« 春なのに、もみじの名所に行ってみた。【東福寺】 | トップページ | 禅宗庭園の白眉。【東福寺「八相の庭」】 »

ここでは、山門を三門というらしい。【東福寺2】

▼臥雲橋を渡って、しばらくいくと、本堂につながる門に出ました。ここには堂々たる山門があります。東福寺では、山門とは言わず、「三門」と言うそうです。

Cimg6461

▼この「三門」は1405年(室町時代)に建てられたもので、現在は国宝に指定されています。堂々たるたたずまいです。一般的には寺院の入口は山門と表記されますが、ここでは山門。東福寺では「三つの門」と表してます。それは、「三解脱門」の略で、「空門」「無相門」「無作門」の三つを意味するそうです。 難しくてなんだかわからない。

Cimg6464

▼三門の正面二階には北朝第四代将軍足利義持の筆である扁額「みょう(「玄」の偏に少)雲閣」が掲げられています。「妙」 は「女」偏が一般的ですが、額には「玄」の偏を使い、本来の「玄」の意味である「奥深い道理」の意味を添え、「妙」の意味の「真理・美しい」の意味を強調しているそうです。

Cimg6465_3

▼三門は圧倒される大きさです。 連休中は二階に上がることができるみたいですが、筆者は二日違いで上がれませんでした。続いて、拝観料を払って、先に見えていた「通天橋」に向かうことにしました。

Cimg6460

▼通天橋は本堂から 常楽庵をつなぐ屋根付きの回廊の一部で、境内を流れる渓谷の洗玉澗に架かっています。

Cimg6468

▼通天橋の中央部から下流の臥雲橋を臨むとこういう風になります。みどりがまぶしい。

Cimg6472

Cimg6473_2

▼九條道家は初代住職として、宋での修業を終えて帰国した禅僧の円璽弁円を迎えました。彼は、天皇より初めて国師号を贈られた禅僧だそうで、駿府の国に生まれ、久能山久能寺に登り、33歳で宋に渡り、6年の修業を経て帰国した高僧とのこと。回廊を北へ歩いて行くと常楽庵に到着します。次回はそのお話と、方丈にあるお庭のお話です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 春なのに、もみじの名所に行ってみた。【東福寺】 | トップページ | 禅宗庭園の白眉。【東福寺「八相の庭」】 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

寺社建築はよくわかりませんが、
それにしても立派な建物ですね。

投稿: るーと | 2014年5月10日 (土) 23時44分

るーとさん。

この三門は、京の三大山門の一つだそうです。

投稿: kumoha313 | 2014年5月11日 (日) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/56083044

この記事へのトラックバック一覧です: ここでは、山門を三門というらしい。【東福寺2】:

« 春なのに、もみじの名所に行ってみた。【東福寺】 | トップページ | 禅宗庭園の白眉。【東福寺「八相の庭」】 »