だけ残っています。【鉄道コレクション・伊豆急行100系低運転台】:

« 懐かしいリンゴ色。だけど高性能。【鉄道コレクション、長野電鉄新OSカー】 | トップページ | しまかぜ&トワイライトエクスプレス車両のクルーズツアー。【近畿日本鉄道、JR西日本】 »