« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

「しまかぜ」つながりで。【プラレールアドバンス】

▼近鉄では、特急車両の更新により今後変化がありそうですが、観光特急「しまかぜ」の影響も大きいのかもしれません。というわけで、近鉄特急つながりで、こんなものを手に入れました。

14032106

▼Nゲージでは、まだ、「しまかぜ」は各社とも登場していない中、早くもプラレールアドバンスでは「しかまぜ」が昨年12月には登場しました。「しまかぜ」にはまだ未乗車でもあり、プラレールアドバンスを買ってみました。

14032107
ク50100形(ク50600形)

▼なかなか、プラレールアドバンスの車両の出来はよく、細かいところも表現されています。「しかまぜ」は実際は6両編成ですが、PAではク50100形+サ50400形+モ50300形+ク50600形の4両編成となっています。

14032109
サ50400形、カフェ設備のある車両

14032108
モ50300形、サロンと個室車両

▼PAは2011年10月に発売となり、従来のプラレールのレールを使って、複線で車両を走らせることができるようになっています。レールなどはプラレールと共通ですが、ポイントレール、ストップレール、クロスポイントレールなどは、PA独自のものとなっています。

14032129
引き込み線用のターンアウトレール

▼私は、このように使ってみました。片方のポイントしかつかっていないので、ちょっともったいない使い方です。

14032130

▼PAは当初から脱線問題が課題になっており、車両をレールに乗せるガイドレールも作られました。

14032121

14032128

▼登場時には、Nゲージの線路でも走行が可能なように設計されていましたが、プラレールとは相性が悪く、その後改良が施され、Nゲージとの互換性はあきらめて、脱線が起きないようにされています。しかし、走行上のぎこちなさは残っている印象を受けますし、よく脱線しますが、ガイドレールで修正がなされるようになって、かろうじて脱線問題はクリアになっているようです。

▼私のレイアウトは環状線と引き込み線を組合せたものとして、引き込み線に入った車両が停止するように、ストップレールを組み込んでいます。

14032120

▼PA初登場時に発売された南海のラピートも買ってみました。

14032111

▼「しまかぜ」と「ラピート」の2編成で、複線の線路を走らしてみました。なかなか、ダイナミックなすれ違いです。

14032101

▼近鉄と南海が仲良く同じ線路でご対面です。

14032118

▼今後、レールや情景部品を継ぎ足していけば、なかなか面白いレイアウトが楽しめそうです。

14032117

▼というわけで、消費税値上げ前にして、ちょっとした大人買いでプラレールアドバンスを買ってしまいました。

14032131

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

特急車両が新型に切り替え!?【近畿日本鉄道】

▼今朝の朝日新聞によると、近畿日本鉄道では、約460両ある特急の4割超を、数年かけて新型に切り替える方針を明らかにしたとのことです。

Cimg2389
生駒駅の奈良行き特急

▼この記事によると、新型化する特急車両は、1988年以前に作られた約200両。アーバンライナーとは違う、汎用特急車両のようです。老朽化が目立つことも切り替えの理由としています。

091128_011
12200系、鶴橋にて

▼3月22日からは阪神なんば線を経由して、臨時特急が神戸三宮から伊勢志摩方面などにも直通運転を始めることととなっており、新型特急の神戸方面からの通常の直通運転に向けての布石ともいえるのかもしれません。

▼また、記事では、もう一つの理由として、昨年3月から運転を開始した観光特急「しまかぜ」が好評であることもあげています。現在は水曜日を除いて、毎日大阪難波及び近鉄名古屋と賢島を1往復の運転を行っていますが、今後、「しまかぜ」車両を追加して、京都方面からも運転を行う計画もあります。

13050505
大阪上本町駅のしまかぜ

Cimg5585
デビュー間もない「しまかぜ」

▼近鉄では、伊勢神宮式年遷宮にちなんで、既存の「伊勢志摩ライナー」の改造や、「しまかぜ」の新造、さらに観光列車「つどい」の運転など、伊勢志摩観光を最重点に、鉄道事業へのテコ入れを図っています。

Cimg5224
リニューアルされた赤い伊勢志摩ライナー

▼テコ入れの対象とされたのは1988年以前に作られた特急車両であり、アーバンライナー(21000系)、アーバンライナーnext(21020系)、22000系(ACE)、22600系(Ace)、伊勢志摩ライナー(23000系) 、しまかぜ(50000系)は除かれるので、対象車両としては、30000系(ビスタカーⅢ)も該当します。

Cimg3936
30000系もリストラの対象へ

▼鉄道事業へのテコ入れは、沿線人口の減少が深刻であることがあげられます。記事でも、鉄道運賃の収入がピークの1996年度から30%減となっており、割引があっても収入を確保できた通勤・通学客が減少しているのが、鉄道事業の収益への打撃になっているようで、特急料金という付加価値のある観光客をターゲットに収入の確保を図ることが重要になっています。

▼鉄道ファンとしては、なにはともあれ、新しい特急車両がお目見えすることになることは、大歓迎なことで、近鉄さんには悪いですが、大いに楽しみなことと思われます。どんな車両となって現れるのか。

Cimg3218
22600系は対象外

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

開業100周年を迎える。【近鉄奈良線】

▼近畿日本鉄道のホームページによると、2014年4月30日に、近鉄奈良線は開業100周年を迎えるそうです。それにちなんで、様々なイベントを4月19日から7月8日まで奈良線沿線で実施するとのことです。

近鉄HP:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hp100syunenn.pdf

Cimg2239
近鉄奈良駅地下ホーム

▼近鉄奈良線の前身は大阪電気軌道株式会社で、1914年(大正3年)に上本町・奈良間の営業運転を開始したのが始まりです。開業当時に運行していたデボ1形が五位堂の検修車庫に保存されています。

Cimg5847

▼主な記念イベントの概要は次のとおりです。

1.デボ1形塗装色車両(ヒストリートレイン)の運行及び出発式
 5800系車両にデボ1形をイメージした塗装を施し、車内では奈良線の100年の歴史を振り返り、B3のポスターを掲出した「ヒストリートレイン」を運行

090320_hansin_namba_line_028
尼崎駅の5800系

2.デボ1形塗装色車両の出発式
 2014年4月29日(火・祝日)10時40分に大阪上本町駅で中川家・礼二をゲストにテープカットを実施予定

Cimg5841

3.募集型企画旅行の開催
 これに合わせて、デボ1形塗装色車両の撮影会ツアーが同じ4月29日に予定。出発式の後、この車両で東花園車庫での撮影会と西大寺車庫での車窓見学などを実施

4.「近鉄奈良線開業100周年のあゆみ展」&「近鉄奈良線開業100周年記念 鉄道まつり」の開催
 4月29日から近鉄百貨店上本町店にて「あゆみ展」が5月7日まで開催。同じ29日に、中川家・礼二による「トークショー」があるほか、鉄道模型展示、運転体験コーナー、記念グッヅの販売などが予定

5.オリジナルバッジプレゼント・スタンプラリーの実施
 4月19日から7月8日の間、6回にわたり、スタンラリーに参加し、スタンプを集めると、デボ1形、800系、900系、8810系、9020系、22600系のバッジがプレゼント。さらに、オリジナルバッジを制覇すると、「しまかぜ」のバッジがもらえるそうです。

Cimg5830

6.近鉄奈良線マルシェ
 ヒストリートレインの車内での特産品の展示販売

7.記念切符・記念グッズの発売
 「近鉄全線フリーきっぷ」、記念入場券、記念スルットKANSAIカード、鉄道コレクション900系(2両1編成)の販売

8.懸賞プレゼント
大阪マリオット都ホテル招待、新歌舞伎座招待、鉄コレ900系プレゼント

9.その他
 記念ハイキング、近鉄グループのホテル、飲食店舗等の記念プランなど

▼盛りだくさんのイベントがこの春から夏にかけて予定されています。今回のイベントは近鉄のそもそもの母体となった大阪電気軌道の奈良線開業100周年を記念したものですが、昨年からの伊勢神宮式年遷宮、ハルカスオープンに引き続き、波状的にイベントを開催する近鉄。アベノミクスに続いて、「伊勢神宮パワー」、ハルカスオープンによる「あべのミクス」、それに今回の少々地味ではありますが奈良線記念イベント。なかなか積極的な営業展開が続いていますね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ日本の空からサヨナラ。【ANAジャンボ機ファイナル】

▼長らく日本の空で活躍してきたボーイング747型機が、国内線からは姿を消すことになります。全日空のジャンボ機がこの3月末をもって、退役することになりました。

○ANAのHP:http://www.ana.co.jp/thanks_jumbo/index.html

Cimg2621
羽田でのB747

▼現在、羽田・千歳間、羽田・那覇間の往復で運航されていますが、3月31日には退役することとなります。 退役を前にして、各地でさまざまなイベントが開催されたり、これから予定されています。すでに伊丹空港でのイベントが1月12日に開催されました。今後、機体工場&訓練センター見学、さよならフライトチャーターが開催予定で、すでに完売。極め付きは、B747を見送るアメリカツアーです。

Cimg2629
羽田にて

▼まだ、伊丹空港にもB747が沢山運航されていた頃は、夕方に伊丹に出かけて、見学デッキから、那覇から出迎え、折り返し羽田行きになるB747をよく見送ったものです。いまは、航空業界も、省エネや小回りの利く小型機が主流になって、すっかり、空港の様子も様変わりしてしまいました。特に、伊丹空港は騒音の防止などの配慮もあって、ジャンボは敬遠され、小型機ばかりになって、寂しい限りではあります。

Cimg0399
伊丹でのボンバルディアDHC-400

▼ジャンボは退役しますが、ワイドボディの機材ではB777が主流であり、ポストB777としての新鋭機のB787は数々の不具合で、いまだ本調子ではなく、ジャンボほどの信頼性を勝ち得てはいません。

Cimg4650
B787。伊丹にて

▼海外旅行に初めて搭乗した機材もB747でしたし、国内線でも羽田や千歳へはジャンボへの搭乗が多かったので、やはり、思い出深い機材です。今後は日本の空からはその雄姿は見られなくなりますが、こころのなかでは、いつまでも残っています。サヨナラ、ジャンボ。

Cimg2630_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どこまで進化する!?【東海道新幹線】

▼東海道新幹線がまた、速度を向上させるそうです。先日、JR東海の社長会見にて発表がありました。現在の最高速度270km/hが285km/hとなるそうです。対象となる車両は、N700A及びN700系。営業運転開始の時期は、2015年春の予定です。

Cimg3600

▼運行計画では、2015年春の時点では、おおよそ毎時1本の285km/h運転を目指し、その後、車両更新と改造工事の進展に合わせて、段階的に拡大するそうです。

▼試験車両を用いた確認試験を実施してきたが、必要な試験を終え、車両や設備の安全性、沿線環境、乗り心地などの面で良好なデータが得られたため、鉄道事業法に基づき、最高速度の向上に関する事業基本計画変更の認可申請を国土交通省に行ったとのことです。

Cimg5275_2
これは、山陽・九州新幹線車両です。(福山)

▼日本経済新聞の記事(2014年2月27日)では、東京・新大阪間で現行速度に比べて、所要時間が「2~3分」短縮できるそうです。わずか、2ないし3分ですが、この短縮には相当の投資が必要となるようです。そこまでして、速度向上を目指す理由はなんでしょうか。リニア新幹線が開通すれば、現在の新幹線の速度は問題にならないほど遅いものとなります。

Cimg4111_2

▼車両の改造、設備・線路などの改修が行われることになるでしょうが、技術の飽くなき追求はどこまで続くのでしょうか。東海道新幹線はまだまだ進化する!?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春は間近。1周年と5周年。【しまかぜとなんば線】

▼早いもので、暦ではもう春が近づいています。とは言うものの、まだまだ、雪が降るとの予報が出そうな今日この頃です。

13050502

▼そんな中、近畿日本鉄道では、7日には、大阪阿部野橋駅上の、あべのハルカスがオープンします。グループの総力をあげてのグランドオープンです。鉄道事業でも、2つの記念イベントが発表されました。一つは、観光特急「しまかぜ」の1周年記念イベント。

14030202

▼デビュー以来好調を博したなかでの記念イベントです。まず、運行1周年記念懸賞プレゼント。ホテル志摩スペイン村コースと伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート「まわりゃんせ」及びしまかぜ車内限定ストラップのプレゼントです。

▼車内では、記念ポストカードの進呈(3月21日のみ)、1周年記念乗車証の配布(3月21日から4月末)、伊勢茶(ティーパックと萬古焼急須)サンプリング(4月19日・20日)及び記念スイーツ・記念グッズの限定販売(伊勢茶ロール、キーリング、伊勢茶ロールは3月21日から4月末までの限定販売)があります。

▼さらに、「しまかぜ」停車駅及び駅営業所などで記念入場券を発売するほか、クラブツーリズムの記念旅行商品が発売となります。1周年記念としては、こじんまりしたものとなっています。

▼もう一つのイベントは、近鉄と阪神が相互直通運転を開始して、奈良と神戸三宮がつながって、早や5周年を迎えます。

14030201

▼こちらのイベントは、5つあります。その1つは、謝恩キャラバンと称して、3月20日に神戸三宮駅、大阪難波駅及び尼崎駅にて、阪神でんシュワ~をプレゼントしてくれます。また、3月22日には三宮界隈でトラッキーやドンキーの記念パレードが予定されています。

▼その2は、3月20日から5月末までに記念スタンプラリーが開催され、「沿線いろはかるた」のプレゼントのほか、運転士・車掌の疑似体験、運転体験などの招待などが当たります。

090320_hansin_namba_line_035

▼その3は、阪神平日ウォーク及び近鉄ウォーキングの開催です。阪神側では奈良の酒造会社を訪ね、一方、近鉄側では灘の酒造会社を訪ねるウォーキングを実施します。

▼その4は、記念グッズの販売です。「サウンドトレイン」と「フェイスタオル」の限定販売です。さらに、記念らくやんカード、「近鉄特急車両 阪神・近鉄直通運行開始(阪神・近鉄相互直通5周年)記念入場券セット」の販売があり、すでにらくやんカードは2月22日から発売されています。

▼その5は、 阪神・近鉄連絡PiTaPa定期券購入キャンペーンの実施です。STACIAポイントを進呈とのこと。 こちらも、まずまず手堅いイベントとなっています。

Cimg3922

▼いずれも、鉄道ファンにとってはそれほど、興味をそそるものはないかなぁ。と個人的に思ってしまいました。幅広く集客を考えるとこういう企画になるかなぁ。5周年記念イベントは、阪神に主導権があるように思えます。近鉄はあべのハルカスオープンで、5周年どころではないのかもしれませんね。

▼何はともあれ、関西の私鉄が賑やかになってくれることは、それはそれで喜ばしいことではあります。もうすぐ、はーるですね♪電車でどこかへ行きたいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »