« 今年で開館50周年。【交通科学博物館】 | トップページ | 実物展示車両もいろいろ。【交通科学博物館3】 »

垂涎の模型群。【交通科学博物館2】

▼弁天町にある交通科学博物館の展示物で、目を引くのは精巧な模型群です。関西の私鉄の模型が展示されています。南海20001系「こうや号」。1961年の表示があります。最近マイクロエースからNゲージが発売されています。うっとりのでき。

Cimg4702

▼お次は、京阪2000系。1959年登場、1500Vへの昇圧に伴い2600系に改造。前照灯が白熱灯で、デカい目玉が特徴となっています。

Cimg4705

▼続いては、阪神5201形。1959年登場、各駅停車用のいわゆる「ジェットカー」。駅間が短い阪神では特急などの優等列車に追い抜かれないよう高加速度が実現されています。

Cimg4704

▼阪急2000系。1960年登場。神戸線、宝塚線で運用。阪急の車両の原型がここにあるように思えます。シールドビームの前照灯、アルミサッシの窓枠など特徴ができあがっています。

Cimg4706

▼近鉄20100系「あおぞら」号。修学旅行など団体専用車両。オール2階建て。1962年登場。筆者も小学校のときに修学旅行で利用しました。関西では当時は伊勢志摩が定番でした。

Cimg4709   

▼大阪市営地下鉄1200形。1958年登場。学生時代はまだまだ御堂筋線以外は主流の車両でした。そのころは、各線ごとにアッシュグリーンの地にシンボルカラーの帯に塗られて、原型とは異なりました。

Cimg4707

▼ここでは1960年前後の車両が展示されていますが、いきなりJRWの最新通勤型車両が展示。ちょっとちぐはぐな印象があります。2005年登場のJRWの321系。当館がJRWの運営なのでちょっと、ええ格好してますね。

Cimg4708

▼いずれにしても、精巧な模型で、縮尺は20分の1。こんなモデルを一度は作ってみたいです。しかし、素人には無理かなぁ。。。 次回もいろいろ気になるものを見ていきます。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 今年で開館50周年。【交通科学博物館】 | トップページ | 実物展示車両もいろいろ。【交通科学博物館3】 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

この並びなら、やっぱり103あたりが順当でしょうね(^^;。

投稿: るーと | 2012年9月 3日 (月) 00時08分

るーとさん。

そうですね。
321系とはちょっと
違和感ありますね。
JRの威信にかけて
最新形式を持ち出したのでしょうか。

投稿: kumoha313 | 2012年9月 3日 (月) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/46924783

この記事へのトラックバック一覧です: 垂涎の模型群。【交通科学博物館2】:

« 今年で開館50周年。【交通科学博物館】 | トップページ | 実物展示車両もいろいろ。【交通科学博物館3】 »