« 梅田貨物駅が様変わり。【グランフロント大阪】 | トップページ | あんまり変わり映えしないなぁ。【阪急1000系・1300系】 »

近鉄に新たな観光列車の登場。【つどい】

▼今年秋に、近鉄では新たに観光列車「つどい」をデビューさせるとの発表がありました。

近鉄のHP:http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/kankouressyatsudoi130527.pdf

▼その概要に触れてみると次のようになります。

◎運行開始日 2013年10月5日(土)
◎運行日    2014年3月30日までの土休日
◎運行概要   伊勢市駅~賢島駅 1日2往復
◎停車駅    伊勢市、宇治山田、五十鈴川、鳥羽、鵜方、賢島
◎座席数    80席
◎特別料金   観光列車料金 大人300円、小児150円
◎両数      3両1編成
◎投資額    約6,000万円
◎車両概要   (1両目)風のあそびば、座席スペース
           (2両目)イベントスペース、バーカウンター、
                座席スペース
           (3両目)座席スペース、こども運転台
◎車両の特徴 ・座席とテーブルを窓向きに配置
          ・運転台の後ろに「こども運転台」を設置
◎車内でのイベント ・志摩地域の食材を使用した一品のふるまい
              ・特産品の販売
              ・記念撮影会やトークショー
              ・こども向けの鉄道イベント

091128_069
鶴橋駅での一般車両

▼改造する車両は2000系の3両編成が充てられるとのことです。今年の伊勢神宮の式年遷宮の遷御の儀にあわせての導入ですが、「伊勢志摩ライナー」のリニューアルに始まり、新型特急「しまかぜ」の登場など、伊勢神宮の式年遷宮に伴う近鉄の積極的なセールスは勢いがあります。

130418_19_5
賢島駅に停車中の「しまかぜ」

▼さて、パース図だけでなく、実際に改造された列車が目の前に現れると、どんな印象が生まれるのか。楽しみですね。しかし、この列車は伊勢市と賢島間での運行なので、大阪地区では目に見ることはできませんが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 梅田貨物駅が様変わり。【グランフロント大阪】 | トップページ | あんまり変わり映えしないなぁ。【阪急1000系・1300系】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

何年か前に南海で天空が出たとき、
こーゆーのをやればいいのに、と思ったものでしたが、
似たようなことを考える人もいるもんですね(^^;。

投稿: るーと | 2013年6月 8日 (土) 00時12分

るーとさん。

東武も、スカイツリーにあわせて、
観光列車を運行しています。
東武は展望優先?
近鉄はイベント、物産が優先?
でしょうか。

投稿: kumoha313 | 2013年6月 8日 (土) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/51939225

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄に新たな観光列車の登場。【つどい】:

« 梅田貨物駅が様変わり。【グランフロント大阪】 | トップページ | あんまり変わり映えしないなぁ。【阪急1000系・1300系】 »