« 鉄コレの完成度に惚れ惚れ。【JR119系】 | トップページ | 都会の中のローカル線。【阪神武庫川線2】 »

都会のローカル鉄道のよう。【阪神武庫川線】

▼わずか1.7キロのミニ路線。しかも日中は1編成のみのワンマン運転。これが大手私鉄とは思えない、のんびりした路線。それが阪神も武庫川線。休日の日中はローカル色の雰囲気を醸し出しています。九月とはいえ、まだ暑い中でしたが、念願の阪神武庫川線を訪れてみました。

Cimg4825
乗車した編成、武庫川団地側の7868形

▼大阪方面から阪神なんば線経由で尼崎まで1000系の快速急行に乗車。尼崎で5000系の普通に乗り換えました。いつ見ても可愛い車両です。しかし、顔に似合わず、加速度はすごいツワモノです。

Cimg4812

▼阪神本線の武庫川駅を下車して、武庫川の上にあるホームを西へ向かいます。

Cimg4813
阪神本線武庫川駅、三宮方面ホーム

▼武庫川線の案内表示があります。

Cimg4816

▼長い連絡通路を歩くと、やがて武庫川線の駅舎が見えてきます。

Cimg4815

▼武庫川線ホームは武庫川の西側堤防沿いにあります。ホームは島式ですが、東側の一本しか使っていません。

Cimg4819

▼ホームの北側、本線のガード下には、朝晩以外は休憩中の1編成がいました。7890形です。この7890の後ろには7990形が連結されています。この編成は、今回の模型製作のモデルとなる編成です。後で詳しく取材します。

Cimg4820

▼休日のダイヤは日中20分ヘッドのシンプルな運転。1編成が武庫川駅と武庫川団地前駅間をガタゴトと往復します。

Cimg4817

▼行き先表示幕は、武庫川・武庫川団地前と記載されています。

Cimg4822_2

▼阪神独特の車番文字。

Cimg4826

▼阪神電鉄の社紋。

Cimg4827

▼7868形+7968形は1枚扉。

Cimg4828   

▼武庫川駅を出発すると、途中、東鳴尾駅、州先駅の2駅があります。東鳴尾は無人駅ですが、朝晩のダイヤ時には列車交換を行います。

▼わずか5分で終点武庫川団地前に到着します。武庫川駅界隈は、大規模な団地。その先は大学のグラウンドや野球場があります。

Cimg4834

▼少し、界隈を散歩して、再び武庫川駅に帰ります。次回は続きをお伝えします。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 鉄コレの完成度に惚れ惚れ。【JR119系】 | トップページ | 都会の中のローカル線。【阪神武庫川線2】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

片開きの1枚扉がローカル色をかもしだしていますね。

投稿: るーと | 2012年9月17日 (月) 09時15分

るーとさん。

阪神ではこの車両だけですね。
南海はまだまだ、本線で
ばんばん走っていますが…。

投稿: kumoha313 | 2012年9月17日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/47099016

この記事へのトラックバック一覧です: 都会のローカル鉄道のよう。【阪神武庫川線】:

« 鉄コレの完成度に惚れ惚れ。【JR119系】 | トップページ | 都会の中のローカル線。【阪神武庫川線2】 »