« 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【その4】 | トップページ | 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【最終回】 »

元日JR西日本乗り放題きっぷ。【その5】

▼大宰府から二日市まで普通で到着。本線に乗り換えて、天神に戻ります。ちょうど急行が連絡して大牟田方面からやってきました。西鉄のエース車両の3000形です。2006年3月に旧型の600形、700形に替わって登場しました。

Cimg5423

▼ステンレス車体で、3扉、セミクロスシートの座席となっています。パンタは西鉄で初めてのシングルアームを採用しました。2007年には鉄道友の会から「ローレル賞」を受賞しています。

Cimg5422

▼構体はスポット溶接からレーザー溶接にして溶接痕をなくしきれいな外板を実現しました。

Cimg5427

▼先頭の構体はデザイン性を重視して普通鋼としています。2両、3両、5両編成のユニットがあります。

Cimg5426

▼なかなか快適な乗り心地でした。天神に到着して、しばらくすると、3000形の先輩格の8000形がやってきました。

Cimg5435

▼8000形は2000形に替わって1989年に登場。3000形と同様優等車両として運用されてきました。この車両もセミクロスシートですが、運転席のうしろはパノラマ窓を採用して、展望がよくなっています。6両編成のユニットで、2扉車になっています。

Cimg5434

▼京急や阪急、京阪のように、西鉄もJRとの競合区間をもっており、サービス向上のため、特急券なしの特急となっています。

Cimg5431

▼天神に着いて、優等列車の車両をゆっくり撮影できて幸せでした。さて、今回のテーマのひとつであった西鉄にも初乗車できたことだし、博多に戻ることにします。どうやら雲行きが怪しくなって、また時雨れてきました。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【その4】 | トップページ | 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【最終回】 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

鉄道関係ではあまり馴染みのない「スポット溶接」「レーザー溶接」ですが、
クルマがらみでは結構よく耳にします。
スポット溶接は点溶接なので低コスト、
レーザー溶接は線(面)溶接なので高剛性ですがコスト高。
最近、トヨタかどっかがスポット溶接でレーザー溶接並に
剛性を高める技術を開発し、導入したとかしないとか…。

投稿: るーと | 2013年1月12日 (土) 09時27分

るーとさん。

ステンレスやアルミの
鋼材処理については、
いろいろあるみたいですが、
よくわからないです。

見た目と剛性。
一般人には、見た目かなぁ。。。

投稿: kumoha313 | 2013年1月12日 (土) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/48705662

この記事へのトラックバック一覧です: 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【その5】:

« 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【その4】 | トップページ | 元日JR西日本乗り放題きっぷ。【最終回】 »