« 狭軌の近鉄特急。その2。【16000系】 | トップページ | 近鉄特急といえば?【ビスタカー、30000系】 »

優雅な貫通扉の装飾。【近鉄22600系】

▼近鉄特急といえば、この春にデビューする「しまかぜ」や伊勢志摩ライナーのような観光用特急、名古屋と大阪間のビジネス客をターゲットにするアーバンライナーなどがまずは思い浮かびます。

▼しかし、それ以外に、観光用としてもビジネス用としても、汎用性にすぐれた特急車両も近鉄にはあります。お得意の増結切り離しは特急でも多用されています。

▼最短で2両編成、最長で10両編成で運用されますが、2両編成なら、両端に運転席があって、貫通扉があります。柔軟な編成を組めるように、先頭車両が多く連結されています。また、すばやく連結、切り離しができるよう、工夫がされています。

Cimg5205
大阪上本町駅の22600系

▼大阪難波駅で、特急の増結を見てみました。22600系の貫通扉が開けられました。構造は、外側に貫通扉があって、その中に連結用の幌があります。これが連結する前の準備態勢。密着連結器だから、制御関係、電気関係は簡単に接続。普通、貫通扉は内側に開けられて、通路を作り運転席を閉じる形になりますが、この22600系などの場合は、貫通扉は観音開きになります。

Image1
パックリ貫通扉を開けた22600系

▼22600系と12200系との連結風景。系統が異なってもちゃんとつながります。これが近鉄らしい連結ですね。22600系は背丈が高いし、バランスは悪いですが・・・。

Cimg5210_2
連結した後の貫通扉

▼貫通扉を外側につけて、観音開きにしたのはなぜか。柔軟な編成で常に先頭部分を晒すので、そのままでは幌が見えます。通勤列車ではそれでもかまわないでしょうが、優等列車では美観もサービスのうち?でしょうか。JR東海の「ワイドビューひだ」では、貫通扉のある先頭車両は幌がむき出しです。美観を損なわないための工夫がそこにはあるように、ふと思いました。

091231100102_006
JR東海「ワイドビューひだ」の貫通扉部分 


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 狭軌の近鉄特急。その2。【16000系】 | トップページ | 近鉄特急といえば?【ビスタカー、30000系】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

あのぉ、正しくは22600系ではないかと…(^^;。

貫通路カバーは、国鉄-JR系でも
電車では581系をはじめ数多く採用されていますが、
ディーゼルカーではあまり採用されていないようですね。

投稿: るーと | 2013年2月 4日 (月) 20時54分

るーとさん。

失礼しました。
22600系でした。
系統が複雑でこんがらがります。

581系は幌があると
無粋ですよね。
ボンネットですから。

投稿: kumoha313 | 2013年2月 4日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/49159757

この記事へのトラックバック一覧です: 優雅な貫通扉の装飾。【近鉄22600系】:

« 狭軌の近鉄特急。その2。【16000系】 | トップページ | 近鉄特急といえば?【ビスタカー、30000系】 »