« 最新鋭機のウォッチングは続きます。【ボーイング787型】 | トップページ | 伊丹空港について考えました。 »

久しぶりの伊丹空港。

▼787型機の取材を終えて、しばらく伊丹空港を久しぶりに探索してみることとしました。伊丹空港は現在、北ターミナルが主に日本航空、南ターミナルが主に全日空の利用者用となっています。787を撮るために、南ターミナルのある送迎デッキに上がりましたが、今度は北ターミナルのデッキに行ってみることにしました。デッキは「ラ・ソーラ」と名づけられ、送迎用の展望デッキだけでなく、家具屋さんや飲食店などもあって、飛行機を眺めるもよし、お買い物をするのもよし、食事や飲み物をいただくのもよし。いろいろ楽しめるスポットとなっています。

Cimg4592

▼北ターミナルのエプロンには、JALの777や737-800などが待機していました。JALはいったん経営破たんして、2010年1月会社更生法の適用を申請し、2011年3月会社更生を終了して復活を遂げようとしています。

Cimg4590

▼2002年10月のJASとの経営統合でJALのシンボルである鶴のマークが消えましたが、再び、2011年に鶴のマークが復活しました。やはり日本航空と言えば鶴マークでしょうかねぇ。

Cimg4594

▼景気の低迷や原油価格の高騰などにより、航空業界では時代は大型機から中型機、小型機中心の機材が主流になっています。JALでも大型機から中型機への転換も進みつつあり、伊丹空港でも、747はすっかり姿を消し、777、767、737、ボンバルディアDHC-Q400、エンブラエル170などが中心になっています。

Cimg4605

▼南ターミナルと北ターミナルを行き来してみると、経営再建を行い便数を減らしたJALの発着する北ターミナルは、人数が少ない印象です。一方、ANAの発着する南ターミナルは元気な気がします。

▼南ターミナルでも、小型機が多く見られます。こちらも、ボンバルディアDHC8-Q400、エアバス320などがタキシングをしておりました。

Cimg4589_2

▼JALでは見られないA320。

Cimg4627

▼デッキでの航空機の観察も十分したし、とにかく酷暑の屋外は体力を消耗するので、空港の中に入ってうろうろしてみました。この続きは次回に。


にほんブログ村

鉄道コム

|

« 最新鋭機のウォッチングは続きます。【ボーイング787型】 | トップページ | 伊丹空港について考えました。 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

鶴マーク復活してたんですか。
なつかしいですね。

投稿: るーと | 2012年8月28日 (火) 23時45分

るーとさん。

塗装の更新の順に
鶴マークに塗り替えられているようです。

投稿: kumoha313 | 2012年8月28日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/46858010

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの伊丹空港。:

« 最新鋭機のウォッチングは続きます。【ボーイング787型】 | トップページ | 伊丹空港について考えました。 »