« いよいよ来春デビューが発表!【近鉄観光特急 しまかぜ】 | トップページ | プレミアムな風に、乗ろう。【近鉄観光特急 しまかぜ】 »

この系統の車両は色塗りがとても難しい。【近鉄2410系】

▼これまでなんどもグリーンマックスのプラ板キットで近鉄の普通車を製作してきましたが、なかなか上手くいきません。

▼理由のひとつには、GMの鉄道カラースプレーの近鉄マルーンがちょっと暗すぎて、アイボリー色と相性がよくなく、侵食すること。二つ目は、先頭の顔のツートンの塗りわけが、凹凸があって、上手く塗りわけられないことです。

▼筆者は、現在の近鉄のマルーン色はGMの近鉄マルーンとは違うと思うので使わなくなりました。今はMr.カラースプレーの81番、赤2号(あずき色)を使っています。今回はGMの2410系4両編成セットを買ったので、とりあえず2両を作ってみました。

▼画像はク2510の素組みです。行き先表示幕は「普通・名古屋」としています。幌も付けてみました。

Cimg4879

▼行き先表示幕があるにも関わらず、行き先表示板を付ける金具やヘッドマークを付ける金具を表現しているので、正面は凹凸があって、しかも繊細なツートンの塗りわけが必要なので、マスキングしても、どうしても、吹漏れが生じます。

▼モ2410の画像です。吹漏れなどを修正するために二度吹きしたところ、侵食によって前から塗ってある塗料が剥げて、そこへタッチアップしたりして、ひどいことになっています。

Cimg4876

▼GMの塗装済みキットやBトレインショーティーの色塗りはどうしてあんなに上手くいくのでしょうか。

▼GMの塗装済みキットは出来具合がいいですね。

Cimg4364

▼手前のBトレも二度塗りしている痕跡はありますが、シャープです。

091126_003

▼手作りで色塗りするのはなかなか手ごわい近鉄の普通車ですが、どういう方法で塗れば、マルーンとアイボリーとの色分けがシャープにできるでしょうか。なかなか妙案は思い浮かばないものです。

▼とはいうものの、今回の計画ではあと1編成のクとモを作って、4両編成にしたいと思っています。そこで、ク2510にはKATOカプラー密連形を付け、モ2410はダミーカプラーを付けています。今作ろうとしている編成は、モ4510にKATOカプラー密連形を付け、ク2510にはダミーカプラーを付ける予定です。

Cimg4877

▼クーラーキセには鉛筆で筆入れをしています。クーラーには凹みを削ってダクトをもぐりこましてあります。凹みの隙間がちょっと大きすぎましたが・・・。妻面の扉はアイボリーで塗りました。ちょっと吹き漏れがありますが・・・。優先座席と携帯電話オフの表示は、他のGM製品の付属ステッカーから切り取って貼ってあります。こういう小細工がリアリティーを増します。

Cimg4881

パンタ周りの屋上機器はまぁまぁでしょうか。配管などは未熟でまだ這わせることができません。

Cimg4880_2 

▼側面はこういう感じに仕上がりました。まずはク2510。

Cimg4883

▼モ2410の側面です。

Cimg4884

▼いつも色塗りに苦労させられる近鉄普通車のキットですが、細かいところに目をつぶって、レールで走らせると、俄然拙さを忘れてうっとりしてしまいます。鉄道模型の楽しみは奥が深い趣味です。どんどん深みにはまっていく感じです。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« いよいよ来春デビューが発表!【近鉄観光特急 しまかぜ】 | トップページ | プレミアムな風に、乗ろう。【近鉄観光特急 しまかぜ】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

やっぱり貫通路があったりすると、
凸凹して塗りにくそうですね。

投稿: るーと | 2012年10月 3日 (水) 23時40分

るーとさん。

そうですね。
いろいろな方のブログなどを
見ていても、なかなか
上手く塗れていませんね。

投稿: kumoha313 | 2012年10月 4日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/47279586

この記事へのトラックバック一覧です: この系統の車両は色塗りがとても難しい。【近鉄2410系】:

« いよいよ来春デビューが発表!【近鉄観光特急 しまかぜ】 | トップページ | プレミアムな風に、乗ろう。【近鉄観光特急 しまかぜ】 »