« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

はたして安全性は確保されたのか。【B787】

▼2011年11月の就航以来、数々の機材トラブルに見舞われたボーイング787型機ですが、2013年1月のボストン・ローガン国際空港、日本の高松空港で発生したバッテリー発火事故の発生が決定打となって、2013年1月16日にアメリカ連邦航空局(FAA)は、運航を一時的に停止するよう耐空性改善命令(Airworthiness Directives:AD)を発行しました。

FAA:http://rgl.faa.gov/Regulatory_and_Guidance_Library/rgAD.nsf/0/8a1a8dc3135b60dd86257af60004cf4a/$FILE/2013-02-51_Emergency.pdf

Cimg4654

▼これを受け各国当局も同等の措置を受け、運航中の8社50機の機体すべてが運航停止となり、この処置を受け、国土交通省も同月17日、同型機を運航する国内の航空会社に対して、運航停止を命じる耐空性改善通報を出しました。

国土交通省:http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku11_hh_000040.html

▼わが国では、とりわけ全日空が主力機材として、大量に787型機の導入を進めており、国内線、国際線とも、代替機材のやり繰りに追われて、運行数の減便などの影響が生じてきました。

Cimg4650

▼各国の航空会社がボーイング社に運行停止の間の補償を求め動きも出る中で、2013年4月19日 FAAはボーイング社が提案した運航再開に向けたシステムの改修を承認しました。

FAA:http://www.faa.gov/news/press_releases/news_story.cfm?newsid=14554

▼さらに、FAAは4月26日に、国家運輸安全委員会(NTSB)の公聴会を経て、ボーイング社に対して、耐空性改善命令を発行しました。

FAA:http://rgl.faa.gov/Regulatory_and_Guidance_Library/rgAD.nsf/0/097ad1695f5e7b8e86257b590046307e/$FILE/2013-08-12.pdf

▼国土交通省も、我が国航空会社に対し、4月26日にボーイング787型機の運航再開を認める耐空性改善通報を発行し、これに合わせ、機材及び運航乗務員の安全確保や利用者等に対する適切な情報開示を要請しました。

国土交通省:http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku11_hh_000045.html

▼これにより、ようやく日本の空でも、早くて6月には787型機が運行再開となる見通しとなりました。

▼しかしながら、電池の発火の根本的原因が究明されていない中での運行再開となるため、しっくりいかないものがありますが、電池の取り換えと、必要な改修は行ったというボーイング社の対策を信じるしかないのが実情です。

Cimg4645

▼さて、今後運行再開によって安全は確保できるのでしょうか。初夏の運行再開後を見守ることとなるでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デビューから1か月。【近鉄しまかぜ】

▼3月のデビューからほぼ、1か月。好調のようです。伊勢神宮の式年遷宮にあわせて、観光特急を新調した近鉄。狙いはばっちり当たったようですね。

▼貰い物の画像ですが、「しまかぜ」の活躍ぶりをご紹介しましょう。近鉄のホームページをみて、特急の空席情報を調べても、「しまかぜ」はいつもほぼ空席なしです。連休も控えて、ますます好調のようです。

130418_19_5
賢島駅に停車中の「しまかぜ」

▼「しまかぜ」の座席は予約できなくても、伊勢志摩へ観光にというモチベーションは高まっているようです。結局、「しまかぜの」の前後の特急で伊勢志摩の観光へ出かけるようです。

▼近鉄は、この「しまかぜ」の導入のほか、既存の伊勢志摩ライナーもリニューアルを実施し、観光特急のグレードを高めています。

130418_19_3_3
伊勢志摩ライナーの揃い踏み

▼「しまかぜ」の導入と相まって、特急乗車率が上がっているように思えます。さらに、この6月には、阿部野橋で建設していた「ハルカス」に入居する近鉄百貨店が部分営業を開始するようです。近鉄は、このところ果敢に攻めの姿勢のようです。

Cimg5448

▼近距離路線だけの私鉄では、通勤輸送だけを考えているだけでいいのでしょうが、近鉄のように大阪府、京都府、奈良県、三重県、愛知県など営業区間が広範囲にわたる私鉄にとって、観光も大きな収益源になります。そこで、つねに話題作りが必要となってきます。

▼古くは、阪急のように、歌劇団を作ったり、遊園地を作ったり、新興住宅を建設したりといった沿線の開発を進めて、集客につとめることがビジネスモデルではありましたが、最近では、歌劇団や遊園地は流行ではなくなっています。

▼そこで、旧くて新しいテーマは、やはり「観光」ということになるのでしょうか。今後とも、「しまかぜ」と伊勢志摩ライナーによる集客増が続くかどうか。「ハルカス」の行く末とも相まって、目が離せない今日この頃ではありますね。

130418_19_4

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復原されたドーム。【東京駅丸の内駅舎】

▼堂々たる復原駅舎を外から眺めてから、南北のドームの内部を見学に参りました。ドームの内部は、干支の動物がレリーフとしてはめられているので、それを見たかったのです。

Cimg5701

▼ありました!北側のドームです。左がへび(巳)、右側が羊(未)です。気品のある内装。天井も素晴らしい装飾がなされています。

Cimg5699

▼ドームを詳しく見てみると、羽ばたく大きな鳥が彫刻が取り付けられています。

Cimg5702

▼なんとも、贅沢なつくりのドーム内部です。戦前の空襲で焼けて、よくここまで修復ができたものです。羽ばたく鳥は、鷲の彫刻になっています。2メートル余りの長さがあるそうです。

Cimg5720

▼南側のドーム内部にある辰のレリーフです。鳩除けなのかもしれませんが、ドーム内には網が張られていて、撮影すると、この網が映り込むのが残念です。

Cimg5719

▼ドーム内部をできるだけ引いて撮影すると、こういう風になります。さまざまな装飾とレリーフ、彫刻が一体となって、重厚で、気品ある雰囲気を醸し出しています。

Cimg5721

▼高揚した気持ちのままで、山手線に戻り、品川まで乗車。ようやく短い東京ツアーが終わりつつあります。品川でお気に入りのお弁当を買い求め、N700系の「のぞみ」で帰阪しました。

Cimg5726

▼途中、夕焼けに映える富士山も眺めることができ、恵まれたお天気に感謝して、一日を終えることができました。

Cimg5732

▼以上で、春の東京プチツアーのご紹介は終わります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

堂々たる保存復原。【東京駅丸の内駅舎】

▼五反田から山手線で東京駅まで乗車。山手線は人間を運ぶ手段という感じで、これといってワクワク感がないのですが、品川あたりから、東京までは、東京の東京らしい風景が眺められるので、これはこれで楽しいものです。東海道新幹線、京浜東北線、東海道本線などが並走するJR各路線の車両が行き来して、いいです。

▼東京プチツアーの最後の目的は、保存復原が完成した東京駅丸の内駅舎を見に行くことです。2007年に東京駅を見たときは、まだ、復原工事が始まる寸前でした。5年かかってやっと完成しました。堂々たる風景ですね。

Cimg5706

▼2007年夏の駅舎はこんな風景でした。丸いドームが空襲で焼けて、八角形の屋根になっています。

Dsc00911

▼さらに、これは2011年1月の復原工事中の駅舎。カバーがかけられて、内部が見えません。

Cimg2559_2

▼長い期間を経て、素晴らしい復原工事が竣工しました。八角形の屋根もドームに戻りました。

Cimg5710

▼正面玄関のアップ。まるで、西洋のどこかの国のようです。

Cimg5694

▼正面玄関をちょっと引いて撮影。西日に輝いています。

Cimg5709

▼こういうアングルも駅舎が映えます。

Cimg5715

▼さて、次回はドームの内部についてご紹介したいと思います。

Cimg5714

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のんびり各停で大井町線、池上線。【東京プチツアー】

▼東急東横線では、副都心線との相互乗り入れによって大変化が起こりました。5社の鉄道会社の車両が乗り入れ、東武や西武などこれまで東横線では見ることがなかった車両が会い見舞えることになりました。

Cimg5681

▼横浜高速鉄道のY500系は、みなとみらい線との相互乗り入れで見慣れた車両です。側面は金太郎飴のような関東標準コストダウン様式。

Cimg5678

▼東京メトロも入ってきました。東急5000系などはどこへ行ってしまったのでしょうか。

Cimg5680

▼それはさておき、自由が丘駅の連絡階段を降りると、そこは大井町線のホーム。

Cimg5683

▼東横線でお払い箱になった9000系がちょうどやって来ました。これに乗ることに。

Cimg5684

▼スムーズな走りを見せた9000系で、旗の台まで乗車。ここで乗換え、池上線に乗車します。今度の車両は7000系。丸みを帯びたフォルムは個人的には好みですが、一般的にはどうなんでしょうか。

Cimg5690

▼3両編成で、閑静な住宅地をワンマン運転で頑張っています。池上線は大都会東京の中にあって、ローカル線の雰囲気のある路線です。終点の五反田まで乗車。反対側のホームには、7000系が出発を待ってました。

Cimg5685

▼池上線の新旧車両の交換風景です。池上線の下には山手線が走っています。

Cimg5689

▼どんどん乗り換えて、わずかな待ち時間でつながっていけるのが便利なのが東京です。このあと、五反田から山手線で東京駅まで参ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地下に潜った渋谷駅。【東京プチツアー】

▼今年の3月は東京では、鉄道について大きな動きがありました。その大きなものの1つは、副都心線の東急東横線及び横浜高速鉄道みなとみらい線との相互乗り入れが開始されたことです。それによって、これまでの東急東横線の渋谷駅地上ホームが地下に移設され、地上ホームは廃止となりました。

Cimg5666

▼狭いながらも、東急の渋谷駅は、渋谷という町のランドマーク的な存在であったので、それがなくなるというのは、ちょっと寂しいものがあるのではないでしょうか。駅は地下に潜りましたが、新たなランドマークとしては、複合ビルの「ヒカリエ」がその役割を果たそうとしているのかもしれません。

Cimg5667

実際に新しい駅に潜ってみました。山手線の渋谷駅から東側に出て、狭い階段で降りていくと、新しい駅の改札に出ますが、わかりにくいように思えました。

Cimg5672

▼田舎者には、なにがなんだかわからない感じです。改札がある場所からは、さらに下にあるホームが吹き抜け構造で見えるようになっています。それが閉塞感を少し減らしているようにも思えました。

Cimg5673

▼改札を経て、ホームに降りていきました。

Cimg5675

▼ホームは池袋方面の2線と横浜方面の2線、合計4線からなっています。各ホームは島ホームで階段のある場所は狭く、電車を待つ人と、ホームを歩く人が、一緒になると、非常に狭く感じられます。ホームドアも設置され、余計に狭い感じがします。

Cimg5676

▼というわけで、筆者には、以前の渋谷駅は狭いながらも、やはりよかったように感じました。

Cimg5669

▼実際に通学やお勤めで利用されている皆さんはいかがなんでしょうか。使い勝手はいいのでしょうか。ちょっと心配になる新駅ではありました。

▼続いて、東横線で、地下から代官山に初めて上がり、そのまま自由が丘まで各停にて乗車しました。その続きは次回、また。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都営新宿線、京王本線、井の頭線。【東京プチツアー】

▼東大の入学式を終え、九段下駅まで戻ってきました。都営新宿線、京王線で笹塚まで乗車。車両は都営の10-300形に初乗車。前面は都営の顔ですが、側面と車内は、東急車輛とJR東日本新津車両製作所の例の共通仕様。どこを見ても同じデザイン。JRE乗っても、東急乗っても、小田急乗っても、一緒とはなんとも面白味がないですね。

▼笹塚で、新宿からの特急に乗車。一駅で明大前に到着。8000系がやってきました。ちょうど先頭車同士の連結部分に乗車。クハ8759。ワンハンドルマスコンの運転席はいたってシンプルでした。

Cimg5650

▼先頭車同士の連結は、まるでJRWの221系の連結のようでなんだかうれしかったです。

Cimg5651

▼明大前で井の頭線に乗り換え、永福町まで1駅。

Cimg5653

▼ここで、用事を済ませ、ランチをいただいて、再び井の頭線へ。急行待ちの各停の1000系を撮影。

Cimg5659

▼その急行で渋谷まで出ました。先ほど乗り換えた明大前、下北沢に停車して、アッという間に終点渋谷。途中の下北沢では、小田急が地下に潜ってしまって、駅周辺もガラっと景色が変わっていました。

▼渋谷で、ピンクのお顔の1000系も撮影。もっと景色が変わった渋谷を探検しに行きます。

Cimg5660

▼渋谷のスクランブル交差点は変わりがなかったのですが・・・。

Cimg5663

▼渋谷の変貌については次回に。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

季節は春本番。【東京プチツアー】

▼長らくブログの更新ができませんでした。年度末、年度当初のためいろいろあったことや、テツネタが尽きていたもありまして、久しぶりのアップとなりました。

▼機会があって、こういうところにお邪魔しました。こんな経験はなかなかできないので、ちょっとかしこまった気持ちで出席しました。

Cimg5639

▼新幹線の新大阪駅では、発着列車の混雑を避けるために、27番ホームが増設されたと聞いていたので、乗車前にちょっと撮影しました。写真は27番ホームへの登り口です。

Cimg5615

▼増設ホームは、なんだか、安普請の感じがしますね。やっつけ仕事のような。。。

Cimg5614

▼隣のホームから、27番線を眺めてみました。レールがちょっと高い位置にあるような。

Cimg5617

▼筆者が乗車する「のぞみ」の一本前の列車が入線です。

Cimg5619

▼新幹線の車中では、日本晴れの富士山を眺めることができました。

Cimg5621_2

▼東京駅から、東西線で二駅。東西線も、新型車両に代わってきれいになりましたね。九段下で下車。玉ねぎのお屋根で有名な建物へ。

Cimg5649

▼まるでコンサートの会場のような混雑です。参加者は約1万人。マンモスの式典です。

▼さて、もうおわかりでしょうか。我が国の最高学府である「東京大学」の入学式に参加してきました。

Cimg5625

▼式典では、総長の格調高き式辞、教養学部長の式辞に続き、黒川清名誉教授の祝辞。東電福島第1原発事故調査委員会委員長として有名な方です。

Cimg5644

▼お三人のメッセージに共通して込められているものは、東大の置かれた現状への危機感でした。均質化した学生、海外に目を向けない学生、女子学生の少なさ。グローバル化する世界にあって、東大はもっと変革しないと、取り残されるという危機感がひしひしと感じられました。入学する学生へのメッセージであるとともに、学外に向けた東大のメッセージとも受け取られました。

▼さすが、東大。式辞、祝辞を述べられた先生方のお話はなかなか興味深みものでありました。式そのものはいたってシンプルでした。

▼さて、式も無事終わり、都内某所に向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »