« ダブルデッカーと通勤電車の競演。【富山地方鉄道】 | トップページ | 大阪からはサヨナラなんですね。【交通科学博物館閉館】 »

この駅は、飽きない場所です。【近鉄大和西大寺駅】

▼近畿、いや西日本の私鉄の雄である近畿日本鉄道。その中でも、大和西大寺駅は、近鉄の中でも重要な駅の一つ。奈良線、京都線、橿原線が集まってきます。車両の多種多様さにも目を見張るものがあります。京都線からは直通の京都市営地下鉄のステンレス車の10系や、阪神なんば線を経由して阪神の9000系、1000系もやってきます。

▼それに、夕方のある時間に少しホームに佇むだけで、特急車両もひっきりなしにやってきます。30000系のビスタEXも連続で見ることができました。下のビスタEXは奈良・京都間特急です。短距離での運用ではもったいないように思えますが、奈良と京都と両方を楽しむ観光客向けとしては、これでいいのかもしれません。

Cimg5758

▼奈良方面ホームにも、ビスタEXがやって来ました。こちらも京都からの特急。まぁ、贅沢にも10分くらいの短い間に2編成もビスタが見られました。

Cimg5746

▼このあと、同じホームには、後続の国際会館発の急行がやってきました。今度も比較的珍しい車両です。京都市営地下鉄乗り入れ用に開発された3200系。前面は左右非対称の変わったフォルムです。

Cimg5757

▼もう一度、反対ホームに目を向けると、今度は長大編成の阪神1000系がやって来ました。奈良から三ノ宮までの快速急行です。阪神の車両は本線では6両が最大の編成なので、近鉄線内では10両編成だと、異様に長いように感じます。

Cimg5762

▼もっとも、尼崎駅では、結局6両編成になって、後ろの4両は話されることになりますが。三宮方に6両編成の1000系。その後ろに2両編成プラス2両編成の1000系が連結されています。

▼2両編成と2両編成の連結部分はこういう感じになります。左側が1508形、右側が1607形です。

Cimg5763

▼しかし、1000系は阪神タイガースのイメージが強い、虎そのものですがな。ステンレス車の無味乾燥な感じを払しょくするイエローとブラックの前面はまずまずだと思いますが。

Cimg5768

▼そうこうしていると、またまた特急がやって来ました。今度は、京都からの賢島行き。12200系です。

Cimg5774

▼まぁ、なんと少しの時間でも飽きないこと。大和西大寺のホームはなかなか興味深い駅です。奈良・橿原方面のポイントを見てみると複雑です。車庫もあるので、なんともぐちゃぐちゃ。よく間違わないこと。

Cimg5769

▼次の急行で奈良に向かおうとしたら、赤色の伊勢志摩ライナーが到着。撮影するチャンスを逃しました。あと少しだったのですが・・・。

▼橋上駅の大和西大寺には、駅ナカの店舗があり、その端に電車を眺めることができるデッキがあります。これもなかなか眺めていて飽きないスポットです。

Cimg5739

▼鶴橋も面白いことは面白いですが、ここはいろいろな角度で電車を眺めることができます。また、今度来ようと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« ダブルデッカーと通勤電車の競演。【富山地方鉄道】 | トップページ | 大阪からはサヨナラなんですね。【交通科学博物館閉館】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

西大寺は営業列車のほか、回送もあるので、
ひっきりなしに電車が出はいりしている感じがありますね。

投稿: るーと | 2013年7月23日 (火) 23時17分

るーとさん。

回送電車の車庫入りが頻繁で、
鶴橋より面白いかもしれません。

投稿: kumoha313 | 2013年7月27日 (土) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/52564377

この記事へのトラックバック一覧です: この駅は、飽きない場所です。【近鉄大和西大寺駅】:

« ダブルデッカーと通勤電車の競演。【富山地方鉄道】 | トップページ | 大阪からはサヨナラなんですね。【交通科学博物館閉館】 »