« 実物展示車両もいろいろ。【交通科学博物館3】 | トップページ | 鉄女に触発されて作りました。【弘南鉄道7000系】 »

国鉄色とJR色の105系。【鉄道コレクション】

▼8月末から怒涛のように、鉄道コレクションが発売となりました。105系、119系がいろいろなバリエーションで。私のお気に入りは、和歌山線、奈良線105系、飯田線119系です。実際に乗車した車両でもありますし。

Cimg4737

▼鉄道コレクションもラインナップがどんどん増えてきました。出来栄えもよくなって、Nゲージと遜色がありません。走行パーツをつけると、Nゲージも顔負け。レールに乗せて眺めるもよし、動力ユニットを付けて走らすもよし。

Cimg4738

▼105系は、側面は103形のように4扉。先頭の顔は119系のものであったり、103形1000番台のように貫通扉付きであったり。要は、103系の改造車なんですね。

▼103系1000番台の顔をしたクハ105は、中間車から運転台を取り付けて制御車にした代物です。

Cimg4744

▼連結面のドアもグリーンに塗り分けられて丁寧な仕上げになっています。

Cimg4739_3

▼鉄道コレクションでは、和歌山線、奈良線電化当時に登場した朱色の帯をつけたカラーです。現在では、JRWのコスト削減のために、ブルー単色のものもありますが、桜井線では、万葉まほろば線という愛称が付けられて、観光用に万葉集の歌集がラッピングされた車両もあります。

Cimg2210

▼GMの板キットで105系を作ろうとしたときに、参考とするため、桜井線を取材したときの写真です。暑い夏に行ったのですが、このときにはラッピング車ばかりで、単色の車両にはお目にかかりませんでした。

Cimg2200

▼以前、GMのキットではブルーの単色の105系を作りました。カラーは本当は青緑色ですが、見た目青色と変らないので、青色としています。今回、鉄道コレクションとお手製のGMキットを並べてみました。

Cimg4748

▼鉄道コレクションでは、上級者向けと称して、付属する無線アンテナと信号炎管を取り付けることができるようになっています。いまはまだ取り付けていません。

Cimg4749 

▼今度103系改造パーツがまた発売されたら、103系から105系への改造をして、朱色の帯のカラーで作ってみたいなあと思ってしまいました。

Cimg4745_2

Cimg4742

▼とりあえず、今回手に入れた105系は、走行パーツも手に入れましたので、Nゲージ化することにします。なかなか楽しい作業です。今日もなかなか眠れない。。。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 実物展示車両もいろいろ。【交通科学博物館3】 | トップページ | 鉄女に触発されて作りました。【弘南鉄道7000系】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

かつての沿線住民としては、
電化して導入された105系が
かつてのディーゼルカーと同じような色を使ってたので、
「あぁ、やっぱりローカル用電車なんだ…。」と
ちょっぴりがっかりした記憶があります。

今となってみれば、結構あたたかくていい色ですね(^^)。

投稿: るーと | 2012年9月 8日 (土) 00時01分

るーとさん。

国鉄色は、民営化されて
一掃されて、地域カラーなどの
百花繚乱の様相を示しました。

今は古きよき時代への
ノスタルジーを感じる
旧のカラーがもてはやされていますね。

投稿: kumoha313 | 2012年9月 8日 (土) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/46990356

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄色とJR色の105系。【鉄道コレクション】:

« 実物展示車両もいろいろ。【交通科学博物館3】 | トップページ | 鉄女に触発されて作りました。【弘南鉄道7000系】 »