« 221系のリニューアル。【JR西日本】 | トップページ | リバイバル大流行だね。【京急2000形】 »

狭軌の近鉄特急。【16000系】

▼近鉄南大阪線、吉野線は他の近鉄線とは異なり、歴史的経緯もあって、1067ミリの狭軌となっています。リバイバルのラビットカーを撮影したついでに、隣のホームに到着した狭軌の特急車両16000系を撮影しました。

Cimg5471

▼真正面から見てみると、大阪線の12000系との差異がよくわかります。貫通扉がだいぶ異なります。16000系は貫通扉と連結時の幌だけで構成されています。

Cimg5476

▼一方、12000系はというと、埋め込み型前照灯、観音開き型幌カバーが特徴となっていて、前面の印象がだいぶ違います。(大阪上本町での12000系)

071028_002

▼今回阿部野橋で出会った16000系は、モ16005とク16105の第5編成プラス、モ16009とク16109の第9編成の4両編成でした。写真はMCのモ16005の車番。

Cimg5480

▼TCのク16105車番。

Cimg5481

▼第5編成は、16000系の中ではすでに一番の古手になっています。第1、第2編成は大井川鉄道へ譲渡され、第3、第4編成は廃車となっています。

▼ちなみに、大井川鉄道の旧近鉄16000系はまだ健在です。(2010年9月撮影)

Cimg2302

▼さて、元に戻って、本家での第5編成と第9編成の違いは何でしょうか。次回は、それについて触れてみたいと思います。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 221系のリニューアル。【JR西日本】 | トップページ | リバイバル大流行だね。【京急2000形】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

16000系の前面はスナックカーのひと世代前の
”新エースカー”11400系あたりに似ていますね。

投稿: るーと | 2013年1月24日 (木) 23時53分

るーとさん。

そうですね。
11400系が1963年、
16000系が1965年に
登場ですから、
デザイン的に似てるのかも
知れませんね。

投稿: kumoha313 | 2013年1月26日 (土) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/48936254

この記事へのトラックバック一覧です: 狭軌の近鉄特急。【16000系】:

« 221系のリニューアル。【JR西日本】 | トップページ | リバイバル大流行だね。【京急2000形】 »