« なかなか迫力があります。【きんてつ鉄道まつり2013】 | トップページ | 圧巻ですね。これは。【きんてつ鉄道まつり3】 »

五位堂検修車庫は熱かった。【きんてつ鉄道まつり2】

▼この連休に開催された「きんてつ鉄道まつり」のパート2です。今までに見たことがなかった、というか、気に留めていなかった事業用車両に初めて向かい合いました。

▼五位堂検修車庫に展示されたいたのは、モト90形(97・98)でした。

Cimg5827

▼そして、噂はよく耳にしていたモワ24系。いわゆる「はかるくん」です。こちらは事業用車両にしては、カラフルなイエローとホワイトのツートン車両。もともと、2410系が種車になりますが、もとの姿は想像できかねます。こういう貴重な車両を身近かに拝見できるのは、こういう機会しかありません。ありがたいことです。

Cimg5840

▼さて、屋外には、もうひとつ貴重な車両が保存されています。それは、近鉄のデボ1形です。もともと、菖蒲池遊園地に保存されていましたが、廃園になったので、ここ五位堂検修車庫に移設されました。この車両はデボ14号で、ポール集電の姿に戻って保存されています。

Cimg5847

▼近鉄の前身、大阪電軌軌道が上本町と奈良との間で開業した際の車両だそうで、1914年製造のクラシカルな車両です。

Cimg5845

▼足回りは、こんな感じです。

Cimg5846

▼このデボの前には近鉄の吹奏楽学部「ミュージックメッセンジャー」が演奏を披露していました。

Cimg5842

▼展示車両としては、目立たないのですが、3両編成の2430系がぽつんと離れた位置に留置されています。人気ないけれど、こういう一般車両に目が行きますね。

Cimg5817

▼大阪線が見える車庫の北側には、大阪線と並行して、休憩電車として、8600系が留置されていました。行き先表示は、「普通 東山」。なんとも、不思議な行先ではありますね。

Cimg5887

▼広い検修車庫ですが、いよいよ、車庫の内部に入ることにします。次回はそのことについて。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« なかなか迫力があります。【きんてつ鉄道まつり2013】 | トップページ | 圧巻ですね。これは。【きんてつ鉄道まつり3】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

デボ1は見に行きたいと思いつつ、
なかなか行く機会がなくて…(^^;。

東山は生駒線の駅ですね。
生駒-東山間の列車が何本かあったと思います。

投稿: るーと | 2013年11月 4日 (月) 00時29分

るーとさん。

歴史的な車両に出会えてよかったです。

生駒線の東山とは、またマニアックな。

投稿: kumoha313 | 2013年11月 4日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/53815969

この記事へのトラックバック一覧です: 五位堂検修車庫は熱かった。【きんてつ鉄道まつり2】:

« なかなか迫力があります。【きんてつ鉄道まつり2013】 | トップページ | 圧巻ですね。これは。【きんてつ鉄道まつり3】 »