« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

関空アクセス「はるか」の特急料金の値下げ。

▼JRWから、「関西国際空港への鉄道アクセス改善について」と題して、10月24日にプレスリリースがありました。
◎JR西日本のホームページ:http://www.westjr.co.jp/press/article/2012/10/page_2726.html

100213__020
新大阪停車中の「はるか」

▼関空の利用客を増やす目的でという趣旨で、2013年春に実施予定だそうです。その主な内容は、特急料金が210円から100円の値下げになるというものです。

・主な区間の新特急料金(自由席特急料金 片道あたり)
 ◎関西空港~京都駅間 940円 (現行)1,150円(210円値下げ)
 ◎関西空港~新大阪駅間 940円 (現行)1,150円(210円値下げ)
 ◎関西空港~天王寺駅間 630円 (現行)730円(100円値下げ)

▼ちょうど、10月28日の今日、関空では第2ターミナルビルがオープンしました。このオープンはLCCの専用ターミナルで、国内線ゲート、国際線ゲート、店舗エリアなどが設けられ、LCC利用客への利便性が増すことになりました。
◎関空のホームページ:http://www.kansai-airport.or.jp/t2/

090628_kix_wtc_004

▼本来なら、このオープンにあわせて、特急料金の値下げもあればよかったのに、ちょっと後になるようです。ただ、今回の値下げはあくまで特急料金の値下げのみであり、運賃には変更はありません。やはり、割高感は解消される域には達していないような感じですね。

▼「はるか」は特急車両の内装もそれほどグレードは高くなく、乗り換えこそ不要ですが、貨物線を通過するなどして、ロスが多く、スピードもそれほど速くありません。

Cimg3887
「はるか」の一般席

▼南海、大阪市地下鉄、阪急、阪神、近鉄などは、お得な各種アクセスきっぷをすでに販売しています。大阪市内へは一律980円、河原町・奈良へは1200円、三宮へは1100円で行くことができます。乗り換えの煩雑さに目をつぶれば、結構安く行きことができます。
◎関空のホームページ:http://www.kansai-airport.or.jp/otoku-access/

▼JRWとしては、私鉄のアクセスきっぷの販売攻勢にさらされ、さらにLCC専用ターミナルのオープンで乗客が増加することに、なんらかの対応を迫られていたのでしょう。

▼LCCの向かう先は中国も多く、現在の日中関係の悪化に影響がいつまで続くのか、LCCの乗客の対象についても、今後は富裕層も対象にする必要があるなど、いろいろな変動要素があるなかで、中長期的な料金施策を検討していく必要もありましょう。

▼昼間の「はるか」は臨時扱いで当面はダイヤには変わりはないようですが、空席が目立つ特急の座席を埋めるためには積極的な施策が必要でしょう。今回の値下げはインパクトが少ないように思えます。そのためには、もう一歩乗客を増やす対応策が必要なように思えますがいかがでしょうか。

Cimg2481_2
南海など私鉄もタッグを組んでアクセスきっぷに工夫


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京急1000形もカラーで変わるものですね。【琴電1080形】

▼讃岐平野を走る私鉄といえば、琴平電鉄ですが、ここでは関東などの大手私鉄からの譲渡車両が沢山走っていて、興味深い地方鉄道です。その中で、一番のお気に入りは、京急旧1000形改め、琴電1080形です。GMからはすでに塗装印刷済みキットが発売されていますが、今回は、1080形をモデルにGMのプラ板キットで作ってみました。

Cimg4995

▼実物はこんな感じです。昨年12月に琴電を訪れた際に撮影した1080形です。

Cimg3651

▼京急旧1000形としても何回かチャレンジしていますが、今回ちょっと気になったことがありました。このキット、金型が使い古されてるのか、以前作ったときより立て付けが悪いです。前面と側面にはだいぶ隙間が開きます。さらに、屋根にも下が見えるくらいの隙間が開きます。

Cimg4994

▼パテなどで隙間を埋めてやればいいのでしょうが、今回は素組みで作ってみました。なので、お見苦しい箇所がいっぱいです。さて、側面の様子から記録です。まず、パンタのある車両。

Cimg4997

▼次はパンタなしの車両。実車では床下機器も配列はだいぶ異なります。今回はキットそのままです。一応台車はOKタイプを履かせています。

Cimg4998

▼屋根もたわんでいて、屋上機器も水平に設置することができません。クーラーキセを斜めに置く羽目に。いつもながら、窓枠のアルミサッシの筆入れは難しいです。ちょっとはみ出てしまいます。

Cimg4996

▼先頭車両の行く先表示の枠を黒線でサインペンで強調しようとして失敗。アイボリーの塗料でタッチアップしましたが、相性が悪く、サインペンの黒が溶け出しました(汗)。また、琴電のシンボルマークがGMではシールになっていなくて、塗装済みキットでは印刷されています。だから、マークはないままです。シールになってほしいなぁ。貫通扉の枠塗りはいつも上手くいきませんわ。。。

Cimg4999

▼赤い電車が黄色とアイボリーのツートンになると、イメージがだいぶ変わります。しかし、この黄色は金比羅さんをイメージしているのか、上品な黄色でなかなか気に入っています。アップには耐えない自作の琴電1080形ですが、とにかく、塗装済みキットの1100形と並べて仏生山あたりの交換風景を妄想。ひとり悦に入る筆者です。曲がりなりにも完成させたときは自己満足の至福のとき。さて、次は何をつくろうかなぁ。

Cimg5003


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪神赤胴車の鉄道コレクションをゲット。【阪神7861形・7961形】

▼昨日は、歯科の帰り道に、恒例の模型店巡り。J電機の鉄道模型コーナーに足を運ぶと、なんと!鉄コレ「阪神7861形・7961形2両セット」が店頭にありました。迷わず、ゲット。先日の東京での鉄道コレクションの販売会ではすさまじい行列であったようですが。。。なんの努力もなく、買えました。なんとラッキーなことでしょう。

Cimg4979

▼化粧箱に入っています。この阪神のマークのある表紙をめくるとその下に2両の車両が入っています。

Cimg4972

▼表紙の裏は、この形式のスペックや解説が記載されています。

Cimg4975

▼お目当ての2両は、きれいに透明のパッケージに収まっています。

Cimg4976

▼化粧箱の側面には2両編成のイラストが書かれています。

Cimg4973

▼さて、鉄コレを見ていきましょう。まずは、7861形です。まだNゲージ化していないのでパンタは付属のまま。いずれじっくりNゲージ化していきたいです。

Cimg4980

▼次に7961形です。いやはや、鉄コレのクォリティーの高さには脱帽です。

Cimg4981

▼パンタ周辺の屋上機器です。実物と比べても遜色のない出来になっています。リアルに表現されています。

Cimg4984

Cimg4839

▼先日GMのキットで作った自作と並べてみました。鉄コレと並べるのは恥ずかしいですが、武庫川線の朝夕の交換風景を思い浮かべてみました。

Cimg4987

▼鉄コレはまだ行き先表示や、車番のシールなどは貼っていません。また、付属のアンテナもつけていません。しかし、それでも、なんともいい雰囲気を醸し出しています。あっぱれ!

Cimg4990

▼手に入れることは叶わないと思っていたので、思わず店頭に置いていたのを見たときは、びっくりしました。J電機では、10月20日から発売となっていて、取り置きや予約は一切出来ないとの案内が出ていました。11時半くらいに行ったときは、まだ、大きな箱に商品がありましたが、その後どうなったでしょうか。1日で売り切れになったかもしれません。足繁く模型店巡りをした甲斐がありました。満足感に浸る週末となりました。

Cimg4983


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KTRに観光改造車両が登場。【あかまつ・あおまつ】

  ▼先週は中丹にちょっこしお邪魔しましたが、かの地の北近畿タンゴ鉄道(KTR)では、ちょっと話題になる発表がありました。

▼あの水戸岡悦治氏による設計・デザインの車両リニューアルについて、KTRから10月11日にプレスリリースされています。
http://ktr-tetsudo.jp/news/2012/1016.html

▼改造される車両はKTR700形2両。改造費は約400万円。劣化、腐食の進行する内外装の張替え、塗装などの車両の改造に加え、車両デザインの改造を施すようです。デザインは水戸岡氏のデザインにより、車内はウッディな雰囲気になるとのことです。

Cimg3325 

▼車両名称は「あかまつ」「あおまつ」。運行は2013年3月下旬頃とのことで、タンゴ悠遊号に替わる観光列車としてのほか、通常ダイヤでの通勤ダイヤでも運行とのことです。丹後地方の高校生はうらやましいことになりそうです。

101104_122103

▼経営状況が非常に厳しいなかで、車両を新造出来ないため、なんとか集客推進を図るカンフル剤として、水戸岡氏のデザイン力に頼ることとなったようです。1両で200万円での改造ということですが、パース図ではいいい感じになっていますので、水戸岡氏にはだいぶサービスしてもらってデザインしてもらったのかもしれません。

101104_122037_2

▼特急車両のタンゴエキスプローラーもだいぶくたびれてきているので、できればこちらも何とかしてほしいのですが。。。いまのKTRの置かれている状況では難しいのでしょう。なにはともあれ、来年春の改造車両「あかまつ」「あおまつ」の登場で集客がアップするように、期待したいところですね。

Cimg2440_2


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またノスタルジックに作ってみました。【クモニ83形】

▼10月14日は鉄道の日ということで、最近は10月を中心にイベントが目白押しとなっています。鉄道ファンとしてはうれしいかぎりです。

▼そんな秋の夜長はやはり模型製作でしょうか。手を動かしていないとなんとなく手持ち無沙汰なので、手当たり次第にGMのプラ板キットを作ってしまいます。

▼今回作ったのは、1両の事業用車両。クモニ83形。当初、中央東線用として低屋根の車両が作られたそうですが、1967年から一般型の型式が作られ、東海道、山陽、上信越へと使用線区を拡げていったものです。

Cimg4963

▼中央東線ではスカ色だったものが、一般型では湘南色になりました。全盛期には、クモニ83、クモユニ74、クモユニ82などとの三重連も現れたようです。すごいですね。

▼今回は、運転席の両ガラスにデフロスターを付けてみました。連結器は標準のアーノルドカプラーのままですが、今後いろいろなバリエーションでKATO密連型カプラーに代えることも考えています。

Cimg4957

▼側面の様子も載せてみました。

Cimg4959

▼反対側です。

Cimg4960

▼トイレも設置されています。刷りガラスにしています。あまりわかりませんが・・・。側面の荷物という表示は浮き上がって彫られているので、灰色で筆入れしてみました。

Cimg4961

▼1編成での撮影はちょっと寂しいので、以前作った仲間を一緒に並べてみました。クモユニ83形の隣はクモユニ74形。でかい目玉の前面が特徴です。クモユニ74形の形はこれ以降の標準スタイルとなりました。

Cimg4965_2

▼さらに、クモユニ81形を並べてみました。こちらは青色一色で大糸線仕様となっています。

Cimg4967

▼事業用車両は1両のキットなので、気楽に作れます。ちょっと余裕があると買ってしまいます。まだ、動力化はしていないので、今度は、鉄道コレクションの動力キットを組み込んでみたいと思います。

Cimg4969

▼113系や115系とも連結して走らせると、懐かしい国鉄時代の東海道線を彷彿させる雰囲気になるかもしれませんね。


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに中丹入り。その3。【JR福知山線・KTR】

▼美味しい鴨鍋をいただいて、あくる日は朝早くからトンボ帰りで帰阪。8時42分発の「こうのとり」8号に乗車します。

Cimg4945

▼すでにホームには「こうのとり」が停車中。隣のホームには、39分発の京都行きの「きのさき」8号も停車中。

Cimg4948

▼その向こうには、KTRのタンゴ・ディスカバリーが停車中。久しぶりに丸い車両に会うことができました。42分発のたんごリレー号です。

Cimg4955

Cimg4950

▼「こうのとり」も「きのさき」も昨日の夕方とは違って、新型の287系です。「こうのとり」の種別表示は黄色。

Cimg4952

▼一方「きのさき」は紫です。

Cimg4947

▼183系など旧型特急と比べると、先頭のヘッドマークがなくなり、味気ないです。しかし、乗り心地は非常にいいです。座席ピッチも広いし、ガクンとなる不愉快な衝撃もないです。

Cimg4956

▼快適に朝の時間を車内で過ごして、昼からはまた仕事に復帰しました。 新大阪行きの「こうのとり」は3両編成の短い編成。でも、自由席は前の1両のみ。座席指定車はガラガラの状況でした。空いているのはいいのですが、朝からこの状況では、なかなか採算性は厳しいかなぁ。福知山発の「こうのとり」は5時台に1本、7時台に2本先行しているので、大阪方面へは、そのほうが乗客は多いかもしれませんね。というわけで、中丹への鴨鍋ツアーのお話は終わりです。久しぶりの特急乗車で、美味しいものも食べられてリフレッシュとなったプチ旅行でした。


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに中丹入り。その2。【JR福知山・KTR】

▼183系の「こうのとり」に乗車して福知山に到着しました。反対のホームには京都からやってきた「はしだて」が停車中です。こちらも183系です。この「はしだて」は京都を15時25分に出て、福知山に16時40分に到着しています。これから北近畿タンゴ鉄道線に入って天橋立に向かいます。

Cimg4934

▼「こうのとり」は16時45分に到着して、47分に発車して城崎温泉に向かいます。ここ福知山で両列車は連絡しています。どちらも183系での並びです。こういう風景もいつまで見ることができるか。記念になる撮影となりました。ちょっとワイドですが、撮ってみました。

Cimg4936_2

▼少し離れたホームにはKTRの700形が停車中です。久しぶりにKTR車両に会いました。KTRは京都府北部の第三セクターの鉄道です。日本一の赤字という汚名を受けています。地元自治体の京丹後市では、少しでも赤字を減らすため、利用促進の名目で、社会実験として高齢者の運賃割引を実施しています。なんと!KTR線の片道運賃を200円に割り引いて利用促進を図ろうとしています。

Cimg4935_3

▼昨年は土曜、日曜、祝日に限定して6月18日から実施していたとのことです。今年は平日も実施しているようですが、社会実験の成果は出ているのでしょうか。費用対効果でどのような結果になるのか。気になるところではありますね。それにしても、京丹後市の高齢者はいいですね。タンゴディスカバリーにも200円で乗れるんだぁ。そんなことを考えながら福知山駅前に出てみると、再開発できれいになった駅舎が見えます。

Cimg4938

▼駅のすぐ隣には、JRWの福知山支社ビルと、その中にはテナントして、北近畿タンゴ鉄道の本社が入っています。

Cimg4942_2

▼KTRの会社の名板が取り付けられてます。

Cimg4941 

▼KTRを取り巻く状況はますます厳しいと聞きますが、地域の足としてなんとか智恵を出し合って関係者の皆様には頑張っていただきたいと思います。

▼このあと、福知山の有名な鴨鍋の名店で半年ぶりに親交を温めて、この夜は福知山でお泊りとなりました。


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの中丹入り。【JR福知山線】

▼今年の春の異動で、職場が替わって、2年間の京都北部への出張はなくなっていました。以前の職場の仲間から、出張先で美味しい鴨鍋屋さんへ行くから来ないかとのお誘いがあり、久しぶりの丹波路への旅でした。午後から休んで、美味しい鴨鍋を食して1泊して朝には帰阪。午後から職場復帰と忙しい日程でした。

▼午後の特急車両は何が来るかと内心少し楽しみにしていましたが、コレでしたね。先頭車両は貫通扉ありの183系。

Cimg4929

▼福知山線では新型車両が増備されている中で、183系はまだ健在でした。15時11分発の「こうのとり15号」。6両編成の183系。

Cimg4930

▼こうのとりを待つ間に大阪駅を記録。新生大阪駅「大阪・ステーション・シティー」になってはや1年と半年足らず。巨大な屋根はやはり圧巻です。

Cimg4928

▼駅舎の北側の伊勢丹はいまいち大阪人には歓迎されていないようで、京都駅の伊勢丹とは違って苦戦中。

Cimg4920

▼「こうのとり」に先発する快速には225系がもう普通に入っています。

Cimg4923

▼隣のホームには神戸方面への快速が入線。223系の足回りを記録。ボルスタレス台車。

Cimg4926

▼VVVFの制御機器。

Cimg4927

▼福知山線にしても、東海道線にしても、225系の増備が進んで、日中でも目にすることが多くなりました。やがて、221系も駆逐される日が来るかもしれませんね。

▼さて、この日の「こうのとり」。筆者は1号車の指定席。クロハ183-805。グリーン車とのコンビ車でした。平日の午後ということもあって、指定席はガラガラ。

Cimg4932_2

▼今となっては貴重な旧国鉄時代の特急車両です。まだ乗車することが出来て幸運と言えば幸運でした。しかし、眺めるのはいいかもしれませんが、乗り心地の面で、新型の287系には叶わないと言うことは否めないです。座席のピッチの狭さ。発車時の振動、車輪から伝わる振動など不快といえば不快ですね。

▼次回は福知山到着からの話へと続きます。


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あと1編成を製作。連結させました。【近鉄2410系】

▼鉄道の日の10月14日が近づいています。鉄道各社では、いろいろなイベントが行われています。近鉄の大阪上本町駅地上コンコースでも沿線の懐かしい駅舎などの写真が展示されており、その横では、鉄道グッズやカレンダーが販売されていました。

▼さて、グリーンマックスのプラ板キット製作ですが、近鉄の2410系をもう1編成作り、2両ずつ、KATOのカプラー密連形で連結できるようにしました。写真は2両ユニット編成の並び。幌も付けてみました。

Cimg4903

▼実物はこういう感じになります。

091128_015 

▼ポイント通過中の2410系。手前の12200系を追い抜いている構図。

Cimg4899

▼左が先日製作した2410系。右が今回作った2410系。だんだん要領がわかってきて、色塗りも少しよくなりました。アップすると、マスキングの跡やアルミサッシの筆塗りの粗さが目立ちます(汗)。

Cimg4897

▼右の2410系の窓ガラスの優先座席の表示は、近鉄オリジナルのステッカーがなくなったので、東急8500系のものを流用しています。

Cimg4900

▼ポイントを通過して、蛇のようにうねる2410系です。

Cimg4913

▼両編成の屋上機器の様子。クーラーの金網などは鉛筆で筆入れしてあります。

Cimg4910

▼2編成とも、2両の短編成を想定して、行く先表示は普通・名古屋としてあります。

Cimg4901

▼これで何回近鉄の普通車を作ったでしょうか。少しずつ上達しているのでしょうか。やはり、先頭車の顔塗りがなかなかの難関です。アップには耐えませんが、自己満足の世界ですのでご容赦を。これで、近鉄のプラい板キットはひとまず終了。今後の製作ネタは土曜日に仕入れてあります。これからも、秋の夜長にシコシコと勤しみたいと思います。 


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレミアムな風に、乗ろう。【近鉄観光特急 しまかぜ】

▼伊勢志摩へのプレミアム観光特急「しまかぜ」のPRのため、大阪上本町駅の地上コンコースに実物の座席、ポスター、ロゴマークなどが展示されています。9月28日から10月4日明日までの展示なので、滑り込みセーフで間に合いました。

Cimg4889

▼「しまかぜ」のログマークです。伊勢志摩に吹き渡る心地よい風と、新型観光特急で過ごす時間の心地よさを重ね合わせるとともに、伊勢志摩のさわやかな海をイメージして車体もブルーを基調にカラーリングしているそうです。

Cimg4887

▼ポスターは駅のいたるところに掲示されています。

Cimg4894

▼メインの座席展示はこういう感じです。ラグジュアリーな雰囲気です。

Cimg4893

▼座席はデラックスカー仕様の3列(1-2)配置としています。座席の前後間隔は125センチを確保。シートは本革を使用し、ふくろはぎを支える電動レッグレストを装備しています。シート内部にはエアクッションを鉄道車両で初の設置とのこと。さすがプレミアム特急の座席だけあります。

Cimg4892

▼座席には実際に座ることもでき、係員の方が丁寧に説明してくださいます。

Cimg4890_2

▼筆者は夕方の帰宅時間に訪れましたが、ひっきりなしに座席に座る見学者が絶えませんでした。評判は好調のようですね。パンフレットも置いてあるので、もらってきました。来春のデビューが楽しみな「しまかぜ」です。取り急ぎのリポートでした。


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この系統の車両は色塗りがとても難しい。【近鉄2410系】

▼これまでなんどもグリーンマックスのプラ板キットで近鉄の普通車を製作してきましたが、なかなか上手くいきません。

▼理由のひとつには、GMの鉄道カラースプレーの近鉄マルーンがちょっと暗すぎて、アイボリー色と相性がよくなく、侵食すること。二つ目は、先頭の顔のツートンの塗りわけが、凹凸があって、上手く塗りわけられないことです。

▼筆者は、現在の近鉄のマルーン色はGMの近鉄マルーンとは違うと思うので使わなくなりました。今はMr.カラースプレーの81番、赤2号(あずき色)を使っています。今回はGMの2410系4両編成セットを買ったので、とりあえず2両を作ってみました。

▼画像はク2510の素組みです。行き先表示幕は「普通・名古屋」としています。幌も付けてみました。

Cimg4879

▼行き先表示幕があるにも関わらず、行き先表示板を付ける金具やヘッドマークを付ける金具を表現しているので、正面は凹凸があって、しかも繊細なツートンの塗りわけが必要なので、マスキングしても、どうしても、吹漏れが生じます。

▼モ2410の画像です。吹漏れなどを修正するために二度吹きしたところ、侵食によって前から塗ってある塗料が剥げて、そこへタッチアップしたりして、ひどいことになっています。

Cimg4876

▼GMの塗装済みキットやBトレインショーティーの色塗りはどうしてあんなに上手くいくのでしょうか。

▼GMの塗装済みキットは出来具合がいいですね。

Cimg4364

▼手前のBトレも二度塗りしている痕跡はありますが、シャープです。

091126_003

▼手作りで色塗りするのはなかなか手ごわい近鉄の普通車ですが、どういう方法で塗れば、マルーンとアイボリーとの色分けがシャープにできるでしょうか。なかなか妙案は思い浮かばないものです。

▼とはいうものの、今回の計画ではあと1編成のクとモを作って、4両編成にしたいと思っています。そこで、ク2510にはKATOカプラー密連形を付け、モ2410はダミーカプラーを付けています。今作ろうとしている編成は、モ4510にKATOカプラー密連形を付け、ク2510にはダミーカプラーを付ける予定です。

Cimg4877

▼クーラーキセには鉛筆で筆入れをしています。クーラーには凹みを削ってダクトをもぐりこましてあります。凹みの隙間がちょっと大きすぎましたが・・・。妻面の扉はアイボリーで塗りました。ちょっと吹き漏れがありますが・・・。優先座席と携帯電話オフの表示は、他のGM製品の付属ステッカーから切り取って貼ってあります。こういう小細工がリアリティーを増します。

Cimg4881

パンタ周りの屋上機器はまぁまぁでしょうか。配管などは未熟でまだ這わせることができません。

Cimg4880_2 

▼側面はこういう感じに仕上がりました。まずはク2510。

Cimg4883

▼モ2410の側面です。

Cimg4884

▼いつも色塗りに苦労させられる近鉄普通車のキットですが、細かいところに目をつぶって、レールで走らせると、俄然拙さを忘れてうっとりしてしまいます。鉄道模型の楽しみは奥が深い趣味です。どんどん深みにはまっていく感じです。


にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »