« ウグイス色の仙石線。【鉄道コレクション国鉄40系】 | トップページ | 近鉄に新たな観光列車の登場。【つどい】 »

梅田貨物駅が様変わり。【グランフロント大阪】

▼梅田貨物駅は、再開発で、すっかり変わってしまいました。グランフロント大阪として、おしゃれな街へと変身しました。グランフロント大阪の高層ビルが、西側にある梅田スカイビルの窓ガラスに映っています。

130601_02

▼JRWの大阪駅から直結で、この新しい街に行くことができるようになりました。梅田では人の流れも変わりました。大阪駅から北への流れができました。また、阪急梅田駅から西側への流れも生まれました。

130601_03
大阪駅からの連絡デッキ

▼手前のビルは商業施設が入る南館の低層ビルです。ショップとレストランが入ってます。

130601_04

▼南館の低層ビルの内部には、大きな樹木の幹のデザインが施された柱が立っています。

130601_06

▼北館との連絡デッキです。

130601_08

▼北館には、ショップ、レストラン及びナレッジキャピタルなどは入っています。ナレッジキャピタルは、先端技術に触れられる「ザ・ラボ」、企業のショールーム、多目的シアター、コンベンション施設などがウリとなっています。

130601_11

▼北館の広場はナレッジプラザと呼ばれています。さまざまなイベントが開催されています。この時は、ワインの試飲会場や化粧品のPRブースが置かれていました。

130601_09_2

130601_10

▼ざぁっと廻った印象は、「東京」です。ここは、異次元空間、大阪ではありません。帰りに梅田の地下街に戻ってくると、懐かしい大阪の雰囲気が戻ってきました。

130601_12

▼さて、この街は、これからどうなるでしょうか。大阪人に馴染んで、定着するのでしょうか。大阪では天王寺・阿倍野橋地区に、「あべのハルカス」がぶぶんオープンして、また違った街が生まれます。なかなか賑やかな夏になりそうな大阪ではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« ウグイス色の仙石線。【鉄道コレクション国鉄40系】 | トップページ | 近鉄に新たな観光列車の登場。【つどい】 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

ざっと南館を回った印象としては、
グランフロント大阪の建物は眺望重視、
お向かいの大阪ステーションシティは安全重視、
といった印象を受けました。
URとJRの違いが出ていて興味深いですね。

投稿: るーと | 2013年6月 6日 (木) 00時24分

るーとさん。

開発者の違いが分かって、
面白いですね。
大阪人には、どちらが
お気に入りになるでしょうか。

投稿: kumoha313 | 2013年6月 6日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/51911291

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田貨物駅が様変わり。【グランフロント大阪】:

« ウグイス色の仙石線。【鉄道コレクション国鉄40系】 | トップページ | 近鉄に新たな観光列車の登場。【つどい】 »