« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

いよいよ、なんば線の威力発揮。【三宮から伊勢志摩へ特急運行】

▼近畿日本鉄道から、22600系特急車両を使っての阪神三宮から伊勢志摩方面などへの団体臨時列車の運行を3月下旬から開始するとのプレスリリースが1月23日にありました。

Cimg5830_2

▼プレスリリースによると、3月22日(土)から、土休日を中心に、阪神線内から伊勢志摩、奈良方面、近鉄線内から神戸方面などへ、沿線イベントなどに応じて様々な区間で団体向けの臨時列車を運行し、使用車両としては、22600系(6両編成)を予定しているそうです。

近鉄HP:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hannsinnace.pdf

Cimg5206_2

▼運行開始当初のパッケージツアーとしては、「伊勢神宮おかげ参りコース」(三宮・宇治山田)、「鳥羽水族館と鳥羽自由散策コース」(三宮・鳥羽)、パルケエスパーニャコース」(三宮・志摩磯部)、「志摩の味覚満喫コース」(三宮・賢島)を計画。それぞれ、日帰りコースですが、オリジナル記念乗車証、記念ポストカード、記念グッズが特典となります。さらに、車内で神戸と伊勢のスイーツのふるまいがあるそうです。

▼伊勢神宮おかげ参りは、伊勢神宮式年遷宮により、伊勢神宮のお参りが依然ブームなので、好評でしょうね。

090120_009

▼鳥羽水族館も子供連れには人気でしょうか。

090120_032

▼賢島宝生苑での温泉入浴、ランチもいいですね。パルケエスパーニャコースは日帰りではちょっとタイトかもしれません。

▼4月以降もいろいろツアーを計画していくようですので、期待が膨らみます。今回のツアーは22600系での運行ですが、こうしたツアーが成功したならば、いよいよ、真打「しまかぜ」となるのでしょうか。楽しみなところです。

Cimg5562

▼伊勢市から賢島間で運行される観光列車「つどい」も好評のようで、4月以降も9月末まで運行期間を延長するそうです。近鉄もまだまだ積極的な営業が続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新春の模型初めは。【Bトレ119系】

▼2014年もはや13日。お正月3が日は比較的穏やかでしたが、その後は非常に厳しい寒さが続いています。本格的な模型作りはまだまだできる季節ではありません。なんといっても、ベランダでの色塗りには風が強すぎて難しい。

▼というわけで、安直に、こんなものを年末に見つけました。

Cimg5940

▼すでに、現物の車両はすでに廃車となっています。JR東海で活躍したローカル線用の車両です。日東夢工房から出た「JR東海 119系 2両セット 東海色」 を2セット買い求めました。

▼なぜ2セットかというと、1セットは片運転台付の2両編成とし、後の1セットは両運転台付の車両を作ってみようと思うからです。このBトレはオプションで、いろいろなバリエーションが作れそうです。

Cimg5944

▼2012年3月に姿を消しましたが、筆者は2009年に飯田線に乗車したのが最初で最後です。このときは、リニア・鉄道館の開設を前に、それまで過去の車両を保存展示していた「佐久間レールパーク」を訪れる目的もあったためです。

090921_007
豊橋駅での119系

▼佐久間レールパークのある中部天竜まで乗車しました。乗客を降ろし、留置された119系です。その向こうは、すでに佐久間レールパークの建物になります。

090921_015

▼しこしこと、組み立ていきましょう。出来はどうでしょうか。楽しみです。

Cimg5943

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さて、路面電車でも眺めて帰ることとします。【お正月乗り放題切符7】

▼初詣の参拝客で混雑する宮島を後にして、広島駅へと戻ります。宮島は広島地域の初詣スポットのようです。瀬戸内の穏やかな水面を横切りフェリーで宮島口に戻ってきました。

Cimg6055
ライバル会社の広電系のフェリー

▼広島へは115系の普通で戻ります。黄色の単色前の広島カラーのカフェオーレの車体です。コーヒー色とJR西日本のシンボルカラーのブルーが帯に塗られています。宮島口17時ちょうどの普通ですが、車内は混雑しています。行きも帰りも座れず、少々疲れました。

Cimg6056
黄色もカフェオーレもいまいち

▼駅前に出て、広島電鉄の乗り場へ向かいました。何が停まっているか。単車か、連接車か。元日の夕方ということもあって、電車も少なく、電車を待つ乗客も少なめです。最初に目に入ったのは、旧京都市電の1900形です。広電では15両所有しており、割合お目にかかることができます。

Cimg6058

▼次に発車待ちの、連接車のグリーンムーバーです。

Cimg6060

▼宮島口行きです。ドイツ製の輸入車両です。この形式は12編成あり、お目にかかる機会は多い車両です。

Cimg6059

▼最後は700形です。この車両は11両所有しています。800形とよく似ており、型式番号を見ないとよくわかりません。

Cimg6063

▼暗くなってしまったので、広電はこのへんでおしまい。さて、駅に戻って、お土産やらお弁当を買うことにします。今回は定番のもみじまんじゅうですが、いつもの「にしき堂」と、もう一つのブランドでもある、「藤い屋」のものを買いました。箱入りでないと、100円安くなります。1つずつ買いました。

▼続いてお弁当ですが、弁当売り場では、ほとんど売り切れ状態。あなご飯しかありません。選択の余地はなし。。。しゃもじかき飯もない。

Cimg6068

▼お正月乗り放題切符の最後の列車は、「みずほ604号」。18時22分発で新大阪着は19時44分。今度はグリーン車の窓側を確保できました。隣の座席は結局誰も来ませんでした。デッキに一番近い座席で、乗客が出入りするたびにドアが開閉するので、落ち着きません。

▼座席の足元は広いので、それが救いです。目の前は、JR九州の車両らしく、伝統工芸細工の飾りがありました。せっかくですから、記録しておきます。

Cimg6064

▼今年のお正月乗り放題も遅れもなく無事計画どおりすべての列車に乗車することができ、幸先の良い新年となりました。お天気もまずまずでした。 さて、来年はこの切符は発売となるのでしょうか。来年も9連休とお正月です。2日間用も発売があるかもしれません。しかし、1日間でも2日間でも、座席指定が4回しかできないのは、ちょっと辛いです。2日間用は2倍にしてもらえないでしょうか。そんなことを考えながら、缶入りの白ワインのシャルドネを舐り、至福の鉄道旅を満喫してこの旅を締めくくりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産へと向かいます。【お正月乗り放題切符6】

▼小倉14時22分発の「のぞみ36号」で広島へ向かいます。乗車したのぞみはN700系Aでした。外観も内装もN700系とはそれほど変わりません。

▼広島には15時7分到着で、45分の短い乗車。ほとんど寝てしまいました。気がつくと間もなく広島という状態でした。

▼在来線ホームに降りると、いるわ、いるわ、みかん色の115系。JR西日本の単色化計画は着実に遂行されており、どんどん変なボディーカラーが増えています。

Cimg6029

▼午後もだいぶたっていますが、お正月の厳島神社の参拝客で車内は混雑しています。お正月乗り放題切符は、宮島フェリーも乗船できますので、この際、利用することにしました。

Cimg6032

▼宮島口からフェリー乗り場まで歩いて10分ほど。フェリーは10分おきのピストン運行でほとんど待たずに乗船できます。

▼関門海峡とは異なり、穏やかな瀬戸内の海です。西日が傾きだして、水面をきらきらさせています。

Cimg6031

▼宮島に近づくにつれ、厳島神社の鳥居が大きく見えてきました。

Cimg6034

▼偶然にも、引き潮でどうやら鳥居まで歩いて行けそうです。大勢の参拝客が歩いているのが見えます。

Cimg6036

▼宮島に到着して、まずは、フェリー乗り場を記録。立派な建物です。お正月ということもあって、日の丸と紅白の幕が飾られています。厳島神社までの参詣道には鹿がいっぱいいて、歩いたり、参拝客からエサをもらったりしています。いたずらな鹿は参拝客のおやつなどを奪い取ろうとしています。

Cimg6038

▼厳島神社に到着するまでに、参拝道に海に降りる階段があり、降りていくと、大きな鳥居まで歩いて行くことができます。宮島には何回か来ていますが、鳥居まで歩いて渡るのは初めての経験です。

Cimg6045

▼遠浅の海底は、意外にも固く歩きやすく、大鳥居までは容易に近づくことができました。

Cimg6051

▼間近に見ると、やはり大きく立派な鳥居です。鳥居の柱には、お賽銭の硬貨が貼り付けられていますが、最近はこの行為が柱を傷つけると、問題になっているそうです。

Cimg6053

▼鳥居の反対側は、厳島神社の全景を望むことができます。

Cimg6050

Cimg6047

▼世界遺産の厳島神社を海底から見ることもは初めてです。来てよかったです。

▼さて、帰りの時間が近づいてきました。このまま、もと来た道に戻り、フェリー乗り場へと急ぎます。あとは、また、JR山陽線で広島駅へと向かいます。新幹線の乗車までは余裕を取ってあるので、広電を眺めたり、お土産を買ったり、お弁当を買うこととしましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっと、きれいに撮れました。【お正月乗り放題切符5】

▼門司港から小倉に戻ると、ホームには、JR九州の883系が発車するところでした。たぶん、大分から博多へ向かう「ソニック32号」でしょうか。ブルーメタリックが渋いです。

Cimg6019

▼続いて、反対のホームを覗くと、まぶしく白いこれがいました!

Cimg6022

▼「ソニック27号」大分行き。日本の特急車両の中ではとりわけ個性的なフォルムです。ドイツのICEとよく似ています。振り子式車両です。台車がかなり通常より大きく変わった形をしています。

Cimg6026

▼せっかく会えたので、いろいろな角度から撮影しました。

Cimg6025

▼この形式をベースにした車両は、台湾に輸出されて、「太魯閣号」として、東部の幹線用車両として運用されています。日立製作所の製造であり、英国高速鉄道のクラス395にもなんとなく似ています。

Cimg6028

▼ホワイトのボディがなんともシックな感じがします。

Cimg6027

▼いやいや、初めてのゆっくしたご対面で、ちょっと興奮気味でした。運転席の窓周りがブルーに塗られ、車体側面の下部にもブルーの帯に塗られています。2次車ということになります。

Cimg6023

▼2001年に第44回ブルーリボン賞を受賞しています。同時にグッドデザイン賞も受賞。外観からは内装は想像できませんが、内装もとてもよさそうです。一度乗ってみたい車両のひとつです。

▼九州もこれでお別れです。小倉からは新幹線に乗車し、次は安芸の国へ向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここにも久しぶりに再訪。【お正月乗り放題切符4】

▼風が強くて、寒い海峡を避けて、山側に向かいました。訪ねたのは、「九州鉄道記念館」。7年ぶりでしょうか。元日からも開館しています。

▼入口には、蒸気機関車9600形がお正月用のおめかしをして迎えてくれます。

Cimg6012

▼時間がないので、入りませんが、盛況のようです。

Cimg6008_2

▼反対側には、JR九州で活躍した特急電車、電気機関車が展示されています。左から481系、ED76-1、EF30-3です。台車もなく、運転席のみの保存のようです。

Cimg6009

▼側面にまわると、このとおり。全部の展示ではなく、前面を切り取った展示物となっています。

Cimg6010

▼2013年の夏に開館10年目ということで、リニューアルされて新たに加わったようです。昔の駅名表示板や0キロポスト跡などを撮影して、残念ながら、ふたたび門司港駅に戻って来ました。2年前の乗り放題ツアーでも、門司港を訪れましたが、鉄道記念館は念頭にありませんでした。元日から開館しているのはいいですね。

Cimg6007

Cimg6006

▼門司港駅のホームには、JR九州の近郊型電車が停車中。817系です。これは、白と黒の落ち着いた色合いのデザインです。

Cimg6015

Cimg6017

▼隣は、小倉まで乗車する「快速・荒尾」行きの813系。

Cimg6016

▼さて、13時52分発のこの赤い電車で小倉まで向かいます。快速なんで、行きより、2分早く小倉に着きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小倉から門司港へ。ところが・・・【お正月乗り放題切符3】

▼博多に戻って、急いで明太子おにぎりとサンドイッチを買い込み、「こだま742号」に乗り込みました。この列車は、指定席ではなく自由席に乗車しました。最後尾の8号車です。今年は乗客が結構乗っています。レールスター仕様の700系です。

Cimg5982
小倉停車中の「こだま742号」

▼さて、ここからはJR九州管内なので、乗り放題切符は使えません。しかし、PiTaPaカードでスムーズに乗り換えができます。JR九州のICカードは「SUGOCA」。えらいインパクトのある名前です。

▼在来線ホームに降りると、優等列車は全くいません。仕方ないので、予定通り12時57分発の門司港行き普通に乗車しました。15分間の乗車となります。小倉から門司港までの路線は進行方向に向かって、左側に乗車することをお勧めします。しばらくすると海が見えてきます。向こう側は下関で本州、こちらは九州です。狭い海峡に巌流島も見えます。そうこうしているうちにすぐに門司港に到着します。

Cimg5987
小倉から乗ってきた普通車の811系

▼さて、久しぶりに、門司港駅を撮影。0キロも健在です。昔は、ここから本州に連絡船で渡っていましたが、今は列車は小倉の隣駅の門司から関門トンネルで下関に抜けていきます。この駅は、往年の海峡連絡の駅の風情を今に残しています。

Cimg5993
0キロポスト

Cimg6018
かつては長距離列車が往来した長いホーム

▼さて、外へ出て、有名な駅舎を眺めようとしましたが、なんと!只今大規模改修中で、すっぽり大屋根に覆われて、美しい駅舎は見ることができません。

門司港レトロ倶楽部HP:http://www.retro-mojiko.jp/news/entry-50.html

Cimg6002

 

▼2012年9月から2018年3月までの予定で大規模保存修理工事が実施中だそうです。階段から中の様子が見学できます。

Cimg5999
駅舎の前のひさし部分

▼本来の駅舎はこういう感じです。

Cimg3823
2012年1月に訪れたときに撮影

▼さすがに海峡なので、風が強いです。関門海峡大橋を記録して、風を避けてちょっと寄り道です。

Cimg6003
関門海峡大橋を望む

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忙しい博多滞在。【お正月乗り放題切符2】

▼最速の「みずほ」にて、博多へ到着。少し、ホームで撮影していると、こんな列車がいました。500系のなれの果て。「カンセンジャー」!?こだまでの運用とはもったいない。

Cimg5953

▼とりあえず、お見送り。

Cimg5954

▼これから市内を少し見物します。まずは地下鉄空港線で一駅。祇園まで乗車。そこから少し歩いて、博多祇園山笠で有名な櫛田神社へ向かいます。ICカードが全国的に使えるようになって、我がPiTaPaカードでも、福岡市内は切符を購入することなく、スムーズに移動できます。

▼櫛田神社は意外に敷地は狭いようです。さらに、参拝する人は整列して並んでいます。こちらは時間がないので、鳥居の外からお参りです。

Cimg5973

▼そこから、国体道路へ出て、天神まで歩きます。途中、那珂川を渡ります。有名な中洲の繁華街を通ります。

Cimg5975

▼曇り空で、中国からの有毒ガスが心配な空模様です。

Cimg5976

▼天神で昨年は西鉄で大宰府までお参りに参りましたが、今年は時間がないのでパス。日本の有名なフォークグループを多く輩出した「照和」を見て、再び地下鉄に乗車します。「大堀公園」まで乗車。ここで、大きな池を見て、福岡城址へ向かうことにします。

Cimg5977

▼なんだか、聞いたことのない言葉を話す、日本が嫌いなはずの西の国の人たちが多く観光で来ています。

Cimg5980

▼異邦人から離れて、福岡城址へ向かいます。今年は大河ドラマが黒田官兵衛がテーマなので、同氏が築城した福岡城が脚光を浴びています。しかし、時間切れ。見学は断念して、博多駅にUターンします。

▼さて、続いては、「こだま」で小倉へ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元日は恒例、乗り放題【JR西日本お正月乗り放題切符】

▼あけましておめでとうございます。つたないブログをお読みいただきありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

Cimg6034
西日に照らされる厳島神社と大鳥居

▼年末にもお伝えしましたが、今年も元日恒例のJR西日本のお正月乗り放題切符を使って鉄道三昧の元日を過ごしました。

▼1日間グリーン車使用で17,000円なので、コストパフォーマンスを考えると、やはり、新幹線で距離を稼ぎます。まずは、「みずほ603号」で博多まで一挙に移動します。12月29日午後の空席情報ではすでに、みずほのグリーン車の空席はわずかでした。何とか、通路側をゲット。車窓の景色を楽しむこともできず、年末の忙しさもあり、ほとんど寝とりました。

Cimg5945
新大阪駅の「みずほ」

▼今年はお正月から新幹線も盛況のようです。乗客の動きは活発のようです。N700系の九州新幹線仕様の車両はいつ見ても落ち着いた色合いでいいですね。この車両のグリーン車にはフットレストもあり、JR東海などと違い、豪華な仕様となっています。

Cimg6071
フットレストも装備されたグリーン車の座席

▼新大阪を7時53分に発車し、博多到着は10時18分。2時間25分の最速です。寝ていたら、あっという間に到着しました。

▼博多駅のホームでは少しばかり撮影会。久しぶりのJR九州管内車両です。他のJR各社の新幹線とは異なるフォルムで個性的です。

Cimg5970

▼つばめをイメージしたイラストが側面に描かれた800系新幹線です。

Cimg5964

▼九州新幹線800系をイメージしたイラストも。

Cimg5957

▼独特のパンタグラフも記録。

Cimg5965

▼新幹線ホームからは、下の在来線が見えます。ちょうど、「ゆふいんの森」が発車していきました。慌てて撮ったので、ちょっとぶれ気味です。

Cimg5959

▼お正月ということもあり、満席のようです。

Cimg5961

▼さて、次回も引き続き、博多からの報告です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »